中央ブロックのミニ支部長会  

本日は午前中、DVDで「犯人に告ぐ」(後述) を観た後、
午後から事務所へ出て、少しだけ仕事をした後、
白金台の都ホテルへ。
一等地にある高級ホテルですが、
シェラトンの傘下に入ったようで、
今は正式名称「シェラトン都ホテル東京」と申します。

クリックすると元のサイズで表示します

挨拶の後、いつの通り、各部長の事業説明。
広報部長の部分は事務局長が代理で説明。
その後、全員から自己紹介と意見、感想、要望。
数年前から変貌をとげた組合事業について、
満足している、という意見が続出。
満足しているわけですから、
「おねだり」的な発言は影をひそめます。
後は業界の現状を打破するための諸提案。

事務局長は懇親会の時は各テーブルを回って、
「さっきのような大勢の前では言えなかったが、
ここでなら言える意見はないか」
と聞いていますが、
特にありませんでした。

中央ブロックの過去のミニ支部長会で印象深かったのは、
「今のような夏場の豚が高くて組合員が困っている時に、
安く供給することこそ、組合の事業ではないか」
という意見が出て、
それが毎年恒例の「夏期豚価対策」に結実したこと。
こういう現状を踏まえた意見がほしいわけです。
可能な限りやりますので。

島田理事長によれば、
昨日の全国上部団体の会合で、
山形屋に対する除名処分が大変迅速であった
さすが東京と皆さんの賞賛を浴びたようです。
また、『東京食肉新報』が各県でよく読まれ、
参考にされているとのこと。

懇親会の食事は、
さすがシェラトンと思わせる
グレードの高いものでした。

[DVD紹介]

レンタルで、DVDのジャケットがないので、
↓本の表紙でご勘弁を。

クリックすると元のサイズで表示します

4年ほど前の雫井脩介のベストセラーを映画化。
WOWOWが製作、まず放送した後、劇場公開という手順を踏んだせいか、
宮部みゆき原作、大林宣彦監督の「理由」と同様、
不当に評価されなかったように思える。
事務局長は、原作を上手に料理したとちょっと感心。
料理したのは、
脚本・福田靖と監督・瀧本智行
常日頃、映画はセンス、と事務局長は言っているが、
この両名、センスがいい。
たとえば、冒頭シーンは
新宿の小田急百貨店前での身代金受け渡しのシーン。
原作ではここに至るまでの経緯が長々語られるのだが、
それらを省略して、
一気にこの場面に持ち込み、
短いやりとりの中で
その背景を分からせる、これ、センス。
後半、主人公が犯人の指示で横浜に向かうのだが、
走っている主人公を横からカメラでとらえ、
背後のビルが切れた時に、
向こうに横浜の高層ビルの夜景が現れる、これ、センス。
このように随所にセンスが光るシーンがある。
音楽(池頼広)のセンスもいい。

誘拐事件の記者会見で大失態を演じた主人公が
地方に飛ばされ、
6年後に少年連続殺人事件を任され、
ニュース番組に出演、
そのカメラを通して犯人を挑発する。
映画ファンには、メル・ギブソンの「身代金」を想起せざるをえない設定。
豊川悦司もなかなかいい。
ニュース番組のシーンは、もう少しリアリティがあってもいいのではないか。

主人公に嫉妬する二世刑事が対立番組の女性キャスターと組んで情報をリーク、
それに対して、わざとミスリードした逮捕劇を誤報させるという
原作にあるエピソードは割愛されているが、
面白く、映画的なので、
10分増やしても入れた方がよかったのではないか。

ともあれ、
サスペンスを撮らせたら監督の力量が分かるので、
まだまだ日本映画、捨てたものではないという感慨を抱いた。



正副会長会議デビューと直木賞候補作  

ミニ支部長会4回分の録音を聞きながら、
出てきた要望をとりあえず書き上げました。
こうして続けて聞いてみると、
今の支部長たちが本部に何を求めているかという
「空気」のようなものが感じられてきます。
明日明後日と続く最後2回のミニ支部長会の内容を加えて
項目別にまとめ、座談会の資料にします。

今日は上部団体の正副会長会議に島田理事長がデビュー
新人副会長2人の一人として、
暖かく迎えられたようです。

50周年記念行事で
記念誌も出すようです。
見積書を見ると、わが組合の記念誌より費用がかかるようですが、
それは、「編集費」がかなり取られるため。
わが組合の方は内部でやってしまいましたから、
その分が浮いたわけです。

その他、セミナーの企画があり、
当然東京でも開くことになるようですが、
組織運営で何が大変かといえば、
人を集めるのが一番大変

一人一人が持っている
貴重な時間を提供していただくわけですから。
まして、一日かけるセミナーなど論外。
商売をしている組合員にどうやって時間を割けというのでしょうか。
日曜日開催としても、
貴重な休みの日の休養の時間をつぶせというのか。
こういう企画を作る人というのは、
組合員の実情を知らなすぎるのではないでしょうか。
今後、企画推進委員会でつめるようですから、
もっと参加しやすくするよう提案するつもりです。

[書籍紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2冊組みで、全部で790ページ
親子三代にわたる警察官の家庭を描く大作。
闇市の時代、学生運動の時代、暴力団や企業犯罪の時代
という3つの時代背景の中での警察官の苦悩を描く。
事務局長としては、二代目の警察官が左翼運動の潜入捜査をして、
大菩薩峠での連合赤軍の軍事訓練の逮捕劇に遭遇するあたりが
自分の通過した時代と重なるせいか、
一番面白かった。
題名にあるように「警官の血」を受け継ぐ三つの時代を
折り込みながら物語が進展するのはなかなかいい。
しかし、物語の縦軸に闇市時代の殺人事件の謎を解く
ミステリー仕立てにし、
それが必ずしもうまくいっていないので、
作品全体の格が下がってしまった。
謎解き部分も、あまりに非現実的で無理があり、
それはないだろう、と興ざめ。
こんな小細工をしないで
年代記として普通に書けば、
もっと感動的な話に仕上がっただろうに。
それと、文章があまり良くない。
これでは直木賞は無理。

これで、第138回直木賞の作品に全部目を通したが
順位をつけると、
1.「私の男」(桜庭一樹)
2.「ベーコン」(井上荒野)
3.「敵影」(古処誠二)
4.「警官の血」(佐々木譲)
5.「約束の地で」(馳星周)
の順。
なお、「悪果」(黒川博行)は、
関西弁の刑事たちを描く作風が体質に合わなかったので、
3分の1で放棄。従って、順位なし。

てなことしている間に139回が決まってしまった。
なぜか事務局長が2位につけた人が続けて受賞している。
また追いかけて読まなければ。



健康診断と全裸の格闘  

昨夜は断食
本日の健康診断のために、9時以降、「一切の飲食」を断ちました。
たった1時間でもしんどい。
これも数時間後に食べられると思うから我慢できるので、
本当に食べるものがない状態になったら、どんなにつらいのでしょうね。
世界の半分が飢えているというのに、
日本ではメタボが話題になり、
痩せるためにお金を使っている。
いつか天罰が来るかもしれません。

そのメタボ
今回の健康診断はいろいろ改善されており、
驚いたのは、
真っ先に腹回りを測定されたこと。
身長体重より前に、メジャーが腰にまわされました。
91.3センチ
立派なメタボ星人です。
身長は既に伸びず、
体重も一定になっているのに、
腹だけが成長を止めません
体の特定部分に脂肪がひたすら積み重なっていくとは。
一体何のために。
市役所に「脂肪届け」を出す必要はないのか。
これで内臓の手術になったら、
厚い地層を切り開くのに術者は苦労するでしょう。

「地層」と言えば、健康診断に関して以前どうだったかを調べるために
検索をかけたら、
この2年間の同時期のブログが現れ、
この時期は、いろいろなものが一段落着いているらしく、
毎年机の上の「地層」の発掘をしていたことか分かりました。
昨年は50周年記念誌のために
古文書 (『東京食肉新報』のバックナンバー) を読んでおり、
昭和42年あたりをやっています。
一昨年は、BSE5周年の新宿駅でのイベント
「牛肉はもともと安全だ」の準備を進めていました。
何ともなつかしい。

今年も問診では問題なし。
心臓も血圧も良好、肺も胃もきれい。
4カ月ほど前心配した食道もスムーズ。
血圧の70〜110は、
昨年の71〜110とほぼ一致で驚きました。
後は脳味噌だけ。
ここには装置がないので、
今度大きな病院で輪切りにしてもらおうと思います。

午前は健康診断でつぶれ、
午後はミニ支部長会の録音を聞いて、
今年出た要望をまとめ始めました。
これをまとめて、座談会に生かし、
更に、秋の各部での対応策検討部会につなげます。

帰路、日比谷で映画を一本。
「イースタン・プロミス」というサイペンス。
好みの映画ではなく、
あまり楽しくありませんでした。
エンド・クレジットで監督の名前を知り、
ああ、そうだったか、とようやく納得。
ロンドンのロシアンマフィアというのはほとんど知らなかったので、
その点で知識が増えましたね。

中で主人公がサウナで襲撃されて、
全裸で格闘するシーンがあり、
オスカーにもノミネートされた一流俳優が
ちらほらぶらぶらさせながら本気で死闘を演じています。
最近はこの程度ではボカシはかかりません。
それにしてもアメリカのスターは本当に偉いなあ。
共演の美人女優ナオミ・ワッツにも同様のシーンが欲しかったなあ。




静かな事務所と道路の下の映画館  

今日は組合への来訪者は銀行と印刷会社だけという、
何とも静かな事務所でした。
世の中、もう夏休みに入っているのでしょうか。

『東京食肉名鑑』は、
一度入稿した名簿のノンブル(ページの下の数字)の位置にずれがあるというので、
打ち出し直して、再入稿。
おかげで、気になったところをいくつか直せました。
発送は8月12日に決定。
何とかお盆前に決着できそうです。

[今日の写真]

今日は映画館を一つ紹介します。
以前、線路の下の映画館・新橋文化を紹介しましたが、
あれに匹敵するくらい、
「これ、本当に東京の映画館?」という感じのところです。

その前に、新橋文化についての紹介を読みたい方は、↓をクリック。

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20060716/archive

新橋文化の写真を見たい方は、↓をクリック。

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20061009/archive

さて、今日の映画館とは、↓「銀座シネパトス」

クリックすると元のサイズで表示します

場所は、晴海通りの銀座通りと昭和通りの間。
れっきとした銀座四丁目です。
昔、「三原橋」と言ったところで、
階段を降りて、

クリックすると元のサイズで表示します

そのまま歩くと、向こう側に渡れます。
↓通路は飲み屋街。

クリックすると元のサイズで表示します

飲み屋の隣に映画館が3つ

クリックすると元のサイズで表示します

昔は「銀座名画座」「銀座地球座」といいました。
それより前は「テアトル三原橋」といった時代も。
なぜ新橋文化を引き合いに出したかというと、
新橋文化は線路の下の映画館ですが、
ここは、道路の下の映画館
更に、下を地下鉄日比谷線が通っているので、
時々、その振動が伝わってきます。
電車の振動が伝わる新橋文化と似ています。

新橋文化と違うのは、
一応ロードショー館であること。
ラインナップは、メジャーから外れたマニアックなものが多く、
従って、たいてい空いています。
たまにイッセー尾形の「太陽」(昭和天皇の映画)のように、
劇場始まって以来の大ヒットが飛び出したりします。

そういえば、事務局長が生まれて初めてポルノ映画を観たのは、ここでした。
作品は、ラス・メイヤーという巨乳大好き監督の「牝豹ビクセン」というやつ。
ラス・メイヤーを知っている人は、相当古い。
当時純情だった事務局長は、深い罪悪感にとらわれたものでした。

さて、なんで今日、この映画館の写真を撮ったかというと、
ここで、↓「スターシップ・トゥルーパーズ 3」を観たからです。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな映画を観るのなら、もっと観るべき映画があるでしょう、
と言われそうですが、
事務局長、このテの映画、結構好きなんです。

このテの映画とは、どのテの映画かというと、
原作はロバート・A・ハインラインの有名なSF作品。
描かれるのは、
昆虫みたいな宇宙人との壮絶なバトル。
それをあっと驚く映像にしあげたのが、
「1」を監督したポール・バーホーベン
事務局長、わざわざニューヨークまで行って、これを観ました。
42丁目の、やはり地下の映画館。(今はもう、ありません)

「2」というのがあったのは知っていますが、
いつ、どこでやっているのかも知らないうちに終わってしまい、
かなりひどい作品だったという噂を聞きました。

今度の「3」は、バーホーベンの製作だし、
役者も同じで「1」の続編の形を取っているので、
期待して観ましたが、
いやはや。
あまりのチープさにあきれました。
まさに映画館との相乗効果でチープ度が増加。

家に帰ってから、改めて「1」を観ましたが、
これは本当に素晴らしい。
見たことのない映像の連続。
お金も手間もかけている。
特に、見渡す限り、敵軍の虫が何千何万とうごめくシーンは圧巻。
それを夜の描写でごまかさず、
真っ昼間の太陽光の下でやっています。
次々と襲って来る虫と人間の闘いは、まさに、壮絶。
宇宙船の描写も、
量感があり、しっかりしたもの。

やはりSFとファンタジーは
お金と時間をかけて映像をちゃんと作らないと駄目
というのが、よく分かります。

「1」はDVDを借りる価値はありますが、
「3」は、他に観るべき映画は沢山ありますので、
わざわざ観る必要はありません。
自分で観ておいて言うのもへんですが。



東京ディズニーランドホテル  

今日は、関係会社の会議のために島田理事長がおみえになった他は
日常業務にいそしむ平和な組合でした。

そんな時には、ちょっと雑談。

↓は、7月8日にオープンした、舞浜で一番新しいホテル。
京葉線で浦安市に入ると、このように電車の中から見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

↓舞浜駅下の道から。
ビクトリア朝様式。
全体としてクリーム色に見えるようになっていますが、
実は白や茶色など4色を複雑に使い分けています。

クリックすると元のサイズで表示します

↓メインエントランス。ここから徒歩で入る人はほとんどいません。
この炎天下、この衣裳で立っているのは、辛いでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

ディズニー (オリエンタルランド社) のホテルは、
アンバサダー、ミラコスタに続いて3つ目。
(他に少し離れたところに、「パーム & ファウンテンテラスホテルというのも直営)
ホテル名「東京ディズニーランドホテル」は、満を期しての登場、という感じ。

↓模様がミッキーの顔になっています。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ロビー入口前の噴水。

クリックすると元のサイズで表示します

テーマは「ファンタジア」。
↓は、「魔法使いの弟子」のミッキー。

クリックすると元のサイズで表示します

↓こういうところは、遊び心満載。

クリックすると元のサイズで表示します

↓は「時の踊り」のカバと

クリックすると元のサイズで表示します

↓ワニ。あのメロディーが聴こえてきそう。

クリックすると元のサイズで表示します

↓正面入り口。

クリックすると元のサイズで表示します

↓入ったところにあるミッキーとミニーのブロンズ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

↓窓の向こうはディズニーランド。

クリックすると元のサイズで表示します

↓でも、見えるのはモノレールの駅です。

クリックすると元のサイズで表示します

↓メインロビー。

クリックすると元のサイズで表示します

↓上から見たところ。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ここのテーマは「ピーター・パン」。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

↓噴水の上はティンカー・ペル。今度映画になります。

クリックすると元のサイズで表示します

↓客室の廊下。色調が統一されています。

クリックすると元のサイズで表示します

一番安い部屋、一番安い時期で3万1千円。
4人で泊まれるので、1人当たりは8千円。
一番高い部屋は50万円。

↓バンケットルームの入り口。

クリックすると元のサイズで表示します

↓大きな宴会場もあるので、2年後の関ブロにどうか、と考えました。
もっとも、2年後には古くなっていますが。

クリックすると元のサイズで表示します

↓会場には、「白雪姫」とか、

クリックすると元のサイズで表示します

↓「眠れる森の美女」などの名前が付いています。

クリックすると元のサイズで表示します

↓この日も「還暦を祝う会」などのスケジュールが入っていました。

クリックすると元のサイズで表示します

↓再びロビー。ここは3階で、左の階段を降りると、ディズニーランド方面へ。

クリックすると元のサイズで表示します

↓この階段のテーマは、

クリックすると元のサイズで表示します

「不思議の国のアリス」。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

↓このドアの向こうにディズニーランドが。わくわく。

クリックすると元のサイズで表示します

↓モノレールの駅。

クリックすると元のサイズで表示します

↓その下を抜けると、

クリックすると元のサイズで表示します

↓そのままランドの入り口へ。

クリックすると元のサイズで表示します

↓モノレールの駅から振り返ったところ。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ここでもミッキーが迎えます。

クリックすると元のサイズで表示します

↓舞浜駅へ向かう途中から。

クリックすると元のサイズで表示します

地上9階建てで、客室数は705室
アンバサダーが504室、
ミラコスタが502室。
周辺ホテルでは、シェラトンの802室、
ヒルトンの801室に続いて、3番目。
舞浜地区ホテルの総客室数は5569室になります。

浦安の住民である事務局長は、まず泊まりません。残念。

↓ディズニーリゾートは、現在25周年記念行事の最中。

クリックすると元のサイズで表示します

↓今も続々人が詰めかけて、人気は衰えません。

クリックすると元のサイズで表示します






AutoPage最新お知らせ