新聞編集と『ルチア』  

都知事選挙は石原さんの圧勝。
次回は立候補しないため、
もうこわいものはないので、
石原節全開で、
言っていることは全部正しい。
自動販売機など、
こんなに町中あふれている国は日本だけです。
「もっと生活をつましく生きてもいい」というのも、そのとおりで、
日本人全体が生き方を見直さなければいけないでしょう。
「東京が貧乏になってもいい。
みんな我慢できるよ」
も、同感。                                   

3・11から早くも1カ月
まるで昨日のことのようなのに。
「忘れちゃだめだよ」とばかりに
今日は何度も地震がありました。


常務会の後は、
しばらくの間、新聞作りに励みます。
原稿の進み方が良かったので、
今日は、
METライブビューイング
「ランメルモールのルチア」に。

その途中見た、今日の歌舞伎座跡地。

クリックすると元のサイズで表示します

着々と再建の槌音が響いています。

地震のせいでしょうか、
人気のオペラなのに、空いていました。

METライブビューイングで
同じ作品をやるのは初めてで、
2年前にやったのと同じ演出。
その時はアンナ・ネトレプコでしたが、
今度のルチアはナタリー・デセイ
元々、メアリー・ジマーマンのこのプロダクションは、
2007〜2008年シーズンのオープニング作品で、
その時やったのがデセイ。
つまり、真打ち登場です。

クリックすると元のサイズで表示します

この演出は事務局長大好きで、
演出については、
前回の時、書きつくしていますので、
↓をどうぞ。

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20090305/archive

しかし、同じ演出なのに、
今回は暗い印象だったのは、
ネトレプコとデセイのキャラクターの違いでしょうか。

2007年の舞台を観た方は、
デセイの声が落ちている、と言っていましたが、
事務局長には今回のでも十分。
特に「狂乱の場」は、
評判どおり、なかなかのものでした。

クリックすると元のサイズで表示します

2007年の映像が残っていますので、
興味のある方は、↓をどうぞ。
なにしろこの場面、15分以上あるので、3分割。

http://www.youtube.com/watch?v=NYm7oJXVeks&feature=player_embedded

http://www.youtube.com/watch?v=JW5Ol3jNrJI&feature=player_embedded

http://www.youtube.com/watch?v=jazzsnBL7KY&feature=player_embedded

この演出の特色は、
台本にない幽霊を登場させたことで、

クリックすると元のサイズで表示します

最後にはルチアも幽霊になって出て来る。
その導きでエドガルドが最後に自分の胸を刺すシーンでは、
ルチアの幽霊がニヤリと笑う。

クリックすると元のサイズで表示します

この場面、ジョセフ・カレーヤも良かった。

パトリック・サマーズの指揮は何だか安っぽく感じた。

今日の案内役はルネ(フレミング)おばさんで、
やはりルネおばさんが一番いい。
質問も的確で、
歌手の深い方法論が引き出されている。

今回の休憩時間は、
大道具チーフに密着。
場面転換のテクニックが示されて興味深い。

ドニゼッティの音楽にひたった3時間半でした。







AutoPage最新お知らせ