政治パーティー  

↓芝浦の桜はちっともきれいになりません。

クリックすると元のサイズで表示します

↓去年とは全く違います。

クリックすると元のサイズで表示します

やはり何本か抜かれ、枝も落とされたようです。
寂しいので、もう定点観測はいたしません

決算問題で休日の間、税理士さんとやりとりし、
今日は来てもらって、決算確定。

午後からは理事長、両専務と共に決算の打ち合わせ
意外や生衛組合の方はここ10年で1番の黒字、
事業の方はこのご時世に3千万円の赤字で済み、
内容を見れば、
組合員のための助成事業で7千万円使ったその結果ですから、
決して恥ずかしい内容ではありません。

それにしても、
これだけの内部留保(24億円)があるからこそ、
この経済危機の中でもあわてずに
悠々たる組合運営ができるので、
これについては、
資産を残してくれた先人たちに感謝するものです。

為替は順調で、一時、
米ドルは101円43銭
豪ドルは72円83銭までありました。

夕方からは、
自民党東京都連主催の
「東京政経フォーラム」にでかけました。
場所は↓グランドプリンスホテル赤坂。

クリックすると元のサイズで表示します

いわゆる「赤プリ」です。

クリックすると元のサイズで表示します

↑会場は立錐の余地なく、
映像で観る会場が別に2つ用意されています。
主催者発表は6千人。
会費は2万円ですから、
売り上げ1億2千万円。
要するに、金集めパーティーです。

司会は組合顧問の中川雅治参議院議員と
アナウンサーの経歴を生かした丸川珠代さん。
人に埋もれて、
どこにいるのか分かりません。

麻生総理

クリックすると元のサイズで表示します

この人の声は本当に汚くていやだなあ。

後ろの文字は、
開会前にその場で書家が書いたもので、
墨跡あざやか。

その後は、
東京選出の参議院議員、衆議院議員、
自民党推薦の市区町村長、
など、ジャンル別に次々と登壇。

↓都議選立候補者58名は一言ずつ決意表明。18分かかりました。

クリックすると元のサイズで表示します

みなそれぞれ魅力もあり、若く、やる気のある、元気な人たちですが、
石原慎太郎都知事のような「超一流」が出ると、一気にかすみます。

クリックすると元のサイズで表示します

やはり石原さんの話は異彩を放ち、
なみなみならぬ教養と視点の高さを感じさせます。

クリックすると元のサイズで表示します

他の誰よりもカッコいい。
後ろの文字を見て、
「総理、読めたんだろうな」ときつい一発。
石原さんにしてみれば、
「あいつが総理かよ」でしょう。

↓わが組合の安井潤一郎衆議院議員は、「東京比例区の衆議院議員」で紹介。

クリックすると元のサイズで表示します

「比例区候補」とは言わないところが微妙。

クリックすると元のサイズで表示します

↓小選挙区の候補者は、少しずつ紹介。

クリックすると元のサイズで表示します

↑小池百合子さんや
↓佐藤ゆかりさんも。

クリックすると元のサイズで表示します

↓選挙のカギを握る古賀サンも来場。

クリックすると元のサイズで表示します

↓最後は全員が舞台に。

クリックすると元のサイズで表示します

↓安井さんもここに。

クリックすると元のサイズで表示します

こんなタスキをかけられたら、
事務局長だったら羞恥心が爆発して、
それだけで死んでしまいそうです。
自分の名前を大書して町を歩いたら、
その人は狂人でしょう。
なのに、選挙では、狂人の風体が許される、あるいは強制される。
アメリカの選挙でこんなことをしたら、
それだけで、その人は落選です。

↓最後に、メダリストが激励。

クリックすると元のサイズで表示します

なにもこんなところに山本センセイ、出て来なくても、と思いますが、
やはり、肉体の鍛練を背景にしたスポーツ選手はさわやかです。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ああ、これも日本的光景。

クリックすると元のサイズで表示します

でも、ここにいると、
自民党が大勝しそうに感じるほど。
その結束の意味では、成功。
でも世間はそれほど甘くないでしょう。

↓その後は、餓鬼の饗宴。
ここまでに1時間33分待たされたので、無理もない。
立ったままで、膝はガクガクです。

クリックすると元のサイズで表示します

金2万円を自分で支払った人は必死。
あまりの人の多さに、食べ物はあきらめていましたが、

クリックすると元のサイズで表示します

意外や豊富で、寿司など、余っていました。さすが赤プリ。

クリックすると元のサイズで表示します

最後は、↓組合顧問・保坂三蔵さんがしめくくり。

クリックすると元のサイズで表示します

保坂さんは、次の参議院に回るようです。

事務局長の感想は
「沢山空疎な言葉を聞いたな」。
あまりにメンタリティーの違う人々は、やはりちょっと・・・。






AutoPage最新お知らせ