名簿作製終了と家出  

『東京食肉名鑑』の原稿を印刷会社に入稿。
意外や、予定通りの日程で出来てしまいました。
この数日の半徹夜が効を奏したようです。
ただ、バタバタした分ミスも心配なので、
(既に一箇所発見)
連休中に一度総ざらいをするつもりです。

最悪の場合、本日は大残業の予定でしたが、
予想外に早く済んだので、
帰りに日比谷で映画。
予定の作品の時間が変わっていたので、急遽
「庭から昇ったロケット雲」を。

クリックすると元のサイズで表示します

かつて夢見た宇宙飛行士への道をあきらめ、
農場を継いだ男が、
一念発起でロケットを組み立て、
宇宙旅行をしようとするが、
NASAやFBIの妨害を受ける。
借金はかさみ、農場も手放さなければならなくなり、
家族との心も離れるが・・・

もちろん、実話ではありません。念のため。
ただ、自作のロケットを飛ばそうという民間プロジェクトは
沢山あるようです。

テーマは、夢を信じ続けることの大切さ家族愛
ちょっとありきたり。
しかも、その「夢」がでか過ぎて、
多少科学をかじったことのある者にとっては、
「そりゃ、無理だろう」という点が満杯。

ロケットをまっすぐ飛ばすこと、
衛星軌道に乗せること、
大気圏再突入の困難などは
素人でも分かる。
しかも、あの金額では、どう考えても無理。

無理を承知の上でやっているのなら、
何か一捻りが必要だが、
そこは最初から最後まで正攻法
その場合は、リアリティの綿密さは必須なのに、
「いいんです。細かいことは言わないでね」
とばかりに強引に話を進めるので、
ついていけなくなる。
特に終わりの数十分は
「うわ、本当はもう死んでるよ〜」と心配。
すみません、心が汚くて。

監督は『ツイン・フォールズ・アイダホ』のマイケル・ポーリッシュ。
出演はビリー・ボブ・ソーントン、ヴァージニア・マドセンという
オスカーノミネートクラスの良い役者が出ている。
ブルース・ウィリスも特別出演。

5段階評価の「3」

さて、その後、事務局長は「家出」をしました。
家に帰らなかったのです。
なにやら不穏な書き方ですが、
実は娘が明日早朝の便でソウルに発つことになっており、
同行の会社の同僚が泊まるので、
若い女の子にとっては、
むさいおっさんがいては気づまりだろうと遠慮して、
浦安にある二つの温泉施設をうちの一つ
舞浜ユーラシアに泊まったのです。

娘は
「友達は夜遅く来て、朝早く出るんだから、
別に外に泊まらなくても」
と言われましたが、
前から泊まるとどんななのか知りたかった羞恥心、
違った、好奇心で泊まってみた次第。
(昔昔、事務局長はあの字を「さはじしん」と読んだことがあります。
おバカ三人組並。ああ恥ずかしい)

舞浜駅から20分間隔でピストン輸送しており、
いつもは自転車で行くのですが、
今回はこれを利用。
9時25分のバスで、誰も乗る人はいないだろうと思っていたのに、
びっくり。
15名ほどのマイクロバスが満席。
この時間から一風呂浴びて泊まろうという
奇特な人たちです。(事務局長もその一人ですが)

受付を済ませ、マッサージの予約をし、
露天風呂を渡り歩いてゆっくりし、
1時間マッサージを受けて、
レストランで飲み物を飲み、
リクライニングシートでテレビを見ながら
知らない間に寝て、4時頃目をさましました。
寒いのと、イビキがうるさくて。
ざっと数えると、50人ほどの人が寝ています。
結構いるんですね。

着るものは作務衣とジャージのどちらかを選択できますが、
見たところジャージの方が多いようです。
素肌に作務衣だったのでシャツを追加して、
今度は畳の雑魚寝スペースの方に行くと、
親子三人で「川」の字が崩れたようになって寝ている人や
夫婦で並んで寝ている人などがいます。
さすがに若いカップルはいない。
そういう人はきっと付属のホテルに泊まっているのでしょう。

その中に入ってマットを敷いて寝るのですが、
これが眠れない。
周囲でゴソゴソガサゴソ動くのが、イビキより気になる。
再びリクライニングシートで一眠り。

10階には展望ラウンジがあり、
↓のような東京湾を見ることができます。

クリックすると元のサイズで表示します

高い建物は、ディズニー・シー
「タワー・オブ・テラー」。

首を少し右に振った景色。↓

クリックすると元のサイズで表示します

ディズニー・シーの火山や右の方には東京ディズニーランド

更に、首を右に振ると、↓

クリックすると元のサイズで表示します

右端には、(写真をクリックすると、大きくなります)
最近オープンしたての新しいホテルも見えます。
(このホテルについては今度レポートします)

その後、朝食バイキングを食べ、
朝の露天風呂は最高の気分。
再び満席のバスで舞浜駅へ。

大人2000円。
宿泊の場合は、1500円加算。
つまり、3500円で泊まれます
羞恥心、いや好奇心満々の方は、一度試してみて下さい。

クリックすると元のサイズで表示します




AutoPage最新お知らせ