世界の動向と『乱反射』  

新年賀詞懇親会の出席者の名簿が出揃ったので、
受付名簿及び座席表の作成に。
231名の配置を
各テーブル10人を基本に配置する作業では
ブロックや支部をうまくまとめたり、
場所が前回と同じにならないように
起点となるブロックを毎回ずらしたり、
工夫するのですが、
「自分の支部はいつも端の方だ」とか
「○○ブロックはまた真ん中だ」
とか言われることがたまにあります。
まあ、誠意を尽くしても通じないことは世の習いですから、
気にしても仕方ないのですが。

ですから、事務局長は、
他の人がした事務的な行為については、
口をはさまないようにしています。
その人なりの様々な工夫をして、
かつ100点はもらえない。
それを事情の知らないものが
あれこれ言っても仕方ないことですから。

午後は、証券会社やホテルの人が尋ねてきて、
お話をする時間になってしまいました。
異業種の方と話すのは、
大変勉強になります。

今日聞いた話で、
時代の変化かな、と思ったのは、
ホテルというのは、
客室と宴会が売り上げの双璧ですが、
新開店のホテルは宴会場を設けないで、
宿泊のみをコンセプトにする例が多い、
とのこと。
というのは、
利益率が、客室の方がはるかに多いから。
なるほど。
客室は一度作ってしまえば、
シーツを変えたり、
アメニティの補充などで済み、
空間が利益を生みますが、
宴会の場合は、食事の原価がかかるし、
人件費も膨大。
そうなると、客室オンリーの方が効率がいいということのようです。

外資系のホテルほど、客室重視の傾向が強く、
そういえば、アメリカのホテルは客室重視ですね。
コンベンションのための会議室は設置されていますが、
これは宿泊の延長上にあります。

日本のホテルが宴会を重視するのは、宿泊+宴会という
日本の旅館の伝統から来る、日本独特のものかもしれません。
話を聞いて、
目からウロコが落ちた思い。

証券会社の人とは、
ネットが普及しての購買行動の変化。

先日、事務局長は娘のためにソウルの航空チケットとホテルを取りましたが、
いつも利用している某大手旅行会社ではなく、
自分で取りました。
その方が安かったからです。
航空会社のホームページで取れば、
手数料がかからない。
日にちと便を選び、
座席も決めて、
即座にEチケットがメールで届きます。
その上、当日「2時間前に集合」などという無駄も不要。
空港→ホテルの間に土産物屋に連れていかれる時間の無駄もなし。

ホテルの方も、
格安料金のサイトでは、
旅行会社で取るより3割方安い。
これも即座にヴァウチャーがメールで送られて来て、
後は当日チェックインするのみ。
料金はカード決済。

旅行会社はつぶれるな、と思いました。
国内旅行では、ホテルも
航空券+ホテルも
直で取るより安くなるものは沢山ありますが、
海外旅行は自分で取った方が安い。
パンフレットでは、
安い旅行もありますが、
航空会社を選んだり、便を選んだりすると加算されて、
結構高くなるものもあります。

DVDなども同様で、
アマゾンで買う方が安く、
しかも家に届く。
音楽もネットでダウンロードできる。
書店やCDショップが減るのは当然です。

ブロードウェイのチケットも自分で取れるようになって、
海外チケット手配の会社がつぶれました。

先日、海産物をネットで買ったら、
次々と割引情報が毎日メールで送られて来ます。
これが食欲をそそる写真付きで、
しかも、極度に安い。
頼むと、3日で届く。
興味のある方は、↓をクリック。

http://store.shopping.yahoo.co.jp/biwadonya/index.html

インターネットの普及が
知らない間に、
経済の姿まで変えつつあるのは、
間違いないようです。


今日はクリスマスイブ。
「グレー会社」に勤めている娘が
珍しく早く帰って来たので、
家族でケーキをいただきました。


[書籍紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

先の直木賞の候補作の一つ。

冒頭、
「これは、あるひとりの幼児の死を巡る物語である」
とネタを自らばらし、
「かつてイギリスの有名なミステリー作家は、
登場人物のほとんどが犯人という小説を書いた。
幼児の『不運な』死に似た事件を他に求めるなら、
そのミステリー小説しか見当たらないだろう。
そう、一見不運な事故にしか見えない幼児の死は、
実は殺人だった。
それも大勢の人間が寄ってたかって
無辜(むこ)の幼児を殺したという、
異常極まりない事件であった」

とまで書く。

その後、
被害者の新聞記者一家や
街路樹の伐採に反対する有閑婦人、
病的な潔癖症でものに触れない造園会社社員、
道路拡張計画に携わる市役所職員、
定年退職後時間をもてあまして犬を飼い始めた老人、
時間外診察でバイト代を稼ぐ意欲のない医師、
その時間外診察で迷惑をかける学生、
車を車庫に入れられないOL
などが入り組んだ物語を展開する。

章は「−44」から始まって「−43」「−42」と
順に数を減らし、
事件が起こる章が「0」。
そこから「1」「2」と、
事件後の物語が展開する。

冒頭に著者が書いたように、
登場人物一人一人のささいな自分勝手な行動が
一人の幼児の死につながる、
という、こわい話。
どこかで読者が自分のこととして引き寄せることになる。

なかなかの意欲作だが、
一人一人の行動は、実に市民レベルのもので、
スケールの矮小感は否めない。

複数の登場人物の行為が一つの事故でつながる
「アモーレス・ペロス」という傑作映画があったが、
ああいう奥深い人間の業まではとうてい到達しない。
このあたりが日本の作家の限界か。

しかし、なかなかの意欲作であることは確か。
500ページを越えるが、
遅滞なく読むことが出来た。



アバター、驚異の映像  映画関係

今日は朝から川崎へ
「アバター」3DIMAXで観るためです。
映画館のチケット売り場は長蛇の列。
飲み物も買えない状態で中に入りました。
こういう時、ネットの予約は便利です。

[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

ジェームズ・キャメロン監督
「タイタニック」から12年を経て放つ最新作。
世界が待ちに待っての公開となったが、
期待を裏切らない出来だった。

常に映画技術の最先端に挑戦し続けているキャメロンの今度の作品は、
SFX技術、CG、パフォーマンスキャプチャー、デジタル3Dの
総合的完成を果たした。
特に、CGの進化は、この作品において、頂点に到達し、
もはやどんな映像表現も不可能はないという領域に。
映画の歴史は新しい時代に入ったと言っていいだろう。

ストーリーはシンプル。
辺境の衛星パンドラで、貴重な資源を発掘するために
その上に住む先住民ナヴィを移住させたい会社と軍隊は、
住民を説得するために、
先住民と地球人のDNAを合成した人工肉体「アバター」(分身)を送り込む。

アバター(avatar)とは、
サンスクリット語のアヴァターラ(avataara अवतार)から来ており、
インド神話や仏教説話で「(神や仏の)化身」の意味。
今では、
インターネットコミュニティで、
自分の分身となるキャラクターのこと。

その分身を遠隔操作するカプセルに入ったジェイクは、
アバターとして先住民の中に溶け込みながら、
次第にその世界観に感化されていき、
どちらが現実か分からない状態になっていく。
一方、ナヴィの取り扱いに限界を感じた軍隊は、
大軍を送って、その殲滅を図るが・・・

というストーリーだけを聞いたら、
中高年は観たくなくなるだろう。
事実、テレビCMを観たカミさんは、
「こんな映画、観たくない」
と言っていた。

しかし、映画の価値は映像。
その驚異の映像は、
このストーリーに生命を吹き込み、
説得力と感動を与えてくれる。
衛星パンドラの自然の描写、
そこに棲息する植物と動物の造形。
それらは、今までかつて観たことのない映像で、
しかも、美しい。
美しいものは、感動を与えてくれる

ドラマの方も、
新鮮ではないものの、
一つの王道のストーリーとして、成熟している。
それのみか、現代に生きる我々が
世界の諸問題に思いを馳せる深みを持っている。
この数年に起こった様々な出来事が重ねて見えて来る。

しかし、人間の才能というものは恐ろしいものだ。
この映画は才能の固まり。
あふれるばかりの想像力と技術によって、
どの画面も一点の手抜きもなく描かれ、
才能の結実とはこういうものかと思わされる。

当分この映画を越えるCG作品は現れないだろう。
是非、劇場で、出来れば3Dで観ていただきたい。

5段階評価の、もちろん「5」

ところで、川崎のIMAX、2度目だが、
やはり「ウソマックス」(事務局長の命名)だと思った。
あの程度の大きさのスクリーンでIMAXとは。
やはり、そびえ立つスクリーンで観てみたい。

この後、通常スクリーンの3D版、
2D版も観てみる予定。
カミさんを連れて。
話したら、「観る」と言っていました。


タグ: 映画

新年会準備と猿とハムの店  

今日は新年賀詞懇親会の出席受付締め切りの日。
締め切り日になっても
回答がないのは、
常連の4支部。
電話で催促してもらい、
出て来た名簿を整理。
招待業者から返事が来ていないのもあり、
出席は最低224
最高234
というところです。
今年の新年会が222でしたから、
例年並というところです。

会場のホテルパシフィックは
来年9月で営業を終えるので、
40年近く続いたこのホテルでの新年会は終り。
さ来年以降の会場を物色していましたが、
第1候補であるTホテルから、
来年1月6日を押さえたという連絡が入りました。
他に候補はありますが、
大体これで決まるでしょうね。


「暫定税率廃止を決めた」と聞いて、
「決断できない総理」が珍しく決断したな、
と思ったら、
新税を作る、
ということで、同じ
マニフェストにあった、
「暫定税率の廃止」は、
「暫定税率という名前の上乗せ税の廃止」だったはずで、
名前を変えて存続するなら、
これは明白なマニフェスト違反
それが分かっているから、
総理は謝罪している。
この言葉の遊びは、
官僚の入れ知恵か、
学者総理の限界か。
細川政権崩壊の原因になった
「国民福祉税の導入」に重なって見える。
我々は「朝三暮四」の猿ではないから、
だまされてはいけない。

朝三暮四
朝に三つ、夕方に四つの意。
宋の国の狙公が、
飼っている猿に、
餌の木の実を朝に三つ夕方に四つやると言うと、
猿が怒ったので、
それでは朝に四つ夕方に三つにしようと言い換えたら、
猿は喜んで承知したという寓話。
目先の差別に気を取られて、
同じことなのに気付かないこと。
また、人を騙して馬鹿にすること。(ことわざ辞典より)


話変わって、
一昨日の土曜日夜11時30分の
BS朝日の「STYLEBOOK」という番組で、
おいしいお肉を食べさせる職人芸のお店を紹介。
その一つが組合員のお店でした。
それは、吉祥寺にある

クリックすると元のサイズで表示します

マイスタームラカミ

クリックすると元のサイズで表示します

本格的ドイツのハム・ソーセージの店として有名です。

クリックすると元のサイズで表示します

なにしろ日本に住むドイツ人や

クリックすると元のサイズで表示します

ドイツ料理のレストランが買いに来るというのですから、本当の本物。

クリックすると元のサイズで表示します

ご主人の村上さんの

クリックすると元のサイズで表示します

名人芸ともいえる技術が紹介されていました。

クリックすると元のサイズで表示します

一度食べてみたい ! と思わせるものがあります。

クリックすると元のサイズで表示します

村上さんのことは、↓組合ホームページから

http://www.t-meat.or.jp/k/

「組合人物列伝」でどうぞ。

お店のことは、↓消費者用ホームページから

http://www.t-meat.or.jp/

組合員のお店

おすすめのお店の紹介はこちら

マイスタムラカミ

へ。

お店の住所・地図は、

消費者用ホームページから

組合員のお店

組合員の店舗リストはこちら

武蔵野市

マイスタームラカミ

へ。

マイスタームラカミのホームページは↓。

http://www.ham-murakami.co.jp/








映画3本  映画関係

先日、
今年も映画は100本達成、
でも映画紹介は少ない、
と書きましたが、
今日は休日なので、映画紹介を。
(古いのも入っているのは、ご容赦を)

1本目は「2012」

クリックすると元のサイズで表示します

「インデペンデンス・デイ」「デイ・アフター・トゥモロー」と
スケールの大きいデザスター(災厄)映画を作った
ローランド・エメリッヒ監督最新の
地球崩壊映画。
「日本沈没」を世界的規模にした地球的地殻変動を描く。
早めにその兆候を掴んでいながら、
世界各国政府は秘密にして、
ある人類生き残り計画を進行させるので、
一般大衆は、全く突然危機にさらされる。
その崩壊を描くCG映像が全て
なにしろ、ロサンゼルスは地滑り的に海に落ち、
ワシントンDCを含む東海岸には
巨大な津波が襲う。
日本列島は次第に形を変え、
チベットのラマ僧の庵にまで海は押し寄せて来る。
システィナ礼拝堂のミケランジェロの壁画には亀裂が走り
サンピエトロ寺院は転がって民衆を襲う。

ドラマの方がご都合主義なのは、
こういう映画の宿命だから、
言っても仕方ない。
イエローストーン国立公園で空に舞い上がる火山弾は
主人公にだけは当たらない。
住宅街の地盤が崩落しても、
主人公の車には追いつかない。
高度な運転技術など持っていない素人が
ジェット機を操縦するし、
燃料は切れても、
目的地の方が近づいてくれる。
主人公が死ぬと映画が終わってしまうので、
どんなことがあっても、救済の道は用意されている。

(映画が始まった途端に主役が死んでしまい、
「主人公が死んだので、
ここで映画は終わります」
という字幕が出て、
客席が明るくなる映画があったら、
面白いと思うが。
観客は怒るだろうね)

冗談はさておき、
CGで描く世界崩壊の有り様は
身の毛のよだつ物凄さ。
CGがない時代の特撮監督(円谷英二など)に見せたら、
「どうやって撮ったんだ」と悩むだろう。
もはやCGで描けないものはない。
技術の進歩によって可能になった
観たことのない映像をたっぷり2時間半にわたって展開。
一見の価値はある。

5段階評価の「4」


次は、↓。

クリックすると元のサイズで表示します

調べてないが、
日本映画では史上最長の長さの題名か?
2ちゃんねるの書き込みから始まった実話の映画化。
その意味で「電車男」の延長上にあるが、
今の労働市場の現実を描いて興味深い。

何を隠そう、わが家の娘も
過酷な労働環境 (広告代理店の制作部門) で働いており、
毎日0時を回ってから帰宅する。
そのことで家族の口論は絶えない。
ちゃんと給料をくれて、
経費も落ちるし、
社員のスキルも高いから
ブラック会社ではないが、
労働基準法違反という意味では、グレー会社か。

更に、何を隠そう、
事務局長自身もある時期、
過酷な労働環境で働いていた。
例の直木賞作家が出していた航空時刻表の編集部に
駆り出され、
1週間くらい泊まり込みの生活が続いた。
日曜は保育園が休みなので、
(カミさんは町の不動産屋に勤めていたので、日曜も出勤)
娘を連れて行き、
脇で遊ばせておいた。
幼児の手を引いて帰っていく後ろ姿に、
老社長は手を合わせていたという。
今でもその頃のことを思い出すと、涙が出る。
あの仲間たち、今は何をしているのかな。

思い出話はともかく、
不景気の中の就職難で、
IT企業は一層ひどい状態になっているらしい。
映画は、いじめにあってひきこもりをしていた青年が
母親の死を契機に就職しようとするが、
中卒の元ニートに世間はそう甘くなく、
ようやく拾ってくれた会社で
忍耐の日々をすごす様が面白おかしく描かれる。
青年が過酷な労働や人間関係を
コンバットや三国志にみたてて妄想するシーンが笑わせる。

最後の展開は感動すらした。
人が人生を建て直す姿は、やはり胸を打つ。

今の日本社会の断面を見せるという意味で、
最尖端の映画。
一見の価値はある。

5段階評価の「3」


最後は、「のだめカンタービレ」

クリックすると元のサイズで表示します

人気マンガから始まって、
テレビドラマになり、
ヒットしたので、
正月特番になり、
ついに映画になった。
ストーリーはそのまま進んでいくので、
映画から観た人には、
人間関係その他分からないことだらけ。
映画の中に時々回想される学生オケや
中華料理屋にたむろす若い音楽家など、
ドラマを観ていない人には、何のことか分からないだろう。
そういう意味で、ドラマのファン向けに作られているのは間違いない。

事務局長はさいわい、ドラマを観ており、
原作マンガも読んでいる (お恥ずかしい) ので、
この「のだめワールド」にはすんなり入って行けた。

マンガのことは、↓をクリック。

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20070925/archive

娘とのクラシックのことは↓をクリック。

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20070108/archive

どころか、実は、感動した。

映画は、主人公の千秋 (玉木宏) が指揮コンクールで優勝した後、
あるオーケストラの常任指揮者になる。
そのオケは歴史と伝統はあるものの、
資金不足と内部分裂でボロボロ。
しかも古手のコンサートマスターは
若造の千秋をなめてかかり、
何かと邪魔をする。
その千秋のボロオケ再建の苦労話が軸になり、
一方で野田恵 (上野樹里) はパリの音楽学校の進級試験を控えており、
どんどん先に進んでいく千秋に取り残されていく寂しさを感じている・・。

という話を、オケの練習風景や本番、
ビアノのレッスンなどを通じて
豊饒なクラシック音楽の中で展開する。
演奏される曲や背景に流れるのはポピュラーな曲ばかりだから、
コアなクラシックファンでなくても楽しめる。
というか、この演奏会のシーンが抜群にいい。
ボロボロな「ボレロ」の演奏はめったに観れないものだし、
チャイコフスキーの「序曲1812年」の演奏は
スリリングな驚きさえ覚える。
現地のホールを借り、
沢山のエキストラを動員して、
どうやって効率のいい撮影をしたのか、
一度体験したいものだ。

玉木宏は相当修練したと思われるタクトさばき。
ドラマの時より進歩して、格好いい。
対する上野樹里は、はまり役を上手に演じて笑わせる。
この人、いい表情をするね。
それに、外人の役者の演技は実にしっかりしている。
客待ちをしながら練習をするタクシー運転手や
子供たちが遊び惚ける台所で練習する人など、
感動的なシーンもある。

それに、パリの名所が次々と出て来るので、
観光映画としても楽しめる。
大きくきれいな映像、
大音量での上映だから、
是非映画館で観てもらいたい。

事務局長は、音楽を素材とした映画はついつい甘くなるが、
甘いという自戒をこめても、
感動したので、
5段階評価の「4」



タグ: 映画

内閣支持率低下  

週明けに入って来る
生衛組合の仕組債の利息の金額が確定して、驚き。
生衛組合に関して言えば、
昨年の利息収入より多い
利率確定日の豪ドルの位置が丁度良かったからで、
嬉しい誤算
生衛組合であまり利益を出しても仕方ないので、
人件費の割り振りなどで工夫が必要です。

事業組合の方は、ざっと計算してみて、
今の為替水準(米ドル90円、豪ドル80円)で
すれすれトントンというところ。
来年3月はどうなるか。

昨日書いた、お役所がらみの難問の一つは解決。
もう一つの方は見通しがたちません。
事務局長は少々せっかちなところがあるので、
「未定」という状態が好きではない。
鳩山さんの部下でなくてよかった。

で、自然、民主党政権の話題になってしまうのですが、
今日時事通信が発表した世論調査によると、
鳩山内閣の支持率は2カ月連続で低下し、
前月比7.6ポイント減の46.8%と下落。
不支持率は30.3%に。
当然と言えば当然ですが、
調査日の12月11〜14日は、
小沢傲慢会見の前。
あの後では、
もっと下がっているはずです。

子供手当ての「所得制限」は、
年収2000万円で調整中、と報道されていますが、
2000万円以上の人など、
支給対象者の1%未満。
とりあえず所得制限のポーズだけ取ろうというのがありあり。
日本語でこれを「姑息」といいます。

しかし、こうやって徐々にマニフェストを後退させていくと、
11月2日の予算委員会で
「マニフェストは国民との契約であり、
必ず実現する。
約束を果たせなければ、
首相としての責任を取る。
国民に信を問うのも責任のとり方の一つだ」

と言ってしまった鳩山さん、
どうするつもりでしょうか。
ただ、「国民の信を問う」=解散は、
4年間するとは思えません。
郵政選挙で圧倒的勝利をおさめた自民党が
結局4年間解散しなかったのと同じです。


話は変わりますが、
事務局長は観た映画、演劇、読んだ本をつけてあるのですが、
その一覧表を見て、
「ああ、今年は映画100本観れなかったな、
今から達成しようとすれば、
毎日観なければならないな」
と思っていたら、
一覧表に数え違いがあり、
100本は11月に達成していたことが分かりました。
そのわりには、
このブログで映画の紹介が少なくなっていますが、
紹介するだけの価値あるものが
前より少なくなっていることは確かです。

来週は、世界中が待っていた
ジェームス・キャメロン監督の「アバター」が始まります。
初日には、
事務局長は川崎まで出掛けて、
IMAX3Dで観る予定です。







AutoPage最新お知らせ