『トスカ』と『スカ首相』  

新聞編集最終段階。
「組合の1年の動き」も
驚くほどぴったりの分量で収まりました。

日曜日に取材しなければならない行事があり、
それを月曜日に入稿して、新聞編集は終りますが、
別に3つほど申請しなければならない書類が重なり、
気が重い。
役所に出す書類は一番嫌いなのですが、
仕方ありません、仕事ですからね。

夕方からは、新国立劇場へ。
↓は、1階ホールにあるクリスマス・ツリー。

クリックすると元のサイズで表示します

最近アメリカでは、公共施設でのクリスマスの飾りつけが自粛されています。
理由は、「一宗教の行事に税金を使うのはけしからん」ということだそうです。
何と心が狭い。
クリスマスは既に文化なのに。
やがて、日本でもそうなるのでしょうか。

今日観たのは、プッチーニの『トスカ』。

クリックすると元のサイズで表示します

この作品については、
METライブビューイングの時に詳しく書きましたので、
↓を参照。

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20091105/archive

今回非常に良かったのは、装置で、
リアリズムはやはり、
音楽を邪魔しない。

↑上のパンフレットに出ている聖堂は、
本物の聖アンドレア・デラ・ヴァレ教会を再現。
もちろん本物はこれよりずっと大きいですが、
壁画を含め、よく作りました。
これが場面転換で奥から出て来た時は、
「ほう」と思いましたよ。

この1幕の幕切れ「テ・デウム」は、
5分間ほどのシーンのために、
多数のエキストラが投入される。
衣装点数も多い。
費用がかかるわけだが、
やはりこのシーンの手を抜いたら、
観客は怒るだろう。

2幕の宮殿のシーンも天井画までちゃんと作ってある。

↓は、ラストのサンタンジェロ城屋上のシーン。

クリックすると元のサイズで表示します

2層になった装置は、説得力があった。

これもミカエル像もよくできている。

↓実物写真と『トスカ』の裏話は、↓をどうぞ。

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20091107/archive

やはりオペラは装置がしっかりしたもので観たい。
この舞台なら、カミさんに観せてやりたいな、
と思った次第。


その後は、タクシーを飛ばして西荻窪に行き、通夜に。
とっくに式は終わっていますが、
遺族の方とお会いしました。
故人は、事務局長の大学時代の友人。
マニラに長く行っており、
今は旅行会社を経営。
息子さんも立派に育っていましたが、
事務局長と同い年での逝去は、あまりに早い。
40年も前のことをいろいろ思い出しながら、
帰途につきました。

↓は、帰路にあった民家のイルミネーション。

クリックすると元のサイズで表示します

道々、健康に気をつけて、
予定の70歳までは元気に生きよう、
とつくづく思いました。

昔、事務局長は65歳までしか生きないつもりでしたが、
今は70歳に延ばしました。
そのうち75歳になるかもしれません。


話変わって、鳩山さん
↓のような報道を聞いて、あきれました。

米の本音は普天間存続=「変化なしがベスト」−鳩山首相が認識
12月11日11時39分配信 時事通信
 鳩山由紀夫首相は11日午前、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について、首相官邸で記者団に対し「アメリカとしては、何も変わらないのが心の中ではベストだという気持ちは伝わってきている」と述べた。米側は、現行計画に基づきキャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市)に移設するよりも、普天間飛行場を維持することを本音では望んでいるとの認識を示したものとみられる。
 その上で、首相は「普天間の住民が長年にわたって危険と一緒に住み、また騒音の問題も考えれば、そういう結論にしてはいけない。そうならないように最大限努める」と述べ、普天間飛行場の存続につながらないよう全力を挙げる考えを強調した。


何を今更言っているのか。
何にせよ「今のままがいい」は当たり前。
しかし、住宅街にあって、
「世界で最も危険な基地」だから、と、
米軍は譲って
他の場所に移る日米合意をした。
なのに、それより前に話を戻してどうするのか。
今さらそんな話を持ち出して、
米国の神経を逆撫でするだけでなく、
沖縄県民の不安をかりたててどうするのか。

どうやら、鳩山さんは、
優柔不断だったり、
ポイントが見えないだけでなく、
何か本質的に欠けているものがあるようだ。

このことについては、
桜井よしこさんが、
産経新聞のコラムで痛烈に批判している。

「鳩山由紀夫首相は自身のうちの虚言癖と
道徳心の欠如に気付いているだろうか。
鳩山政権の諸政策が国益を毀損し、
日本の力を殺(そ)ぎ続け、
日本の衰退を決定づけつつあると、
自覚しているだろうか。
おそらく、その自覚はつゆほどもないのであろう。
だからこそ、
テレビカメラの前に立つ首相の大きな双眸(そうぼう)には、
いささかの含羞(がんしゅう)も憂いも宿っていないのである。」


と始まり、

「本来、当欄は、首相の政策について論ずる欄である。
だが、今回、わが国宰相に
政策以前の人間的資質について質(ただ)さなければならないことを、
一人の日本人として口惜しく思う。」

と続く、批判は峻烈を極める。

偽装献金については、

「これらは2人への子供への貸し付けだと、説明されたという。
気の毒に。
高齢の母上にこのようなことを言わせて。」


この後、鳩山さんの過去の言動との矛盾や連立問題などに触れて、こう書く。

「日本の安全保障の支柱である日米同盟と
ほとんど存在意義を喪失し去った社民党の、
どちらが国益にとって大事なのか。」


そして、ついには、このように書く。

「先の選挙でたしかに民主党は選ばれた。
しかし、こんな異形の政府になると、
多くの人は考えなかっただろう」


このようにどんなに批判されても、
彼は平気に違いない。
それは、感性において、根本的に欠けたものがあるからだ。

だから、その目には
「いささかの含羞も憂いも宿っていないのである。」
と書かれてしまう。

筋道立てて考えて、正しく状況判断すれば、
日米合意を実行するしかなく、
そのかわり、10年スパンの改善案の作成に取りかかれば、
ことは前進するのに、
この人は決断をしない。

指導者の中で「正しい決断をする人」が一番なのは当然だが、
「間違った決断をする人」
以上に
「決断できない人」の方が困るという。
会社でも組織でも同じ。
不決断の間の時間のムダは、組織を腐らせる
まさに鳩山さんの不決断は国民にとっては大変な迷惑である。

わが日本国民は、
またしてもハズレの首相を引いてしまったようだ。
はずれくじのことを、昔は「スカ」と言った。
(ここで、話が『トスカ』につながるわけです。)
しかも、この「スカ」は代わりがいないという。
「連立の我慢」どころではなく、
国民は、この先、数年間、再び
「我慢の時代」をすごさなければならないのか。

その「異形の政府」を作った張本人の一人、
「影の総理」小沢さんは、
中国に600人もの訪中団を送り込んだ。
うち140人は国会議員だが、
そんなに行く必要があったのだろうか。
自分の力を誇示するために、
人間を道具に使うのはやめてもらいたいものだ。
胡錦濤国家主席とのツーショット写真を撮るために
行列して一人0.5秒の握手をした時、
「こんなのおかしい、私はやらない」
と言う、骨のある新人議員はいなかったのか。
噂によれば、
民主党の新人議員に対する監視体制は相当厳しいらしいから、
そんな勇気は出なかったんだろうな。

前にも書いたが、
新政権に対する失望の連続で、
国民の中には閉塞感が充満している。
かといって、
自民党時代には戻りたくない。
自民党の本当の「反省」が終わっていないからだ。

その間にデフレは進む。
誰かが
「歴史的にみて、世界で
デフレ病をここまで放置した国家があったためしがない」
と書いていたが、
日本列島は、本当に漂流を始めてしまったようだ。


↓は、「鳩山由紀夫VS.鳩山由紀夫 自らの献金問題を厳しく追及」
野党時代の国会質問と、総理としての答弁を編集してつなぎ合わせたもの。
自分の言葉はブーメランになって帰って来る。

http://video.search.yahoo.co.jp/video/78c56c61a9a913c7be4345a8f546c08f?p=%E9%B3%A9%E5%B1%B1%E7%94%B1%E7%B4%80%E5%A4%ABVS.&vt=&rnd=0&from=srp&rkf=1&r=2

↓その続編、「鳩山由紀夫VS.鳩山由紀夫U クローンの攻撃」
http://video.search.yahoo.co.jp/video/d15f34e0406d8a5c1b61dbee9a0157c6?p=%E9%B3%A9%E5%B1%B1%E7%94%B1%E7%B4%80%E5%A4%ABVS.&vt=&tt=c&rnd=0&from=srp&rkf=1&r=11

『終末のフール』  

一日かけて、
組合の一年間を総まとめ。
昨日書いた感想と同じで、
やはり、「巡航速度」は刺激がない

今朝、他の県の組合のベテラン事務局長と話をして、
全国団体本部に対しては
全く同じ不満と危惧を抱いていることが分かった。
見ることの出来る人間はちゃんと見ている。
ただ、批判を受ける側の懐が深くないから、
受け止められないだけだ。
批判を「非難」と思わないで、
「改善への提案」として咀嚼するには、
能力も必要とされる。

[書籍紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

今、一番面白い小説を書く伊坂幸太郎の作品。

8年後に小惑星が衝突し、
地球が滅亡することが分かる。
発表当時は、どこかに逃げようとする人で道路は塞がり、
自暴自棄になった人が暴徒に化し、
絶望した人々が自殺をするというパニックが起こった。
(なにしろ、「死ぬのがいやだから、自殺する」
というのだから、皮肉が効いている)

そうした混乱が一段落ついた小康状態の仙台が舞台。
生き残っている人々の哀歓が
伊坂独特のユニークな視点とユーモアをもって描かれる。

衝突が間近になれば
再び混乱が始まるのは目に見えているが、
鎮静期に人々は再び商売を始めたり、
仕事についたり、
あと3年しか残されていない人生の意味を問い直そうとしている。

仲違いした娘との和解をしようとする父親、
妊娠してしまい、
3歳までしか生きられないことが分かっていて
生むかどうかを悩む夫婦、
マスコミの被害にあって自殺した妹の復讐のために
テレビのキャスター一家を襲う兄弟、
人生の最後に恋人を作ろうとする少女、
地球が滅びることが分かっていても
黙々とトレーニングに励むキックボクサー、
この時期に天体観測にうつつをぬかす友人、
家族の一部を失った人々と疑似家庭を作る役者、
等々の人間模様が
主人公を変えながら、
時に錯綜しつつ語られる連作短編集。

今映画館でやっている「2012」は、
庶民は突然の地殻変動を知らされるのだが、
この場合は、8年後の異変。
いわば不治の病で余命8年と宣告された患者のようだ。
(結構、長い)
その時間をいかに生きるか。
そういう小説や映画は山ほどあるが、
この小説が他と違うところは、
人類全体が一緒に死ぬということだ。
「自分が死んだ後も世界は続く」
というのは一種の安らぎと諦観を与えてくれるが、
人類全体が滅んで、
歴史も文化も技術も一挙に亡くなってしまう
というのは、どんなものだろうか。
それは個人の価値だけではなく、
人類そのものの存在の意義まで問われるわけだから、
相当深刻だ。

事務局長は、
みんな一緒に死ぬのなら、
平等でいいなあ、と思うが、
いざその時になったら、
相当うろたえるかもしれない。

そういう意味で、
いろいろな観点から面白い小説。
文庫になっていて、
気軽に読めるから、
一読をお勧めする。





1年のまとめと西表から宮古へ  

新聞は、この時期恒例の
「一年間の組合の動き」
にとりかかっています。
月別に行事を並べ、
コメントし、
方向性を探りつつ、
落ちがないかをチェックする、
結構、気を使う作業。

やってて気づきましたが、
今年は世の中の不況を反映してか、
少々縮こまった印象。

前に「巡航速度」と書いたとおり、
基本方針に従って動いていて、
確実に進んではいますが、
今年は新しいことが極度に少ない。

表彰は5年に一度のものだし、
定款変更も、ある意味で通常業務。
その他も例年どおり。
50周年記念で
次々と新しいことに挑戦した
2年前がすごすぎたのか

その50周年記念行事の最後の輝き、
ハワイ旅行と豚肉驚異の安価提供が
昨年のことだと、
編集していて改めて気付かされました。
昨年の原稿を呼び出して、
上書きしていく関係で
よく分かります。

どうも事務局長は、
新しいことをしていないと
くさる
体質のようです。

まあ、世の中は
ほとんどの人が
毎日毎日同じ仕事をしており、
それで総合的に社会は動いているので、
文句を言う筋合いではなく、
贅沢な悩みといえば、そのとおりですが、
何か新しいことをしたい。
挑戦したい。

事務局長のちょっとしたつぶやき(愚痴?)でした。

それだけでは、
読者に申し訳ないので、
それでは、旅行記を。

[南の島だより・その2]

ニラカナイ・リゾートの宿泊客は、専用の
仲良川 (なからがわ) クルーズに乗船出来ます。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな感じで説明を受けながら、川を逆上ります。

クリックすると元のサイズで表示します

聞き間違いでなければ、
川の高低差は90センチしかなく、
流れは全くありません。

クリックすると元のサイズで表示します

マングローブは、こうした水辺植物の総称。
そういう種類の木があるわけではありません。

クリックすると元のサイズで表示します

サギがエサを探しています。

クリックすると元のサイズで表示します

奥まで行くと、

クリックすると元のサイズで表示します

秘境めいてきました。

クリックすると元のサイズで表示します

↓これは、「下がり花」

クリックすると元のサイズで表示します

夜中に咲いて、朝には落ちてしまいます。
6月頃には、落ちた花が水面にじゅうたんのようになり、
それを見る早朝ツァーがあるそうです。
見てみたい。

クリックすると元のサイズで表示します

カヌーで行くツァーも有ります。面白そう。

クリックすると元のサイズで表示します

船は海に戻って、イダの浜に。

クリックすると元のサイズで表示します

↓こんな風に無理やり上陸。

クリックすると元のサイズで表示します

浜には珊瑚がこんな風に一杯で、拾って、

クリックすると元のサイズで表示します

箸置きにするのだそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

骨あげのようだ、と言って、カミさんに叱られましたが、
実際、遺骨収拾団みたいです。

クリックすると元のサイズで表示します

↓透明なカニ、見えますか?

クリックすると元のサイズで表示します

再びカンムリワシ、発見 !

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

この島は繁殖農家で、
仔牛は、他県の飼育農家に売られて、「○○牛」になります。

クリックすると元のサイズで表示します

高速船で石垣島へ行き、

クリックすると元のサイズで表示します

飛行機で、5番目の島、宮古島へ。人口48,065人。

クリックすると元のサイズで表示します

ここのホテルは、

クリックすると元のサイズで表示します

超アジアン・リゾート。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ゴルフコースもあり、

クリックすると元のサイズで表示します

花も咲き乱れています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

部屋は全室海側のスイート。

クリックすると元のサイズで表示します

広さは55u。

クリックすると元のサイズで表示します

やはりデイベッドがあり、

クリックすると元のサイズで表示します

ソファーも豪華。

クリックすると元のサイズで表示します

お風呂に入りながら、外を眺められます。

クリックすると元のサイズで表示します

夕食は、ライブショー付き。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

和琉創作料理は、なかなか美味。

クリックすると元のサイズで表示します

創作料理というのは

クリックすると元のサイズで表示します

工夫しすぎて美味しくないですが、

クリックすると元のサイズで表示します

これは、

クリックすると元のサイズで表示します

素材も生かされていて、

クリックすると元のサイズで表示します

なかなかよかった。

クリックすると元のサイズで表示します

ここで一気に9島制覇に駆け足で進みます。

来間島 (くりまじま) 人口195人は、橋を渡って、ここで写真を撮って終り。

クリックすると元のサイズで表示します

来間大橋は、1690m。

7島目の伊良部島 (いらぶじま) 人口6,109人へは、フェリーで。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

鳥型の展望台を下から見ながら、

クリックすると元のサイズで表示します

佐和田の浜へ。

クリックすると元のサイズで表示します

海にごろごろ転がる巨岩は、津波の置き土産です。

↓渡口の浜。

クリックすると元のサイズで表示します

短い橋を渡ると、8島目の下地島 (しもじじま) 人口48人へ。

ここには、日本唯一の民間パイロットの訓練飛行場があり、

クリックすると元のサイズで表示します

タッチ・アンド・ゴーを繰り返しています。

クリックすると元のサイズで表示します

訓練用の飛行機はなく、

クリックすると元のサイズで表示します

本物の旅客機です。

クリックすると元のサイズで表示します

↓は通り池。

クリックすると元のサイズで表示します

鍾乳洞が陥没して出来た池。2つあります。

クリックすると元のサイズで表示します

深くて黒い色をしているのが、不気味。

クリックすると元のサイズで表示します

地下で海とつながっているので、
ダイバーさんたちが入って来ます。
↓は、そのアブク。

クリックすると元のサイズで表示します

遊歩道があります。

クリックすると元のサイズで表示します

溶岩ではなく、

クリックすると元のサイズで表示します

珊瑚礁です。

クリックすると元のサイズで表示します

再び宮古島に戻って、植物をいろいろ見ます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

↓アダンの樹。

クリックすると元のサイズで表示します

↓パッションフルーツ。

クリックすると元のサイズで表示します

↓バナナは、こうなります。

クリックすると元のサイズで表示します

宮古島の東平安名崎 (ひがしへんなざき)

クリックすると元のサイズで表示します

ここには、灯台があります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ここの岩も、津波の置き土産。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

↓マムヤの墓。

クリックすると元のサイズで表示します

絶世の美女に生まれたばかりに
妻子ある人との不倫の恋で不幸になった女性が、
この岬から身を投げ、
この村からは二度と美人が生まれないように
(みんなブスで生まれるようにと)
呪いをかけたという、
迷惑な話。

クリックすると元のサイズで表示します

その後、呪いは解かれましたが、
今でも呪いが解け切れずに生まれる人が沢山いるという。
(呪いとは無関係ではないかという説もあります。)

最後の9島目、池間島 (いけまじま) 人口749人へは、
池間大橋1425mで。

クリックすると元のサイズで表示します

ぐるりとまわっておしまい。
ここにも「教育のための」信号が一つあります。

離島は人口が減って大変で、
若い人がいないから、
子供がおらず、小学校はどこも児童より先生の方が多い。
中には廃校の学校もあり、
若い男性は嫁不足で大変なようです。

旅行の間、気温は23度〜26度。
冬はやはり南の島がいいようです。

クリックすると元のサイズで表示します

夏の役員の暑気払い旅行にどうかと思いましたが、
添乗員さんは、
「暑いですよ。6月までが限度でしょう」
とのことでした。


午前10時の映画祭  

現在新聞編集中で、
1面の原稿を入稿。
来年10月の関ブロ大会の内容をまとめたもので、
ヤンキー先生(義家弘介参議院議員)の写真も掲載されて、
ちょっとはなやかなものになりそうです。


話変わって、
ようやく第2次補正予算が
亀井さんのゴリ押しの中で決定。
記者会見での亀井さんの言い分は気に入らない。
「連立で3党は平等だ」
400対8でも平等ですか。
「どんなに民主党の人たちが悔しがっても、これは仕方ない」
こんなこと言われて、
民主党の人たちはいつまで我慢を続けるのだろうか。

鳩山さんは、
「連立のために我慢するしかない」
と言ったが、
国民だって我慢していますよ。
国民より連立優先ですか。

「日米同盟も大切、沖縄県民も大切、社民党も大切」
と言い、
その全てを立てて、結局何も決められない
その中でも切れるのは社民党で、
切ったところで、
国民には関係ない。

鳩山さんの言っていることは、
永田町の論理でしかない。
あそこに長く住んでいると、
そういう思考方法になるらしい。

亀井さんの顔を立てて1千億円も追加したが、
それだって元をただせば、国民の税金
「建設国債」と表現を変えても、
後代の人々に背負わせた借金で、
「赤字国債」と変わりはない。

その上、税収より国債の方が多額であることが明らかになった。
昭和21年以来だという。
こういう緊急事態の中で、
どうして決然と解決に向かう人が出て来ないのか。

自民党時代とは違う閉塞感
国民の中に醸造されつつあるのが
分からないのだろうか。


がらりと話は変わって、
午前十時の映画祭 何度見てもすごい50本」というのが開催されるらしい。
外国映画50本を選んで、
来年2月6日から翌年の1月21日まで1年間、
全国25ヵ所の映画館で
毎日午前10時から上映するというもの。
しかもニュー・プリント。

その50本が↓これ。

クリックすると元のサイズで表示します

確かに、「何度見てもすごい」の言葉に恥じない作品群だ。

映画というのは、
どんなにヒットしても1年で忘れ去られるものもあれば、
ささやかに公開されても、
何十年も、人の心に残り続けるものもある。
作品の価値は
「時間」という試練を経なければ
判定できないものだ。
そして、古典になり得るものは、
何度観ても鑑賞に耐えられる

その点で、この50本は確かに粒揃い。
1995年で止まっているのも、
その「時の試練」がまだ終わっていない作品は
選ばなかったのだろう。

ちなみに、事務局長はこのうちの2本だけは未見
朝10時というのは、
勤め人にとっては土日しかないが、
楽しみに観に行きたいと思う。


利率決定  

金曜日の深夜にはねあがった米ドル、豪ドルは、
週明けになって、じわじわと下げています。
それでも金曜日よりは、それぞれ1円以上高く、
そのままで利率決定時の午後3時を迎えました。
その時の豪ドルは82.35円
正式な通知は明日にならないと来ませんが、
概算で、7.62%
1億円で762万円。
その後、豪ドルも下げていますので、
組合にとってはラッキーでした。

あとは、3月の為替次第。
今程度の水準であれば、
黒字決算に持ち込めそうです。


常務会が終わったので、
今週は新聞作りに集中します。


話変わって、
あいかわらず鳩山政権は
亀井さんに振り回されて、
第2次補正予算案も今夜は決定できず。
一体いつまでこんな状態が続くのでしょうか。

普天間移設問題も、
米国大使が「真っ赤になって」怒ったせいで
あわただしくなり、
越年せずに、
コペンハーゲンでのCOP15までに対処方針をまとめるようです。

鳩山さんは、記者団の質問に対して、
「オバマ大統領とそこでお会い出来るようになればありがたいし、
その時までには政府の考え方をしっかりと述べて理解を頂きたい」

と述べていますが、
その後が笑ってしまいます。
具体的な移設先を明示するかを問われると、
「必ずしもそう申し上げている訳ではない」
ですと。
移設先を明示せずに、
何を申し上げるというのか。
まさかオバマさんに会って、
「社民党の反対などがあって
まだ決められないんですよ。
もうちょっと待ってくれますか」
などと「しっかりと述べて」
「理解を頂く」つもりではないでしょうね。
この人はやりかねません。

米側へ方針を伝える前に、
与党党首らによる基本政策閣僚委員会を開く方針
だそうで、
そんなことをすれば、
社民党の主張を聞いて、
ますます動きが取れなくなるでしょう。

大体小沢さんが連立を重視するから、こうなるんで、
こういう政党間の事情で
政策決定が遅れる
のは、
国民は迷惑千万です。

人の話を聞いて、
それらを全て立てれば、
それぞれに理屈があるのですから、
決められないのは、当然。
それを決断するのがリーダーシップというものですが、
どうも、この学者出身の総理は、
体質的に出来ないようで、
このままずるずると国民の失望感が高まって、
麻生さんの二の舞になるのでしょうか。

意見が合わなければ、
毅然として袂を分かち
連立解消するほどの
背筋のしゃきっとした人に
総理になっていただかないと、
国民は不幸です。





AutoPage最新お知らせ