イースターとクイーン・アリス  

今日はイースター
十字架で亡くなったイエスの復活を祝う
キリスト教では、
クリスマスに並ぶ祝日。

で、教会へ。
イースターエッグをもらいました。

クリックすると元のサイズで表示します

この卵、実は、全部双子

クリックすると元のサイズで表示します

そういう卵を売っていて、
この教会では毎年、
これでゆで玉子を作ります。

今日は「マタイ受難曲」で検索してきた方が多く、驚きました。
そういえば、まだ今年はマタイを聴いていません。


その後、舞浜のレストランで食事。
娘の10日遅れの誕生祝い。
場所はイクスピアリの中にある、クイーン・アリス

クリックすると元のサイズで表示します

事務局長一家がお気に入りの店で、

クリックすると元のサイズで表示します

節目節目で使っています。

クリックすると元のサイズで表示します

↑ナプキンはこんな風に置いてあり、
↓花もきれい。

クリックすると元のサイズで表示します

ガラスの中は、造花です。

クリックすると元のサイズで表示します

パンは、ここで焼いていて、おいしい。

クリックすると元のサイズで表示します

料理は、こんな感じで組み合わせ自由。

クリックすると元のサイズで表示します

今日は3人とも肉料理。

クリックすると元のサイズで表示します

味は申し分ありません。

クリックすると元のサイズで表示します

↓は、娘がお気に入りのオマール海老のフリッカ。

クリックすると元のサイズで表示します

デザートも豪華。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、
店員の動きがどうもおかしい。
店長が代わったのか、
あるいは地震による長期閉店の後遺症なのか、
全てがチグハグ。

サービスというのは、
言われたことをやって当たり前。
言われるより前に、
望まれた以上にやって
初めて感謝される。

なのに、言われるまではやらず、
言われたことも忘れる。
「パンの追加をしましょうか」
と先方から言ったのはいいが、
頼んだのに、ついに最後まで出てこない。
飲み物のグラスも間違える。
水も言わないと出てこない。
隣のテーブルには、
汚れた皿が出しっぱなし。
遠くでは赤ちゃんがずっとぐずっている。
(この店は幼児はお断りのはず)
こんなことは、どれも、今まで全くなかったのに。

決定打は、
今回が誕生祝いということを言ってあり、
デザートに祝いの文字を書き、
記念写真を撮ってくれるとのこと。
これはこちらが求めたのではなく、
予約の時、
「何の会合ですか」と訊かれ、
誕生日の祝いです、と告げると、
では、デザートの文字と写真を、
と先方が言ったことだ。
これをサプライズにしようと、
娘には秘密にしていた。

なのに、それが伝達されていない。
文字もないし、
指摘しても写真を忘れる。
どこかでパイプが詰まっている。

一体どうしたのか、アリス女王。

好きな店だから、マネージャーを呼んで注意したが、
後味は良くない。
お客さんに不愉快な思いをさせて、
何のサービス業か。

どんな店でもそうだが、
お客さんの最大の復讐は、
黙って来なくなること。
注意してくれるお客は、
「ここを改善すれば、満足度が向上しますよ」
と教えてくれる
ありがたい人なのだ。

クインー・アリスは夢のある素敵な店で、
いままでも友人や親戚を招待した。
娘の渡米前のランチも帰国祝いもここでやった。

数カ月後、
また訪ねて何も変わっていなければ、
このお店を見限ることにします。





AutoPage最新お知らせ