監査会と修復作業と『廃墟に乞う』  

今日は監査会
第3四半期の経理内容を監査していただきました。

特に問題はなし。
現状の為替なら本会計は黒字になることを説明しますと、
予定より少ないとはいえ
両組合合わせて6千万5百万円もの利息を獲得し、
職員の昇給もしてボーナスも出し、
予定通りの事業を十分こなして、
組合員に喜ばれて、
今のご時世で黒字決算とは立派である
とのお誉めの言葉をいただきました。
やはり、人間ですから、誉められれば嬉しくなります。


昨日書いたとおり、
フロッピィが破壊されたので、
その文書の修復作業
修復されたものは傷ついていて、
膨大な繰り返しになっており、
その重複部分を削っていきます。
さいわいプリントアウトしておいたものがあるので、
それを見ながら作業が出来ます。

たしか「リング」の作者の鈴木光司が、
パソコンの中の小説の原稿を失ってしまい、
それを泣く泣く打ち直した話を読んだことがあります。

組合でも10年ほど前、
総代会の資料が消失。
毎年上書きしていたものだったので、
保存データがなく、
パートさんに打ち直していただいたこともありました。

パソコンの経理データや
新聞の編集データは毎日バックアップしています。
経理データは、繰り越しの時には
バックアップをMOに2枚取って
別々に保管していますが、
さいわい使うはめに陥ったことはありません。

昨日以来、
保存文書フロッピィと印刷用のフロッピィを別にし、
問題の信頼性のないFDDには、
その印刷用フロッピィを入れるように用心しています。

世の中が便利になった分、
いろいろ注意するべき項目も増えていきます。


[書籍紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

タイミング良く、直木賞を受賞した作品。
ジャンルで分けると、警察小説。

北海道警察の刑事・仙道孝司は、
ある事件で起こったトラウマにより、
精神に失調を生じ、
自宅療養を命じられているが、
そのさ中、友人知人を通じて、
様々な事件の捜査を依頼される。
療養中の立場で捜査は出来ないが、
あくまで私的な行為として、
事件にかかわっていく。

『オール読物』に不定期連載された短編6篇を収録。
いずれも現代を切り取ったような事件であると共に、
その背後にある人間の業のようなものを描くことに成功している。
このあたりが直木賞受賞となったゆえんだ。

リトル・シドニーやオージー・ビレッジと呼ばれる
オーストラリア人が多数住む別荘町で起こった殺人事件
を描く「オージー好みの村」。

最近千葉で起こった殺人事件が
13年前に担当した事件に類似していることに気付いた仙道に
その犯人が接触して来、
犯人の極貧生活の過去と不幸な人生に思いを馳せる「廃墟に乞う」。

若い漁師が漁協幹部を刺殺した事件を調べるうちに
背後に隠された動機に行き着く「兄の想い」。

失踪した娘の捜索を頼まれて
被疑者も交通事故で死亡した
死体無き殺人事件に取り組み、
娘の死体の埋められた場所に行き着く「消えた娘」。

牧場主の殺害事件の背後にある父子の関係に入り込んでいく中、
過去の殺人事件との関係と、
復讐をこめた教唆に行き当たる「博労沢の殺人」。

女性レストラン・オーナーが焼かれた殺人事件で
被疑者となっている女性の姉から頼まれて
捜査していくうちに、
隠された陰謀に気付いていく「復帰する朝」。
この中で仙道がトラウマを得た事件が明らかにされ、
仙道の復帰の道が示される。

どの事件も、
事件の解決よりも
背後にある人間関係の中に潜む
悪魔的所業がえぐり出され、戦慄する。
どれも一筋縄ではいかないが、
味わい深い余韻を持っている。

映画にするよりは、
テレビのミニ・シリーズにしたら中々いい味を出すだろう。
同じ原作者の「笑う警官」を目茶苦茶にした
角川春樹にだけは監督をやらせないでほしい。



フロッピィ破壊と市場協会新年会  

本日は、文書を各方面に出す仕事に追われました。

その途中、フロッピィディスクドライブ (FDD)の不具合で、
重要内容の入っているフロッピィが一枚破損

前にも書きましたが、
今だに事務局長はワープロで文書を作成し、
パソコンにつないだFDDに入れてプリントアウトしています。
ワープロ専用機の使い勝手の良さで、
そうしているのですが、
フロッピィは時々壊れます。

今回がそれで、一瞬のうちに、内部の重要文書が全部消え失せました。
家のワープロで修復を試みましたが、
かなりの部分が破壊されています。

信頼性の失せたFDDを買い換えること、
またはFDDの壊れたパソコンを修理に出すことを考えましたが、
電話に出た電器店はいい顔 (声) をせず、
修理したり、買い換えたりしても、
FDDの内部は同じメーカーなので、信頼性は同じ、
こまめにバックアップしながら、
しばらく様子を見てくれとのこと。
その言外に
「早くフロッピィでの作業などやめなさい」
という声が聞こえます。

まあ、しばらく様子を見ていきますが、
徐々にパソコン内部に文書を移行していこうと思っています。

夕方から、東京食肉市場協会の新年会のために、東京会館へ。

クリックすると元のサイズで表示します

去年もそうでしたが、

クリックすると元のサイズで表示します

毎年同じ写真になるので、

クリックすると元のサイズで表示します

これぐらいに

クリックすると元のサイズで表示します

しておきます。

クリックすると元のサイズで表示します

↓クロークの番号札。100番とは、ラッキー。

クリックすると元のサイズで表示します


その後、ある集まりがあったのですが、
最低、最悪
こんなに真心が通じず、
男と男の約束を平然と破り、
人の信頼を裏切る
自分勝手な人には初めて会いました。
このことについては、
書きたくありません

寝ます。

などという終り方をしては申し訳ないので、
昨夜発表された
ゴールデングローブ賞を。

作品賞(ドラマ):アバター
主演男優賞(ドラマ):ジェフ・ブリッジス(クレイジー・ハート)
主演女優賞(ドラマ):サンドラ・ブロック(しあわせの隠れ場所)

作品賞(ミュージカル・コメディー):ハングオーバー
主演男優賞(ミュージカル・コメディ):ロバート・ダウニー・Jr(シャーロック・ホームズ)
主演女優賞(ミュージカル・コメディ):メリル・ストリープ(ジュリー&ジュリア)

監督賞:ジェームズ・キャメロン(アバター)
助演男優賞:クリストフ・ヴァルツ(イングロリアス・バスターズ)
助演女優賞:モニーク(プレシャス)
脚本賞:ジェイソン・ライトマン、シェルダン・ターナー(マイレージ、マイライフ)
作曲賞:マイケル・ジアッキノ(カールじいさんの空飛ぶ家)
歌曲賞:「ザ・ウェアリー・カインド」(クレージー・ハート)
アニメ賞:「カールじいさんの空飛ぶ家」
外国語映画賞:「ザ・ホワイト・リボン」(ドイツ)

「アバター」は、ついに世界興行収入で歴代第2位に。
あの「タイタニック」を追い越す可能性もある。
両作品を監督したジェームズ・キャメロンはすごい !



文字起こしと小沢さん  

組合内助成事業は、
2月の「すき焼きの日」の共同購入、
手提げ袋の共同制作、
玉ねぎの共同購入をもって
いよいよ21年度の計画を完了。

手提げ袋は、
今回、合見積りをした結果、
元値を下げることに成功。
組合員に対しても
若干の値下げをすることが出来たので、
喜ばれるだろうと、少々嬉しい。
銭単位のわずかな下げでも
数が多いので、
最終的には百万単位の節約となります。

午前中は、
組合のある会合の内容を文字起こし。
かなり正確にやらなければならない内容なので、
気を使いました。
人間のしゃべる言葉は、
大変非論理的で、
あっちに飛んだり、
こっちに飛んだりですので
文字に直すと大変です。

昔、組合の幹部だった方で、
話は大変立派なのに、
文字に直すと全然内容がない人もいました。

大平正芳総理のように、
しゃべる時は「あー」だの「うー」だの滑らかでないのに、
文字に直して見ると、
内容がある人もいました。

たまたま大平さんの話が出たので、
政治ネタになりますが、
最近あまり政治ネタを書かなかったのは、
何だか情けなく、虚しくなったから。
小沢さんの問題は、
何十年たっても
政治とカネの問題が解決されない古い体質にうんざり。
こんなことなら、
政党助成金制度は廃止したらどうか。

小沢さんの師匠の金丸さん、
その師匠の田中さんと
三代続く師弟関係のカネまみれ体質が
まるでDNAのように継承されているのに驚き。

特捜部の勇断は歓迎。
どんな権力者でも不正は不正。
もはや「国策捜査」という批判もされないのだから、
思いっきりやってほしい。

小沢さんはやけに強気だが、
政治団体が土地を購入するなどそもそもおかしい。
組合も政治団体を持っているが、
ある時、解散しようとして頓挫した。
というのは、資産が若干残っており、
その清算のめどが立たなかったからだ。
なぜ清算できなかったかというと、
政治団体は政治活動以外にお金を使ってはいけないので、
分配は不可、
政治活動で資産がなくなるまで継続しろというのが、
東京都の選挙管理委員会の見解だった。

その点でいくと、
政治団体が土地を購入するのが政治活動とは思えない
個人の資産で買ったというなら、
個人で買って、貸与すればいいのであって、
わざわざ政治団体で購入して個人名義にするのは筋が通らない。
年収3千万円の小沢さんに4億の貯金があるのは不自然。
父の遺産だというが、
遺産は土地等の清算で終わっていたはず。
しかも数億もの大金をタンス預金にしておく方が
どう考えても不自然。
その上、その金があるのに、
多額の利息を支払って金を銀行から借りるのも不自然。

そういう不自然だらけが疑問になっているわけだが、
それが不正でないことは
カネの流れで証明できるはず。
「法令に違反することはやっていない」
というなら、
堂々と証明したらいい。
それをしないのは、
やはり証明できないからだろう。

「信なくば立たず」だから、
不信のままで置いておくのは、
政治家として失格。

金丸さんの時も
自宅の捜索で金の延べ棒が出て来てアウトになった。
同じことが起こらないとは言えない。

このことを通じて、
鳩山さんの体質も
民主党議員たちの腰抜けも明らかになった。

小沢逮捕にでもなれば、
民主党は確実に瓦解する。

どうもこの半年の流れを見ると、
「時代の大きな流れ」は、
@自民党から政権を取り上げる
A小沢問題で民主党を瓦解する
B自民党若手と民主党若手で新党を作る
C古い体質の長老たちは自民党、民主党に留まってたち枯れていく

という順番を通じて、
新しい時代に脱皮させようとしているように見える。
そうなればなったで、
この間の出来事は意味があることになるのだが・・・。



待ちに待った『トゥーランドット』  映画関係

夕方から銀座に出て、
プッチーニが大好きな友人と夕御飯を食べて、
それから東劇へ。
METライブビューイング
今シーズンの3作目、
プッチーニ「トゥーランドット」を観るためです。
昨年11月7日の上演ですが、
大晦日の歌舞伎座での先行上映の関係で、
2ヶ月待たされて、ようやく観ることが出来ました。

このブログの読者ならご存知のとおり、
「トゥーランドット」は、事務局長が最も愛するオペラ
もう何回観たか、何回聴いたか分かりません。
いろいろへんな演出もあり、
事務局長の私見では、
このフランコ・ゼフィレッリのプロダクション以上のものはありません。
メトロポリタンのこの舞台は、ニューヨークで2回観ました。

もう何度も書いていますが、
ゼフィレッリの演出の素晴らしさは、
決して奇抜に走らず、
リアリズムかつオーソドックスで、
音楽の邪魔をせず
オペラのドラマチックな構造を
視覚的に構築
して見せるところです。

そのために、
装置も自分で設計しており、
第1幕の北京の城前広場は、
階段が複雑に入り組む構造で、
左右の動きだけでなく、
上下の動きを伴う群衆処理が
観客の目を視覚的に楽しませてくれます。

第2幕第2場の宮廷の場面は、
その前の三人の廷臣のコミカルな場面が終わると、
ほんの短い暗転で登場し、
その豪華絢爛さに、拍手がわきました。↓

クリックすると元のサイズで表示します

第3幕第1場から第2場への転換も本当に早い。
今回の中継では、この時、
画面を引いて、場面転換の早さを認識させてくれます。

全編見所聴きどころ満載。
特に事務局長は、
第1幕が好きで、
冒頭の大臣の宣言から
王ティムールと王子カラフの再会、
首切り役人の登場、
月の出、
子供たちの歌、
ペルシャの王子の処刑、
恩赦の請求、姫の拒絶
と続く
ソロ、デュエット、三重唱が入り乱れ、
これを素晴らしい合唱がつないでいく
もう完璧と言えるドラマチックな展開が大好きです。
第1幕終盤の
奴隷リューのアリアと
「泣かないでくれ、リュー」のカラフのアリアが
王ティムールと女奴隷リューの歌を呼び込み、
廷臣ピン・パン・ポンの3人が応じ、
更に群衆の合唱が加わって来る盛り上がりは恍惚とさせるものがあります。

戯曲「アマデウス」(映画の方ではなく)で、
モーツァルトは、
「Aがしゃべり、Bがしゃべり、Cがしゃべり、
とみんなが同時に話せば、
劇なら目茶苦茶になる。
しかし、オペラでは、それが出来るんだ。
Aの思い、Bの気持ち、Cの感情が、
それそれの歌となってぶつかり合い、
重なり合い、絡み合い、響き合う、
それがオペラなんだ」

と言いますが、まさに、このシーンがそれです。


第2幕は、
トゥーランドットの強烈なドラマチック・ソプラノの独壇場
何しろタイトル・ロールがオペラの後半になって
やっと第一声を発するという作り方がすごい。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、第3幕の「誰も寝てはならぬ」
荒川静香のおかげですっかり有名になりました。
ここはこのオペラでたった2箇所、
拍手が許された
(別に決まりがあるわけではないが、
慣習的にそうなっている。
もう一つは第1幕のリューのアリア)
ところですが、
普通は音楽をそのまま続けます。
喝采に答えて一旦演奏を止めたのは、
事務局長の記憶にない出来事でした。

リューの歌う「氷のように冷たいあなた」は、
ソプラノには珍しい陰鬱なアリアで、
このリューの死から
王ティムールの告発に続く一連の場面では、
今回も泣かされました。
大の男が毎回これでは恥ずかしいですが、
なにしろ、音楽が泣かすように作ってありますので、
仕方ありません。

クリックすると元のサイズで表示します

幕間インタビューでは、
金管奏者や小道具係も登場して、
いろいろな発見がありました。
大ペテランの皇帝へのインタビューもほほえましく、
歌手たちがお互いに尊敬し、
労りあっている姿は心地よい。

この演出は、
METは永遠に演じ続けるのではないかと思えるもので、
安心して観ていられました。
変わっているのは、歌手の細かい演じ方。
その点で、
トゥーランドットを演じたマリア・グレギーナは、
生まれて初めて目にする
自己犠牲の愛によって変化する心情をよく表現していました。
リューのアリアの途中からの動きで
ああいうのは、初めて見ました。

カラフのマルチェッロ・ジョルダーニは、
歌唱は立派ですが、
演技は今一歩。
もっとも、それは1987年版のプラシド・ドミンゴ
事務局長が見過ぎているからかもしれません。
なにしろ、
第1幕の終り、
謎解きの挑戦を決めてドラを叩く時、
金管楽器が音を引っ張る間、
階段を駆け上るドミンゴは、
まさに花道を行く千両役者。
ローレンス・オリビエ
ドミンゴを評して
「彼は、歌も歌える」
と言ったほどの
保証付きの演技力。
第2幕の謎解きのシーンも、
ドミンゴの演技でサスペンスフルになっていたのに、
ジョルダーノは何もしていません。
まあ、46歳の心技体共に充実していた時のドミンゴと比較しては、
ジョルダーニ、かわいそうですが・・・。

トゥーランドットとのキスも短かすぎて、少々・・・。
これではトゥーランドットの変化が分からない。
「オペラ座の怪人」もキス一つで人間が変わってしまうのですが、
たっぷり演じています。
あれくらいやってくれた方が納得しますが・・。

感心するのは、
群衆の一人一人がしっかり北京の市民としての演技をしていること。
へたな演出家がやると、
合唱はいつも正面を向いて歌い、
それ以外の場面では、
マネキン人形のように突っ立っている、
ということがよくあるのですが、
この舞台では、
群衆の一人一人が生き生きと演じられています。

アンドリス・ネルソンズの指揮は、
破綻はないものの、
若いせいか、やや情感が足りず。
やはりプッチーニを振るのは年齢が必要か。

コミカルな場面あり、
切々と心情を訴える歌あり、
叙情的な子供の合唱あり、
夢幻的な女性合唱あり、
グレギーナ、ジョルダーニ、
それにリューのマリーナ・ポプラススカヤも素晴らしく、
プッチーニの世界を堪能した3時間でした。

1月22日まで。
上映中、もう一度行くつもりです。

帰宅後、
1987年版のMETの「トゥーランドット」を再見。
これは名盤
素晴らしい。
指揮はジェイムズ・レヴァイン
演出は同じ。
トゥーランドットはエヴァ・マルトン
カラフはプラシド・ドミンゴ
リューはレオーナ・ミッチェル
ティムールはポール・プリシュカ
これが全員ものすごくいい。
指揮、歌唱力、演技が最高峰のこのLD (DVDも) は、
やはり、家宝です。

クリックすると元のサイズで表示します

↑LD
↓DVD

クリックすると元のサイズで表示します
タグ: 映画

千客万来と『牛の鈴音』  

新聞が出来上がり、
早ければ明日、遅くとも月曜日に
組合員さんの手元に届きます。↓

クリックすると元のサイズで表示します

一方、組合が出している『FAX通信』も
811号の記念号。

クリックすると元のサイズで表示します

何が記念かというと、
『811』は、食肉市場センタービルの中の
組合の部屋番号と同じだからです。
あはは。

クリックすると元のサイズで表示します


事務所には、誰も訪問者がいない日もあれば、
とんでもなく集中してしまう日もあります。
今日は、その特異日だったらしく、
次から次へと来客がありました。

まず、牛肉試食会を担当している代理店の担当者。
次はAホテルBホテルが接近遭遇でそれぞれ来訪。
このどちらにも、
来年の新年賀詞懇親会は
他のホテルに決まったと告げる辛い役目に。
午後になると、
表示の件で相談に来た輸入会社
終わったと思ったら、保険会社の人が来ていて、
組合年金の終結のさせ方の相談。
すぐに秋の関ブロ東京大会のクルーズの代理店
続いて証券会社の人が来て、
東京都の方があるものを持参して来て、
最後は、組合オリジナル商品のメーカーが緊急対応で来訪・・・。

まるで新聞の編集が終わったのを知っているかのように
9人が続々おいでになり、
そのそれぞれにていねいに対応したので、
ほとんど仕事になりませんでした。


今日は夕方から映画をはしごするつもりでしたが、
結局定時には帰れず、
1本にだけにるつもりで銀座の映画館に行くと、
行列が出来ています。
聞くと、この劇場は金曜日がレディスデー。
そういえば、並んでいるのは、女性ばかり。

この映画はあきらめて、別な映画を観ることにし、
↓のような食事をして、時間つぶし。

クリックすると元のサイズで表示します

↑ジョッキはビールではありません。ジンジャーエールです。

↓ここのお店は、こんな風に名前の立て札付きでホルモンが出ます。

クリックすると元のサイズで表示します

おいしいですね、ホルモン。
事務局長も食べるのが大好きです。

クリックすると元のサイズで表示します


で、観たのは、↓この映画。

クリックすると元のサイズで表示します

韓国の片田舎の農家で飼われる牛のドキュメンタリー。
韓国では、口コミで評判が広がって、300万人を動員。
国民の15人に1人が観たといいます。

79歳の農夫のチェじいさんの家で飼う牛は、
40年も生きている。
普通15年が牛の寿命というから、
たいへんな長寿。
足もふらついているのに、
毎日、チェさんの乗った牛車を引っ張って畑へ。
帰りは、薪や農産物を積んで帰って来る。

映画は、その日常を淡々と描く。
ナレーションは一切なく、
音楽も最小限。
同じ記録映画でも、マイケル・ムーアとは対極にある。

チェじいさんは小作出身で、
畑で働くことしか知らない。
頭が痛く、足の骨が曲がっていても、
杖をつきながら毎日畑に出る。

口うるさい奥さんは
「こんな男に嫁いだばかりに私の人生は目茶苦茶だった」と言う。
また、「この牛の世話のおかげで、休むことも出来ない」と嘆き、
お盆で帰郷してきた子供たちは
みんなで売ることを勧める。
チェじいさんは断固断るが、
仕方なしに市場に出して、
わざと高い値段を付けて売らないようにする。

チェじいさんと牛の同化した姿は胸を打つ、
というより、切ない。
働かなければ生きていけない農夫の人生に
ぴったりと寄り添った牛は、
重荷を引きながら生きる人間の姿のようだ。
新しく来た若い牛にいじめられたりしながら、
それでも生きていく様は
罰を与えられた罪人のよう。

大変すぐれた記録映画だとは思うが、
つらくてつらくてたまらなかった。
78分しかない短い映画なのに、
3時間の映画に思えた。

白眉は、
頭痛の検査を受けるために町ででかけた時、
「狂牛病反対」のデモに遭遇するシーン。
シュピレヒコールをあげるデモ隊の前を横切る牛車は、
よくもこのタイミングでデモに遭遇し、
よくもこんなアングルで撮影できたものと、
感嘆さえ覚える。

ある朝、ついに牛は立ち上がることが出来なくなり、
獣医はもう無理だと告げる。
その時、チェじいさんは、
40年間牛の鼻につけられていた鼻輪を外してあげる。
この場面で事務局長はついに落涙した。
今書いていても涙でにじむ。
この後、あれほど売れと言っていたおばあさんが
牛について語る一言が感動的。

チェじいさんも、口うるさい奥さんも魅力的。
ぶつくさ文句ばかりたれていたおばあさんが
息子や孫たちが来た時に見せる幸福そうなおだやかな顔。
人生が刻み込まれた顔は、見ているだけで感動する。
長年連れ添った夫婦の姿は一つの芸術だ。
韓国の農村の情景は美しい。
われわれの心にある原風景を刺激し、
かつ人間の生きざまを切り取って峻烈な映画。

5段階評価の「4」

帰り道、牛の目を思い出して、悲しくてたまらなかった。
映画を観たあと、
こんな暗い気持になって家路についたのは久しぶり。
ただでさえ辛い人生なのに、
お金を払ってまで辛い思いをしたくない人は、
観なくていいです。


タグ: 牛の鈴音




AutoPage最新お知らせ