丹羽さん、どうしてしまったんですか  政治関係

今朝、産経新聞のトップ記事で、
丹羽宇一郎中国大使が、
対中ODA強化を具申した

という記事見て、びっくり仰天した。

記事によると、

在中国の丹羽宇一郎大使が今月上旬、
日本から中国への政府開発援助(ODA)の強化を
外務省本省に意見具申していたことが18日、分かった。

9月の沖縄・尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件で悪化した日中関係の改善に向け、
他の予算を削減してでも
対中ODA予算の「増額」が効力を発揮すると丹羽大使は判断したようだ。

丹羽氏は意見具申の中で
ODAが日中間の経済、交流関係を強化する外交手段として有効だ
との見解を示した。
特に環境技術協力や中国国内の法整備、労使紛争解決のメカニズム構築などに
ODA予算を重点配分することを主張した。
そのうえで、対中ODAを打ち切ることは、
中国側の批判を受けることになると「警告」したという。 

昭和54年に始まった対中ODAは累計で3兆6千億円を超える。
9割以上を占める円借款(有償資金協力)は平成19年度に終了した。
ただ、環境保全や人材育成を中心とする無償援助と技術協力は20年度以降も継続。
同年度の実績は53億円で、日本は世界最大の中国支援国となっている。

丹羽氏は産経新聞の取材に対し「そのような事実はない」と回答した。


このブログを読んでいる方は、
丹羽さんについては、
伊藤忠商事の社長を退任する時の引き際が見事であったと、
たびたび賞讃している、と知っている。
民間初の駐中国大使に着任した時も、
一味違うことをしてくれるのではないかと期待した。

しかし、尖閣問題では、夜中に呼びつけられ、
民間起用に反発した外務省から蚊帳の外に置かれて苦労した。

しかし、賢い丹羽さんのことだ、
きっと役人に出来ないことをしてくれるに違いない、と思っていた。

なのに、ODAの強化ですと?
日本を抜いて世界第2位の経済大国になぜ援助をしなければならないのか。
相手はすさまじい軍事費を投入して、
毎年軍備を拡大している国だ。
環境技術協力はまだしも、
中国国内の法整備や
労使紛争解決のメカニズム構築など、
自分たちでやらせればいい。
日本は今、骨身を削っているのだ。
まして、お金に色はついていない。
日本から送られた金が巡りめぐって軍備の強化に使われていると言われても抗弁出来まい。

丹羽さん、一体どうしてしまったんですか。
すっかり相手の土俵で取り込まれてしまいましたか。
経済人だから、経済的手腕でしか方法が考えられないのですか。
残念、失望、あんまりがっかりさせないで下さい。


ところで、同じ新聞に、
辞任する予定の大林検事総長の後任に
笠間治雄・東京高検検事長が有力、
という記事が出ていた。

もしそうなったら、
ちょっと嬉しい。
実は笠間さんは、高校時代の同級生だからだ。
次席検事の時代、例の浅田満裁判で
お世話になったことがある。

五十代に入ってから、
自分の周辺にいた人が第一線に出て来ることが増えた。
世代的に当然だが、
なぜか一年ずれていた。
先程パーティーの報告をした中川雅治参議院議員は、
大学の1年先輩。
前の日銀副相総裁の岩田さんや茨城県の橋本知事は、
大学のサークルの1年先輩。
管総理も高校の1学年上。

しかし、今度の笠間さんは、正真正銘の同学年。
都立小山台高校3年H組
事務局長の最も悩み多き、
自ら言う「黄金時代」を共に過ごした人だ。
こういう同学年の仲間が最先端に出て来ると、理屈でなく嬉しい。

いや、もう一人いましたね。
あの有名直木賞作家は、事務局長と中学時代の同級だった。







AutoPage最新お知らせ