角が生えた  

昨日の統一地方選挙の結果、
組合の推薦候補は21人中19人が当選
組合員3人は全員当選。
落選の2人のうち一人は、
保坂三蔵組合顧問。
台東区長選に出馬しましたが、
現職区長は強かった。
とても残念です。


総代会の議案となる資料を総代全員に郵送。
これで一段落です。


で、気になっていた症状で病院へ。
どんな症状かというと、
額の端に小さな突起が出来て、
気になって触っているうちに大きくなり、
先端は角質化してきた。
「鬼」のDNAが現れてきたかと心配になり、
皮膚科に。

やはり角で、「皮角」というのだそうです。
ネットの解説では、
こう書いてあります。

【皮角】
皮膚表皮の角質が異常に増えて、
角(つの)状の突起物になるもの。
老人に多く、頭部・顔面・手の甲(こう)などにできる。
いぼ・老人性角化症・扁平上皮癌などが原因。


事務局長のは、更にいかめしい名前がついていて、
「脂漏性角化症」(しろうせいかくかしょう)といいます。
もう一カ所、
股の裏側に妙なものがあるので、
ついでに見てもらうと、こちらは
「軟性線維腫」(なんせいせんいしゅ)といいます。
「腫」などという字が使われていますが、
どちらも「全然問題なく、放っておけばいい」との見立て。
しかし、顔の方は気になるので、
切ってくれないかというと、
液体窒素を吹きつけて凍らせ、
ぽろりと落とす手はあるが、
一回では終わらない。
一度大病院でちゃんと調べてから切った方がいい、
とやけに慎重で、
近所のJ大学病院に紹介状を書いてくれました。

J大学病院といえば、事務局長のメインホスピタル。
しかし、大きすぎて、待ち時間がものすごく長い。
それで町医者に行ったのに、
これでは最初からJ大学病院に行けばよかったことになります。

「鬼」になるのはいやなので、
近く行って切ってもらいます。

老化現象が皮膚にも現れる。
いやですね。






AutoPage最新お知らせ