ご託宣と『トスカ』  

証券会社の部長がお見えになり、
今後の見通しについてのお話。
今のドル安 (円高) は、
日米の短期金利が逆転しているからで、
やがて必ずアメリカの利上げがある。
利上げは日本が世界で最後。
従って、1年以内に、95〜100円になるであろうというご託宣。

更に、豪ドルは、
リーマンショックで105円から55円まで下落した分の
半値戻しは80円で達成した。
後は3分の2戻しで、春には90円に到達するであろうとのご託宣。

ご託宣どおりにいけば、
組合は好決算ですが、
為替だけは専門家といえども当たらないのが悩み。
とりあえず、11月末と12月始めの利率確定日に向けて
祈る気持ちです。


明日の臨時総代会の準備は終り、
資料を宅急便で送り、
説明を求められた時の予習も終えて、
いよいよ明日を迎えます。


昨日、規則正しい生活を言いましたが、
それに従うと、今日は木曜日で映画の日。
そこで、東劇へ。
METライブビューイングの今シーズン、
正式には11月7日からですが、
東劇では、31日から先行上映が始まっています。

↓は、今年のプログラム。1300円。

クリックすると元のサイズで表示します

昨年の10作品に対し、今年は9作品なので、
5枚つづりの回数券冊子はなく、
3枚ずつのセット券。↓

クリックすると元のサイズで表示します

3500円のところ、1回3000円になります。

今シーズンの最初の作品は、『トスカ』↓。

クリックすると元のサイズで表示します

↑は、タイトルロールを演ずるカリタ・マッチェラ
去年、「サロメ」でヌードになって驚かせましたね。
この方、フィンランド人で、
本当は金髪碧眼。
髪を黒く染めて、茶色のコンタクトレンズで役にのぞみます。

「トスカ」は、プッチーニの最高傑作とも、
「オペラの中のオペラ」とも言われる作品で、
よく上演されます。
12月には新国立劇場でやるし、↓

クリックすると元のサイズで表示します

同じ時期にレニングラード国立歌劇場が
オーチャードホールでやる。↓

クリックすると元のサイズで表示します

その上、12月8日には、
両者の上演が重なり、
2時に初台で観た後、
6時30分に渋谷で観るというハシゴが可能。
(あのサスペンダーと大きな鞄のおじさんは観るのだろうか)

こういうのを「特異日」というらしく、
昨年は10月に「トゥーランドット」で2回そういうことがあったらしい。
おまけに11月28日に銀座ブロッサムで
「トスカ」の上映会が行われる。↓

クリックすると元のサイズで表示します

これは、プラシド・ドミンゴが主演で、
多分我が家にあるレーザーディスクと同じもの。
トスカ役のライナ・カバイヴァンスカが正真正銘の美人なので、観やすい。
サンタンジェロ城など、実際の現場で撮影しているのが魅力。

9月のミラノ・スカラ座の時は、
国際フォーラムで宝塚由来のミュージカル「アイーダ」をやっていたし、
今は劇団四季がディズニー版のミュージカル「アイーダ」をやっている。
(ニューヨークで観たが、あまり感心しなかった)
10月末に東京文化会館でプラハ国立歌劇場が「アイーダ」を
上演したばかりで、
来年2月にはドミンゴ指揮による国際フォーラム公演「アイーダ」もある。
更に、
11/20には、NHKBSでミラノ・スカラ座「アイーダ」の放送(抜粋)があり、
11/28〜12/4は、今度はMETライブビューイングの「アイーダ」。
頭がこんがらかりそう。

さて、今日の「トスカ」は、新演出が話題。
なにしろMETは25年もゼフィレッリの演出でやってきたのだから事件。
初日にはブーイングがあったらしい。
やはり、慣れ親しんだ演出を愛する人は
「とんでもない」のでしょうが、
やはり時代の流れはあります。

今夜の案内役はスーザン・グラハム
この人は頭が良く、質問も的確で、
ルネ・フレミング姐さんと双璧。
幕間にメインの歌手3人と演出家、合唱指導の方、衣装の方にインタビューする大サービス。

演出のリュック・ボンディにインタビューした際には、
ボンディがゼフィレッリの名前が出た時、
とぼけてか、本当に聞こえなかったのか、
「誰だって?」と言うと、
思わずスーザンはボンディの顎をつかんでしまった。
このシーン、全世界に流れたのだから、笑える。

ゼフィレッリ好きの事務局長ですが、
この新演出、すごくよかった
舞台もビデオも沢山観たが、それらを越える。
演劇的、写実的で、ドラマチック
特に2幕の葛藤は、
隅々まで演出が行き届き、
カリタ・マッティラの演技のうまさもあって、
盛り上がる。
第3幕最後のくだりも、ああいうのは初めてで、びっくり。
(ヒントはプログラムの表紙をご覧ください)

対するカヴァラドッシのマルセロ・アルバレスもいい。
「星は光りぬ」のメロディーが流れただけで
ウルウルしていたところへ、
あの熱唱。
打ちのめされた。
この人、見栄えもいい。
愛嬌があるのは、利点。
「この手が人を殺したのか。
このやさしい手は慈悲深いことをするためのものなのに。
赤子をなでたり、バラをつんだり、
祈りをする時に合わせるためのものなのに」
という時、
トスカの手袋を脱がせるのは、演出家の指示か? 効果的。

代役スカルピアのジョージ・ギャグニッザもはまり役で、
「バリトンは悪役が多い」などとインタビューで言っていたのが面白かった。

レヴァイン体調不良のため代役の指揮ジョセフ・コラネリも良く、
こんなに歌以外のところで
美しいメロディーがあふれていたかと
新発見が沢山あった。
それもオーケストラが雄弁にドラマを語っていたからだ。

合唱もよく、インタビューで、数年前に就任した合唱指揮者によって
合唱のレベルが上がったと言っていたが、
「アイーダ」や「トゥーランドット」が楽しみ。
第2幕のカヴァラドッシとスカルピアの論争の際、
窓外から聞こえるカンタータが
こんなに効果的に聞こえたのは、
合唱がいいからだろう。

最後は総立ちの拍手喝采だったが、
もし現場にいたら、
事務局長も立ち上がり、
相当な興奮状態に陥っただろう。

しかし、12月の新国立、心配だな。
(年間会員なので、自動的にチケットが来る)
この3年間、
映像とはいえ、
METライブビューイングで超一流ばかり観ていられたら、
1.5流はかないません。
「鳥無き里の蝙蝠」とはよく言ったもんです。

それに、METライブビューイングは、
数年前の収録を観るのとはわけが違う。
つい先日(10月10日)上演したてのホヤホヤ
(以前は前夜で、どんどん間隔が延びている)
最先端のオペラを
大きなスクリーンで、
大音響で観る喜び。
良い時代に生まれ合わせたたと、つくづく感じます。




生活に規則性を  

先週は米ドル豪ドルも上がったり下がったりで、
豪ドルに至っては、
1日3円も下げたかと思ったら、
翌日は2円も上げるという荒っぽい動き。

11月から12月にかけて
豪ドルで1億円2本、米ドルで3億円1本、
利払い日が視野に入ってきており、
相場だから上がったり下がったりは当然ですが、
できれば、
利率確定日に高いことを望んでいます。

オーストラリアは
先週末、0.25%の利上げがあったので、
徐々に上がっており、
組合にプラスの方向に進むことを祈っていますが、
為替ばかりは自分の力ではどうすることもできないのがしゃくです。

常務会、臨時総代会の準備は順調に進んでいますが、
欠席通知の多さに
果たして成立するのかどうかが心配になってきました。
どんなに委任状があっても、
代理人は一人までの委任しか受けられないので、
当日の出席人数がある程度を越えないと、
委任状が有効でないものが出てしまうからです。

事務所は平穏無事。
最近は少し安定してきて、
あまり長時間の残業しなくてもすむようになってきたので、
少し生活を規則的にしようかと思っています。
たとえば、その日の思惑で決めていた映画を
一日置きにするとか。
評論家ではないのですから、
毎日映画を観る必要はないので、
たとえば、火・木・土を映画の日とする。
水・土はフィットネスクラブに行く。
月・金は自由にし、
日曜日は何もしない。

まあ、こういうことは高校生の時から
しょっちゅう計画して
実行できたためしはないのですが、
とりあえず今日は水曜日なので、
フィットネスに行ってきました。

平日のエアロビクスはしばらくぶり。
勤務終了後、夕方から行く気力が出てきたのはいいことです。
先週火曜日も行ったように、
ちょっと真剣になってきたのは、
体重が減らないから。
どうも身体が持ち主を馬鹿にしているようですので、
少し引き締める必要がありまして。
こうして頑張ると、
身体の方も、
「ご主人様は本気になったらしい。
じゃあ、協力するか」
ということになります。

やはり、身体を動かして、汗をかくと気持ちがいい。
少し規則どおりの生活をするよう、努力してみます。


『魔笛』  

今日は、文化の日
そこで、オペラを観に。

新国立劇場に昼間行くのは、久しぶりです。

クリックすると元のサイズで表示します

観たのは、↓「魔笛」

クリックすると元のサイズで表示します

事務局長の大好きなオペラ。
何回観たか分からないほどいろいろなプロダクションを観ており、
自分で演出したこともあり、
更に「夜の女王」という長編小説まで書いてしまったくらいで、
思い入れが大きいので、ちょっとうるさい。

新国立の人気レパートリーで、
この日もキャンセル戻り券待ちの列が出来て満席。
それは嬉しいのですが、
あまり満足の行く出来ばえとは言えませんでした。

モーツァルトなのに、
弾まない、
わくわくしない、
楽しくない。


オーケストラの演奏も歌手の歌唱も、
こじんまりとして、
何も訴えて来ない。
いかにも1.5流の人たちを集めて、
そこそこ作り上げましたという感じで、
舞台から何の気迫も流れ出て来ない。

ミラノ・スカラ座を観、
マイケル・ジャクソンの、
あのすごいドキュメンタリーを観てしまい、
超一流を知ってしまった後の後遺症か。

先日、「ミレニアム」後遺症について書きましたが、
あの後読んだ2冊の日本のミステリーが
幼稚すぎて、とても読んでいられない。
大人の小説に触れた後は、
児戯にも等しい日本の作品は読めなくなってしまった。
それと同じか。

あまりにゆる〜い舞台に、
休憩時呆然としていたが、
何とか後半は、
名曲が続くので、
音楽は楽しんだ。
パミーナの「愛の喜びは露と消え」(カミラ・ティリング歌唱)は
なかなかよかったし。
ザラストロの松位浩、
夜の女王の安井陽子は、及第点ではあるが、
圧倒とまではいかない。

合唱はいいが、
群衆の処理は全くだめ。
マネキン人形が並んでいるよう。
ところどころ舞台転換のために音楽が止まったり、
最後は幕が閉じても
ザラストロが残って何かものを読んでいるなど、
意味のない演出。

また高いお金を払って不満だらけではいけない。
年間会員になった関係で、
新国立のオペラには、あと8本付き合う予定。
何だかな〜。

ところで、一人、気になる観客がいる。
おそらく70歳代と思われる人なのだが、
サスペンダーをして、大きな鞄を持っているので、目につく。
この方、
「アイーダ」のゲネプロにも初日にもいた。
「ドン・カルロ」の時もいて、
いつも最前列の少し右寄りの席に座っている。
ミラノ・スカラ座の演奏会の時もいて、
やはり最前列だった。
大きな鞄の中には何が入っているのだろうと思っていて、
一度休憩時間のロビーで見かけたら、
中には魔法瓶が一つ入っているだけだった。
よほどのヴェルディ好きかと思っていたら、
今日もいて、やはり最前列に座っている。
もしかして、すべてのオペラ公演に来ているお金持ちだろうか。
機会があれば、訊いてみたいところだ。

いつものとおり、
入り口で、オペラやコンサートのチラシ集を配っていたが、
数えてみたら、
驚くなかれ、74枚もあった。
これだけのクラシック関係の行事があって、
高いチケットを買う人たちがいる。
東京が世界一の文化の町というのは、本当だ。







常務会準備とリエカの町他  

何ですか、今日の寒さは。
予報では最低13度というのが、
夜になると10度以下、
その上、予報にない雨まで降る。
「今年はずっと暖かくしていたけどね〜
いよいよ冬に向かうよ〜」
と天気が予告しているようです。
みなさん、お身体を大切に。

今日は常務会の資料が順調に進みました。
議題が少ないですからね。
あとは休み明けに各部長に送ってチェック。
少々こんをつめて、肩がこりました。

一日働いて、また休日というのは楽でいいですね。
毎週水曜日を休みにしたら、どんなに楽でしょうか。
あまり休みが多いと、
困る方々もいるでしょうが。

今日は久しぶりに旅行の話。

今回は成田からまずフランクフルトに。そこからグラーツへ。
ルフトハンザはフランクフルト又はミュンヘンが日本からの玄関口です。
機内の後方は全員日本人のツァー客。↓
外国の航空会社は日本人でもっているのがよく分かります。

クリックすると元のサイズで表示します

フランクフルトで入国審査をすると、
スロベニアの国境で検問はありません。
これがEUになってのいいところです。

ところが、次のクロアチアはEUに加盟していないので、
国境でバスの中に係官が乗りこんで来て、
パスポートにハンコを押して行きます。(撮影禁止)

クリックすると元のサイズで表示します

↑↓押されたスタンプ。
左下の矢印で入国か出国か、右上の絵で飛行機か車かが分かる仕組み。

クリックすると元のサイズで表示します

日本人の観光バスは審査が緩いですが、
他の国の車は荷物を一つ一つ調べられたりします。

実際、帰りは前にマケドニアの車がいて
厳重に検査されていたため、
バスの中で小一時間待たされました。

↓は、クロアチアの一日目に泊まったリエカの町。

クリックすると元のサイズで表示します

「川」という意味を持つクロアチア最大の貿易港。
25年以上前から川崎市と姉妹都市であることを
きっと川崎市民は知らないでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

やはりヨーロッパの町並みは素敵です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

↓こんな塔を見ると、旧社会主義国家、という感じもします。

クリックすると元のサイズで表示します

こういう雰囲気もなかなかいい。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

バスは南下を続けます。
左側には崖が迫り、

クリックすると元のサイズで表示します

右側にはアドリア海がずっと見えています。

クリックすると元のサイズで表示します

実に美しい。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

水も透明できれい。

クリックすると元のサイズで表示します

途中立ち寄ったシベニクの町。

クリックすると元のサイズで表示します

歴史ある町で、古い時代の要塞跡が残っています。

クリックすると元のサイズで表示します

東はオスマントルコ、西はベネチァの脅威にいつもさらされていました。

ここでは町の中を散策。

クリックすると元のサイズで表示します

中世の町並みが残っており、

クリックすると元のサイズで表示します

歩くだけで楽しい。

クリックすると元のサイズで表示します

石畳がいいですね。

クリックすると元のサイズで表示します

↓これは何?

クリックすると元のサイズで表示します

犬や猫が水を飲むために作られたもので、
昔からあるそうです。

この町には教会が沢山あり、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

一番有名なのが、ここ、聖ヤコブ大聖堂

クリックすると元のサイズで表示します

15〜16世紀の北イタリアとの文化交流により、
ゴシック様式とルネッサンス様式が融合した建物。

クリックすると元のサイズで表示します

クロアチアにある7つの世界遺産の一つ。

クリックすると元のサイズで表示します

世界遺産にしてはこじんまりしていますが、
この建物が世界遺産に指定された理由は、
釘を一本も使わず、
石の組み合わせだけでいるからだそうです。

ついでですが、
「世界一地味な世界遺産」というのが
マカオにあるのをご存知ですか?
↓これが、それ。

クリックすると元のサイズで表示します

昔の城壁なのですが、
マカオは沢山の世界遺産をまとめて指定しているので、
こんな地味なものも世界遺産なのです。

クリックすると元のサイズで表示します

↓翌日の朝焼け。

クリックすると元のサイズで表示します

昨夜は空に星が一杯でした。
何年ぶりかにオリオン座を見ました。

続きは、また今度。


マイケル・ジャクソン  映画関係

ヤフー映画のユーザーレビュー(読者の映画評)で
マイケル・ジャクソンの「THIS IS IT」に対して
☆5つの採点が連続、
平均4.78という高い評価になっている。
たまに☆1つや3つというのがあっても、
圧倒的な☆5つのオンパレードに、かき消される勢い。
内容も絶賛に近く、
マイケルの才能を誉め称え、
実現しなかったステージを惜しむ声に満ちている。
さながらマイケル追悼文集の趣。

日本にこんなにいたのかマイケルファン。
一体、どこに隠れていたんだ。

と思ってよく読むと、
ファンだけではなく、
初めてマイケルの音楽に触れた人を含め、
マイケルと距離のあった人たちまでが
この映画で直に見るマイケルの姿に感動しているのが分かる。

あれだけのスーパースターでありながら、
スタッフに対して、謙虚に優しく愛をこめて語りかける姿。
音楽に対して真摯に取り組み、
仲間と共に、より高みに向かって
良いものを作り上げようとする姿。
常に前向きで、
ダンサーや歌手、ミュージシャンに対して
良い感化と影響を与えている姿。

この姿を見た時、
あの数々のスキャンダラスな報道が
やはり嘘であった

自分の目で確認できるだろう。

やっと分かっていただけたか。

この日を待っていた。
と同時に、
マイケルが亡くならなければ
これらの映像は大スクリーンで
沢山の観客の目に触れることはなく、
マイケルの生の姿は分かってもらえなかったのだと
残念な思いにかられる。

やはり人は
棺桶の釘が打たれる最後の瞬間にならなければ
真の評価は分からないのだ。

今、興味あるのは、
あのネバーランドの出来事で、
欲の皮のつっぱった両親によって
性的虐待の被害者にされてしまった子供のその後。
「マイケルは抱きしめてくれただけなのに」
と思いながら、
事実と違う裁判が進行する様を見ていた子供の心。
今、彼はどう思っているだろうか。

今日、我が家は一家総出(といっても3人だが)で
マイケル教の集会に参加。
今日も舞浜の映画館の一番大きいスクリーン、
6時15分の回は満席。
娘は最初涙を流しながら、
やがてマイケルの音楽の世界に飲み込まれていったようだ。
終わった後、
カミさんは「すっごく良かった」と興奮気味。
事務局長も2度目であるにもかかわらず、
全く退屈しなかった。
その前に見た「パリオペラ座のすべて」が
眠くなったというのに。

一つだけ不満を言えば、
会話に字幕はつくのに、
歌詞には字幕がつかないこと。
せめてエンドロールの「ヒール・ザ・ワールド」(世界を癒そう)には
字幕を付けた方が
マイケルが伝えたかったことは明確になっただろうに。

これは音楽ビデオ全体に言える不満で、
なぜ歌詞の字幕が出ないのか不思議。
翻訳の権利関係でそうだという人がいるが、
クリア出来ない問題ではないだろう。
歌というのは歌詞と曲で成り立つのだから、
今何を歌っているかを
伝えなければ、
完全ではないだろうに。

ところで、
アカデミー賞の規程では、
ドキュメンタリー部門の参加資格は、
8月31日までにニューヨークかロスで
1週間以上上映した実績がないと駄目だそうだ。
なぜ8月末?
録音賞や編集賞もダメなのか?
不思議だ。

前に音響の良さをほめたが、
全ての劇場がデジタルで上映しているわけではないらしい。
となると、
舞浜の劇場はデジタルでしかもDLP上映だから好条件だったようだ。
六本木のTHX認定劇場での上映、川崎のIMAX上映が気になる。

なお、あまりのヒットに、
ソニーと松竹は上映期間の2週間延長を決めたそうだ。
それはいけない。
2週間の限定上映ということで
更なる伝説が生まれようとしているのに、
金儲けのために延ばすとは。

いずれにせよ、
今度の映画が
コアなファンだけではなく、
ファン以外の人にまで評価されているのは嬉しいことだ。

ところで、
METライブビューイングは、
今シーズンの上映が昨日からスタート。

クリックすると元のサイズで表示します

スケジュールは下記のとおり。

クリックすると元のサイズで表示します

何だか忙しい秋になりそうだ。


タグ: 映画




AutoPage最新お知らせ