投票前日  

↓は、昨日の読売新聞の選挙報道の見出し。

クリックすると元のサイズで表示します

一瞬、みんな=全員の勢いが衰えないのか、
と思ってしまいますが、
その左の見出しを見れば、
「みんな」とは、「みんなの党」だとういうことが分かります。
妙な政党名を付けると、こんなことになります。

いよいよ今夜で選挙戦も終わり。
暑い中、大変だったですね。

昨日、組合にある政党の都連の政調会長という人から電話があり、
「期日前投票のNHKの出口調査では、
わが党の比例区の当選者は10名ほどと分かりました。
○○候補は今、10〜12位にいます。
どうか、お宅の組織で50票の上乗せをしていただきたい」

と、絵に描いたような
「すれすれだから頼みます」という話でした。
きっとあちこちにそう言っていて、
10〜12位には、かなりの人数がいるに違いない。
第一、出口調査の結果を
開票前にNHKが公表するはずはなく、
もしその党の関係者にNHKが情報を漏らしたとすれば、
その方が問題でしょう。

菅さんは、最後が新浦安駅で、
「そうじゃあありませんか、皆さん」と
いう言い方を盛んにしていました。
消費税の火消しにおおわらわ、というのは、ややみっともなく、
新聞広告で「唐突だったらごめん」
などとあやまってはいけません。

谷垣さんは、あの指を一本立てての
「いちばん」の「ともだち」ポーズで演説。
少したくましくなり、
人の心を刺激するレトリックを覚えたようです。
しかし、言えば言うほど、
「ならば、なぜ政権を持っていた時にしなかったのか」
と言われるのがつらいところです。

共産党の志位さんと
社民党の瑞穂さんがテレビに映ると、
我が家ではつい笑ってしまいます。
一人はあまりに「のびたくん」風だから。
一人はあまりに幼稚なしゃべり方で。
それに、服装のセンスがひどすぎる。
ひどいというより、ヘン。
事務局長は今度の選挙で
社民党が消え失せてくれたらどんなにいいかと本気で思っています。

そういえば、少し前には、
鳩山さんが潤んだような目でカメラに向かって何か言うと、
つい笑ってしまいましたっけ。

亀井さんは、選挙演説の最後を歌でしめくくるという
おそるべき古さ。

渡辺さんが一番生き生きとしているな。
でも「民主党とは一緒にやらない」と
早々と言ってしまっていいものか。
いずれ第3極の真価を発揮する時が来るというのに。

それにしても、皆さん、すごいエネルギーでやっています。
しかし、これについては、
賢人・曽野綾子さんが、次のように言っています。

「小説家も政治家も、
ならなくてもいいのに、
勝手になりたくてなった愚かな人種である。
同情することはいささかもない。」


まあ、結果は、与党が過半数を取れず、
政局が流動的になって、
民主党、自民党が割れて、
良質な若い議員たちが大結集し、
新しい清新な政党が出来ることを期待したいですが。

最後に読者の皆様にお願い。

たびたびですみませんが、
全国比例区は、
どうか↓安井じゅん一郎さんへの投票をお願いします。

クリックすると元のサイズで表示します


実は、この後、事務局長の身に大異変が。
それは、明日報告しましょう。





AutoPage最新お知らせ