再び『トスカ』と『鬼の跫音』  

歌劇『トスカ』は、
1900年、ローマのコスタンツィ劇場が初演。
聖アンドレア・デラ・ヴァレ教会、
ファルネーゼ宮殿(現フランス大使館)、
サンタンジェロ城という
実際にローマにある場所を舞台にしたご当地オペラ。
そのうち、
事務局長が行ったことがあるのは、サンタンジェロ城だけです。↓

クリックすると元のサイズで表示します

テヴェレ川を渡る橋には、左右に天使の像があります。

クリックすると元のサイズで表示します

サンタ(聖)とアンジェロ(天使)がくっついて、サンタンジェロ。
つまり、聖天使城で、天使だらけ。

クリックすると元のサイズで表示します

590年にローマでペストが大流行した際、
教皇グレゴリウス1世が、
剣を鞘に収める大天使ミカエルを城の頂上に見て、
これをペスト流行の終焉を意味するとして、命名。

城のてっぺんには、そのミカエル像が。↓

クリックすると元のサイズで表示します

小説と映画の「天使と悪魔」は、最後にこの城にやってきます。

↓橋を上から見たところ。

クリックすると元のサイズで表示します

サンピエトロ寺院はすぐそこです。

クリックすると元のサイズで表示します

↓屋上のテラス。

クリックすると元のサイズで表示します

「トスカ」では、ここで処刑が行われ、(こんな不便の場所で?)
最後にトスカはここから身を投げます。
舞台では、普通、歌手が向こう側に飛び下りて、
スタッフがクッションで受け止めるわけですが、
一度トランポリンを使ったら、
落ちたトスカが何度も戻って来て、失笑を買ったとか。(ホントかね)

ここは、カヴアラドッシが銃殺されないと話が前に進まないのですが、
一度、銃殺隊の役者の出るのが何かの手違いで遅れたことがあり、
音楽の方は止まりませんから、
銃殺隊がようやく舞台に登場した時は、
音楽的にはカヴァラドッシが撃たれた後。
カヴァラドッシは大道具のかげに隠れ、
トスカは恋人の死体が横たわっていると仮定して、
「死んでいる」と大騒ぎし、
後を一人芝居でこなしたとか。
場内爆笑で、
ウイーンの国立歌劇場で実際にあった話だそうです。
ホントかね。

このオペラ、プッチーニの「ボエーム」の次の作品で、
初演時、
観客には大評判だったものの、
評論家には不評で、
当時ウィーン宮廷歌劇場の監督の地位にあったグスタフ・マーラーは、
次のように、くさしています。

第1幕の教皇が登場する場面では、教会の鐘が鳴りっぱなし。
第2幕では男が拷問にかけられて恐ろしい悲鳴を上げ、
別の男がナイフで刺し殺される。
第3幕ではローマ市の全景、
凄まじい鐘の連打、
ある中隊の兵士が銃殺される。
…今更これを最大級の駄作だ等という必要はあるまい。


評論家の評価なんて、そんなものです。

[書籍紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

道尾秀介の「カラスの親指」に続く、直木賞候補作。
ちょっと不思議な味の短編集

失踪した友人の死体が発見されたことから、
11年過去の真実と向き合う「鈴虫」

家族から疎外されている青年が
刑務所作業製品の椅子に隠された文字を見つけ、
その現場の町を訪ねる「ケモノ」

20年前住んでいた町を訪れた雑誌記者が
過去のレイプ犯罪をした自分に遭遇する「よいぎつね」

空き巣に入ったという青年が訪ねて来て、
返された貯金箱の中から
出て来た1枚のメモにより、
過去の盗作事件が明るみに出されそうになった作家が、
その青年の家を訪ねて、そして・・となる「箱詰めの文字」

日記を逆に辿りながら、
最後に分かる驚愕の事実の「冬の鬼」

イジメにあった少年が出会った女の持つ
人を飲み込むキャンバスを描く「悪意の顔」

どの作品にも巧妙に仕掛けがなされていて、
最後の数行で明かされた真実に、
読者が驚愕となる作り。

とても面白く、かつ恐ろしい。
「ミレニアム」後遺症の事務局長でも楽しめた短編集。
道尾秀介は2回続けて直木賞落選で、
確かにまだ無理だが、
いずれ直木賞を取るだろう。






AutoPage最新お知らせ