保冷材準備と『ばらの騎士』  

今日は総代会の準備と保冷材共同購入の準備。
支部には文書だけではなく、
保冷材3種の見本を提供することにしました。
その方が話をしやすいと思うので。

今日は食肉市場で節電に関する会議があって、
芹田理事長が出ましたが、
なかなか大変だったようです。
というのは、この市場の中の各団体に所属する会社は
みんな冷蔵庫を持っており、
電力25%抑制、といっても、
冷蔵庫を止めるわけにはいきません。
「方針」と「実際」の間に大きな乖離があり、
そのことが大変に問題になったといいます。                    
役所の方針というのは、
「一律」で、
現場とは違いますから、こうなります。
かといって、個々の事情を優先すれば、
目標の節電など出来ないわけで、
実際はどうなるのでしょうか。


今日は、夕方から初台へ。
新国立劇場の↓「ばらの騎士」です。

クリックすると元のサイズで表示します

なんとなくワクワクした気持ちで向かったのは、
地震以来、こういうことがなかったためで、
やはりどういう局面にあっても、文化は必要ですね。

新国立劇場にも地震の影響はあり、
3月15日〜30日の
「マノン・レスコー」6公演は中止。

今度の「ばらの騎士」も、
招聘していた外人歌手5人のうち4人に逃げられてしまい、
主役の元帥夫人は代わりの歌手を呼べたものの、
他の3人は日本人の歌手を充てました。
歌手どころか指揮者もキャンセル
東京はとんでもない危険な場所と海外では思われているようです。
その交代関係での準備のために、
6回公演のうち、初日はキャンセルとなりました。

入り口で配るものの中には、
いつもはない↓のようなものもあり、

クリックすると元のサイズで表示します

開演前に、
地震が発生した場合は、
係の誘導があるまで座席に座っているように、
というアナウンスと字幕が出ました。

ついでに書くと、
↓のような注意書きもあります。

クリックすると元のサイズで表示します

これは幕切れなどで
「フライング」の拍手があるため。
「乗り出さないでくれ」というのは、
アナウンスで何度も言っていましたから、
結構あるようです。
                                           さて、この「ばらの騎士」。
リヒャルト・シュトラウスの代表作と言われ、
初演時(ちょうど100年前の1911年)大ヒットで、
世界中のオペラハウスで上演された作品。
なのに、今まで事務局長は、
何回観ても、この作品の良さが分かりませんでした。
それは無理もないので、
前の晩、若い男と一夜をすごした元帥夫人が
時と共に容色の衰えることを悲しみ、
若いツバメとの別離を予感して嘆いても、
そんなことに男が共鳴するはずもありません。

その若いツバメは、
若い女性と一目惚れして、
元帥夫人のもとから去っていくのですが、
元々浮気をしているわけで、
そのことを嘆く元帥夫人に
同情などしたくもありません。

そこに「世の中が移り変わっていく時代の喪失の哀しみ」を感ずる、
というのですが、そうなのか。

かなり幅広い受容力を持つ事務局長でも苦手の分野はあり、
たとえば、オースチンの原作を映画化した、
若い女性の恋愛沙汰など、
全然感性がありません。

そういうわけで、
この「ばらの騎士」、
どうも苦手なオペラ
METライブビューイングでは、
観るたびに律儀にブログで感想を書いていますが、
「ばらの騎士」だけは、
どうにもまとめきれないでいるうちに、
ずるずると時間が過ぎて、
感想を掲載しなかった唯一の作品となりました。

その上、今日は代役ばかりの公演。
始まった途端に、
主役の二人が声量も演技力も不足であることがすぐ分かり、
歌声がオーケストラの音でかき消されてしまうような状態に、
う〜ん、せっかくワクワクしながら来たのに、今日はハズレか、と失望しました。

しかし、第2幕になって、
地震にも原発にも逃げることなく出演してくれたフランツ・ハヴラタが大活躍。
オックス男爵役を得意としているだけに、
闊達で細やかな演技で舞台をさらいました。
声量も十分。
他の出演者とは格が違うところを見せました。
やはりオペラは歌の力と演技力がある人がいると、
俄然面白くなります。

外人たちが逃げてしまったおかげで、
3つの重要な役が日本人のオペラ歌手に回ってきて、
これは良いことだと思いましたね。
ゾフィーの安井陽子など、頑張っていましたし、
若い歌手たちにステージに上がる機会をもっと与えるべきです。

演出はオーソドックスで分かりやすく、
始めて事務局長、「ああ、こういう話だったのか」と納得した次第。
ということは、
もしかして前には毎回眠っていたのかもしれません。

「自粛」の風潮の中で、
こうして公演を敢行した努力に惜しみない拍手を送りました。


ところで、
「ばらの騎士」、
いい題名だと思いませんか?
「薔薇」を「ばら」とひらがなにすることで、
ロマンチックな香りが出ました。

オペラの題名というのは、
当時の命名者のセンスが光っており、
「魔笛」で文学の香りが出ました。
「魔法の笛」では、子供の芝居になってしまいます。

「魔弾の射手」も同じで、
「魔法の弾丸」でなく、「魔弾」。
こうでなければいけません。



ご会食  

総代会の準備を進行し、
一方、夏の電気需要期に向けて
不測の事態に対応するために、
保冷材の共同購入を企画。
電力使用の抑制が要請され、
計画停電の復活もあるかもしれないし、
猛暑でもあれば、
突然の全面停電の可能性もあるので、
保冷材で冷蔵庫の温度を上げないための措置も必要です。
相当安く共同購入できる見込みで、
組合員の皆さんに喜ばれそうです。


今日は定時に事務所を出て、会食。
ちょっとある方を励ましたい、
あるいは誉めたいことがあり、
その方をご招待しました。

お店は北大路赤坂茶寮

クリックすると元のサイズで表示します

地下に降りていくと、

クリックすると元のサイズで表示します

こんな別世界が。

クリックすると元のサイズで表示します

まるでテーマパーク
全室個室で静かでいい。

お食事は、↓こんな感じで、上品。

クリックすると元のサイズで表示します

事務局長、珍しく、お酒も飲みました。
晴耕雨読」という名称、なかなかいいですね。

クリックすると元のサイズで表示します

メインの食事は、↓のとおり。

クリックすると元のサイズで表示します

焼きながら食べます。

クリックすると元のサイズで表示します

鮑が美味。

おいしいものを食べると、幸せになります。


全然話が変わりますが、
「TVタックル」などを見ると、
人の本音が見えて面白い。
これが映像の怖さです。

こういう非常時になると、
正体が明らかになってしまう。
原口一博さんという人、テレビで相当減点した。
海江田さんも「言ったのに従わないと、処分する」
で地金が現れてしまった。

だから、逆に
石原さんの男泣きが光る。
東京消防庁の隊員をねぎらうシーン、
あれで石原さんの票は数十万票増えただろう。

最近の小沢さんの発言も
「政局屋」の本領発揮だが、
被災地を助けることにも、
国民に希望を与えることにもならない。
いつもこの人はそうで、
「TVタックル」の中で河野太郎に
「こんな人は瓦礫だ、一緒に片づけてしまえ」
などと言われていた。

外国からは「国民はA級、政治はC級」などと言われているこの状況。
何とかならないものか。



城北ブロック総会と60年の回顧  

夕方から大塚へ。
城北ブロックの総会を取材のため。
会場は有名な「寿し常」。

クリックすると元のサイズで表示します

なかなかの店で、
座敷の一角で板前さんが寿司を握ってくれるのがなかなかいい。

クリックすると元のサイズで表示します

総会そのものは、
なごやかに進みました。


浦安の図書館が
今だに再開していません。
「図書館職員が、災害復旧活動に従事しているため」
だそうですが、
図書館の方が下水工事に参加しているとは思えません。
今だに道路は直っていないところが多く、
片づいていない泥は市内の随所にあります。
おかげで砂ほこりがひどく、
朝、出勤時には、
ウェットティッシュを持っていって、
自転車のサドルにうっすらと積もった砂を拭くことから始まります。
1カ月もたったのに。

浦安の図書館といえば、
かつて「市民一人当たり貸し出し冊数日本一」を誇り、
全国の自治体から視察が大挙して訪れました。
(その大部分が、ついでに東京ディズニーランドを視察した、
という説があります。)

ライフラインの復旧を最優先、は分かりますが、
下水がまだ通じない家は数十軒になったはず。
1カ月たっても図書館が再開できない理由がよく分かりません。

おかげで、事務局長の読む本が枯渇してしまい、
1年前の雑誌を読むはめに。
↓は、昨年の「文芸春秋」で組んだ1960年特集

クリックすると元のサイズで表示します

そういえば、昨年は60年安保から50年だったんですな。
この特集は、安保だけではなく、
「それぞれの60年」という感じで、
集団就職で古書店員になった元旦に東京タワーに登った出久根達郎
「アカシアの雨がやむとき」を歌ッた西田佐知子、
「雅樹ちゃん事件」の犯人を雇っていたハンドバック工場の経営者、
浩宮さま誕生に立ち合った医師、
ローマ五輪で活躍した「体操ニッポン」の小野喬、
「潮来笠」でデビューした橋幸夫、
チキンラーメンとインスタントコーヒーの思い出を語る椎名誠、
他に中曽根康弘、小林信彦、中村紘子、宍戸錠、
北杜夫、草笛光子、アントニオ猪木、堺屋太一、
岡田茉莉子、朝倉摂、大鵬、伊東四郎、                      
らの思い出が語られています。
(ほとんどが聞き書き)

中でも出色なのが、
当時東大教養学部自治会委員長だった西部邁
首相官邸突撃の体験談で、
その冒頭に次のように書いています。
(読みやすく改行してあります)

五十年前からオツムの回転がストップしてしまい、
それゆえ五十年後の今にあって
「全学連同窓会」のようなものを
喜び勇んで開催して、
「懐かしく麗しきあの日々」
とやらを思い起こしつつ、
皆して「我々は闘ったぞお」と叫んでいる
中期高齢者の一群がいるのだという。

それを聞くと私の背に悪寒が走る。
彼らの多くは、その後、
まず、高度経済成長に馳せ参じたり
飲み込まれたりし、
次に、経済大国日本のおこぼれにあずかって
小市民としての安心立命を覚え、
さらに、ポストモダンのお遊びや
不動産バブルの高まりに煽られて
是非もなく興奮し、
おまけに、社会主義の大崩壊に直面するや
暴力共産革命の主張を
五十年前に引っ込めておいたことに安堵しつつも、
この列島に引きもきらずに轟きはじめた
「改革」の響きに革命幻想の余韻を聞いて、
ひそかに愉悦を感じてきたのに違いない。
で、「我々は闘ったぞお」という
思わず知らずの合唱が
同窓会の会場に大きく鳴り響いたのであろう。

私にできるのは、
そうした愚者たちの
小さな極楽の様子を想像して、
「莫迦は死んでも治らない」
と呟くことのみである。


まさに正鵠を得た、見事な論旨。
このように本質的な断罪を歯に衣着せずに語るから
西部邁は嫌われる。
これは、嫌う方が悪い。


事務局長は当時、中学1年だから、
安保がなんたるものか、まるで知らなかった。
その後「70年安保」なるものがあるかと思ったら、そんなものはなく、       
学園紛争(闘争とは呼ばない)の波に飲み込まれ、
放水を浴びる安田講堂も見て、
最後は「連合赤軍」事件も目撃してしまう。

まあ、いろいろありました。
その安保から、
去年は50周年だった、
ということを今頃、この特集で知った次第。



総代会準備と『神々と男たち』  

総代会に向けての準備を
ぐんぐんと進めています。
来週には印刷物関係を揃えてしまいます。                     

順調に進んでいるため、
今日は映画を。


〔映画紹介〕

クリックすると元のサイズで表示します

前から観る気でいた作品ですが、
3・11以来、映画を観る気が起こらず、
忘れてしまい、
メールで勧めてくれた人がいて、
思い出しました。


1996年にアルジェリアで起きた
フランス人修道士の誘拐・殺害事件を題材にした実話の映画化。

アルジェリアのある村で、
カトリックの修道士たちが共同生活を送っていた。
イスラム社会に溶け込み、
お互いに尊敬しあい、共存していた。
しかし、アルジェリア内戦により
イスラム原理主義者らのテロが始まり、
身の危険を覚えた修道士たちは、
帰国命令に従うか、
軍隊に守ってもらって暮らすか、
それとも信仰の基本姿勢のまま、
その任地に留まるかの決断を迫られる。
それは一人一人の存在証明に関わる重大な問いだった・・・

ほぼ全編修道院を舞台に
9人の修道士の人間的苦悩が描かれる。
緊張感の張りつめた、
素晴らしい人間ドラマだ。

事務局長はプロテスタントよりもカソリックについつい惹かれてしまうが、
それは神父や修道士の生き方に打たれるからだ。
普通の人生を捨て去って、
神の指し示す任地に黙って赴き、
清貧に甘んじる生活。
妻子を持つことも放棄したその暮らしは
結婚して家庭を持ち、
子育てや環境に埋没しながら生きる
プロテスタントの牧師たちより遥かに潔く、
峻厳な美しさに満ちている。

アフリカ伝道の本を読んだことがあるが、
修道会は修道士を送り出す時、
「あらゆる報いを求めてはならない」
と言って送り出すという。
伝道の実績さえ得られず、
任地に赴いた瞬間に惨殺された司祭たちも沢山いる。
名前さえも覚えられずに、
命を落とし、
未開の土地に埋もれていった人々。
その生き方にはもはや言葉もない。

映画の中で、
結局任地に留まった修道士たちが
テロの恐怖に怯えながら、
日々の祈祷と儀式の生活をしている姿は
やはり美しい。
その生活がていねいに描かれている。

そして、
音楽を聞きながら、
最後の晩餐をする時の
男たちの分かり合えた者同士の笑顔の素晴らしさ。
究極の価値に目覚めて生活する人たちの姿に
魂を揺り動かされる
揺れて揺れて液状化して、
涙があふれる。

事務局長は
二十歳前後に宗教の本質に触れてしまい、
そのような暮らしをしてみたいと思ったことがあったが、
いろいろなものを捨てられず、
今は世俗にどっぷり浸かって生きている。
それでいいのか、いけないのか。
人それぞれでいいとは思うが、
やはりこういう映画を観ると、
心の奥底にあるものがうずき始める。

このような心が震える経験は、
「白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々」↓を観て以来。

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20060814/archive


難しい映画だが、
映画館は結構客が入っていた。

2010年カンヌ映画祭グランプリ受賞作。

5段階評価の「5」。



上野のお山  

今朝、読んだ記事。↓


「子供が心配」福島ごみ処理支援で川崎市に苦情2千件超

川崎市の阿部孝夫市長が東日本大震災で被災した福島県を訪問し、
がれきなどの災害廃棄物処理の協力を申し出たことに対し、
2000件を超える苦情が市に寄せられていることが
13日、明らかになった。

阿部市長は7日、福島県庁で佐藤雄平知事と会談。
被災地支援の一環として
「津波で残ったがれきなど粗大ごみを川崎まで運び、処理したい」
と申し出た。
このことが新聞などで報じられた8日以降、
川崎市のごみ処理を担当する処理計画課などに
「放射能に汚染されたものを持ってくるな」
「子供が心配」
といった苦情の電話やメールが殺到。
中には阿部市長が福島市出身であることを挙げ、
「売名行為だ。福島に銅像を建てたいだけだろう」
というものもあったという。

川崎市は
「放射能を帯びた廃棄物は移動が禁止されているため、
市で処理することはない」
と説明。
市のホームページでも安全性や理解を呼びかけている。


被災地での冷静な行動に、
日本人の評価が上がっている一方で、
こういう記事を読むと、
日本人は馬鹿なのか利口なのか分からなくなります。

「子供が心配」って、
そんなことを言う親に育てられる子供の方が
よほど心配です。


さて、今日の事務局長は、
昨日発見した細かい間違いを修正し、
午前中に総代会資料を完成
午後一番で印刷所に渡し、
総代会の諸準備にかかりました。

夕方、新聞の方も終わらせて、一段落。

そこで、上野に出かけました。

今年は石原知事も「自粛」を言っていますが、
事務局長は別に飲むわけではありません。
ただ、せっかく咲いている
罪のない桜を観てあげないと
可哀相ではないかと思い、
いつもと同じ行動を取ったわけです。

こんなに淋しい上野の山は初めてです。

クリックすると元のサイズで表示します

桜は既に半分散っており、

クリックすると元のサイズで表示します

宴会もこんな感じ。

クリックすると元のサイズで表示します

ライトアップはされていませんから、桜は見えません。

クリックすると元のサイズで表示します

こうして見えているのは、
優秀なカメラが補正してくれているからで、
実際は真っ暗です。

クリックすると元のサイズで表示します

弁天島の常設屋台も、やはり人は少なく、

クリックすると元のサイズで表示します

震災の影響もあります。

クリックすると元のサイズで表示します

アメ横も、時間のせいもあるのかもしれませんが、
やはり淋しい。

クリックすると元のサイズで表示します

アメ横名物。

クリックすると元のサイズで表示します

食べたことありますか? おいしいですよ。

クリックすると元のサイズで表示します

いつもはアメ横で買物をしますが、
今日は、なし。
消費マインドの低下
事務局長にも訪れています。






AutoPage最新お知らせ