大掃除で過去と遭遇  

今日は一日かけて家の大掃除

最近、「断捨離」(だんしゃり)などということが言われています。

「断捨離」とは、
ヨガの「断業」、「捨行」、「離行」という考え方を応用したもので、
不要なモノを断ち、捨てることで、
モノへの執着から離れ、身軽で快適な生活を手に入れよう
というものです。
単なる整理術ではなく、
身の回りをスッキリさせることで、
心の混乱も整理し、
前向きな自分に生まれ変わりたいということのようです。

理屈はともかく、
まず、ビデオやカセットテープのたぐいは、
もはや観ることも聴くこともないだろう、
ということで、どんどん捨てました。
DVDやブルーレイ、iPODの時代ですから、
もうビデオテープやカセットは
この数年、使用していません。
題名を見ると迷うので、
見ずに、機械的に袋の中へ。

本は、再度読むことはないだろうと思うものは、
これもさっさと捨てました。
藤沢周平さんや曽野綾子さんの著作は、
定年後じっくりもう一度読んでみたいということで保有。
これでかなりのスペースが生まれました。

古い資料の中から、
古い日記が出て来て、
学生時代の悩み多き時や、
新婚時代の人には聞かせられないことなどが書いてあるものは、
逆に捨てるものには入れられません。
再読することはないでしょうが、
きっと子供や孫が処分してくれるでしょう。

古い著作物の原稿は、
これも捨てられず、保管。
やはり子孫に任せます。

以前、NHKの「あなたのメロディー」に出場したことを書きましたが、
その録音テープが出て来て、びっくり。
どうやら当時、テレビにつなげて録ったものを、
カセットにダビングしたもののようで、
カミさんと娘は「聞いたことがある」と言いますので、
事務局長、一人で忘れていたらしい。

聞いてみて、唖然としました。
暗い。あまりに暗い。
荒野をたった一人で行く人が、
人の姿を探し求め、
何か聞こえた丘の上に行っても、
誰もいない、という心象風景を歌ったものですが、
今聞くと、青ざめるほど暗い。
当時(高校一年生)の事務局長は、
そういう孤独感の中で生きていたようです。
ちょっと驚きました。

メロディーがきれいでよく表現されていたこと、
音楽的に形式が整っていたことで評価され、
審査のいずみ・たくさんからは
「百点満点です」というお誉めの言葉をいただきましたが、
それも嬉しくないほど、暗い。
司会の長谷川肇アナの質問に答える声も、暗い。

なにしろ当時は思春期真っ只中で、
確かに人一倍内省的な性格ではありましたが、
あんなに暗い声を出し、あんな曲を作っていて、
よくまあ、自殺もせずに生きてこれたものです。
宗教でしか救われない人生でしたね。

など、40年、50年前の空気が押し入れの中から押し寄せて来て、
少々たじろいだ一日でした。





AutoPage最新お知らせ