三つのK  

今日は理事長と専務に来てもらって、
決算の確認剰余金処分案の立案
今の国際経済情勢下で黒字に持ち込めたのも、
定款変更をしたからで、
このようなあくなき自己変革が組織には必要
と自画自賛。

今政治の世界で行われていることもその一つですが、
実際は「自己変革」ほど難しいことはありません

自己というのは、
生活習慣のかたまりなので、
生活習慣病がなかなか克服できないのと同じ。
自分の体重を1キロ減らすことさえできないのは、
ダイエットに挑戦したことがある人はよく知っているはず。
喫煙や飲酒の習慣もなかなか変えるのは難しい。
病気にでもならないと改めることは無理です。

今の日本の問題は、
既に病気であるにもかかわらず
その自覚がなく、
しがらみとこだわりにがんじがらめになって
自分を変えられないことです。

本気になるのは、
症状がもっと進んで、
普通の生活すらできなくなった時で、
その時には薬だけでは難しく、
外科手術が必要になります。

こんなことを書いたのは、
近頃、
事務局長本人の足の親指の付け根あたりがむずむずしているからで、
どうやら、痛風になりかけているらしい。
毎年の健康診断で
尿酸値が時々高いことは自覚していますが、
食生活はなかなか変えられません。

しかし、痛いのはいやなので、
ここは本気にならなければならないようです。

体重を減らしたのも、
数年前に「睡眠時無呼吸症候群」と診断されたからで、
やはりそういうショック療法が必要です。

日本という国は、
国民一人あたり数百万円の借金をしているというのに、
根本的な治療をせずに、
「こども手当て」その他のばらまき政策で
更に借金を増やそうとしています。
もはや狂気の沙汰で、
一体いつ症状が出るか。
いや、既に出ているのですが、自覚しない。
歩行困難なほどにならない限り、
本気での治療など考えないのかもしれません。


話変わって、
読者の「かりん」さんが、
コメントで
『以前の「三高」そして近々アクサ調査の「三つのK」』
ということを書いていたので、
何のことか調べてみたら、
↓のような記事にぶつかりました。

結婚相手条件に「三つのK」=働く独身女性は現実志向−アクサ調査

結婚相手とする男性の条件は、「三つのK」−。

アクサ生命保険が15日発表した
働く独身女性を対象としたアンケート調査で、
結婚相手の男性に求める条件として
「価値観」「金銭感覚」「雇用形態の安定」
の三つが上位に入った。
バブル期に条件とされた
収入、学歴、身長の「三高」はすっかり影を潜め、
現代女性の現実志向が鮮明となった。

結婚相手に求める条件(三つまでの複数回答)として、
最も多かったのが「価値観が合うこと」で、
全体の61.8%に上った。
これに「金銭感覚の一致」(全体の27.0%)、
「雇用形態の安定」(26.3%)と続いた。

 一方で「高収入」は9位(12.3%)、
「高学歴」「高身長」はそれぞれ19位、20位で、
全体の1%強にとどまった。

男性に求める理想の年収は平均で552.2万円だった。

調査は2月下旬、
全国の25歳〜44歳の働く独身女性600人を無作為抽出し、
インターネットを通じて実施した。


ちょっと安心しましたね。
「高収入」「高学歴」「高身長」
などという外形的なものよりも、
「価値観」という内面的なものに重きを置くようになっていたとは。

価値観は、
毎日の生活の中での喜怒哀楽につながります
から、重要。
同じものを見て、同じように喜んだり、
同じように怒ったり、悲しんだり・・・。

結婚して50年も付き合う相手と
価値観が違うのは全く悲劇で、
老後悲惨な夫婦になってしまうのは、
価値観のずれが原因です。

そういうところに気付いたとすれば、
若い女性たち、なかなか賢い
日本の未来も明るいかもしれません。



税理士の点検と『山田洋次を観る』  

今日は税理士さんに来ていただいて、
最終的な点検
特に消費税の申告は、とても素人には無理なので、
それは税理士さん任せです。

このベテラン税理士さん、
結構外国に行くのですが、
東南アジア専門
中国に行くと、
ひたすら寝るそうです。
日本にいると、やはり仕事の関係で
電話などあるので、
外国でゆっくり眠るのだとか。


総代会資料の本文も執筆。
1年分の常務会資料や発信文をチェックすると、
案外抜けてるんですな。
明日には完了の予定。


[書籍紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

愛知淑徳大学文化創造学部の吉村英夫教授が
同大学でやった「山田洋次論講座」の講義記録。
これ以外にもチャップリンと黒沢明で同様の講義をしており、
やはり本になっている。

大学の授業、というと堅そうだが、
当日の講義を文章化したものと
学生たちの感想文で構成された
ごく読みやすい本だ。

取り上げられた作品は、
「男はつらいよ」(第1作、1969)から始まって、
「寅次郎恋歌」(第8作、1971)
「寅次郎相合い傘」(第15作、1975)
「寅次郎の休日」(第43作、1990)
「寅次郎紅の花」(第48作、1995)
「知床慕情」(第38作、1987)
の寅さんシリーズ。
これに加えて
「家族」(1970)
「学校」(1993)
「武士の一分」(2006)
「愛の讃歌」(1967)
「たそがれ清兵衛」(2002)
など。

「男はつらいよ」シリーズは、
事務局長の世代にとっては同時進行だが、
最後の「寅次郎紅の花」からは
既に15年。
18歳〜22歳の大学生には、
親の世代の出来事。
「観たことがない」
「母から聞いた」
「おじいさんがビデオで観ていた」
などという反応だ。

その学生たちが映画を観ながら、
寅さんの世界に触れ、
山田洋次が伝えようとしたことを
理解していく経過はなかなか興味深い。
映画だけでなく、文化というものが
良き「案内役」を得た時に深く浸透していく姿は、
「教育」というものの重要性を伝えてくれる。
だからこそ、「評論家」というものの存在意義もある。

白眉は、山田監督本人を講師に招いての特別講義の記録だ。

クリックすると元のサイズで表示します

2008年10月30日、
普段の講座履修者だけでなく、
大学主催の「文化創造フォーラム」として
一般にも公開された講座の参加者は500名を数え、
「普通の講義にしたくない」と言う山田監督の要望で、
講座生代表7名を加えたパネルディスカッションは、
監督対学生、
創造者対鑑賞者のバトルの様相となっていく。

小津安次郎監督の「東京物語」の冒頭部分と
「男はつらいよ」の博のさくらへの告白シーンを題材に、
山田監督は学生たちの鑑賞眼に切り込んでいく。

いつの時代の映画か、舞台はどこか、
何月くらいの話か、老夫婦は何をしていた、
これからどこに出掛けようとしているのか、
その目的は何か
と、ぼんやり観ていた学生をタジタジとさせる監督。
文章で読むと、意地悪に感ずるほどだが、
実際は実になごやかな雰囲気で進行したものだという。

こうした山田監督の追及の中から
学生と聴衆は、
なるほど、わずか一シーンにも、
これほど沢山の内容が詰まっている
のか、
と気付いていく。
まさに良き「案内役」によって、
映画の観方を教わっていくのである。

さくらへの恋心をあきらめた博を追っていったさくら。
二人を乗せてドアが閉まって行ってしまった後、
二人はどんな会話を交わしたかを学生に聞き、
映画には、「省略された部分」があり、
省略されたことで
かえって観客の想像力を喚起し、
より深みを生む作用
があることも教える。

さくらから結婚の報告を受けた後の寅さんのアップに納得できず、
大道具に頼んで床の間のセットを作ってもらって撮り直した話の中から
役者の一つの表情の中に沢山のものが読み取れること
一つの最高のカットを得るために
創作者がどれほど苦労するか
が伝わる。

おそらく学生にとっては初めて聞く話だっただろう。
そして、その後、映画の観方が変わっただろうと思える話だ。

その後、質疑応答で、
自主制作映画を作っている人からアドバイスを求められて、
こう答える。

『(小説や絵画、音楽などに共通して)
表現者をめざす人たちみんなに共通する問題なんだけど、
ほんと、正直でなければならないということね、
自分の気持ちに。
いいろ見よう見まねで、あんな格好いい映画にしたいとかさ、
誉められたいとか、賞をとりたいとか、
あなたがたは思わないだろうが、
これで大もうけしたいとか、
そういう気持ちがあるかぎり、
その作品に、自分という者の姿が出てこない。
不思議なもので、
いい作品、心をこめて作ったいい作品というものは、
その人の、考え方とか、その人の思いとか、
その人の人格がちゃんと現れるものなんだよ。
そういうふうにつくるためには、
やはり正直に自分が感動したところをきちんと撮るとでもいうのかな。
そういうことなんじゃないのかな』


また、「一番思い出深いシーンは」と聞かれて、
先の寅さんのクローズアップと、
「遙かなる山の呼び声」のワンシーン、
高倉健と倍賞千恵子がお祭に出掛けるシーンをあげる。

『大勢人がいるから
高倉健さんが、「おい、武志 !」といって、
武志をひょと肩車に乗せるのね。
武志は「わー、高い高い」なんて喜んでんの。
で、それを見上げて、倍賞千恵子さんが、
「武志、いいね !」って微笑むのね。


クリックすると元のサイズで表示します

そのクローズアップ、
ぼくも倍賞千恵子さんとは長いつきあいで、
ほくと何十本の映画に出てるんだけど、
そのクローズアップが
ぼくはいちばん好きなのね。
なぜかっていうとね、
たが、ふっと見上げて「あっ、武志、いいわね」というだけの笑顔なんだけど、
その何というかなー、
そのカットをとりながら、
ああ、いまこの彼女は、
彼女の役目は民子っていったんだけど、
「ああ、民子は幸せなんだなー」って、
ぼくが思ったの、カメラの横でね。
人間にとっての幸せっていうのはそういうことか。
つまり、ああ幸せだっていう瞬間が、ときどきふと訪れる。

(中略)

もしかして人間にとって幸せとは、
そういう瞬間がいくつかあるっていうことなのかな、
ということをね、なんか感じながら、
ぼくは胸が熱くなった日があったことがある。
もう何十年も前ですけどね』


山田洋次の創作の秘密に触れたような話。
涙が出てしまいますね。

実は、このシンポジウムは
ガンで闘病中の奥さんを病院に送った翌日、
心身ともにくたくたになっていた時に行われたもので、
疲れていた様子なのに、
講壇に上がった途端しゃきっとなったということが、
分かるのは後日のことである。

最後に1992年、
カイロ大学でおこなわれた「男はつらいよ」を語る集会に寄せたメッセージの一部。

『寅さん映画から日本人の悲しみや、
願いがどんなことなのだろうか、
ということを、皆さんは理解してほしい、と願います。
日本人は、
本当は、
簡素で、穏やかで、他人に寛容な、思いやりにあふれた、
平和な生活を、心の底では願っているのに、
現実は、
皆さんが御存知のように、
片時も立ち止まって考える余裕を許さないような、
騒々しい競争心ばかりあおり立てられる、
不幸な社会になっています。
でも、もしかしたら、
それは日本人だけではなく、
世界中の、
さまざまな国の人たちに共通する思いなのかもしれません。』




花とイースターと歌舞伎町と映画  

事務局長のマンションの中庭の桜が↓このとおり。

クリックすると元のサイズで表示します

向かいの中央公園 (セントラルパークだ ! ) の桜↓も咲き、

クリックすると元のサイズで表示します

↓今日は、花見日和。

クリックすると元のサイズで表示します

元は海であった浦安は平べったい土地で、
この公園にある「山」が一番高く、
「浦安富士」という結構な名前がついています。

川沿いの道も↓こんな。

クリックすると元のサイズで表示します


先週に続き、新宿に出掛けました。
↓は四谷駅の同じ場所から。

クリックすると元のサイズで表示します

比較したい方は、↓をクリック。

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20100328/archive

↓は新宿の教会のイースターの玉子。

クリックすると元のサイズで表示します

昔は本当に絵をかきましたが、
玉子には空気穴が無数にあるため、
下までにじんでしまうので、
今は、シールを巻いて茹でると、↓のようになります。

クリックすると元のサイズで表示します

この教会は歌舞伎町にありますが、
歌舞伎町は、もはや外国のよう。

クリックすると元のサイズで表示します

昔の歌舞伎町は、日曜の朝など、静かなものでしたが、
最近は↓早朝営業。一体、誰が行くのか。

クリックすると元のサイズで表示します

↓のような募集看板も。

クリックすると元のサイズで表示します

↑中年男性は、ホストクラブ「愛」を経営する
活、田観光の愛田社長。

↓のような案内所が随所にあるので、利用はされているのでしょうが。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ホストはこうして、顔をさらして、

クリックすると元のサイズで表示します

親不孝をしています。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ホステスも同様。

クリックすると元のサイズで表示します

↓「みんな同じ顔に見える」と言ったら、
カミさんに、「歳を取ったからよ」と言われました。

クリックすると元のサイズで表示します


そういうわけで、新宿で1本、銀座で1本映画を観て帰りました。

1本目の「渇き」は、
「JSA」「オールドボーイ」という秀作を作った
パク・チャヌク監督なので、期待し、
始めの3分の1ほどは「傑作かな」と思いましたが、
後は、グチャグチャのドロドロ。
名優ソン・ガンホだから観ていられたものの、
途中から何度も時計を見る始末。
どうしちゃったの、パク監督。
ソン・ガンホも気の毒だ。

もう一本は「NINE」
「シカゴ」のロブ・マーシャル監督ですから、こちらも期待しましたが、
これほどつまらない話とは。
曲はいいものの、
ダンス・シーンがどれも同じ。
キャストは豪華であるものの、
並べただけで、生かされず。
プロの歌手のファーギーだけが一味違う。
こういうミュージカルは、舞台でナマでなら観れても、
映像という客観視するものだと、もたないのです。


さあ、決算書と事業報告の怒濤の一週間が始まります。







格安DVD  映画関係

参議院で採決の際に
不在であった隣の議員のボタンを押した若林議員
あっさりと議員辞職
「職責をまっとうすることで責任を果たしたい」
などという決まり文句で
しがみつくのかと思ったら、
さっさと責任を取って、
意外と潔かったので驚きました。
他の人も見習ってほしい。

この問題、ボタン式採決を採用している国では結構あるようで、
以前、「議場のピアニスト」という記事を読んだことがあります。
両手を大きく広げて2議席分のボタンを押そうとしている姿を
映画「戦場のピアニスト」のもじりとしたもので、
その国では、その後、
2つのボタンを押さないと採決できない方式、
つまり両手を使わないとならないようにして、
欠席者の「代返」を阻止するようにしたそうです。

さきほど書いた「決まり文句」では、
「捜査中の案件なので、捜査に影響があるので、コメントできない」とか
「裁判の結果を待ちたい」とかいうのも卑怯な言い逃れ。
「3月までにというのは、
法律で決まっているわけじゃない」

と言った人がいましたが、
政治家には、法律に定めがなくても
道義的責任及び説明責任があることを忘れているらしい。
特別に優遇される立場にある人は、
その分厳しい規律が適用されるわけで、
「信なくば立たず」とあるように、
国民の信頼を失ったならは、
即座に退くというのが筋というものです。


さて、
今日はゆっくりと自宅で英気を養いました。
で、新聞広告など見ていたら、
全面を使って、格安DVDの広告が出ていました。

たとえば、↓のようなもの。

クリックすると元のサイズで表示します

1本あたり、たったの245円。
「ワンコインDVD」と称して500円のDVDが出た時は驚きましたが、
これはそれより安い。
昔、ビデオで映画が発売されるようになった時、
軒並み1万円以上だった時代を知っている者としては、
隔世の感です。

これほど安くなったのは、
1953年公開以前の映画は著作権が切れているからで、
この40本が全部古い映画なのは、そのせい。

著作権は、その後、延長されたので、
1954年以降公開の映画は、当分著作権の対象。
(境目の作品について、
以前「1953年問題」として話題になりました。
興味のある方は、↓をクリック。)

http://ja.wikipedia.org/wiki/1953%E5%B9%B4%E5%95%8F%E9%A1%8C

↓のような、それ以降の映画を含むものは、
多少割高になって、
1本387円。

クリックすると元のサイズで表示します

↓これなどは、1本あたり1800円。

クリックすると元のサイズで表示します

中高年を対象の広告で、
定年後に時間をもてあましている人には、
安上がりの時間つぶしになるのでしょう。

中高年対象だから、
↓のようなものも。

クリックすると元のサイズで表示します

製作会社も広告担当も若い人たちらしく、
「ヴットリオ・シーカ」「ジーナ・ロロブリジタブ」
と間違いだらけ。
(正しくは、ヴィットリオ・デ・シーカ、ジーナ・ロロブリジーダ)

中高年対象だから、更に、↓のようなビデオも。

クリックすると元のサイズで表示します

「メンタル編」は分かりますが、
「実技編」って?
しかも、「元気な中高年の性」「衰えた中高年の性」と分けるとは?
どんな内容か見てみたい気はしますが、
買いません。




タグ: 映画

もう決算出来上がり  

午後には決算数字が出て、
税理士からの指示も入れ、
出来上がり。
なにしろコンピューター経理ですから、
特別会計の数字さえ固まれば、
こんなに早く完了します。
補助金事業を抱えていた頃は、
山ほど特別会計がありましたので、
こうはいきません。
その上、コンピューターなどない、手作業の時代。
一週間残業を続けました。

夕方、落ちこぼれのような入金の連絡があって、
微調整を数回。
一箇所直した後、
その影響を正確に直さないと不都合が生じやすいところ。
それらを繰り返しチェックして、
理事長、専務、税理士にFAXして、終わったのが9時半
土曜日曜に出勤したくない、という思いが残業させました。

それと、本日は、電車が止まった影響で出勤が遅れ、
その分、後ろにずれこんだわけです。


風に弱い京葉線は、本日も昼近くまで動かず。
こういう時、新木場まで自転車で行って、
有楽町線に乗る、という手があるのですが、
今回は娘も一緒なので、その手が使えない。
(娘は、昨夜は新木場からタクシー)。
市内のタクシー会社に電話すると、「空車はありません」。

新浦安のホテルから羽田までリムジンバスが出ているので、
羽田から京浜急行で品川に、
というルートをやろうとしたら、
同じことを考えた人が多いらしく、「満席です」。
1時間後のバスも、次も満席。
東京ディズニーランドから羽田まで行くバスがあるので、
それを利用しようとしたら、予約の電話がつながらない。

仕方ない、京葉線が動きだすまで待とう、
ということで、
服を着たまま朝寝をしていると、
タクシー会社に電話をかけまくっていたカミさんが、
(こういうところ、カミさん、意外としつこい)
ようやく一台つかまえてくれました。(感謝)
そのタクシー、お客を新木場まで送って戻って来たところで、
渋滞で一時間かかったといいます。
覚悟して乗ったところ、
ピークを過ぎたらしく、スムーズで、
20分ほどで新木場に着きました。

ここで有楽町線に乗り換えて、
娘は銀座一丁目で降りて、
事務局長は、有楽町で乗り換え

東京の桜は満開、と報じられていますが、
数寄屋橋交差点の桜は、まだこんな↓です。

クリックすると元のサイズで表示します

既に昼になっていたので、ここではやはり、
数寄屋バーグを。

クリックすると元のサイズで表示します

美味。
昼間からこんなうまいものを食べていいのかと、
後ろめたくさえなります。

流れるジャズが心地よく、
壁には、↓こんなものがあります。

クリックすると元のサイズで表示します

卓上のナプキン入れは、
クイズ付きという、遊び心。

クリックすると元のサイズで表示します

出来ますか? この問題。

クリックすると元のサイズで表示します

サザエさんは、最初からサザエさんなので、
勤めていたとは知らなかった。
それにしても、Aはないでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

正解は、底にあります。

クリックすると元のサイズで表示します

へ〜え。記者をしてたとは知らなかった。
それにしても、もう少しきれいに貼れなかったものか。

テーブルごとに問題が違って、
隣のは、↓「店長の漢字教室」。
見えない@は「亜米利加」、Eは「伊太利」。

クリックすると元のサイズで表示します

Fは想像がつきますが、GHIは、読めません。
正解は↓。

クリックすると元のサイズで表示します

すごいですね〜。
食事をしながら、勉強になってしまう。

ここで過去の写真から。
↓は、バリ島の空港内和食レストラン。
結構まともな日本食が出ます。

クリックすると元のサイズで表示します

その卓上に、外人向けに、こんな親切なものが。

クリックすると元のサイズで表示します

↑しょうゆは、ひっくり返してネタにつけるのが正しく、
シャリをしょうゆにつけると、
↓こんな悲惨なことになります。

クリックすると元のサイズで表示します

と、親切に教えてくれます。
軍艦巻も、しょうゆをつけるのは、ガリを使い↓、

クリックすると元のサイズで表示します

シャリを下にすると、↑やはり悲惨なことに。

数寄屋バーグの隣が不二家なので、
決算黒字祝いで、↓の「不二家ミルキーシューパイ」を買いました。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ミルキーの形をしています。

クリックすると元のサイズで表示します

ここ銀座店でしか売っていないそうで、
時々売り切れます。
名前のとおり、パイ生地を使っており、
一味違う。
事務局長はこれが
「世界で一番おいしいシュークリーム」と思っています。
一つ210円。


米ドルは94.58円、
豪ドルは86.85円で
欧米はイースター休暇に入りました。






AutoPage最新お知らせ