金賢姫さん来日と袴田事件  

昨晩の「たけしのTVタックル」への
芹田理事長出演の話題は、
午前中に芝浦の食肉市場内を駆けめぐっていたようです。
随分観られているんですな。


韓国から金賢姫(キム・ヒョンヒ)さんが来日しましたが、
この報道のあり方については、
大きな疑問があります。

たとえば、下のような記事。

初来日した北朝鮮の元工作員、金賢姫元死刑囚(48)が20日、
拉致被害者の田口八重子さん(行方不明時22歳)の長男、
飯塚耕一郎さん(33)と
兄で拉致被害者家族会代表の飯塚繁雄さん(72)と、
滞在先の長野県軽井沢町で面会した。

何ですか、「元死刑囚」って。
「元工作員」というのもあります。
(テレビでは、
NHKと日本テレビが「元死刑囚」、
それ以外は「元工作員」。
読売新聞は、「工作員」と「元」が小さい。
こういう取り扱いは、犯罪者の場合。)

確かに金さんは、
あのような事件を起こし、
死刑判決を受けたが、
恩赦で許されたはず。
罪をつぐなった人をなぜいつまでも「死刑囚」呼ばわりするのか。

ならば、刑務所から出た人は
「○○服役者」とか「元懲役20年」とか「元犯人」とでも呼ぶのか。
あるいは「元売春婦」とか「元詐欺師」とか「元殺人未遂者」とか
「元禁治産者」「元ヤクザ」などと呼んでもいいのか。

罪を悔い、
普通の一市民として暮らしている女性を
「元」付きであっても罪状をあからさまにしている報道。
無理矢理職業とか肩書が必要などと言う理屈は
上記報道で「田口八重子さん」とか「飯塚耕一郎さん」とか
呼んでいる以上成り立たない。
どうして「金賢姫さん」ではいけないのか。

NHKをはじめ、
どこも同じだから、
事前に話し合って統一しているのだろう。
それもおかしなことだ。
なぜ各社自由ではないのか。
あなた方は「言論の自由」を言い、
何かといえば、「言論弾圧」と叫ぶ人たちではないか。

マスコミ関係の人と言えば、
ちゃんとした学歴を持って、
社会的な常識も良識も持ち合わせている人たちだろう。
「これはおかしい。やめましょう」
と言いだす人が誰もいないのか

いても黙殺するのか。

金賢姫さんといえば、
その著作「今、女として」を読めば、
彼女もまた異常な国・北朝鮮の体制の被害者であることが分かるはず。
それを知ってなお「元死刑囚」と呼ぶ
マスコミのセンスを疑う。
それとも彼らは、あの貴重な著作さえ読んでいないのか。

日本語の読める金賢姫さんが、
日本の新聞を見て、
自分の名前の後に「元死刑囚」と書いてあるのを見て、
どんなに胸を痛めるか分からないのか。
日頃、人権人権と口にしている人たちなのに、
おかしいではないか。

マスコミはただちに
金賢姫さんへの非礼を詫び、
「金賢姫さん」という呼び方に改めるべきだ。



[書籍紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

映画に触発されて読んだ。
映画「BOX 袴田事件 命とは」の感想については、↓をクリック。

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20100615/archive

この本は、
供述調書や裁判記録、現地取材の証言などを集めた
550ページの大変な労作。
これを読む限り、この事件は冤罪で、
パジャマについていたわずかな血痕を根拠に
警察が見込み捜査、決めつけ捜査をし、
拘束後、無理矢理自白に持ち込んだことは明らか。

事務局長自身は、犯行時間のことで
袴田さんが犯人ではないと確信した。
犯行時間が深夜ではないことは、
被害者たちの着衣で明らか。
腕時計をしていたり、制服姿だったり、
ブラジャーをしていたりで、
通常の生活時間の中で犯行は行われた。
しかし、犯行が10時半より前だと認めると
袴田さんのアリバイが成立してしまうので、
犯行時間は無理矢理深夜にした、
と見る。

映画の中で、殺される娘がセーラー服を着ていて、
へんだと思ったし、
Yahooの映画レビューでも「監督は無神経」などと書かれていたが、
あれは、現場検証で
死体が制服を着ていたから、そういう描写をしたのだと、
改めて分かった。

事件後10カ月も経ってから、みそ樽の中から発見された
血染めの5点の衣類も不自然で、
サイズが袴田さんに合わなかったり、
血液型に被害者の一人のO型がなかったりで、
捏造は明らか。

それにしても、
冤罪なのに、
あの供述調書の詳細さは何なのか。
書いたのは、一体誰か。

これだけ「合理的な疑い」のある疑惑に対して、
地裁、高裁、最高裁の審議の中で疑問を呈し、
「疑わしきは被告人の利益に」しなかった裁判官の気持ちが分からない。

今、事務局長がこの事件に興味をおぼえるのは、
第一に真犯人
第二に捏造証拠を作ってまで袴田さんを犯人に仕立て上げた警察の人々
第三に誤審をした裁判官たち
のその後の生活に関心がわくからで、
一体どんな生涯を送ったのだろうか。

その一端がようやく映画で明らかにされたが、
袴田さん自身は、
今は精神的に正常ではないようなので、
晴れて出所、ということにはならないようだ。
かわいそうに。

今からでも遅くはない。
真犯人は名乗り出ろ。
間違った捜査をした刑事たちも申し出て、
少なくとも袴田さんの名誉を回復したらどうか。



芹田理事長吠える  

今日は暑かったですね。
その中、午後からミニ支部長会の第4回。
城南ブロックでの会合です。

クリックすると元のサイズで表示します

共同購入の肉質の問題、
様々な提案という、いつもの内容に、
今回は「次世代育成」と「総菜の充実」
という課題が出ました。

どんな団体のどんな会議も同じでしょうが、
自分の経験や願望が全体的な議論にするべき価値があるのかどうか、
自分ですべきものと所属団体がすべきものとの区別は出来ているのかどうか
こういうことを受け止める側がちゃんと峻別しないと、
今の政治のようなことになってしまいます。
特に教育の問題はそうです。

1000人いたとしても、
その基本は1たす1たす1たす1・・・・
「1」の努力が前提で、
その努力をまとめて大きな力にするのが
団体であり、国家です。


などといいつつ、↓懇親会。

クリックすると元のサイズで表示します

会議そのものが午後3時から
という異例の早さなので、
夕食も午後4時からとなりました。
それにしても早い。

で、帰路も早く、
↓舞浜の夕焼け。

クリックすると元のサイズで表示します

↓シルエットは、舞浜のアンバサダー・ホテルです。

クリックすると元のサイズで表示します


さて、
夜7時からの「たけしのTVタックル」3時間スペシャルに
芹田理事長が出演。
庶民代表の50名の一人として、ひな壇に並びました。
↓一番後ろの列の右から2番目が芹田理事長。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ここです。

クリックすると元のサイズで表示します

番組そのものは
日本のテレビの悪い面が出た低俗さ。
そろそろ変わらなければならないのに変われない
一つの業種の典型。

この番組で顔を売った民主党の若手議員たちも
いざ政権を取って守勢に回ると
結構口ほどにもないことが分かってしまいます。

その番組が終わりかけた時、
芹田理事長が手を上げて「一言」と。

クリックすると元のサイズで表示します

「国会議員の皆さんに言いたいです。
リーマン・ショックがあって、

(今でも)これだけ低迷しているのは、
日本の国だけですよ。
いかに国会議員がだらしがないか。
本当に景気対策をしっかり考えてしっかりやれば、
デフレも克服できる。
みんな討論が足りない、
みんなバラバラですよ、言ってることが。
本当に景気のことを真剣に考えている国会議員
(は誰もいない)。」

↓神妙に聞く議員たち。

クリックすると元のサイズで表示します

「だから選挙戦をやった時の
その気持ちを忘れないでほしい。」


クリックすると元のサイズで表示します

↓平沢議員は「全くそのとおり」

クリックすると元のサイズで表示します

全国の視聴者たちも
「全くそうだ」
と思っていたはず。

国民の一人一人はこんなに努力しているのに、
いつまでたっても日本がよくならないのは、
その「1」をまとめる政治の責任。
政治家が政争にあけくれていて、
基本を忘れているからです。

この番組の収録は
土曜日の午前11時から午後6時までの7時間半。
あまりの長さにうんざりして帰って来た芹田理事長ですが、
最後に落した爆弾が炸裂
番組を見ていた国民の気持ちを代弁してくれたわけで、
日本列島を包む拍手喝采が聞こえるようです。




ミニ支部長会・第3回  

本日は城西ブロックにおけるミニ支部長会

クリックすると元のサイズで表示します

3回目ともなると、
新三役さんたちの説明も段々慣れて来ました。

意見の大半は、共同購入の肉質に関するもの。
あとは、共同製作物に対する要望です。
この傾向はどこのブロックも同じなようです。

その後は懇親会

クリックすると元のサイズで表示します

ここでの忌憚のない意見の収集が重要。
お隣のTさんからは、
「この数年の改革で
本部がとても身近になった」

というお褒めの言葉をいただきました。

帰り、空に出来た不思議な雲。

クリックすると元のサイズで表示します

半月とのバランスもなかなかいい。

横浜では、
雲が虹のように色づく「彩雲」というのが観測されたそうです。↓

クリックすると元のサイズで表示します

吉兆ならいいのですが。



カタコンベとMETライブビューイングのアンコール上映  

日曜・月曜のミニ支部長会2連発の準備を進め、
同時に名鑑の編集も開始。
しばらくは「巡航速度」で組合は進みます。

で、夕方からは、「カタコンベ」の集会。
前にも書いたとおり、
業界のごく良心的なメンバーの集まり。
命名は、ローマ帝国の迫害を逃れて、
当時のキリスト教徒が
地下墓所 (カタコンベ) で密かに集会をしていた故事にならいます。

そういう意味で、
ローマ帝国 (業界の圧制者たち) に対して
悲憤慷慨する場のはずですが、
最近は、
ただ、うまいものを食べるだけの会に成り下がっているみたいです。

今日行ったのは、
銀座のマロニエゲートにある、
シンガポールのシーフードレストラン『シーフード・リパブリック』。

クリックすると元のサイズで表示します

シンガポールの4つの有名店を合体させ、
シンガポール政府の肝入りで東京に進出したレストランで、
本格的なアジアンエスニック料理を食べることが出来ます。
品川のホテル・パシフィックの前にも
同じ店があります。

この店は銀座の景色が見えて、
これもごちそう。
遠くに東京タワーも見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

コース料理では、まず、前菜。

クリックすると元のサイズで表示します

香菜の風味がやはりエスニック。
料理の内容は聞ききましたが、すぐ忘れました。

↓のスープは、乾燥貝柱とアジア独特の何か。すぐ忘れました。

クリックすると元のサイズで表示します

↓エビ。(見れば分かる)

クリックすると元のサイズで表示します

↓茄子の上に乗った魚。名前は忘れました。

クリックすると元のサイズで表示します

シーフードレストランなので、
ワインにも、こんな絵が。
なぜか南アフリカ産。

クリックすると元のサイズで表示します

その間に、銀座の夕景は、

クリックすると元のサイズで表示します

夜景に変化していきます。

クリックすると元のサイズで表示します

メインは↓これ。チリクラブ。

クリックすると元のサイズで表示します

マッドクラブは、香港から空輸されてきたもの。
他にプラックペッパークラブとカリークラブがあります。

手がベトベトになります。
服がよごれないように、
↓こんな前掛けを付けます。

クリックすると元のサイズで表示します

↓マシュマロではありません。
このパンにソースを付けて食べます。

クリックすると元のサイズで表示します

大量に残ったソースがもったいないので、
白飯を取って、マーボーライスのようにして食べましたが、
これがうまい。
少々食べ過ぎました。
事務局長以外は、なぜか小食の人ばかりで、残飯整理係。

↓コースにないシャコを追加。

クリックすると元のサイズで表示します

鮨ネタの小さいシャコではなく、巨大。
高温で揚げたニンニクがかかっています。

↓デザートはアイスクリームとシャーベットの合わせワザ。
これもおいしい。

クリックすると元のサイズで表示します

このコースで4800円は、相当コストパフォーマンスが高い。
ランチブッフェは1750円。

気のおけない仲間との
何のテーマもない集まり。
精神衛生には、とてもいいですね。


話変わって、
明日から42日間、
METライブビューイングアンコール上映
が築地の東劇で始まります。

クリックすると元のサイズで表示します

過去4年間の作品の中から18本を厳選。
これを組み合わせを変えながら、
毎日3本ずつ上映しようというイベント。
↓は、その18本。(クリックすると、すこしだけ大きくなります)

クリックすると元のサイズで表示します

↓はスケジュール。

クリックすると元のサイズで表示します

小さくて見えませんか?
では、↓をクリック。

http://www.shochiku.co.jp/met/topics/info30.html

どの作品も外れなしですが、
あえて選べば、
事務局長のお薦めは、
「魔笛」「清教徒」「タイス」
「トスカ」「カルメン」「トゥーランドット」


「トゥーランドット」と「カルメン」と「トスカ」の3本が並んだ
8月21日(土)は、一日詰めても価値があります。

チケットは3000円
4枚セット10000円(2500円×4枚)がお得。


落ち着きと『トイ・ストーリー3』  

選挙も終わり、新聞も終わり、
しばしの落ち着きの中にいます。
それで、机の上に出来つつある「地層」を少し整理。
「そういえば、あの時、ああいうことがあったな」
という感情を発掘しながら、地層がなくなっていきます。

しかし、
ミニ支部長会はまだ続いているし
(今度は連休に2連発 ! )
その後のまとめと座談会、
同時進行で名鑑、
その途中で表示の講習会を
受講側と講師側で2回、
などなど。

それでも今日は夕方から映画を観る時間が出来て、ありがたい。
作品は、↓。

クリックすると元のサイズで表示します

人形たちが
人間の見ていないところでは、
動き、しゃべり、活動しているという
卓抜なアイデアを
CG技術の進歩と連動させて
アニメの進化の究極の必然形として示したこのシリーズ。

ただし、その技術に頼るのではなく、
映画の面白さは
ストーリー (脚本) であり、
キャラクター (役者) であり、
動き (演技) であり、
感情 (を高揚させる技術) であるという基本を
しっかり押さえた作品作りが、憎いくらいに結晶している。

練りに練られた脚本は
素晴らしくスピーディーな展開で一瞬の遅滞もない。
おなじみのキャラクターたちは、
それぞれの見せ場が用意されて、生きている。
(最後のところの救出手段は、
第1作から続く伏線。
そのためのほのめかしが
しっかり織り込まれている。
シナリオ会議で、一体誰がアイデアを出したのか)

ハラハラドキドキの中で
随所で笑わせ、
次々と意表をつく場面が続出する。
そして、最後のあの泣かせる場面。
大の大人が
アニメで涙を流す
など、
恥ずかしくて人には言えないが、
この映画を見て、
泣けない人がいたとすれば、
随分かわいそうなことだと同情する。

根底にあるのは、
おもちゃというものは、
子供の成長と共に捨てられるのだという
どうしようもない宿命。
あんなに遊んでくれたご主人様が、
次第に触ってくれなくなり、
最後は忘れられてしまうのを、
ご主人様の成長として喜ばなければならない、
というおもちゃたちのアイロニー。

そこには様々な人生の皮肉が二重重ねになって見えて来る。

このシリーズの素晴らしいところは、
こうした奥行きの深さで、
子供向きを越えた、
大人の心までも掴むエネルギーを持っているところだ。
そして、その背後には、
「友情」や「勇気」「自己犠牲」などの
忘れてしまった言葉が
輝かしい光を投げかけていることだ。

慢性睡眠不足の事務局長であるが、
一瞬も眠くならず画面に惹きつけられ、
時の経過を忘れて没頭し、
ハラハラし、笑わされ、泣かされ、
最後には何とも言えない幸福感が包む。
人生の憂さも
仕事の過酷さも
人間関係の煩わしさも
忘れさせてくれる2時間というのは、
まさに娯楽の本道であり、
映像の魔術

「ファインディング・ニモ」を越えた
ピクサーの最高傑作
観るべし。

5段階評価の「5」


そういえば、
事務局長の高校時代の愛読書、
「くまのプーさん」の最後も、

クリックすると元のサイズで表示します

成長して疎遠になっていく
クリストファー・ロビンとの
別れのシーンでしたな。
御存知の方は知っているとおり、
事務局長のハンドルネームは
「浦安のプーさん」です。





AutoPage最新お知らせ