表示講習会  

今日は、食肉公取協の適正表示指導員に
初めてなった方のための表示講習会。

指導員さんの任期は2年なので、次回は2年後。
つまり、事務局長にとっては、
これが最終講義になります。

クリックすると元のサイズで表示します

その最終講義が最低講義になってしまいました。

原因はいろいろありますが、
2年前の資料を見ていて、
スライドに8枚ほど欠けたものがあることを発見して、
それを直前まで作り、
アニメーション機能も付け、
あわただしくプロジェクターをセッティングした後、
今日は監査会もあったので、
そこで説明をし、
続いて講習会にのぞんだところ、
お昼抜きになってしまったのです。

腹が減っていた、などというのは
言い訳にも何もなりませんが、
最初から調子が出ず、
ところどころ雑になり、
受講者に対する愛情もわかず、
語る喜びもなく終わってしまいました。

必ず笑いを取っていた「桜島豚」のくだりも、
ついに笑い声は聞かれませんでした。

(桜島豚とは、
鹿児島県の生産者から電話があり、
「桜島豚」という名称はどうか、というので、
詳しく聞いたところ、
桜島で飼育した豚ではなく、
対岸で桜島を見ながら育った豚、というので、
NGにしたというエピソード。)

こんなことは初めて。
2年前の山形屋事件の後の
7会場連続講習で、
ある日など、
1日2回同じことをしゃべっても、
エネルギーはみなぎっていましたのに。

事務局長、いよいよ歳なのか。
手元の資料もよく見えませんでしたね。
やはり引け時が近づいているようです。

というわけで、
少々寂しい最終講義となりました。






AutoPage最新お知らせ