半島情勢と闇の子供たち  

「国産牛肉まつり」の参加店名簿
(正確には、参加不可能店名簿)が
着々と各支部から戻って来ていますが、
印象では、
前回並、減っても少数程度になりそうです。

一方、「特販事業」の景品を決めるために食品メーカー数社に連絡。
今はネットという便利なものがあるので、
どんな商品があるかすぐ分かりますが、
昔は商品を探してスーパーの調味料売り場をうろうろしたものです。
一時期は年間20回の景品を実施したことがあり、
景品代だけで1億円を越えたこともありました。
全て補助金。
今は昔、の話。

説明すると、
各社の対応まちまちで、
某大手たれメーカーが一番ひどい。
たらい回しの上に、こちらの説明に対する呑み込みが遅く、
1万個をまとめて買うというのに、別に嬉しそうでもない。
むしろ中小メーカーの方が即座に理解して、
サンプルを送ります、
事務所に行きます、というのと対照的。
詐欺だとでも思ったのかね。

話はがらりと変わって、
北朝鮮はまたも核実験を実施。
おまけにミサイルまで発射した。

本当にこの国のことは理解不能、
というのは、まともな人間と思うからで、
基本的にヤクザ、あるいは狂人だという認識を持つ必要がある。
ヤクザはごねること、難癖を付けることが仕事で、
こんな相手に譲歩したら、
とことん骨までしゃぶられる。
どんなに国連が批判しても平気だ。
評判など気にしていないから。
狂人を相手にしたら、こちらまで狂ってしまうので、
排除するのが一番。

ヤクザも狂人も「対話」など通用しないので、
一番いいのは、
核施設をピンポイントで破壊することだが、
今の世界の指導者はなかなか決断できないでいる。
本当は隣国の中国が動くのが一番だが、
その後の混乱を恐れて勇気が出ない。

もうそろそろ臨界点だと思うが。

ところで、韓国のノ・ムヒョン前大統領が自殺。
それも飛び下り自殺という衝撃。

毎回前大統領の罪が暴かれる国は、
随分不幸なことと思うが、
一人権力者が出ると、
親戚縁者が群がって来るという体質が変わらない限り、
同じことが繰り返されるだろう。
「私が大統領になったら、
家族を含め、親戚は2メートル以内に近づけない」
と宣言するような骨のある人はいないのか。

しかし、死んだら何にもならないではないか。
それまでの蓄財も名声も家族の出世も
全部失う。
いざ自分の罪が追及されたら、
さっさと命を絶って逃げ出すような人物が
国家のトップにいた
、というのも、
よく考えると、おそろしい。

それにしても、国のために命を捧げたわけでもない、
勝手に自分で死んだ人間に対して、
どうして税金を使って「国民葬」にしなければならないのか。
こちらも理解不能。

[書籍紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

昨年映画化され、衝撃を与えた作品の原作。

映画を観て辛かったのに、
もっと辛い原作を読む気になったのは、
あの難しい題材を
原作ではどう描いているのだろう、
と思ったからだが、
原作はもっと過酷だった。

その映画評は、↓をクリック。

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20090130/archive

映画評で書いたことは重複するから避けるが、
小説としては、
やはり前半の子供たちが受ける性的虐待の描写が強く迫って来る。
後半の社会福祉センターで働くボランティアたちの描写が弱くなるのは、
こうした子供たちの過酷な運命の前に、
青白いインテリの正義感など、
重さが全く違うからだろう。

それでも、一方でポランティアに従事する人たちがいることは
救いになっており、
そうした少しずつの努力が世界を少しでも前に進めることになるとは思う。
日本が幸運なのは、
東南アジアに比べ、
警察や軍がここまで腐敗していないということだろう。

映画の時もそうだったが、
この小説を読むと、
人間の中に天使と悪魔の両方が棲んでいることを、
つくづく知らされる。
「幼児性愛者」のことを「ペドファイル」と呼ぶのだと初めて知ったが、
ペドファイルたちは豊かな文明国からやって来て、
貧しい国の子供たちを金で買い、
更にその子供たちを食い物にする大人たちが存在する。
良心の呵責も罪の意識もなく
金と欲望のために
無垢な魂を犠牲にしていく連中には
死後でもいいから
過酷な刑罰が課せられるべきだと思う。

世界の現実を知るために読むべき貴重な一冊。






AutoPage最新お知らせ