時代の流れ  

世の中には、
大きな流れが出来ていて、
もはやどう抵抗しても、
その流れの勢いには負けてしまう、
ということがあります。

昔で言えば、
ロシアをはじめとする東欧社会主義政権の
連鎖的崩壊がそれでした。
軍隊の力でも止められない。
時代の波に抵抗することは無理でした。

今で言えば、
エシプトの長期独裁政権の打倒は、
既に歴史はその方向に進んでいて、
誰も止めることは出来ないようです。

こうした背景には、
自由を渇望する民衆の力があるわけで、
その思いが一つの束になった濁流は、
どんなものも押し流して行く力を持っています。

我々業界でもそういうことがありました。

「大店法」について抵抗した時。
大型店に対してあれこれ規制をかけようとした。
たとえば休日を増やしたり、
営業時間に制限を加えようとしたり。

しかし、結局、それらの抵抗は力にならず、
今の大型店は休日なしで、
その上、セブンイレブン並の営業時間で営業しています。

もう一つが牛肉輸入自由化の時。
生産者や業界がどんなに反対しても、
時代が要求していたことには抵抗しようがない。

その背景には、
利便性や安価な商品を求める
消費者の根源的願望があったわけで、
抵抗しても、
それは業界の利益の保存としか見えなかったのです。

そして、今、
小沢一郎なる古い体質の政治家を排斥する動きは
もう止められない。
世論調査の6割が議員辞職を求め、
2割が離党を求めている今、
それを時代の要請と受け止めなければならないのですが、
小沢さんと、その周りの人間には分からない。
検察審査会の制度までも小沢さんは批判していますが、
自ら賛成した制度だと言うのに、みっともない。
その上、国民の代表である検察審査会の委員を
「しろうと」と呼ぶなど、狂気の沙汰です。

更に、民主党の退潮も止められない。
国民の「うんざり」感は、どんな応急処置をしても無理。
かつて自民党が解散を引き延ばして
自党に有利な状況が出来るのを待ち、
最後には任期満了選挙になって大敗北しましたが、
それと同じ。
時間をかければかけるほど状況は悪くなるばかり。

こうした時代の奔流を見極める力のない指導者は、
早く退いてほしいものですが、
日本はエジプトと違い、
デモも騒乱も起こらない。
不思議なおとなしさ。
これがいつ爆発するのでしょうか。


ここで組合のことになりますが、
食肉ギフト券の件は、
各県の事務局の話を聞くと、
「待っていました」の感じ。
やはりこれも時代の流れを読み取る中で
決着していくような気がします。






AutoPage最新お知らせ