1万名達成と仕組債の利息  

全国団体の方から、
保険の全国1万名が達成されたという連絡が入りました。

1万名いるのといないのでは保険会社に支払う保険料が違い、
その違いは、各県組合の手数料収入にはねかえって来ます。
東京組合でも年間200万円以上違う。

数年前、1万名達成をあきらめて、保険料を値上げし、
それでも、毎年ぎりぎりの攻防をして1万名に持ち込み、
ついに今年は本気であきらめたかのように見えたのですが、
「シニアジュニア保険」という新たな武器を使って
年度末一週間で達成。
東京組合も若干貢献しましたが、
これは、やはり、
全国団体の保険担当者の努力のたまものです。
ほめてやりたい。
こうした事務局の地道で職務に忠実な業務執行
団体は成り立っているのを忘れてはなりません。

あとは、こういう毎年ぎりぎりの心配を回避するために、
基礎となる福祉共済保険の加入者を増やすことで、
全国的なかさ上げ、
特に加入率1割2割の県に対する梃入れに
今年こそ本格的に取り組むべきでしょう。

東京生衛組合の新年度財務も
おかげで少し楽になりました。


一方、本日、仕組債の利息が入金し、一安心。
3月になって3600万円ものお金が
ばたばたと入って来るのだから、ありがたい。
もう少し早いと年度末はらはらしなくて済むのですが、
贅沢を言っては、罰があたります。

年間合計は、両組合合わせて6357万円
2年前の2億円に比べれば3分の1になりましたが、
今のご時世ならば、十分と言えるでしょう。
平成13年の仕組債開始から通算すると、
9億3884万円
定年退職までの目標を10億円に置いていましたが、
何とか22年度に達成できそうです。


資料を作っていて気付いたのですが、
昨年の3月の利率確定時は、
豪ドルは61円位。
1年間で20円も回復。
逆に、米ドルは97円で、
今の方が悪い。
やはり米ドルは機軸通貨として
100円位にいてくれないといけない。

その声が聞こえたのか、
今日から米ドルが強くなって、92円台。
豪ドルの方は84円台。
新年度予算は米ドル90円、豪ドル82円で設定していますので、
この水準が維持されると
22年度決算も安心できそうです。
なにしろ、1円違うだけで、
500万円上下しますから。

5月、12月、3月の3回、
事務局長がはらはらしてパソコンの画面を眺める時期が来ます。
まあ、それも楽しみのうちですが。








AutoPage最新お知らせ