NHKホール最前列  

昨日に続き、部屋の刷新。
機材を捨て、オーディオラックを捨て、
最低限のステレオセットとスピーカーを配置。
この過程でスピーカーを2セット廃棄。
とりあえず使う予定のないBOSEのスピーカーは、
さすがに捨てることが出来ずに、
トランクルームへ。

その後に信じられないほど多量の配線コードが残りました。
いわばオーディオセットの「神経」ですが、
これは「いつか使うかもしれないから」といういつもの悪い癖で、
保管箱行き。
多分数年後に捨てることになるでしょう。

おかげで、部屋はすっきりしました。

ところで、秋にミラノ・スカラ座の来日公演があるのですが、
そのチケットが届きました。
「ドン・カルロ」は、東京文化会館7列目の中央。
「アイーダ」は、NHKホール1列目のど真ん中。

クリックすると元のサイズで表示します

↓3677席ある広いNHKホールの、

クリックすると元のサイズで表示します

たった1席(正確には2席)しかない、最前列ど真ん中の席。↓ここです。

クリックすると元のサイズで表示します

どうやってこんな良い席が取れたかというと、
前にブログに書きましたが、
3年間続くオペラ・フェスティバルで、
お金を出して特別会員になれば、
(公益法人への寄付扱い)
事前に希望を聞き、
可能な限りその席を取ってくれるという誘惑に乗ったからです。

1月頃に
「会員席希望範囲アンケート」というのが送られて来て、
実際はかなり大雑把な希望の取り方だったのですが、
事務局長はピンポイントで席を指定。
約束どおり、希望した席のチケットが送られて来ました。

事務局長は通常は前から6〜7列目のセンターが好みで、
「ドン・カルロ」の方はそのとおりに取りましたが、
「アイーダ」を最前列にしたのは、
このゼッフィレッリ演出は以前、6〜7列目で観たことがあり、
一度NHKホールの最前列、
というのを経験したかったからです。

目の前に他の観客の頭がなしに没頭できる
豪華絢爛な舞台。
9月になるのが待ち遠しい。






AutoPage最新お知らせ