選挙は人間喜劇  

新聞の編集が終わり、
高校時代に中間テストや期末テストが終わった後のような
平安が訪れています。
いつもより早く事務所を出ると、
外は明るい。
こんな時間に帰ることは久しぶりなので、
そうか、世の中はこんなに明るかったのか、
と妙な感動を覚えたりします。

高校時代ですと、
テストの後は映画、
と決まっていましたが、
今日観ても絶対寝てしまうので、帰宅。
ゆっくりすごしました。
観たい映画が4本ほどあり、
今週末には興味津々の映画が3本公開されるので、
どれだけ観ることが出来るか・・・


選挙の結果もすこしずつ落ち着き、
ブルーな気分も遠のいていきつつありますが、
今日はある団体の事務担当者と衝突
一つの問題で質問攻めにしたら、
突然相手がキレた
質問にちゃんとした答えをしないから、
次々と角度を変えて質問、
しかも本筋が全く見えていないようなので、
問題を整理してあげながら質問したのに、
そのスピードについてこれなかったようです。
キレた後は、言い訳と責任逃ればかり。
そういう態度を取るなら、
今後この人とは口をきかなければいいわけで、
簡単ですが、
こうして事務局長は、またも敵を増やしました。

この間、このブログのアクセス数が異常に増えました。
解析してみると、
選挙がらみの言葉で検索してきた人が相当数。
ピークは開票翌日の月曜日で、
ようやく今日は落ち着いてきました。

選挙の後というのは人間喜劇で、
事務局長はいつも
ある小説とテレビドラマを思い出します。
前にブログに書いたような気がしたので、
検索にかけてみたら、
やはり3年前の参議院議員選挙の時、
書いていましたね。
以下に再録します。


☆☆ 再録 ☆☆

菊地寛に「入れ札」という作品があります。
(以下、題名も含め、うろ覚えなので、
間違っていたら、ご容赦)

追われ追われて来た国定忠治が
このままでは逃走に不便なので、
少人数にすることを決定。
本当は連れて行きたい意中の子分はいるのですが、
古参の子分に配慮して、卑怯にも投票を提案。

その時、実力不足で後輩に追い越されていた
一番古参の子分は恐慌をきたす。
きっと、みんなはあいつとあいつを選ぶだろう。
しかし、自分も選ばれたい。
懊悩していると、
一人の後輩が来て、
「親分のやり方はおかしい。
俺は、兄貴に入れるから
安心しててくれ」
などと言って励ます。
投票する時には、これみよがしの微笑さえ送って来る。

その古参の子分は、
少しでも有利になるように、
と禁を破って、自分の名前を書いて投票する。

結果は、実力派の二人が選ばれ、
忠治はほっとして子分と別れる。

ところで、古参の子分に入った票は、たったの1票。
自分以外には誰も入れてくれなかった。
なのに、あの後輩がやって来て、
「みんなはひどい。
兄貴に1人しか入れないなんて。
俺は兄貴に入れたぜ」
と言う。
その嘘を知っているのは当の古参の子分だけ。
自分の名前を書くのは、当時の美風に反するので、
それも言えない。
「あいつは、自分に入れたんだってよ」
とバカにされてしまう。
そういうがんじがらめの中で苦しむ話。

面白いでしょう。
こういう小説を書きたいな、
と思いましたね。

倉本聰のテレビドラマにもありました。
田舎の町会議員に立候補したフランキー堺が
家族全員(妻と娘の3人)で選挙戦にのぞむ。
しかし、結果はたったの2票。
まわりが支持してくれなかっただけでなく、
家族の中にさえ裏切り者が出た。
忠治の時代と違うので、
本人は自分に投票しているから、
裏切ったのは、妻か、娘か。
と悩む話。

★★ 再録終わり ★★


新聞と小説『孤高のメス』  

新聞原稿の執筆は続き、
残すはあと1本のみになりました。

例の「食肉公正競争規約の40年」
書き終えてみれば、
やはりやってよかったとの感慨に至ります。
もっと詳しくしたかった気はしますが、
紙面には限りがあるので、まあ、仕方ないか。

辛かったのは、
参議院選挙の結果で、
とても書きにくい内容でした。
相変わらず、事務局長のブルーな気分は続いています。

数年前、事務局長は自分の性格について
驚くべき事実 (それほどでもないか) に気づきました。
常に機嫌がいい
なんとなく気分が重く、イライラする、
ということはない。
朝の通勤時など、
「今日はどんな面白いことがあるのだろう」
とワクワクした感じに包まれている。
実際、何でも面白くしてしまう。
まさに、「メリー・ポピンズ」の
「一杯の砂糖で薬も美味しく飲める」、
「少女パレアナ」の「しあわせゲーム」の世界。
得な性格。
なのに、参議院選挙の6514票は重くのしかかる。

新聞によれば、内閣支持率が急落して38%だといいます。
内閣発足時が64%だから
急落も急落。
プライドの高い細川護煕サンだったら、
さっさと辞めているでしょう。

世論調査によれば、
与党過半数割れは54%が「よかった」と思っているそうです。

事務局長が期待した「社民党消滅」はなりませんでしたが、
国民新党の議席ゼロは快挙。
民主党との統一会派を解消したというから潔いと思ったら、
連立にはとどまるのだそうです。
各群立小党が何とか議席1を確保して体面を保つ中、
議席ゼロというのは、
「直近の民意」は、国民新党の存在を認めなかった、ということのはず。
国民から「NO」を突きつけられた政党が
政権に留まる、
こんなおかしなことはありません。
ここは潔く、連立政権から去るべきでしょう。

という、まともな理屈が通らないのが政界というもの。
打たれ強いというか、
強固な精神力というか、
すさまじい厚顔力というべきか。
いずれにせよ、
サムライからは遠い世界。
だから事務局長は、
政治の世界が好きになれないのです。


[書籍紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

映画がなかなか良かったので、読んだ次第。
文庫本で6巻。
長い。
でも面白い。

著者は京都大学医学部を出たバリバリの外科医だった人で、
手術の場面のリアリティと
魑魅魍魎渦巻く医科大学教授陣の確執、
ダメな医師たちの姿は
実に面白く描写されている。

これに反して、彩りの恋愛模様は
やや類型的で面白みに欠ける。

しかし、素晴らしい腕を持ちながら、
あえて片田舎での医療に進む
主人公・当麻鉄彦の高潔な姿は胸を打つ。
志が高く、それが技術に裏打ちされた人間というのは、
本当に存在します。
世界を変えるのは、そういうプロの人たちで、
夢想を語るだけではだめ。
夢を現実にするには、
たゆまぬ努力と研鑽が必要。

読むにつれて、
映画の脚色が巧みな骨組みだったことに気付かされる。
余分な夾雑物を排し、
人物の統合やエピソードの合体を行い、
小説の中の小さな人物を軸にして
ストーリーを再構築して
原作の本筋を際立たせた
脚本・加藤正人の手腕もまた、プロの技術に裏打ちされたものだ。

あとがきを読んで驚いたのは、
原作者は24歳の時に処女作「罪ある人々」(1971)を書いており、
その原作を、これまた20代の事務局長が読んでいたこと。
道理で「大鐘稔彦」という名前に聞き覚えがあったはずだ。

「罪ある人々」は、
ハンセン氏病の病棟のある島で働く若い医師の心の葛藤を描いたもので、
今はどこの図書館にもない。
やや理想主義的な、若書きのもので、
再版されるはどうか不明だが、
出たら再読してみたいものだ。





選挙の結果  

選挙の結果は厳しいですね。
数字が突きつける「民意」は
一種の「神の声」ですから、
厳粛に受け止めなければなりません。

今回の結果も、
日本国民の賢い選択だと思います。

菅さんの財政再建に対する熱い思いはいいとしても、
ちゃんとした議論も考察もなく、
自民党が10パーセントを言ってくれたので、
今なら言ってもマイナスにならない、
と判断しての便乗だったと、
国民はすぐ見抜きました。

その証拠に、火消しにおおわらわになって、
低所得者には還付するだのなんだのと、
これもまた正式な議論も考察もないままに
あれこれ言って、
それが毎日変わる、という姿に、
「またこの人も言葉が軽い」と
三代続く総理の軽さに失望感を覚えてしまいました。

菅さんの還付論については、
どなたかが町で言っていた、
「どうせ返すなら、そもそも取るな」
の一言が本質を突いています。

消費税に触れなければ、
また、その根拠を明確に示せれば、
この結果は全く変わっていたでしょう。

ところで、今朝の新聞に、
選挙中、民主党の支持率が失速しているのを見て、
鳩山さんと平野さんが会談し、
「こんなことになるのならば、
我々が辞める必要はなかった」
と慰め合った、
という記事が出ていて笑いました。
あのまま選挙戦に突っ込めば、
もっとすごいことになっていたのが
この二人には分かっていません。

まさに、
事務局長の持論である
「反省するのも才能が必要」で、
横綱白鵬が、名古屋場所での天皇賜杯の辞退などについて
「やりすぎじゃないか。
我々は賜杯を目指して頑張っているのに」
と言ったのも反省が足りません。

反省しないということは、
自分を変えられないということ
で、
横綱がこれでは、相撲協会も大変です。


実は、事務局長は今日一日、ずっとブルーでした。
安井さんの得票数が頭を離れません。
6514票
いくらなんでも、これは・・・

我々食肉業界は、
身内から出た候補者に対して、
こんな少ない票しか差し上げられない組織なのか。

あれだけ安井さんが全国を飛び回って、
商店街の皆さんと
近しくお話してきたのに、
商店主たちは、
これだけの票でしかこたえてくれないのか。

我々組合は、
もっと安井さんの活動をサポートできなかったのか。
横浜の全国大会の時、
テーブル回り以外に、
無理やりでもいい、
マイクを奪い取ってでもアピールは出来なかったのか。
確執のある全国団体に
頭を下げてでも応援をお願いできなかったのか。
動員をかけて
組合主導の決起集会で盛り上げることは出来なかったのか。

そもそも、政治嫌い、選挙活動嫌いの
自分の体質が
このような結果を呼び寄せたのではないのか。

もちろん何もしなかったわけではありません。
選挙ポスターとビラは、
公的な紙が貼られて持ち込まれてすぐに
全支部に配送を完了。
ハガキの宛名印刷もし、
何度も理事長名で支部宛通知を出し、
芹田理事長には、
直接支部長に電話をかけていただいた。

支部での「励ます会」は、
半分以上の支部のみなさんが
夜8時以降に集まって、
決意を新たにしてくれた。
先日のミニ支部長会でも、
親戚友人一同にお願いをしてくれた
一人の理事の話もありました。

でも、選挙の素人の悲しさ
それが票には結びつかなかった。

顧問の保坂三蔵さんについては、
全く心配していませんでした。
前回 (2007年) 65万票を取った方です。
全国比例区に移行しても、
東京だけで20万票は出ると思っていました。
それは周囲も自民党関係者もみんなそう思っていたそうです。
それがわずか8万票
自民党の比例最下位当選は10万8千票。
それにも及びませんでした。
あの65万票は何だったのか
「再起の会」で会場を埋めたあの人たちは、
どこに行ったのか

百戦錬磨の選挙のプロでさえ、読み違える。
我々のような
何の方法論も持たないアマ集団では
当選はおぼつかない、
それは分かります。

しかし、それでもなお、
6514票は少なすぎる

午後、安井さんが組合事務所に挨拶に来られたので、
親しくお話しました。
その正式コメントは新聞に掲載しますが、
「本業に戻ります」
と言っていただけたのが嬉しかった。
本業というのは、
息子さんがやっているお店でのご商売が一つ。
もう一つは、
商店街活性化のための活動、
安井さんの天職といえるものです。
そうした活動の中で
時が巡ってくれば、
再び必要とされる時が来るでしょう。
その時には、
今度の反省を材料に
もっと違った応援をしたいと思っています。

ブルーな一日
あと何日続くのでしょうか。



ミニ支部長会と参議院議員選挙と昨夜の異変  

今日は昨夜の「異変」 (後述) のために、
少し遅く起きました。

昼前に↓投票に行って、

クリックすると元のサイズで表示します

もちろん、安井さんに一票です。
カミさん、娘も入れて、ウチは3票。
その他、遠方の親戚、近隣の友人等、
いくらか上乗せされたはず。


組合事務所に行って、原稿を執筆。
静かな環境の中、よく進みました。


夕方から小岩に出掛けて、
江東ブロックのミニ支部長会

クリックすると元のサイズで表示します

↑このような会場で向かい合って話した後、
↓このような会場で懇親会。

クリックすると元のサイズで表示します

↓兜焼きも出て、

クリックすると元のサイズで表示します

↓鬼太郎のお父さんも現れました。

クリックすると元のサイズで表示します

ここは和食のレストラン。
昨夜のこと (後述) があったので、
事務局長はおそるおそる食べました。

S副理事長は、こんな可愛い靴下です。

クリックすると元のサイズで表示します

帰り道、見た光景。

クリックすると元のサイズで表示します

こんなもの、昨夜のうちに片づけなければダメでしょう。
丸一日すぎてもこの状態。↓

クリックすると元のサイズで表示します

そりゃ、民主党、負けますよ。

鳩山さんのままなら、もっと負けていたでしょうが、
消費税を言わなければ、
結果は相当変わったはず。
何を言ったら、どういう結果が起こるか、
というのが分からない菅さんの政治的センスが疑われます。

これで、またねじれ国会の再現
自民党に頼みたいのは、
つまらない足の引っ張りあいはしないで、
一致団結して国難に当たってほしいこと。
それができないのなら、
さっさと政界再編になだれこんでもらいたい。

菅さんの記者会見も、はっきりしない。
心が空虚なようで、
全く人の心を打ちません。


で、ここで、昨夜の「異変」のことを書きましょう。

4年ほど前、夜中に腹痛で救急車を呼ぼうと思った話をしました。
それが再現してしまったのです。

夜中12時頃、
あれっ、下腹が重いぞ、
と思っていると、
じきに、腹の中が引きつるような痛みに移行。
体が二つに折れて、
冷や汗が流れ、
顔が青ざめていきます。

4年前と違うのは、
あの時は下痢と共に腹痛が始まりましたが、
今回は下痢はなし。
そのかわり、サルトルがやって来ました。
サルトルと書いたのは、汚い文字を出したくないからで、
でも、サルトルでは分からないので書くと、
嘔吐したのです。

「嘔吐」については、↓をクリック。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%98%94%E5%90%90_(%E5%B0%8F%E8%AA%AC)

末期のローマ人でもなく、牛でもなく、
「もったいない」の日本人である事務局長は、
せっかく食べたものを戻すなど、
ずっとしたことがありません。
思い出せる限りでは、
45年も前に学生の時、酔って戻したくらい。

もう一つ前と違うのは、
あの時はベッドに寝ころんで、
朝までには痛みが治り、
ひどい姿をさらさずに済みましたが、
今回は、
まだ起きていたカミさんと娘に
苦しんでいる姿を見られてしまったこと。

ちょうど、「孤高のメス」を読んでいる最中で、
肝臓ガンの患者が運ばれて死ぬ場面などを読んでいましたので、
ちょっと深刻に考え、
ただ、救急車はいやなので、
娘に運転してもらって、
すぐそばのJ大学病院に行った次第。

まず看護士の女性に言われたのは、
「必ずしも対応できるとは限らないので、
次からは電話してから来て下さい」
ですと。
はて、ここは救急病院のはずだが。
それにたとえそうだとしても、
そんなことは、
体調不良でやって来た時に言うのでなく、
最後に言ったらいい言葉ではないか。
ああ、この病院はダメだな、と瞬間思いました。

随分待たされ、その間に検温、血圧測定などあり、
もう一度サルトルがあって、
ようやく中へ。
ベッドに寝て、また待たされている間に、
少しずつお腹の痛みは消えていきました。
先生は若い女医さん。
状況を聞かれ、触診され、血液を取られ、
点滴をされ、レントゲン撮影をされて、
現像が出来、血液検査の結果が出るまでの間、
また寝たまま待ちます。
退屈なので、「孤高のメス」第6巻を読みした。
(病院に行く支度をしている時、
本を持ったので、娘はあきれていましたが、
持って行ってよかった)
丁度、肝臓移殖の場面で、
肝臓が取り出されて、腹の中に巨大な空洞、
などという場面でした。

レントゲンの結果、問題なし
「この黒いのは、便です。
便がたまっています。
この丸いのは、ガスです」
などという4年前と同じ説明。

血液検査の結果も、問題なし
腹内に炎症はなし
(炎症があると出て来るタンパク質が出ていないので、分かるそうです)
肝臓関係の数値が正常値より、若干高い。
あと、関係ないが、尿酸値が高い。

以上の結果、問題の所見はないので、
ウィルスか細菌に反応した「腸のカゼ」か、
ストレス、疲労が原因、だとのこと。

う〜ん、あれだけ痛くて、何もなしか。

娘の運転で家に帰ると、
「もう冷たいものを飲むな」
と強く言われました。

しかし、原因は何なのか。
何かの警告か。
いや、もしかしたら、
藁人形に釘を打たれたのではないか、という
トンデモない説も。

こんな症状が海外旅行中に出てきたら、
あせるでしょうね。


前回の時のブログは、かなり笑えるので、
↓をクリック。

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20061018/archive

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20061019/archive


安井さんの結果はまだ出そうもないので、
今日は早く寝ます。
カミさんと娘が心配していますので。




投票前日  

↓は、昨日の読売新聞の選挙報道の見出し。

クリックすると元のサイズで表示します

一瞬、みんな=全員の勢いが衰えないのか、
と思ってしまいますが、
その左の見出しを見れば、
「みんな」とは、「みんなの党」だとういうことが分かります。
妙な政党名を付けると、こんなことになります。

いよいよ今夜で選挙戦も終わり。
暑い中、大変だったですね。

昨日、組合にある政党の都連の政調会長という人から電話があり、
「期日前投票のNHKの出口調査では、
わが党の比例区の当選者は10名ほどと分かりました。
○○候補は今、10〜12位にいます。
どうか、お宅の組織で50票の上乗せをしていただきたい」

と、絵に描いたような
「すれすれだから頼みます」という話でした。
きっとあちこちにそう言っていて、
10〜12位には、かなりの人数がいるに違いない。
第一、出口調査の結果を
開票前にNHKが公表するはずはなく、
もしその党の関係者にNHKが情報を漏らしたとすれば、
その方が問題でしょう。

菅さんは、最後が新浦安駅で、
「そうじゃあありませんか、皆さん」と
いう言い方を盛んにしていました。
消費税の火消しにおおわらわ、というのは、ややみっともなく、
新聞広告で「唐突だったらごめん」
などとあやまってはいけません。

谷垣さんは、あの指を一本立てての
「いちばん」の「ともだち」ポーズで演説。
少したくましくなり、
人の心を刺激するレトリックを覚えたようです。
しかし、言えば言うほど、
「ならば、なぜ政権を持っていた時にしなかったのか」
と言われるのがつらいところです。

共産党の志位さんと
社民党の瑞穂さんがテレビに映ると、
我が家ではつい笑ってしまいます。
一人はあまりに「のびたくん」風だから。
一人はあまりに幼稚なしゃべり方で。
それに、服装のセンスがひどすぎる。
ひどいというより、ヘン。
事務局長は今度の選挙で
社民党が消え失せてくれたらどんなにいいかと本気で思っています。

そういえば、少し前には、
鳩山さんが潤んだような目でカメラに向かって何か言うと、
つい笑ってしまいましたっけ。

亀井さんは、選挙演説の最後を歌でしめくくるという
おそるべき古さ。

渡辺さんが一番生き生きとしているな。
でも「民主党とは一緒にやらない」と
早々と言ってしまっていいものか。
いずれ第3極の真価を発揮する時が来るというのに。

それにしても、皆さん、すごいエネルギーでやっています。
しかし、これについては、
賢人・曽野綾子さんが、次のように言っています。

「小説家も政治家も、
ならなくてもいいのに、
勝手になりたくてなった愚かな人種である。
同情することはいささかもない。」


まあ、結果は、与党が過半数を取れず、
政局が流動的になって、
民主党、自民党が割れて、
良質な若い議員たちが大結集し、
新しい清新な政党が出来ることを期待したいですが。

最後に読者の皆様にお願い。

たびたびですみませんが、
全国比例区は、
どうか↓安井じゅん一郎さんへの投票をお願いします。

クリックすると元のサイズで表示します


実は、この後、事務局長の身に大異変が。
それは、明日報告しましょう。





AutoPage最新お知らせ