不思議な出来事  

会議3連発のうち、1本目の企画指導部会
なんともはや横道にずれっぱなしの会議で、
こういう会議は疲れます。
 

さて、今日、とても不思議なことが起こりました。
午前中、組合に一本の電話があり、
「おたくの組合のブログを書いている人は、
大学の時一緒だった人のようだが」

と言っている、というのです。

電話を代わると、
何と大学時代の合気道部で同期だったKさんではありませんか。
一瞬のうちに記憶が蘇り、
人の良さそうな顔が浮かびます。

それにしても、ブログを見て、どうして分かったのか不思議で、
聞いてみると、
合気道部の先生であったT師範の名前で検索していたら、
このブログに行き着いたというのです。
そういえば、
以前、亀井静香の件を書いた時に、
大学の合気道部の先輩だということで、
T師範に触れた部分があり、
後で調べてみると、
本日、確かにT師範の検索ワードでブログを訪問した形跡が残っていました。

Kさんは、これを読んで、
茨城県の橋本昌知事が一学年先輩と書いてあるので、
このブログの筆者は、自分の同期ではないかと気づき、
更に、
当時バンカラで学生服と下駄で大学に通っていた、
と書いてあるのを読み、
これはもしかして消息不明のアイツではないか、
と思い至って、電話をかけてきたというわけなのです。

その日のブログは、↓をクリック。

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20091005/archive

そこに書いてあるとおり、
私は黒帯を取った段階で退部しましたので、
OB名簿には載っていません。
なのに、わずか1年半しか所属していなかった人間のことを覚えてくれていたとは。

当時、毎日昼休みに稽古していましたので、
1週間のうち6日は顔を合わせ、
合宿ともなれば、
寝食を共にした仲間。
18歳から20歳くらいの、
多感な青春の時代でしたから、
記憶にとどまっていたのかもしれません。

時々、同期で集まっているそうで、
私の消息を探してくれていた幹事のKさん(別なKさん)に連絡してくれ、
午後、今度はそのKさんから電話がありました。
彼とはクラスも一緒。
「41ST13B」というのが、そのクラスの名前。
「41」は入学年度、「ST」は理科一類の意、
「13」がクラス番号で、「B」は、第二外国語がドイツ語であったの意味。
40年も前のクラスの番号など、
頭の中のどこにしまってあったのでしょうか。

話の中でも、なつかしい名前が次々と飛び出します。
中には、小山台高校で菅直人と同期の方もいます。
みんなどうしていたのか。
定年を迎えた人もいるようです。

駒場の道場の汗臭い匂い、
本郷の七徳堂の荘厳なたたずまいが、
一挙に記憶の中から蘇ります。

↓七徳堂。

クリックすると元のサイズで表示します

他の写真は、↓をクリック。

http://www.ee-tokyo.com/kenzoubutsu/toudai/shichitoku/shichitokudou.html

思えば、悩み多き学生時代でした。

Kさんは、直ちに同期会のメンバーに
「消息判明」とメールしてくれたようで、
私の自宅にも、それが届きました。

40年も交わりがなかった人からの突然の電話。
しかもブログの文面から推理しての、ビンゴ
面白いことが起こるものです。


映画を3本  

今日は、来週の会議3本連続に備えて英気を養うために、映画を3本。
朝11時から夕方6時まで、
舞浜の映画館を出たり入ったり、
上に行ったり下に行ったりで忙しい。
前の映画のエンドクレジットの最中に抜け出して、
一旦外に出、
次の映画の予告編の最中に入る、
などという離れ業も。

1本目は、「ヒアアフター」

クリックすると元のサイズで表示します

ヒアアフターとは、死後の世界、あの世のこと。

東南アジアで津波に巻き込まれて
臨死体験をしたジャーナリストの女性、
双子の兄を交通事故で失い 
分身である兄への想いを断ち切れない弟、
死者と交流出来る特殊能力を「呪い」と感じて苦しむ霊能者、
パリ、ロンドン、サンフランシスコで
三者三様に苦悩する三人の男女が、
ある場所で交叉し、
再生していく話。

80歳になるクリント・イーストウッド
どういう意図でこの作品を作ったのか興味津々だが、
話そのものは弾まない。
もどかしい。
今までもさんざん扱われたテーマで、
特に目新しい斬新さはない。

冒頭の津波のシーンは迫力があり、
釜山が津波に襲われる韓国映画「TSUNAMI」とは、
監督のセンスが違うと、これほど違う映像になるという見本のようなもの。

だが、それ以外のことではそれほどめぼしい収穫はなかった。
音楽もイーストウッドが担当しており、
一耳(?)でそれは分かるが、マンネリなので、
そろそろ他の人に任せたらどうか。

5段階評価の「3」。


次は、「あしたのジョー」

クリックすると元のサイズで表示します

かの有名な漫画の実写映画化。
実は事務局長はこの漫画をリアルタイムに読んでおり、
最終回が掲載された1973年5月13日号の「少年マガジン」は、
喫茶店ではなく、買って読んだ。
同じ経験は、その数年前の「巨人の星」でもしている。
青春時代に深く関わるものの実写化なので、
少々危惧して観たが、
これが意外に良かった

昔から潜水艦映画と拳闘映画はハズレなしというのが決まりだが、
ボクシングシーンがなかなかいい。
撮影が健闘。
役者が肉体改造して臨んでおり、リアリティもある。
特に、力石徹を演じた伊勢谷友介は、
漫画を読んだ世代のイメージを損なっていない。
丹下段平を演じた香川照之は、
一目で「わっ、段平だ」と分かる素晴らしさ。
竹中直人がやらなくてよかった。

当時のドヤ街の雰囲気もよく出ており、
余分な部分を削ぎ落として、
力石との天才同士の闘いに絞った脚本もよくまとまっている。
ボクシングに門外漢の事務局長でも、
クロスカウンターについては、
この漫画で知った。
その部分も分かりやすい。

最後の試合にドヤ街の人は来ない方がいいし、
子供も出さない方が賢明。

伝説の作品の高い峰に挑戦して、
やり遂げたスタッフに拍手。

5段階評価の「4」。


最後は、「ザ・タウン」

クリックすると元のサイズで表示します

俳優としては、盟友マット・デイモン(「ヒアアフター」で主演)に
すっかり水をあけられた感のあるベン・アフレック↑だが、
監督としては才能があるようで、
2作目のこの作品で、
演出力を見せつけた。

ボストン北東部にあるチャールズタウンが舞台で、
この街はアメリカで最も銀行強盗、現金輸送車強盗が多い町なのだそうだ。
その町で強盗を生業してしている若者たちの話。
強盗のプロだから、実に手際がよく、
証拠隠滅から何から見事な手口。

その際、包囲された時のための人質として拉致した支店長の女性に、
主人公が恋をしてしまう。
目隠しされていた支店長が、
あの時の犯人であることに
いつ気づくかのサスペンス。
一緒にこの町を逃げ出したいという気持ちで、
最後に挑んだ強盗での警官との銃撃戦。
息をつかせない緊迫感でドラマが進行する。

観て感動するとか、爽快になるとかいう映画ではないが、
畳みかける描写に、
巻き込まれて時間を忘れる。

仲間の一人を演じたジェレミー・レナーが抜群にいい、
と思ったら、
やはりアカデミー賞の助演男優賞にノミネートされていた。

ベン・アフレック、
良い題材に出会った時、
やがてアカデミー賞監督賞も夢ではないだろう。

5段階評価の「4」。



土曜出勤と『再会の食卓』  

今日は土曜出勤
昨日の財務局で打ち合わせした内容で、
修正しなければならないところが発生したためです。
また、来週の一日おき3回の会議でバタバタしたくなかったので。
それにしても、
休日の職場の能率のいいこと。
心置きなく音楽をかけて、集中して仕事ができます。


で、帰りは映画。
何だか久しぶりですね。
3週間ぶりですか。
映画のサークルCCSから「○×採点表」の用紙が来たので、
集中して見ることにします。
その最初が、↓。


〔映画紹介〕

クリックすると元のサイズで表示します

レビューを読むと、「予告編が気になって」という方が沢山いるのですが、
事務局長もその口で、随分効果的な予告編だったようです。
で、予告編での期待を裏切らない、なかなかの秀作でした。

上海に住むユィアーのところに、
台湾に住む元夫・イェンションから、40年ぶりに手紙が来た。
夫は元国民党の軍人で、
1949年、
共産軍との戦いに敗れて台湾へ向かう港で妻とはぐれてしまい、
それから40年も音信普通だった。
このようにして生き別れになった家族が何十万もいたという。
中台接近の中、
「台湾老兵帰郷団」が組織され、
その一員としてイェンションが参加して上海に来るので、
会いたい、というのだ。

しかし、ユィアーは既に結婚して子供を生み、家庭を持っている。
夫のシャンミンは恩人で、
文化大革命の中、
乳飲み子を抱えて困っているユィアーを助けて妻に迎えてくれた。

やって来たイェンションを複雑な気持ちで迎えながら、
シャンミンは家に泊まらせる。
イェンションはユィアーに、
「台湾に一緒に行って、老後を共に暮らしてほしい」と誘う。
決してシャンミンを愛してはおらず、
前の夫への愛情が残っていたユィアーは承諾する。
「この数十年は、ただ生きていただけ」というユィアーの中には、
たった1年の結婚生活で
若い時に去った夫を待ち続けた気持ちが残り火のように存在していたのだ。

しかし、今の夫には恩義がある。

倹約家でありながら、イェンションを歓迎するためには
いそいそと高価な上海蟹を買って来てふるまうような善人のシャンミンは、
「ユィアーさえよければ」と、それを承諾する。
しかし、家族たちは大反対で言い争う。

戦争と政治の嵐に巻き込まれた庶民に起こった人生のさざ波。
誰も悪くないのに、みんなが不幸になっている。
元夫と前夫と共通の妻が一緒に食事をする場面が2度出て来るが、
三人それぞれの気持ちがやるせなく、
涙をそそる。
三人の老優の演技が胸を打つが、
特に、2度目の食事の場面で、
望郷の歌を歌うイェンションの歌は圧巻。
(この役者、本職は歌手だそうで、道理で歌がうまい)
また、別の食事の場で、
酔ったシャンミンが、
徐々に本心を表してしまい、
国民党の軍人の元妻を娶ることで出世の道が閉ざされ、
一生造船所の溶接工として生きてきた過去を語るシーンも切ない。

二人で役所に出かけて離婚の届けを出そうとしたら、
実は結婚証明がなく、
そのためにわざわざ写真館に行って結婚写真を撮る場面は、
皮肉が効いている。
離婚するための結婚写真なのに、
カメラマンの指導で二人は寄り添って幸福そうな顔を作る。
イェンションの訪問は、
事実婚でしかなかった結婚を
法的に有効にしてしまったのだ。

時代的には30年位前の話なのだが、
監督は現代の上海を舞台とした。
従って、年齢もおかしくなるが、
近代化激しい上海の高層ビルの狭間に
取り残されたように残る古い民家の中での出来事として描くことで、
今の中国の抱えている問題をあぶり出そうとしたのだろう。

狭い家の時には家族が集まって食事をしていたのに、
広いマンションに引っ越したとたんに
集まらなくなった姿など、
世界共通の近代化の悲劇だ。

三人の老優は見事にリアリズム。
固定カメラの引きの映像の長回しという、
事務局長の嫌いな手法だが、
それがうまく機能している。

過去の青春と老年の今。
失った歳月は帰らない。
残酷な時間も提示され、
人生の奥深い悲しみを描く秀作
心に深く染み込んで映画館を後にした。

監督はワン・チュエンアン

5段階評価の「4.5」


ところで、昨晩の日本アカデミー賞の中継見ましたか?
あの作り方は何とかならんか、
と毎年のように言っていますが、
何とかならんようです。
「プレゼンターは昨年〜〜〜で受賞した〜〜〜さんです」
などと言わなくたって、
出てくれば画面で分かる。
「映像で分かることを言葉で説明するな」
というのは映画作りの基本。
そして、受賞者へのインタビューもスピーチも陳腐そのもの。
気の効いたことの一つも言えない。

作品賞は「告白」ですと。
「告白」の方が「悪人」より上?
事務局長にとって「告白」は×の作品。
映画を評価する重要な尺度の一つである
「人間が描けているか」を取っても、
二つの作品の鑑賞後の感銘の度合いを見ても、
その優劣は自明の理だろうに。
これが日本アカデミーの会員4200名の総意ですか。
日本映画人のセンスがこれでは、
良い映画が生まれるはずがない。

「悪人」の感想は、↓をクリック。

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20101105/archive

「告白」の感想は、↓をクリック。

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20100607/archive



仁徳天皇  

午前中、大車輪で月曜の会議の資料を作り、
午後の打ち合わせの資料を準備して、
京浜東北で北へ。
途中強風で電車がノロノロ運転に。
降りてからも、風に飛ばされそうになりました。

どこに行ったかというと、
↓ここ。

クリックすると元のサイズで表示します

どうして「埼玉」で「都心」なのか。
よく分かりません。

クリックすると元のサイズで表示します

訪ねたのが、
ここ。

クリックすると元のサイズで表示します

埼玉の街に、
合同庁舎がそびえ立っています。

クリックすると元のサイズで表示します

なんでこんなに立派な庁舎が。
行ってみると、
一つの視野に5人も警備員が見えるほど警戒が厳しい。
一体、何を警備しているのでしょうか。

↓のような入館証をもらって、中に。

クリックすると元のサイズで表示します

訪ねたのは、関東財務局
例の食肉ギフト券の回収業務終了についての打ち合わせです。
出て来た調査官は二十代と三十代の二人。
食肉ギフト券が出来た時には、
まだ子供だったはずで、
へたをすれば生まれていなかったかもしれない人たちに
食肉ギフト券の幕引きを相談するという、
悲哀を感ずる状況です。

大変温厚な人たちで、
物分かりも早い。
国家公務員が優秀な人たちであると分かります。
事務局長の持論では、
こういう優秀な人たちが、
公務員になっているのはもったいないので、
むしろ実業の世界で能力を発揮した方が
国のためになる
と思うのですが。

事前にFAXで資料を送っておいたので、
話は早く、
他に様式書類やポスターなどを見てもらい、
基本的な法の精神について了解しました。

終わったのが5時近く、そのまま直帰したので、
いつもより早く帰宅できました。


↓は、今日の産経新聞に出ていた記事。

クリックすると元のサイズで表示します               
                                           仁徳天皇の話というのは、
いつ読んでも感動しますね。

小沢系の議員16名が会派離脱をした、
というのが昨日のニュースでしたが、
党籍は離脱せずに、自分の立場は確保しておいての会派のみの離脱。
卑怯な。
会派離脱は規則では岡田幹事長が認めないと成立しないので、
離脱は認めないと先を読んでの会派のみの離脱。
単なるいやがらせ。
再び言うが、卑怯。
今の国会議員はとことこん劣悪な人間ばかりで、
本当に情けない。
仁徳天皇の故事を学んでほしいものです。


事業部会と『月と蟹』  

今日は事業部会
「事業協同組合」というくらいですから、
中心となる部だと言っていいでしょう。

まず22年度の事業をまとめ、
ほとんど縮小せずにやってこれたことが分かります。
そして、来年度もそのまま継続。
まさに組合は「巡航速度」だと言うゆえんです。

最後の議題は食肉ギフト券
最近、このブログにも
この言葉で検索して来る方が増えていますので、
世の中の関心が高いに違いありません。

夕方はその食肉ギフト券に関する、
新聞広告(公告)の内容や
ポスターに入れる内容などを作ってすごしました。
いよいよ来週に会議が迫っています。


〔書籍紹介〕 

クリックすると元のサイズで表示します

道尾秀介の本は、このブログでもたびたび紹介していて、

「球体の蛇」↓

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20100525/archive

「鬼の跫音」↓

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20091107/archive

事務局長の評価は高いですが、
この本はあまり買いません。
「漂砂のうたう」と直木賞を分け合った、
のが不思議。
大人と子供ほど違う。

「漂砂のうたう」は、↓

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20110212/archive

実際、「漂砂」が人生の悲哀に満ちた大人の男が主人公だったのに対して、
「月と蟹」の主人公は小学生。
父親をガンでなくし、
祖父と母と暮らす小学生の友情と初恋、
母親への思いが
ヤドカリを使った秘密の儀式の中で展開するのですが、
未成熟の子供の話など、
よほどの叙情性や憧憬や
人生の初期に出会った人生の深淵が見えてこないと、
幼稚なだけです。
道尾秀介には、子供を主人公にした良いものもありますが、
この本の主人公の感じ方も行動も実に幼稚。
作者が子供の幼稚さに甘えていては、
読む方が辛い。

そういうわけで、
一応直木賞受賞作なので紹介しましたが、
それほどの作品ではありません。

それほどの作品でもないのに、どうして受賞したか。
そこに、審査員も人の子で、
5回連続候補
に対して、
「そろそろ」という力が働いたように思えてなりません。






AutoPage最新お知らせ