暴力団追放とMETライブビューイング今期のスケジュール  

今日は食肉市場で珍しい会合があり、
三役のみなさんに出席していただきました。

クリックすると元のサイズで表示します

遠くに見える看板には、↓のように書いてあります。

クリックすると元のサイズで表示します

↓式次第。

クリックすると元のサイズで表示します

最初に30分ほどの短編映画を見せられます。

クリックすると元のサイズで表示します

あるオークション会社が
トラブルの解決を暴力団に依頼した結果、
どんどん浸食されて、
社会的信用を失墜するというストーリー。

暴力団と交渉する時のノウハウも伝授します。

その後は、
財団法人 暴力団追放運動推進都民センターの方による講演。

クリックすると元のサイズで表示します

↓のような資料も沢山いただきました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

↓その中身。

クリックすると元のサイズで表示します

こういう大会があるということなど、
全く知りませんでした。
世の中を少しでも良くするために、
頑張っている方が沢山いるんですね。

↓暴力団勢力は、昨年末で8万2千6百人。

クリックすると元のサイズで表示します

前年比2割減。
ただ、寡占化が進んでおり、
山口組、住吉会、稲川会の3団体で72パーセントを占めるそうです。

「暴力団」にも定義があり、
「暴力団対策法」の定義は、
「団体の構成員が集団的に又は常習的に暴力的不法行為を行うことを助長する怖れがある団体」

「ヤクザ」の語源は、
花札で8(や)、9(く)、3(さ)の負けの目(ブタ)
から来ているなんて、初めて知りました。
あるいは、
バクチの見張り役に座る=役座→ヤクザ
歌舞伎役者の「役者」から「ヤクサ」あるいは「ヤクザ」、
とも。
歌舞伎関係の方には、えらい迷惑な話です。

世の中、知らないことが沢山あって、勉強になりました。

↓最後は業界代表による
暴力団排除宣言宣誓。

クリックすると元のサイズで表示します

別に今、食肉市場に暴力団が入り込んでいるという
緊急的な問題ではありませんが、
この業界で暴力団による被害が起きないように、
今から準備しておこうということのようです。

ところで、
METライブビューイング
今期の上映スケジュールが発表されました。

プッチーニ「トスカ」(新演出)
11/7(土)〜11/13(金)
東劇のみ10/31(土)〜11/6(金)

ヴェルディ「アイーダ」 
11/28(土)〜12/4(金)

プッチーニ「トゥーランドット」 
1/16(土)〜1/22(金)
<12/31、歌舞伎座で大晦日プレミア先行上映>

オッフェンバック「ホフマン物語」(新演出)
1/23(土)〜1/29(金)

R・シュトラウス「ばらの騎士」 
1/30(土)〜2/5(金)

ビゼー「カルメン」(新演出)
2/6(土)〜2/12(金)

ヴェルディ「シモン・ボッカネグラ」
2/27(土)〜3/5(金)

トマ「ハムレット」(新演出)
4/10(土)〜4/16(金)

ロッシーニ「アルミーダ」
5/22(土)〜5/28(金)

都心では、

新宿ピカデリーで連日朝10時
東劇で連日夜7時
(「ばらの騎士」「アルミーダ」のみ6時40分)

料金は3,500円均一
回数券は3枚セットで9,000円

大晦日の恒例行事、歌舞伎座での上演は、
『トゥーランドット』に決定。
ゼッフィレッリの演出で華やかな舞台ですから、
大晦日の特別上映にふさわしい。
ただ、11月7日に上演収録したものを
無理やり1月まで引っ張って
大晦日の先行上映で付加価値を付けた、
という感じです。

ごく初期の頃は、
その前の深夜 (日本時間) に上演したものを
すぐに観られるという喜びがあったのですが、
最近はどんどん上演日と上映日の間が開きつつあります。
もっとも、
普通の人は上演日との間隔など気にしないのかもしれませんが。

ところで、
「アイーダ」の上演史を調べていたら、
日本での本格的な公演は、
1919年9月1日からの
帝国劇場での「ロシア大歌劇団」のロシア語訳詞公演が日本初演。
日本人による上演は
1941年5月26日からの
歌舞伎座での藤原歌劇団の全3回公演(日本語訳詞)が最初、
とあります。

歌舞伎座でもオペラを上演していたんですね。
歌舞伎座でMETライブビューイングをやる
歴史的な意味はあるのだ、と感心しました。

事務局長は、今年の大晦日は日本にいないので、
4年目にして大晦日の行事には不参加となります。
残念。





AutoPage最新お知らせ