前向き思考と「その木戸を通って」  

今日は店頭試食会申込みの締め切り日。
「やらない支部は昼までに申告を。
もっとやりたい支部に回すので」

と朝FAXしたら、効果てきめんで、
どどっと申込みが入って来ました。
支部でやらないところの分をやりたい支部に回してみると、
午後3時の時点で、指定された40ぴったりに。
神業職人芸だと悦に入っていたら、
ある支部の申請に間違いを発見。
1つ足りなくなり、
やってくれそうな役員に頼むことに。残念。

そういうわけで、
夕方までに全ての書類が整って、
後は明日Sセンターに届けるのみで、長時間の残業もなし。
そこで、帰りに映画を。
観たのは、「その木戸を通って」で、
今日のブログの最後にあります。

ところで、
週明けの為替の動きが冴えない
金融サミットの効果は現れず。
この後、欧米の市場の動きが悪いと、
しばらく膠着状態が続きそうです。

先日の理事・支部長会で
為替と決算の見通しについて説明し、
このままの為替の状況だと、
7年ぶりの赤字になり、
来年の予算編成も厳しくなる
という説明をしましたが、
この数日、そのことを思いながら、
あまり萎縮した考え方をしない方がいいのではないか、
と思い始めました。

緊縮財政で、事業まで縮小してしまったら、
あの7年間の赤字時代の二の舞です。
全てが窮屈になって、
縮こまってしまうと、
組合運営が楽しくない
楽しいという表現がいけなければ、
希望がなくなる。
明るくない。

あの7年間は組合員のために何もしないでいて、かつ赤字でした。
しかし、今の組合は組合員のための事業を沢山やっているのですから、
赤字になっても恥じることはないはず。
なにしろ世界的に「100年に一度の津波」に巻き込まれた結果なんですから。

@利息が沢山取れて、事業を沢山する
A利息は少なくなったけれど、事業は沢山する
B利息が少なくなったから、事業もやらない

の3通りがあるとして、
もちろん@が理想ですが、
悪くなってもBまで行くことはせず、
Aに踏みとどまる、ということがあってもいいのではないか。
その場合、結果として一時的に資産が減っても、
組合員に事業で還元して減るのなら許されるのではないか。
だって、資産は組合員のもので、潤沢にあるのですから。

株式会社なら、黒字決算は至上命令ですが、
それだって、株主に配当するためなので、
組合の場合、黒字そのものが目的ではなく、
組合員に還元することが目的
のはず。
ならば、組合員に還元する事業を実施して、
その結果、赤字になるのは容認してもらえるのではないか。

あの赤字の7年間のいけなかったところは、
「市場金利が3パーセントに回復するまでは
赤字を容認してほしい」
と言って、赤字予算を組んでしまったこと。
その結果、モラルハザードを呼んでしまったこと。

しかし、予算の為替の設定次第では、
赤字予算を組まずに事業をして、
為替の動向で結果的に赤字になってしまうのは仕方ないのではないか。

そう思って、試しに、
米ドル105円、豪ドル90円で試案を作ってみました。
組合内助成事業は、広報宣伝や特販事業をやめ、
あまり活用されていない事業を縮小し
肉代金の補助や手提げ袋などの資材の共同購入や
支部行事の支援や勉強会など
一番喜ばれている事業を残して
計算してみると・・・
何と、トントンになる!

今の米ドル97円、豪ドル63円などというのが
そもそも異常で、
1日に5円や10円平気で変動するのですから、
1年4カ月後のこととしては
決して夢物語ではありません。

ただ、赤字がダラダラではいけないので、
3年目位に見直してみるのは必要です。

こういう考え方をしてみたら、
何だか希望が出てきました
やはり、発想の転換、前向きの思考が必要です。

[映画紹介]

「その木戸を通って」

クリックすると元のサイズで表示します

2月に92歳で亡くなった市川崑監督唯一の未公開作品
なぜ未公開かというと、
これが元々テレビ用の作品だったから。
1993年のわが国初の長編ハイビジョンドラマとして制作され、
一度だけBSで放送、
これを35ミリフィルムに変換して
外国の映画祭では上映されたものの、
日本では未公開。
今年の東京国際映画祭で特別上映され、
現在、丸の内TOEIで上映中

大変珍しい経過の作品だが、
「埋もれた宝」が掘り起こされたようなもの。
15年前の作品でも、
時代劇なので、古さは感じない。
それどころか、
しっかりした構図、美しい画面から気品があふれ
ああ、昔の日本映画はこうであった
と、懐かしさと、安心感に浸ることができる。

原作は山本周五郎の短編小説。
お城で経理の退屈な仕事を担当する平松正四郎 (中井喜一) の家に
ある日、記憶喪失の娘、ふさ (浅野ゆう子)が迷い込んで来る。
縁談が進んでいた正四郎はふさを追い出そうとするが、
やがて、彼女の純粋な魂に触れ、正四郎の人生は変わっていく。
後見役の中老を説得し、反対する父を説き伏せ、
やがて夫婦となった二人に子供が生まれるが、
時々蘇りそうなるふさの記憶、
「笹の道を通り、木戸を通って・・・」
に正四郎は不安を感ずる。

淡々とした描写だが、
竹林や遠くの山、武家屋敷の陰影、雨の描写など、
映像の美しさが情緒をかりたてる。
まさに、映画はこうあるべし
というお手本だ。

ドラマを引っぱるのはふさの過去で、
結末は相当苦い。
ただ、平四郎の心境を声ではなく、
文字で語らせるのは、うまい。
役者のセリフとしてではなく、
目から入って来るものが、
観客の一人一人の心の中に落ちて来る。

浅野ゆう子はきれいで、中井貴一は凛々しい。
井川比佐志はたまらなくいい。
岸田今日子、石坂浩二も脇を固める。
フランキー堺は、こんなにいい役者だったか。
改めて驚嘆。

そして、当たり前だが、
市川崑は素晴らしい
「映像作家」。
まさにその言葉がふさわしい。
5段階評価の「4.5」



おいしい昼食  

今日もよく寝ました。
寝ても寝てもまだ眠くなります。

その合間に都心に出て、昼食会
おいしいしゃぶしゃぶをご馳走になりました。

クリックすると元のサイズで表示します

↓肉は最高の松阪牛。

クリックすると元のサイズで表示します

↓野菜も吟味された最高級のもの。

クリックすると元のサイズで表示します

しかも、↓ご覧のとおりの景色付き。

クリックすると元のサイズで表示します

池には120匹の鯉が泳ぐ、都心とは思えない趣。

クリックすると元のサイズで表示します

プライベートな会合なので、
詳細は書きませんが、
紙面 (画面?) を借りてお礼申し上げます。
ごちそうさまでした
生命の洗濯になりました。

さて、金融サミットも終わり、
週明けの市場が気になります。
どうも見た目に成果があったようには見えず、
それは具体策が提示されなかったためですが、
それを市場がどう評価するか。
一方、売り疲れの傾向もあるので、
そのへんのバランスがどうなるか。

そして、明日は「国産牛肉まつり」の店頭試食会の申込み期限
支部宛回数制限を越えてやりたいという支部もある一方、
全く反応がない支部も。

病み上がりですが、
明日は残業覚悟になりそうです。


よく眠る  

今日は、ひたすら寝ました。
ノドが痛く、
あの日本一級に大きい扁桃腺が腫れており、
カゼ薬を飲んだら、
それのせいか、ぐっすり。
食事の時だけ起きて、薬を飲むとまた眠くなり、
起き、食事をして、薬を飲んで、また寝て、
の繰り返し。
日頃の睡眠不足を取り戻したようです。

娘は可哀相に出勤番で、
夕方、百人町でDVDをごっそり買い込んで帰ってきました。
というのは、百人町の韓国村では
韓国のテレビ番組のDVDを売っているのです。
それもいたって廉価で、1枚350円
中には、前日に放送されたものもあるそうで、
ソウル〜東京間には、
DVDの運び屋のシンジケートができているようです。

番組を録画する
→誰かが日本に運ぶ
→日本で大量にダビング
→全国の韓国系販売店で売る

350円の価格でペイするためは、
それだけの枚数が出ているはずで、
おかしなビジネスが成り立っているものです。

娘は毎夜ネットで韓国の番組を観ています。
東方神起ファンが現地で録画した番組を
即座にネットで流すので、
それを試聴。
その数日後に、百人町でもっときれいな映像のものを買うという仕組み。
学生の時なら、「そんなことをしているヒマがあったら、勉強しろ」
と叱るところですが、
もう働いてる身であれば、それも言えません。
「これが私の癒しの時間なのっ」
と言われればそれまで。
せいぜい、
「それは違法行為の片棒担ぎではないか」と警告するのみ。

ちなみに、東方神起の韓国での最新コンサートの様子も
ネットで観ることができます。
というのは、韓国は日本とは意識が違い、
コンサートでの写真、ビデオはやり放題。
その映像が、親切なファンのおかげで
動画でネットに観れる仕組み。
考えてみれば、
こんな汚い映像のために
公式DVDの売れ行きが落ちるはずはなく、
むしろ宣伝と考えている節があります。
まして、ファンが写真を撮るのを、
ファンサービスと考えて、
コンサート会場でも禁止はしていません。

日本では、荷物点検をし、
カメラを預かる徹底ぶり。
お台場冒険王でやっていたコンサートも、
会場の外側にまで
「カメラを向けるな」と書いたプラカードが掲げられていました。
イクスピアリでも時々ブースにタレントが来て話をしていますが、
それも「撮影禁止」の紙が。
撮られて何の損失があるのか、
よく考えてみれば、
禁止する意味はないのですが、
日本人の律儀さがそうさせるのでしょうか。

娘は十数枚のDVDを買って来ましたので、
これから数日、
韓国語の番組が我が家のテレビから流れそうです。

今夜もMnetという韓国系エンタメで音楽賞番組をしていましたが、
以前に紹介した東方神起やワンダーガールズが受賞。

先週ソウルに行った娘の父親へのおみやげは、↓ワンダーガールズのCDアルバム。

クリックすると元のサイズで表示します

ジャケットがそのままポスターになる凝った作り。
一般的に韓国のCDが、写真付きなどで凝っているのは、
違法ダウンロードが多いので、
ファンにCDを買わせるための工夫なのだそうです。

↓は、前に載せたビデオクリップの字幕付き。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm4714358

こうして、韓国文化は事務局長の家を浸食しつつあります。


組合の「定額給付金」  

新聞の作成も終わり、
ひたすら「国産牛肉まつり」の計画書に添付する参加店名簿作り
名鑑のデータを元に
相手の指定した様式に作り替えていく作業。
数が多い (970店) ので大変です。
エクセルのデータは、そのままでは使えません。
人に任せる手はありますが、
多分自分がやった方が早く出来ると思うので、自分でしてしまいます。
まあ、悪い癖といえば、悪い癖。
でも、実際早く、夕方までに出来上がってしまいました。
あとは月曜に変更部分を修正し、
店頭試食会実施店舗を入れて提出です。
やはり、
なかなか楽はさせてはくれません。

急に寒くなったので、少々のどが痛く、
カゼの予兆かと心配。

相変わらず「定額給付金」のことでドタバタしていますね。
所得制限の問題を各自治体に任せるなんて
政府は当事者能力のないことを露呈してしまいました。
事務局長はある会議の時に鳩山邦夫議員の発言を聞いて、
この人はバカだと心底思いましたが、
今回は、
「一つ通りをへだてて、向こうではもらえる、
こちらではもらえない、というのはおかしい」

と言っているのは、正しい主張。
しかし、この発言にあるように
「もらえる、もらえない」
というのが、この問題の品性下劣さを象徴しています。

この給付金問題の一番の問題は、
こうした、あまりに下らない議論を通じて、
国の上層部がこんなに愚かな人たちばかりなのか
というのを国民に見せつけてしまったことで、
自分たちの指導者を誇りに思えないというのは、
国民にとって本当に不幸なことです。

給付金問題で、事務局長はずっと一種の既視感を抱いていたのですが、
ようやくそれが何かが分かりました。

歴史を紐解くような話になりますが、
昔、組合でも「定額給付金」を支給したことがあったのです。

さかのぼること7年。
例のBSE騒動の時。
組合員店舗の牛肉の売れ行きが
BSE発生(平成13年9月10日)以前に比べ1割(マイナス90%)にまで
落ち込んでしまった時。
のたうちまわる食肉販売店にどこからも救済の手は差し延べてはきません
ならば、自らやろう、ということで、
組合がその資産の中から、組合全員に10万円を支給することにしました。

10月26日に常務会で原案を作り、
10月30日に理事会で正式に機関決定。
支部長に通知して、
支部単位に送金するので、
支部の振り込み口座を指定してもらい、
11月13日までに送金を終わらせるという早業。
11月14日の理事・支部長会には、
そのことを報告しました。

もともと法律では配当金は出資金の1割までが限度。
これが配当と認定されると、法律違反になります。
そこで、顧問の議員先生に話してもらって、
行政と税務署はクリア。
組合員が受けた未曽有の災害に対する「災害見舞金」という名目で
支給することにしました。
BSEを「災害」と認定したのがミソ。
ホント、あれは「災害」でした。
そして、
「今回の措置は、空前絶後の事態の結果であるので、
今後前例にしないものとする」

という注釈がついていました。

「BSEの風評被害により、経営困難に陥った組合員に対して、
災害見舞金として、
販売奨励金10万円を支給する」

というのが、文章化された大義名分。

そして、
「支給対象者は、平成13年9月10日の時点で
食肉の営業販売をしていて、
風評被害を受けた組合員とする」

となっていました。

さて、その経過で議論になったのが、
「給付を受ける者の資格」
BSEで風評被害を受けた者というなら、
既にお店を閉めていて、営業していな人は該当しないだろう、
という議論です。

組合では今年の春先に、
「組合員の資格」問題を整理して、
実際に食肉販売業を営んでいない方に去っていただきましたが、
その頃も
お店をやめてから、人間関係や
保険の継続から
そのまま組合にとどまっている方がかなりいたのです。

その方たちは、
「BSEの風評被害」を受けていないのだから、
支給される資格はない、というのは正論。

「定額給付金」は、「生活支援」の意味があるのだから、
年収の高い人はもらうべきではない、
という今の議論と同様、
やはり資格問題が頭をもたげたわけです。

そこで、支給対象者としては、
「9月10日の時点で店舗を閉じていて、
風評被害を受けていない組合員は、
趣旨に合致しないため、除外する」

と決定。

では、その確認はどうするか。
どの人がお店を閉めているかなどという状況は
本部では正確に把握できません。
そこで、支部長が一番知っているので、
支部長にその判断を委ねました。
地方自治体に丸投げとちょっと似ています。
振り込み口座を指定する際に、
「本支部の対象者は何名」と申告してもらい、
その人数かける10万円を振り込み。
今回、振り込み口座を指定しない人は、
自動的に辞退したとみなす、
というのと似ています。

その結果、最終的に支給したのは1947名分。
9月10日時点の組合員は1983名だったので、
36名が辞退したことになります。

支部に送ったお金は、
緊急支部会で配ったり、
支部長が各お店を回ったりで、
大変喜ばれたのは当然でした。
普段5〜6人しか集まらない支部会が
印鑑を持って全員集合したという報告もありました。

寄せられた感想の一例を紹介すると、
「組合員みんなが暗くなっているところに、
思いがけない金額に、
赤字の組合からと、
信じられない思いでした。
理事長をはじめ常務会役員の皆様、
「とうちゃん・かあちゃん」の小売店を理解していただき、
嬉しく思いました。
普通、役所や上部団体の早期実行はみられないのに、
このたびの敏速さに喜んでおります。
今までは組合に貢献することが本分で、
組合からの見舞金など思いもよらぬことで、
支部のみんなの喜びはひとしおでした。
組合と組合員の親近感のつながりは、
双方の思いやりでしょう」

という声が多数寄せられました。

このことは一般紙にも報道されましたが、
ある食肉店の方 (非組合員) が記事を読んで、
「どこに行けばもらえるのか」と区に問い合わせてきたといいます。

他の県の組合の反応も様々で、
中には、
「東京だけそんなことをしてくれては困る」
と当時の近藤金治理事長に苦情を述べた人もいたそうです。

ある近隣県の理事長は、
公の会議の場所で
「東京はドブに金を捨てた」と言ったそうです。
失礼な話で、
自分たちのお金で自分たちの組合員にしたことを
とやかく言われる筋合いはありません
まして、「ドブに捨てた」とは、何だ。
組合員はドブだというのか。

一方で、
芝浦のある長老は、
近藤理事長に対して
「あなたは民のかまどから煙をたちのぼらせた」
と仁徳天皇にたとえてくれた方もいたそうです。

分かってくれる人だけ分かってくれればいい、
そう思います。

10万円というお金で即座に経営が立ち直るとは思いませんが、
要するに心意気でしょう。
その10万円で、
顔を伏せていた組合員が元気を出してくれれば、
これに勝るものはありません。

当時、まるで危険なものを売っているとまで思われていた組合員、
誇りを失いかけていた組合員が
「組合は俺たちのことを忘れていない」
という思いを持ったことは素晴らしいことでした。

もしあの時、何もしなかったなら
組合は組合員の前に永遠の心の負債を背負っていったでしょう。
やはり、
あの時の10万円、総額2億円は、
組合の歴史に輝く出来事だったと
事務局長は思っています。

歳月は過ぎ、
あの時、あの決定に関わった人は、
常務会の中に3人しか残っていません。
時の風化の中、
「定額給付金」騒動で思い出したことを
記してみました。





珍しい体験  

今朝、珍しいものを見ました。
↓食肉市場の門を入ったところに、人だかり。

クリックすると元のサイズで表示します

↓何かと思えば、ストライキ

クリックすると元のサイズで表示します

そういえば、↓こんなポスターが貼ってありました。

クリックすると元のサイズで表示します

いつもは決行までは至らないのですが、
20年ぶりだとか。
↓「シュプレヒコール」という言葉も久しぶりに聞きました。

クリックすると元のサイズで表示します

↓その後場内をデモ行進。

クリックすると元のサイズで表示します

「ていあん・てっかい、さくげん・はんたい」
と叫ぶのは、「提案撤回・削減反対」のことです。

クリックすると元のサイズで表示します

昔は何かというとストがあり、
中には「スト権スト」、つまり、「ストの権利を獲得するためのスト」
という論理矛盾のものもありました。
鉄道が全面的に止まった時は、
高田馬場から月島まで歩いたことがあります。

最近はめったに見ませんでしたが、
この光景は今の日本の経済状態を表すのか・・・

仕事の方は、新聞の原稿と
「国産牛肉まつり」の申請書類作り。
なにしろ900以上の参加店名簿を提出しなければなりませんので。

夜も珍しい体験。
舞浜の映画館・シネマイスクピアリで映画を観たところ、
貸し切り状態だったのです。
ここで一番大きい361席の劇場の真ん中にぽつりと一人。
誰もいませんから、
音を立てて物を食べようと (そんなことはしませんが)
オ〇ラをしようが (そんなことは、もっとしませんが)
おしゃべりをしようと (この場合、独り言なので、ちょっとへん)
勝手です。
ただ、後ろから笑い声が聞こえて来たりしたら、
不気味でしょうね。

この映画館、時間帯によっては極端に空いている時があるので、
いつかその日が来るとは思っていましたが、
いざ、そうなってみると、ちょっと寂しい。

ここで、話題変わって。
例の「定額給付金」の「所得制限」については、
窓口となる市町村に判断を任せるのだといいます。
卑怯
しかも、辞退によって生まれた「剰余金」は、
市町村に使い道が任されるのだそうです。
つまり、辞退者は市町村に寄付したのと同じ。
それがいいのか悪いのか。

今日の産経新聞のコラムに面白いことが書いてありました。
「いっそのこと、辞退者にバッジを配ってはどうだろう。
共同募金の季節になると、
赤い羽根を胸に着けないではいられない政治家のみなさんは、
喜んで辞退するに違いない」

2千万円も歳費 (国民の税金から出費) をもらい、
文書費やJR無料など、特典一杯の議員さんたちは、
まさか1万2千円の給付金を平気でもらったりはしないでしょうね。




AutoPage最新お知らせ