パソコンが壊れました  

パソコンが壊れました。
正確には、
パソコンのFDD(フロッピィ・ディスク・ドライブ)が壊れました。
フロッピィを入れた時、
変な手応えがあり、
その後、ゴトゴト読み込み作業の後、
「媒体不良」という文字が出ます。
別なフロッピィを入れてみても全く同じ。

まだフロッピィを使っているのか、
と思う方がいるでしょうが、
実は、
事務局長、まだワープロを使っており、
ワープロで入力 → パソコンで印刷
という作業形態。
(ワープロのプリンタは壊れています)

なぜ今だにワープロかというと、
専用機の作業性が良いからで、
同時に、今までの文書資産の有効活用ができるからです。

ワープロは富士通OASYSの親指シフトキーを使用。
このあたりのことは、何度か書きましたが、
大昔のブログ↓を参照。

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20060613/archive

まあ、時代の流れですから、
定年まではワープロをだましだまし使い、
後の人のために
文書はパソコンのwordに変換して残そうと思っています。
最後の2年間は、
行事が終わるたびに
その都度wordで蓄積していくのが
日常的な作業になるでしょう。

いずれにせよプリントアウト出来ないのでは仕事にならないので、
買ったお店に連絡すると、
修理は1週間から10日かかるといいます。
これも困る。
とにかく、パソコンがなければ
仕事に差し支える時代ですから。
応急処置で外付けFDDで対応することにし、
買ったお店に。

表参道にある富士通専門店で、
ここにはOASYSに対応したパソコンや
親指シフト仕様のラップトップパソコンなどという
珍しいものが並んでいます。
事務局長がここで
パソコンを購入したのは、
3年前。
今だに店が続いているのですから、
需要があるということでしょう。

なぜわざわざここまで来たかというと、
FDDでも、
OASYS文書に対応するのは2社の製品しかなく、
ここでなら、それが購入出来るからです。

中古OASYSはないかと訊くと、
今は出物がない、
使っている人が大切に保存しているから、
ということでした。

事務局長、定年の時には、
ここで家用の親指シフト仕様の製品
(今でも新作が出ています)
を購入しようと思っています。

そういうわけで、
品川→渋谷→表参道→原宿→新宿
という変なルートで都庁へ
定款変更の認可申請書を提出するためです。
ちなみに、今回の申請書類は、表書き以外は
パソコンでwordで作りました。
受け取る係官と雑談し、
組合の現状など会話。
認定書、以前は郵送で来たのに、
今度から都庁に出向いて受け取る方式になったそうです。

さて、購入したFDD、正常に動かすためには
富士通のサイトからドライバをダウンロードする必要があります。
正常に機能するでしょうか。
それは、明日の問題。






AutoPage最新お知らせ