嬉しい誤算  

証券会社からメールが来ていて、
30日利払の仕組債の利率確定の報告がありました。

前に、先週末20日に利率確定、と書きましたが、
正確には、
「利払日の5営業日前の午後3時のロイター東京の画面の為替で利率計算」。
23日の祭日を除いて20日と思う一方、
アメリカの感謝祭休日も除外ならば、
19日ではないかと思っていたら、後者が正解。

↓のように、一日の違いで、利率が変わります。

クリックすると元のサイズで表示します

利率計算の基準為替は82.33豪ドル。
下落の途中でした。
この結果、利息が予想より多く取れました。
もう一日前の83円ならもっと多かったのですが、
この逆もあるわけです。
今日は81円直前まで行っています。

確定利率は、6.485397%。
現在の経済情勢の中では、
立派な成績。
よくコール(解約)がかからなかったと不思議なくらいです。

次は30日に利率確定。
対象は米ドルですから、
あまり大きな期待はできません。
更に12月初旬に、次の利率確定日がやって来ます。

リーマン・ショック以来、1年がたちましたが、
日本だけが回復が遅れ、株価も低迷。
思ったよりたちが悪い。
政府はデフレを宣言しましたが、
宣言だけでは、評論家と同じ。
ちゃんと政策を立てなければ。
財務大臣は「株価の低迷は大企業の資金調達のせいだ」といい、
亀井さんは「日銀は眠っている」といいます。
いずれにせよ、
人に責任をなすり付けている間は問題は解決しません
本当に日本の政治家はお粗末の一言。







AutoPage最新お知らせ