利率決定と癒しの夜  

今日は、
新年度最初の仕組債の利率確定日

ところが、ゴールドマンの問題等があって、
金曜日の夜から急激なドル安に。
豪ドルは2円50銭も下落。

クリックすると元のサイズで表示します

ざっと計算して、380万円も利息が減ってしまいました。

例のごとく、3時になると、パソコンの画面に集中。

クリックすると元のサイズで表示します

結局84円50銭前後で決まり。
想定為替である82円より、これも同額の380万円ほど多い。
この仕組債、昨年は極端な豪ドル安だったため、
利息はゼロ。
それに比べれば、
1700万円 (税引後は1370万円) の実入りは大きい。
と、思えば、納得出来ますが、
人間は欲張りですから、
何だか損した気分になっています。
愚かだね。


先日、事務局長が痛風発症直前、
とのブログを読んだ組合員の方が、先日おいでになり、
痛風や神経痛の原因は、金銭問題
もっとおおらかに構えるべし、
とアドバイスしてくれました。

確かに肉体は心の反映ですから、
そのとおりとは思いますが、
職務上仕方なく、
事務局長、まだまだ人間が出来ていませんので、
しばらくは悩まされそうです。
ただ、冬までは仕組債の利率確定はないので、
少しはゆったりすることにしましょう。


人間が出来ていないと言えば、
今日は2度ほど電話で口論にあいなりました。
もう少し人格的な対応は出来なかったものか、
と反省はいたしましたが、
最近、まともで誠実な会話が出来ない人が増えているような気がします。
この1年で急速に進んだような気がするのはなぜでしょうか。

くだらない話題はいやだ、
もっと高度な会話をしたい、
きらめくような知的な対話の中にいたい
と渇くように思う、
惑いの午後でした。


そういう時のためのエンタテインメント。
帰途、「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」
を観て、少し心が柔らかくなりました。

感想は今度書きますが、
これほどクラシックがあふれる日本映画があったでしょうか。
演奏場面以外でもバックに流れる曲の選曲のセンスが良く、
コミカルで軽い映画なのに、
本気度が感じられます。

特に、クライマックスに演奏される
ショパン「ピアノ協奏曲第1番ホ短調」は、
こんなに良い曲であったかと改めて感じ入り、
(演奏は、世界的ピアニストのラン・ラン)
家でCDを聴いて、再び胸を打たれ、
いやなことを忘れました。

癒しの夜
事務局長にだって、
そんな夜は訪れます。







AutoPage最新お知らせ