ブルーマン  

今日も食肉市場管理課から電話がかかって来て、
インフルエンザ対策会議を3時半から持ちますので、出て下さい」
とのこと。
二日連続です。

事態は昨日より進んでいて、
東京都の職員は、今日から通勤時マスクを着用だそうです。
売り切れだというのに。

今日検討したのは、
集荷 → と畜 → セリ → 出荷
の流れの各部署において、
どの程度欠勤率が出たら、
業務がどれくらい止まるか、
ということ。

たとえば、東京が汚染地域になって、
交通遮断となれば、
全国から牛も豚も入って来ません。

と畜の職員の半分が欠勤すれば、
予定と畜数の半分も満たされないでしょう。
セリで買いつけた卸各社の業務が欠勤で止まれば、
枝肉が市場に滞留しますので、
その前の全ての工程が止まることになります。

新型インフルエンザが「季節インフルエンザ」並であれば、
今までもインフルエンザで業務が止まったことはないので、
ここまで心配することはないのではないか、
とも思いますが、
東京都としては、
秋以降に、更に悪性のインフルエンザが発生した時を想定して、
シュミレーションしておきたいようです。

一方、大阪では、様々なイベントが中止となり、
コンサートや芝居の特別公演も中止。
これらは「何かあった時、責任取りたくない、
実施しなければ、責任は起こらない」
という「責任取りたくない症候群
の症例です。

その一方で、
休校となった中高生たちが
繁華街にあふれているなど、
ちぐはぐな事態が起こっています。

厚生省も「強毒性」を想定した措置を早く解除すればいいのですが、
解除した後で問題が生ずることを恐れており、
ここでも「責任取りたくない症候群」の発症です。

さて、今日は夕方から『ブルーマン』の公演を観に行きました。

クリックすると元のサイズで表示します

これは、1987年、
ニューヨークの路上で始まったストリート・パフォーマンスが、
オフ・ブロードウェイ
(ニューヨーク・ブロードウェイの500人未満の小劇場)の
Astor Place劇場 (298席) で上演されて
15年以上のロングランを続け、
そのあまりの面白さに、
ボストン、シカゴ、ラスベガス、オーランド、
ベルリン、オーバーハウゼン、ロンドン、アムステルダム、
などに広がり、
2007年12月から東京でも上演されるようになったものです。

顔を青く塗りたくった三人の男が
一言も喋らずに、ブラックな面白おかしいことをする100分間。
既に500回以上もロングランしているのですから、
真面目な日本人も受け入れの幅が広くなったものです。

クリックすると元のサイズで表示します

会場は、六本木の一角。

クリックすると元のサイズで表示します

ブルーマン専用の

クリックすると元のサイズで表示します

インボイス劇場。

クリックすると元のサイズで表示します

ここからは、六本木ヒルズがよく見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

↓喫煙所は劇場の外にあります。

クリックすると元のサイズで表示します

↓修学旅行のコースにも入っているようです。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ロビー。

クリックすると元のサイズで表示します

事務局長は「ブルーマン」はラスベガスで4回観ましたが、
東京ヴァージョンがどうなっているか、興味津々。
基本はベガスのものと同じですが、
4分の1位、東京だけのものがありました。
初めて観た時、度肝を抜かれた〇カメラも健在。
テイストは全く変えずに東京に持ち込まれています。

前方の座席は埋まっていましたが、
後方は半分ほど空席。
なかなか大変そうですね。
でも、
修学旅行の生徒たちは楽しそうに笑っていました。
取材 (?) すると、仙台や岐阜から来た中学生で、
東京で、こうした最先端なパフォーマンスを観ることの出来た
この子たちは幸せです。
「この旅行企画を立てた先生、偉い」
とほめてやりたくなりました。

↓この人たちは、ミュージシャン。

クリックすると元のサイズで表示します

歯切れのいい演奏を聞かせてくれました。

その後は、一緒に観た人たちと↓近所の中華料理店へ。

クリックすると元のサイズで表示します

このブログの読者は、「カタコンベ」という秘密集会があることを御存知でしょうが、
これは、それとは別の「異業種交流会」です。
秘密集会なので、詳しくは書けず、
料理をひとつだけ紹介。
↓辛そうでしょう? 実際はそうでもないのですが、みんな赤トウガラシは残していました。

クリックすると元のサイズで表示します

ひとつの業界に閉塞することなく、
異業種との交流は必要です。
しかし、事務局長のアフターファイブは、
毎日異業種にどっぷり浸かっている、
という声もありますが。





AutoPage最新お知らせ