お通夜とちょっといい話  

昨夜の新年賀詞懇親会のまとめ。
結局、人の入れ替えはあったものの、
欠席は、当日体調を崩した方お一人だけで、
226名でした。
わが組合は、みんな真面目です。
やはり年齢が高くなったせいか、
食べ物は沢山余っていて、
もったいなかったですね。
次の会場では料理の分量を減らし、
飲み放題をやめようかと思っています。

新会場の下見は来週になりました。

『東京食肉新報』の新年号の
役員さんたちの所信をまとめ。

為替の方は、
菅直人新財務相が
「もう少し円安が進んでくれれば・・・」
と言った途端に、
ぴょんと円安に振れました。
経済音痴が定評となっている菅サンなのに。
自分の一言で為替が上下するのを見たら、
世界を動かしているかのような感覚におちいるでしょうね。
豪ドルの方は、ついに昨年来高値、
つまり、リーマンショック以来の高値に。
この為替水準なら、
組合の決算は十分な黒字となります。


夕方からお通夜へ。
組合の古い職員の女性 (52歳) で、
もうやめて19年にもなりますが、
年賀状はやりとりしていました。
年末に亡くなって、今日が通夜、明日が葬儀。
正月の間、ずっとご遺体がお家にいたわけで、
ご家族にとっては、どんな正月だったのでしょうか。
高校受験中の一人娘を残しての
あまりに早い旅立ちは
さぞ心残りだったことと思います。
本当に死の訪れだけは残酷で、
寿命のやりとりが出来たら
どんなに世界は変わることでしょうか。


としめっぽくなってはいけないので、
ちょっといい話を。
サンデー毎日の岩見隆夫さんのコラムに出ていた話です。

一人の青年が、ある大会社の入試試験を受けた。
筆記試験をすませ、口頭試問に。
面接室では、
4,5名の試験官と共に、社長が待っていた。
その社長が最初にこう言った。
「君は生まれてから今までに、
親の体を洗ってあげたことがあるかね」
青年はびっくりした。
こんなことを訊かれるとは思わなかったからだ。
「いいえ、あんまぐらいはしましたが、
体を洗ったことはありません」
「君は、お父さんを早く亡くして、
母一人子一人だったね」
「はい、そうです」
「それじゃ、今日帰ったら、
お母さんの体のどこでもいいから、
洗ってあげなさい。
その上で、明日改めて面接する。
今日はもう帰りたまえ」

青年は面食らったが、
どうしてもその会社に入りたい。
母親は反物の行商をして歩いていた。
「そうだ、おふくろは足が汚れているだろう。
足なら簡単に済むから、足を洗おう」
そう思って、家に帰ると湯をわかして、
母親の帰りを待った。

帰って来ると、青年は
「今日は母さんの足を洗ってあげるよ」
と言うが、母親は戸惑った。
日頃母親を罵倒している親不孝息子が何を急に。
「自分の足くらい、自分で洗うわよ」
そこで、青年は、
会社の口頭試問で社長に言われたことを説明した。
「それじゃ、しょうがないわね」
と母親は言って、
息子が用意したお湯に足をつけた。

青年はしゃがんで、母親の足を洗った。
女だから、細くてきゃしゃだろうと想像していたが、
そうではなく、
行商で子供を育てた母親の足は、
石のように硬くごつごつしていた。
青年の胸に熱いものがこみあげ、
母親の足を握りしめたまま、
声をあげて男泣きに泣いた。

翌日、青年は会社に行き、社長に言った。
「社長さん、
私は大学まで出ましたが、
誰一人、親の恩について教えてくれる人はいませんでした。
ありがとうございます。
もう私は、
この会社に採用されてもされなくても結構です。
生涯、母を大事にして生きていこうと思います」


(竹下哲著『いのちに出会う旅』佼成出版社・96年刊より)

「ちょっといい話」どころか、
「すごくいい話」でした。

岩見さんも書いていましたが、
親の体は、事務局長も洗ったことはありません。
洗おうにも、もういません。
事務局長も人一倍親不孝はしました。

親孝行 したい時には 親はなし
親孝行 したくないのに 親がいる
親孝行 いやいやするなら 親不孝
親になり 初めて分かる その苦労
ふと気付く あの頃の父と 同じ歳
親と行く 時速2キロの 旅もよし


親孝行と親不孝、
綿々と続く愛の連鎖。
人生の永遠のテーマです。



新年賀詞懇親会  

本日は、恒例の新年賀詞懇親会

クリックすると元のサイズで表示します

会場は、いつものホテル・パシフィックの萬葉の間。

クリックすると元のサイズで表示します

例年と雰囲気が違うのは、
支部旗が一堂に会して、並べられているからです。
一昨年10月の支部統合祝賀会の際に、
本部から支部に贈呈された旗が
1年3ヶ月ぶりに再結集

新年賀詞懇親会に支部旗を持ち寄ろうというのは、
F専務の提案で、
昨年は却下でしたが、
再度提案して、ご覧のようになりました。

クリックすると元のサイズで表示します

白状しましょう。
実は、事務局長、この提案には、少々懐疑的でした。
支部旗をずらりと並べるのは、
統合祝賀会で一度やったし、
わざわざ持ち寄るのは、
支部長さんも大変だろうと思ったからです。
出来れば今年限りにしてもらいたい、と。

しかし、実際に並べてみると、壮観で、
F専務が正しかったと、不明を恥じました。
これは毎年の恒例にすべきことですね。
本部から支部に別れた旗が、
年1回、親のもとに集まる、というのはなかなか象徴的でいい。

更に、白状しましょう。
面倒なことを、と造反者が出たり、
うっかり忘れたりする支部長が何人もいて、
27本全ては揃わないのではないかと、思っていました。

事実、前日までに宅急便でホテルに届いたのは、わずか6本。
当日会場に行った時も16本しかなく、
それで終りではないかと心配しました。
ところが、
残りの支部長さんたちは、
重い箱を手に持って来て、
開会までには、
1本も欠けることなく、全兄弟が集合しました。

ちょっと感動
わが支部長さんたちは、
なんと真面目で律儀なのでしょうか。
これについても、不明を恥じた次第。

常務会の後、常務会のメンバーが旗の前で記念撮影。↓

クリックすると元のサイズで表示します

(実は、この時、まだ旗は全部揃っていないのです。)

不明ついでに、もう一つは、↓。

クリックすると元のサイズで表示します

昨日夕方、直前の提案に対応した式次第
確かに、こうしてテーブルに置かれてみると、なかなかイイ。
なぜ今までやらなかったのかと、
怠慢を恥じました。

さて、その支部旗の列の前で、島田理事長の挨拶。↓

クリックすると元のサイズで表示します

組合顧問の保坂三蔵前参議院議員は、
関係者の葬儀委員長をつとめているため、欠席。
代理で奥様の挨拶です。

クリックすると元のサイズで表示します

もう一人の顧問の中川雅治参議院議員の挨拶。

クリックすると元のサイズで表示します

中川先生は、昭和22年2月22日の生まれ。
もうじき平成22年2月22日がやって来ます。
事務局長の先輩でもあります。
今年は参議院議員選挙があるので、
1卓1卓挨拶に回っていました。

先日の「励ます会」について書いた事務局長のブログを読んだそうです。
よかった。へんなことを書かなくて。

230名の参加は、やはり、壮観。

クリックすると元のサイズで表示します

いつもと違うのは、
組合員の奥様の席を3卓設けたこと。

クリックすると元のサイズで表示します

組合員の奥様たちの出席をあおぎ、
交流していただこうという試みは初。
各ブロック4名ずつで、24名。
これから毎年、違う方に出ていただく予定です。

クリックすると元のサイズで表示します

料理は、いつものクォリティ。

クリックすると元のサイズで表示します

一番人気は、ローストビーフ。

クリックすると元のサイズで表示します

事務局長の好きなカニも出ました。

クリックすると元のサイズで表示します

しゃぶしゃぶは食べず。

クリックすると元のサイズで表示します

ゲスト歌手は、いつもの葵かを里さん。

クリックすると元のサイズで表示します

途中で衣装の早変わりも。

クリックすると元のサイズで表示します

3月には、新曲「荒波」が発売。

クリックすると元のサイズで表示します

新曲発表会もあります。↓

クリックすると元のサイズで表示します

最後は、芹田副理事長の閉会挨拶でお開き。
全員最後まで残っていただけました。

クリックすると元のサイズで表示します

ホテル・パシフィックは9月で終わるので、
来年は会場が変わります
さあ、どこになるか。
今日、三役さんに内定してもらいました。
正式には、後日発表ですが、
誰からも文句のつけようがない会場だと申し上げておきます。
お楽しみに。



仕事始めと「安心」としゃぶしゃぶ  

本日、食肉組合本部は仕事始め

この日、食肉市場内は各団体の幹部クラスが一堂に会して、
新年交歓会というのをいたします。
お互いを訪ねて新年の挨拶をするならば、
まとめてやってしまおうという合理的な考え。
島田理事長と共に出席しました。

市場で作っている協会の会長(代読)、
食肉市場長、衛生検査所所長の挨拶、
そして乾杯、歓談、
ということですが、
挨拶はみんないつもより長かった。
世界同時不況の話、
安全安心の話、
芝浦ブランドの話、
が共通項です。

中で、安全安心に触れた人が、
「安心」に相当する英語は単語としてはなく、
安心の英訳は「piece of mind」で、
これでは意味が伝わらないので、
最近では、記事や論文でも「anshin」と書かれている。
どうも「安心」は、
日本人独特の感覚のようだ、
と言っていたのが興味深かったですね。

確かに、辞書を見ると、
安心はpeace of mind(心の平静)とあり、
似た言葉で、reliefは「安堵」。

ちなみに、
「安全」は、safety 又は security。
safeは、形容詞で「安全な」の意味。
secureは、安全が保証されている意味が強く、
reliableは、信頼できる、の意。

「安心する」は、be relieved
「安心できる人」は、a reliable person
「あの人なら何をさせても安心だ」は、He can be trusted to do anythig.
「それを聞いて安心した」は、I am relieved to hear that.
「安心しなさい」は、Don't worry!
「安心感」は、a sense of security
「安心立命」は、spiritual pesce
などと例示されていますが、
確かに、我々が日常使う「安心」と一言で言える英単語はないようです。
まして、BSE関連での「安全安心」の併記は、
おそらく外人には不可解

そうなれば、外人も「anshin」と言うしかないわけで、
きっとアメリカの畜産農家は、
「こんなにsafetyなのに、それ以上何を求めるのか」
と不思議に思っていることでしょう。

卸売関係の方は、
食肉市場の肉がマカオで売れるようになった、
と輸出に張り切っていましたが、
マカオがカジノの売り上げでラスベガス以上になったと言っても、
庶民レベルで和牛が売れるとは思わなかったのですが、
そうではなく、
マカオに集まる富裕層対象に
レストランでのスキヤキ、しゃぶしゃぶに使われることを期待しているようです。
そういえば、しゃぶしゃぶのルーツは中華料理でしたね。

以下、Wikipediaから引用

起源

しゃぶしゃぶは日本料理であるが、起源については諸説ある。

北京の火鍋料理に
「涮羊肉(シュワンヤンロウ, ピンイン:shuàn yáng ròu)」という
羊肉でしゃぶしゃぶする料理があり、
鳥取市出身で民芸運動の指導者であった吉田璋也が、
戦後 京都 十二段家で
戦時中に軍医として赴任していた北京の料理を我が国に伝え、
羊肉を牛肉に替え、
柳宗悦や河井寛次郎等の助言を得て今日の形となったという。
ただ、中国の鍋料理である火鍋に用いられる食材は、
日本のしゃぶしゃぶのように、
すぐに火が通るものばかりではなく、
しばらく煮込む必要がある食材も多い。
なお、吉田璋也によるしゃぶしゃぶの原型「牛肉のすすぎ鍋」は、
鳥取市のたくみ割烹で供されている。

名称

「しゃぶしゃぶ」の名称は、
1952年(昭和27年)に大阪のスエヒロが、
自店の料理として出すときに命名したもので、
これが始まりとされている。
1955年(昭和30年)に商標登録されているが、
スエヒロが商標登録したのは「しゃぶしゃぶ」ではなく、
「肉のしゃぶしゃぶ」で、
「しゃぶしゃぶ」という言葉を、
どの店でも使えるようにとの当時の社長の配慮だという。
しゃぶしゃぶ専用の調理鍋の中央にある柱状の突起は、
開発当時そこに炭を入れ鍋を加熱したという技術の名残である。



初日は事務所は特別に午後3時までなのですが、
事務局長は結局6時半までいるはめに。
夕方になって、
明日の新年賀詞懇親会のキーパースンから
病気で欠席の連絡が入ったからで、
資料の作り直し
印刷までせずにいてよかった。
長年やっていると、カンも働きます。

今日は早めに切り上げて
新年恒例の浅草散策をしようとしたのですが、
銀座の伊東屋へ。
明日の新年賀詞懇親会では
卓上に式次第を置いてくれ、
そうでないと、
挨拶しているのが誰なのか分からない、
という提案に対応するためです。
司会者が紹介するのだから、
誰なのか分からないはずはないだろうと思いましたが、
確かに、作ってみると、これもいいかな、と思えます。
ならば、紙も新年らしいものに、
というわけで、
色紙を買いに来たわけです。

提案に前向きに対応すれば、新たな何かが生まれます
提案を拒絶すれば、今までと同じ。
新年の教訓でした。



今年もよろしく  旅行関係

今は4日。
遅くなりましたが、

新年明けまして
おめでとうございます。


今年もよろしくお願いします。


今年の新年は
バリ島で迎えました。
新年の旅行は、なんと18年ぶり
自分でも驚きました。
これだけ旅行好きなのに、
新年ばかりは(高いので)
そんなに長く正月を日本で過ごしていたとは。
家族旅行は6年ぶり。

まず、↓のようなレギャン・ビーチ

クリックすると元のサイズで表示します

プールにつかり、

クリックすると元のサイズで表示します

夕陽を眺め、

クリックすると元のサイズで表示します

天気予報は「ずっと雨」でしたが、
全く当たらず、
ずっと好天。

クリックすると元のサイズで表示します

大晦日の夜は、↓のようなダンスを見ながら、食事。

クリックすると元のサイズで表示します

最後は↓乱痴気騒ぎ。

クリックすると元のサイズで表示します

海岸では、↓みんなが花火を上げて祝います。

クリックすると元のサイズで表示します

今まで味わったことのない新年午前0時の瞬間でした。


旅行の後半は山の方 (ウブド) へ。

原始林の中のホテルで

クリックすると元のサイズで表示します

猿やイモリやトカゲ、蛙、アリたちに囲まれてのんびりすごしました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

↓は、ウブドで一番美しいと言われるプール。
宙に浮かんでいるようで、有名なデザイナーの作品です。

クリックすると元のサイズで表示します

ここでも、事務局長はやはり自転車で、

クリックすると元のサイズで表示します

水田の中を走りました。

クリックすると元のサイズで表示します

ここは、有名なライステラス。(水田の棚田)

クリックすると元のサイズで表示します

一生分の椰子の木を見て、
一年分の緑を目に染み込ませ、

クリックすると元のサイズで表示します

空に牛の姿が見えるようになってきたので、

クリックすると元のサイズで表示します

今朝、帰国。

組合事務所は明日からですが、
事務局長は、恒例の本日から出勤。
明日バタバタするのはいやなので、
準備をして帰宅。

さあ、明日から本格的な仕事が始まります。
今年は不況の渦の中から
いかに脱出するか
がテーマ。
米ドルはやや軟調ですが、
豪ドルは84円台まで上昇。
株も上がって、
幸先の良いスタートです。

今年も元気でやりますので、
ご愛読をよろしくお願いいたします。






AutoPage最新お知らせ