花のお見舞いと『ウォーリー』  

お見舞の花が届きました。

クリックすると元のサイズで表示します

きれいきれいな花がカミさんの心を癒しています。

今日はお休みで、
明日の入院の準備にあけくれました。
一人の人間が生活の場を別の空間に移すのですから、
いろいろな生活用品がついて行きます。
かといって、短期の生活ですから、
おおげさなものにはなりません。
その時、100円ショップというのは役立ちますね。
安価で、かつ量が少ない。

事故から11日。
明日から次の段階に入ります。

で、カミさんのお許しをいただいて、映画を観ました。

クリックすると元のサイズで表示します

舞台は、人間たちが見捨てた後の29世紀の地球。
荒廃とした町に、一つだけ動くものが。
それがゴミ処理ロポットの「WALL・E」。
宇宙船で飛び立つ人間がロボットのスイッチを切るのを忘れたために、
その後もソーラー電池でエネルギーを自分で補給しながら、
営々としてゴミを処理し続け、
高層ビルのようなゴミの山を作り続けている。
700年もたてば、
ロボットの中にも感情が生まれ、
孤独感も出て来る。

そこへある時、
宇宙から最新型のロボット・イヴが現れて・・・

というわけで、冒頭のアイデア、後半のシチュエーションには
先行作品もあり、
決して独自のものではない。
中には、
「ショート・サーキットのパクリ」
「人のアイデアの寄せ集め」と悪口を言う人もいる。

しかし、どこにでもある食材で
名シェフが素晴らしい料理を作り上げるように、
才能あるふれる人たち
(監督は「ファインディング・ニモ」のアンドリュー・スタントン)
の手にかかると、
このように光輝く素晴らしい作品が出来上がる。
なにしろ、ロサンゼルス映画批評家協会は、
作品賞に「ウォーリー」を選んだほどだ。

うまいストーリー展開、
CGキャラクターにさせた、生身の役者異常に繊細な演技、
ディテールへのこだわり。
どれを取っても最高級。

後半については、
全く予備知識がなかったため、楽しめた。
予告編やチラシで一切出さないでくれて、ありがたかった。

とういわけで、書きたいことは沢山あれど、
これから観る人のために何も言わないのがマナー。
でも、誰が観ても楽しめる、
本当のエンターテインメントであることは保証する。

5段階評価の、もちろん「5」


ところで、この映画、アメリカ公開は6月27日。
日本公開は11月29日。
しかし、お隣の韓国では、
アメリカと同時公開だった。
この名作を、世界中で日本の観客だけが5カ月も待たされた。
おかしいと思いませんか?





AutoPage最新お知らせ