パシフィックのその後  

午後から品川駅の反対側へ。
旧ホテル・パシフィックの、おなじみの景色ですが、

クリックすると元のサイズで表示します

一番上にこんな文字が。

クリックすると元のサイズで表示します

そうです。
旧パシフィックは、
名称を「SHINAGAWA GOOS(シナガワ グース)」と変えて、

クリックすると元のサイズで表示します

4月29日から再出発するのです。

クリックすると元のサイズで表示します

「GOOS」とは、
品川の街の入口として(ate)、
品川を訪れる方々や品川で暮 らす方々に、
記憶に残る特別な時間(ccasion)、
都心での落ち着いた環境(asis)、
当施設ならではの満足(atisfaction)を提供する場所にしたい
という想いを込めて名付けたそうです。
ちょっと難しい命名かな。

クリックすると元のサイズで表示します

真ん中の宿泊施設は、
「京急EX」という、高級ビジネスホテルに。

クリックすると元のサイズで表示します

1階の宴会フロアは、
「ガーデンシティ品川」という名称で、
貸し会議室と宴会場に。

クリックすると元のサイズで表示します

今日は、そのオープニングレセプションで、

クリックすると元のサイズで表示します

なにしろ近いですから、
今後、会議で活用するかもしれないと、
次長と二人で見に来た次第。

クリックすると元のサイズで表示します

↓なにやら懐かしい光景で、

クリックすると元のサイズで表示します

会場は組合が新年会で使っていた「萬葉の間」。
今は「ボールルーム」と名前を変えています。
会場には、500名が集まりました。

クリックすると元のサイズで表示します

運営は、TKPという、貸会議室ネットの会社。

クリックすると元のサイズで表示します

↓社長は、37歳の気鋭の青年実業家。

クリックすると元のサイズで表示します

起業して7年で、
全国に651室の直営会議室を運営するようになったというのですから、
たいしたものです。
それだけに、
社員は全員若い。
↓は、取締役(3人しかいない)と監査役(3人)と部長の紹介。

クリックすると元のサイズで表示します

ホテルの会議室運営が願望だったようで、
今回、パシフィックの閉館で機会が巡ってきました。

↓来賓の島田先生。

クリックすると元のサイズで表示します

↓東国原前宮崎県知事。

クリックすると元のサイズで表示します

↓変わったファッションのこの方は、
「私が社長です」のホテルチェーンの社長。
ご主人が「会長」で、この会長がなかなかすごい人物。

クリックすると元のサイズで表示します

鏡開きは、いつもの景色。

クリックすると元のサイズで表示します

この後、プロジェクターで会議室の紹介があるのかと思ったら、
そのまま食事に。
そんなことなら、最初から部屋を内覧するんだった。

↓各部屋の様子。

クリックすると元のサイズで表示します

間取りはパシフィックの時のまま。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

部屋の名前だけがモダンになりました。

クリックすると元のサイズで表示します

↓は、新年会の前の常務会で使っていた「菖蒲の間」改め「サルビア」。

クリックすると元のサイズで表示します

↓隣の「桔梗」は、「ダリヤ」に。

クリックすると元のサイズで表示します

↓庭もそのままですが、
池の鯉がいなくなりました。
高いからね。

クリックすると元のサイズで表示します

パシフィックの時のように
使い勝手が良ければ利用しますが、
部屋の料金表がないなど、
まだまだこれからの会社のようです。





AutoPage最新お知らせ