6日間のインフルエンザ騒動  

昨晩はほぼ半徹夜で新聞の1面トップの原稿を執筆。

4月25日のメキシコ発の世界的事件報道開始から
4月28日の厚生労働省の「新型インフルエンザ」への呼称変更、
4月30日のWHOの「インフルエンザA」の呼称変更までの
6日間の「豚インフルエンザ」騒動での
食肉業界への影響
をアンケートでたどる内容。

今回の騒動がなぜ風評被害に至らなかったか、
8年前のBSEの時とは、どう違うのか。
そうした業界の景色が如実に見えます。

どこのだれも書いていない記事ですから、
相当注目面白い。
情報のない地方の組合の人は喜ぶでしょう。

本来こういうことは
農水省か全国団体か業界紙がすべきことだとは思いますが、
企画力が足りないのか、行動力がないのか。
最終的にはアンテナの感度とセンスの問題だと思いますが。

ところで、昨日書いた「エラソーな人」のことで、
あの方のことでしょう?」という問い合わせが。
「どこの誰とは分からない配慮をしてあるのですが、分かりますか?」
「分かりますよ。あんな人、あの方だけですから」
「あの方、前からあんなでした?」
「まあ、そうですが、最近、とみに症状が進んだようです。
何か勘違いしてるんじゃないんですか、
と言いたくなることがよくありますもの」
ふ〜む。感じていたのは事務局長だけではないのか。

月末に控えた公取協の総会資料を一気に作成。
明日はその打ち合わせ会がありますので。
年間何があったかを見通すために
FAX通信「お肉の表示についての最新情報」を見てみました。
これ、便利ですね。
組合の方のFAX通信もそうですが、
いつ、何があったかが明白に分かる。
自分が新聞切り抜きしなくてもいいわけですから。
時々「新聞くらい読んでいるから、送らなくていい」
と断って来る方の気が知れません。

こうしてみると、公取協の方もそこそこ活動しており、
特に昨年は、偽装表示で会員が「報道ステーション」で
「みんなやっている」との発言をしたり、
その結果7箇所で食肉公正競争規約の講習会をすることになったり、
なかなか波乱の一年だったと分かります。

新聞の方が一山越えたので、
意外と早く帰宅できましたが、
やはり昨夜がこたえて、寝てしまい、
夜中に起きて、これを書いています。

[インド便り・その3・インドの猫犬]

↓死んでいるのではありません。

クリックすると元のサイズで表示します

インドとネパールでは、犬は昼間は寝ています。

クリックすると元のサイズで表示します

ここでも

クリックすると元のサイズで表示します

あそこでも

クリックすると元のサイズで表示します

踏まれそうなところでも平気。

クリックすると元のサイズで表示します

もしかしてこやつらは
犬の皮をかぶってはいるが、
実は、猫なのではないか
とあやぶんだ次第。

クリックすると元のサイズで表示します

夜になっても寝ています。

クリックすると元のサイズで表示します

見てたら、眠くなったので、
今日は短く終了。







AutoPage最新お知らせ