文字起こしと小沢さん  

組合内助成事業は、
2月の「すき焼きの日」の共同購入、
手提げ袋の共同制作、
玉ねぎの共同購入をもって
いよいよ21年度の計画を完了。

手提げ袋は、
今回、合見積りをした結果、
元値を下げることに成功。
組合員に対しても
若干の値下げをすることが出来たので、
喜ばれるだろうと、少々嬉しい。
銭単位のわずかな下げでも
数が多いので、
最終的には百万単位の節約となります。

午前中は、
組合のある会合の内容を文字起こし。
かなり正確にやらなければならない内容なので、
気を使いました。
人間のしゃべる言葉は、
大変非論理的で、
あっちに飛んだり、
こっちに飛んだりですので
文字に直すと大変です。

昔、組合の幹部だった方で、
話は大変立派なのに、
文字に直すと全然内容がない人もいました。

大平正芳総理のように、
しゃべる時は「あー」だの「うー」だの滑らかでないのに、
文字に直して見ると、
内容がある人もいました。

たまたま大平さんの話が出たので、
政治ネタになりますが、
最近あまり政治ネタを書かなかったのは、
何だか情けなく、虚しくなったから。
小沢さんの問題は、
何十年たっても
政治とカネの問題が解決されない古い体質にうんざり。
こんなことなら、
政党助成金制度は廃止したらどうか。

小沢さんの師匠の金丸さん、
その師匠の田中さんと
三代続く師弟関係のカネまみれ体質が
まるでDNAのように継承されているのに驚き。

特捜部の勇断は歓迎。
どんな権力者でも不正は不正。
もはや「国策捜査」という批判もされないのだから、
思いっきりやってほしい。

小沢さんはやけに強気だが、
政治団体が土地を購入するなどそもそもおかしい。
組合も政治団体を持っているが、
ある時、解散しようとして頓挫した。
というのは、資産が若干残っており、
その清算のめどが立たなかったからだ。
なぜ清算できなかったかというと、
政治団体は政治活動以外にお金を使ってはいけないので、
分配は不可、
政治活動で資産がなくなるまで継続しろというのが、
東京都の選挙管理委員会の見解だった。

その点でいくと、
政治団体が土地を購入するのが政治活動とは思えない
個人の資産で買ったというなら、
個人で買って、貸与すればいいのであって、
わざわざ政治団体で購入して個人名義にするのは筋が通らない。
年収3千万円の小沢さんに4億の貯金があるのは不自然。
父の遺産だというが、
遺産は土地等の清算で終わっていたはず。
しかも数億もの大金をタンス預金にしておく方が
どう考えても不自然。
その上、その金があるのに、
多額の利息を支払って金を銀行から借りるのも不自然。

そういう不自然だらけが疑問になっているわけだが、
それが不正でないことは
カネの流れで証明できるはず。
「法令に違反することはやっていない」
というなら、
堂々と証明したらいい。
それをしないのは、
やはり証明できないからだろう。

「信なくば立たず」だから、
不信のままで置いておくのは、
政治家として失格。

金丸さんの時も
自宅の捜索で金の延べ棒が出て来てアウトになった。
同じことが起こらないとは言えない。

このことを通じて、
鳩山さんの体質も
民主党議員たちの腰抜けも明らかになった。

小沢逮捕にでもなれば、
民主党は確実に瓦解する。

どうもこの半年の流れを見ると、
「時代の大きな流れ」は、
@自民党から政権を取り上げる
A小沢問題で民主党を瓦解する
B自民党若手と民主党若手で新党を作る
C古い体質の長老たちは自民党、民主党に留まってたち枯れていく

という順番を通じて、
新しい時代に脱皮させようとしているように見える。
そうなればなったで、
この間の出来事は意味があることになるのだが・・・。






AutoPage最新お知らせ