プリトヴィッツェ湖群国立公園  旅行関係

土曜日曜と、久しぶりにゆっくりすごし、
映画を2本。
その感想は今度書くとして、
長く停滞していた旅行の写真を掲載します。

9月に訪れたクロアチア
プリトヴィッツェ湖群国立公園
世界遺産。

クリックすると元のサイズで表示します

まず、上からの眺め。

クリックすると元のサイズで表示します

川が森の中を縫うように蛇行して静かに流れ、

クリックすると元のサイズで表示します

大小16の湖と92カ所の滝を作っています。

クリックすると元のサイズで表示します

まさに、壮観。

クリックすると元のサイズで表示します

そこから下に降り、↓のような遊歩道を歩きます。

クリックすると元のサイズで表示します

特に、標高639メートルから150メートルまで
階段状の滝が続く場所は、一番のみどころ。

クリックすると元のサイズで表示します

水は澄んで、エメラルドグリーンに見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

魚たちも泳いでいます。

クリックすると元のサイズで表示します

奥入瀬を思い浮かべる人もいるでしょうが、

クリックすると元のサイズで表示します

何十倍、何百倍にしたスケール。

クリックすると元のサイズで表示します

↓こんな木々もあります。

クリックすると元のサイズで表示します

やがて大きな湖に。

クリックすると元のサイズで表示します

船のそばに魚や鳥が寄ってきます。

クリックすると元のサイズで表示します

エサをやっていた人が、公園の管理人に叱られていました。
エサをやるのも、自然破壊らしい。

クリックすると元のサイズで表示します

↓この船に乗って、湖を横断。

クリックすると元のサイズで表示します

船からの眺めは、また趣が違います。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

やがて対岸に着いて、

クリックすると元のサイズで表示します

また散策の再開。

クリックすると元のサイズで表示します

微妙に感じが変わります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

バスが迎えに来ます。

クリックすると元のサイズで表示します

バスの中から湖とお別れ。

クリックすると元のサイズで表示します

ここは、近くのホテルに泊まって、
自由に歩いた方がいいかもしれません。

この旅行の間、↓のバスで。

クリックすると元のサイズで表示します

↓巨漢の運転手さん。実は、この会社の社長さんで、豪邸に住んでいます。

クリックすると元のサイズで表示します

窓からみるクロアチアの田舎。

クリックすると元のサイズで表示します

↓合掌造りみたいな村。

クリックすると元のサイズで表示します

戦争の傷跡も残っています。

クリックすると元のサイズで表示します

行きは簡単だったのに、
帰りのスロヴェニア入国は大変。
日本人の観光バスは普通はスルーなのですが、
前にセルビア人の車がいて、
その通関が時間がかかり、
その後ろで1時間も待つはめに。

おかげで、スロヴェニアの首都リュビリャーナの到着は夜で、
観光は出来ず。
しかし、いつものとおり事務局長は地図を見ながら徒歩で中心街へ。
でも、真っ暗でした。

クリックすると元のサイズで表示します

竜の橋。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな不気味な竜が橋を守っています。

クリックすると元のサイズで表示します

甘栗。イタリアで売っていたのと同じ。
そういえば、ここは、イタリアのすぐ隣です。

クリックすると元のサイズで表示します

最後はドイツに入り、グラーツ空港から出発。
↓空港にあったスーパー。食肉加工品が豊富です。

クリックすると元のサイズで表示します

ここで食べたハムのおいしかったこと。

クリックすると元のサイズで表示します

↓フレッシュオレンジの自動機械。

クリックすると元のサイズで表示します

↓こんなところでもヤクルトを売っています。

クリックすると元のサイズで表示します

最後に、不思議な写真。
「注射針を捨てるな」とは一体?

クリックすると元のサイズで表示します

これで、昨年9月(!)の旅行の写真は終り。
まだ5月の写真の一部が残っていますが、
それは、今度。






AutoPage最新お知らせ