厚生部会とカン  

今日は厚生部会
組合の福利厚生を扱う部署の会議です。

@団体保険三制度の現在の加入状況
A共助事業の今年度の状況
(12名が亡くなり、火災が1件)
を確認した後、
B平成23年度の厚生部事業計画と予算の立案をし、
特に新年度前半の重大課題である
C共済年金の終了へ向けての措置を検討。

というわけで、
年金制度はなくなり、
「福祉三制度」は「二制度」に姿を変えます。
もっと昔は「四制度」で、
時代と共に組合も変わって行きます。


話変わって。
今朝の産経新聞に、
田村秀男さんという編集委員が日本経済のことに触れ、

クリックすると元のサイズで表示します

その終盤でこのように書いていますす。

「政治家は別に経済専門家である必要はない。
が、政策の優先順序とは何かをかぎ分けるカンと、
決断する能力が欠かせない。
最優先すべき必達目標を定め、
情熱を持って反対者を説き伏せ
全体的な合意に持っていく。
企業規模の大小を問わず、
すぐれた経営者に共通する手法である。」


今の政治家に徹底的に欠けているのは
このことで、
国民の顔色をうかがい、
エサを投げ与えることに汲々としている姿は
政治家としてはまさに落第。

今鳩山さんの
「方便」発言が問題になっていますが、
こんな人を国のトップに置いておいたことが
今になってみると、恐ろしい。
この人「政治家をやめる」という発言をさっさと撤回しましたが、
この際、選挙区の有権者は、みんなで落選させるしかないでしょう。
ある調査では、
今総選挙をやったら、
菅さんは落選するそうです。
こういう無能な人を選んだ選挙区の方々も
恥ずべきです。
ついでに小沢さんも落選させたらいかがか。

「政策の優先順序をかぎ分けるカン」
と田村さんは書きましたが、
そのアンテナを磨いて、
時代の流れを受信し、
国を正しい道に導くことを期待して、
国民は国会議員に高い歳費を支払い、
様々な特権を与えているのです。
菅さんは、名前は「菅」なのに、
このカンがない

「何が重要で、何が重要でないかが分からない人を愚者という」
とどなたかが言っていました。
今の政治状況を見ると、愚者の集まりとしか見えません。

「すぐれた経営者に共通する手法である」
というのを読み、 
「和民」の渡邉美樹さんの都知事立候補宣言を聞くと、
既存の政治家ではなく、
経営感覚を持った人にやらせてみたい、
という気がします。
韓国のイ・ミョンバク大統領も経営者でした。

田村さんは、続けて、

「単に政権交代や総選挙を繰り返しても
時間と予算の空費である」


と書いています。
まさにそのとおりで、
自民党も「早期解散、総選挙」などと
かつて自分がやられていたことの仕返しをしているのではなく、
本気で政策提言し、
本気で与野党連携をはかって、
政治を前に進めるべきです。









AutoPage最新お知らせ