仁徳天皇  

午前中、大車輪で月曜の会議の資料を作り、
午後の打ち合わせの資料を準備して、
京浜東北で北へ。
途中強風で電車がノロノロ運転に。
降りてからも、風に飛ばされそうになりました。

どこに行ったかというと、
↓ここ。

クリックすると元のサイズで表示します

どうして「埼玉」で「都心」なのか。
よく分かりません。

クリックすると元のサイズで表示します

訪ねたのが、
ここ。

クリックすると元のサイズで表示します

埼玉の街に、
合同庁舎がそびえ立っています。

クリックすると元のサイズで表示します

なんでこんなに立派な庁舎が。
行ってみると、
一つの視野に5人も警備員が見えるほど警戒が厳しい。
一体、何を警備しているのでしょうか。

↓のような入館証をもらって、中に。

クリックすると元のサイズで表示します

訪ねたのは、関東財務局
例の食肉ギフト券の回収業務終了についての打ち合わせです。
出て来た調査官は二十代と三十代の二人。
食肉ギフト券が出来た時には、
まだ子供だったはずで、
へたをすれば生まれていなかったかもしれない人たちに
食肉ギフト券の幕引きを相談するという、
悲哀を感ずる状況です。

大変温厚な人たちで、
物分かりも早い。
国家公務員が優秀な人たちであると分かります。
事務局長の持論では、
こういう優秀な人たちが、
公務員になっているのはもったいないので、
むしろ実業の世界で能力を発揮した方が
国のためになる
と思うのですが。

事前にFAXで資料を送っておいたので、
話は早く、
他に様式書類やポスターなどを見てもらい、
基本的な法の精神について了解しました。

終わったのが5時近く、そのまま直帰したので、
いつもより早く帰宅できました。


↓は、今日の産経新聞に出ていた記事。

クリックすると元のサイズで表示します               
                                           仁徳天皇の話というのは、
いつ読んでも感動しますね。

小沢系の議員16名が会派離脱をした、
というのが昨日のニュースでしたが、
党籍は離脱せずに、自分の立場は確保しておいての会派のみの離脱。
卑怯な。
会派離脱は規則では岡田幹事長が認めないと成立しないので、
離脱は認めないと先を読んでの会派のみの離脱。
単なるいやがらせ。
再び言うが、卑怯。
今の国会議員はとことこん劣悪な人間ばかりで、
本当に情けない。
仁徳天皇の故事を学んでほしいものです。





AutoPage最新お知らせ