試食会巡りと事故現場写真  

昨日はブログをさぼり、申し訳ありません。
家で原稿を書くつもりで持ち帰りながら、
マッサージ機に捕まり、
暖かいベッドに引きずり込まれたら、
もう朝でした。
仕事は全く出来ず。
こんなことなら、
最初から寝る気でベッドインすれば疲れも取れたでしょうに。

よくこんな目見当でうまく炊けるものだ、
と思うくらいご飯の炊き方はうまくなり、
おかず作りの手順や洗い物の段取りなど
どんどん上達していますが、
今日は失敗。
お風呂の湯はりで、温度が低かったのと、
終了の音声をマッサージ機で寝ていて聞かなかったため、
湯船からあふれ、
その上、水風呂状態。

夕方、事故の事情聴取で警官の来訪を受け、
現場写真を見せてもらい、ぞっとしました。
自転車は車の下に完全に入り込み、
後輪は前に出ているものの、
前輪は踏みつぶされて、車輪の向こう。

自転車はまず車の左前にぶつかり、
左に倒れたカミさんの自転車の上に
車が乗り上げて来たわけで、
車があと数十センチ前に出ていたら、
カミさんの腹はつぶされていました。
まさに九死に一生。
娘からの電話が
「ママが死んじゃったの・・・」
でなくてよかったし、
病院からの娘への電話が
「お母さんが事故で亡くなりました」
でなくてよかった。

写真はカミさんはこわくて見れず。
「コピーさせてくれませんか」
と言ったら、
警官から即座に
「それはダメです」
と断られました。

しかし、この写真を見ると、
カミさんは殺されかけたわけで、
改めて怒りがわいてきました。

さて、この数日間、
事務局長は事務所を出たり入ったり。
「国産牛肉まつり」の店頭試食会の写真を撮るためにでかけたのです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

↑こんな感じ。

デパートなどの試食と違い、
歩いている人の足を止めて試食させるのはなかなか難しい。
相手の「羞恥心」と「プライド」を克服させなければならないので、
事務局長だって、
ただで人からものをもらったり、
食べさせてもらうのはいやです。
試食したら買わざるをえなくなり、
従って、試食を敬遠してしまいます。

上の最後の写真は近所の高校生が下校してきての黒山の人だかり。
これも男の子は食べますが、
女の子は通り過ぎます。
ダイエットなのか、恥ずかしいのか。

どうやったら、足を止めて試食させるか。
なかなかの課題です。





AutoPage最新お知らせ