ノイズキャンセリング  

先日購入したノイズキャンセリング・ヘッドホンを初めて室外で使用。
その準備がなかなか大変で、
前のiPodは電池がへたって使えないので、
新たに購入。
最新のタッチとかナノとかいうのは不要な機能があるので、
基本デザインの「iPodクラシック」を購入。
買ってびっくりは120ギガもあったこと。(前は20ギガ)
ビデオも見れて、進化しています。

パソコンにあるデータをiPodに移すのに8時間
なにしろ3596曲
そのまま聴いても9日間かかる分量で、
夜中ずっとやっていて、朝になって終わりました。

電車に乗って、ヘッドホンを装着して、驚愕。
すっと車内ノイズが遠のき、ほぼ無音になります。
無音というのはオーバーで実際は小さく聞こえますが、
よくドラマで、
ショックを受けた登場人物を表現するために、
音が一切なくなり、
電車の中でも窓の外の景色が動いているのに、
何も聞こえない、
というのがありますが、
まさにあんな感じ。

更に音楽が流れると、
マスキング効果で小さい音は聞こえなくなりますので、
静かな環境の中で音楽を楽しめます。
従って、ボリュームも上げる必要なし。
ダイナミックレンジの広い (音の大小の幅の大きい)
クラシック音楽は益々効果大。

電車がホームに入って来たのも気づかず、
町中では自動車の音も聞こえなくなりますので、
これをつけて自転車に乗るのは危険
人の声は機械がノイズと認定しないので、
聞こえます。

ウォークマンの登場で
音楽がパーソナルなまま野外に持ち出せるという
歴史的変化がありましたが、
その後、ディスクマン、MDウォークマンと変遷、
iPodの登場で便利になり、
更にノイズ・キャンセリング・ヘッドホンで
音楽の楽しみ方が進化しました。

娘が「一度使ったら、他のヘッドホンは使えない」
前から言っていましたが、
確かにそのとおりです。







AutoPage最新お知らせ