ミニ支部長会と支倉常長  

昨日はゆっくりさせてもらい、
今日は午後から事務所に出て、少し仕事を片づけ、
夕方から吉祥寺へ。
ミニ支部長会第2回の多摩ブロックの会合です。

クリックすると元のサイズで表示します

今日は一人部長が休んだため、その分の説明を事務局長が務めました。

議論の半分ほどを占めたのは、
支部の会合への助成を地区にも適用してほしい、という話。
多摩ブロックは18あった支部を4つにまとめた関係で、
1つの支部が広範囲。
それで、支部全体の会合を持てないから、
昨年まであった支部の中での地区(旧支部)での会合への助成を、
という話。

原則を貫くか、現実を優先するか、
多摩ブロックの特殊性を認めるか、
という判断を三役はしなければなりません。

その後は、いつもの懇親会。

クリックすると元のサイズで表示します

今回は三役を各テーブルに分けたので、
交流になったようです。

ソウルに行ったこともバンコクに行ったことも、
海賊版を買ったことも知っている人がいて、驚きましたが、
自分でブログに書いているのだから、驚くことはありませんね。

まだまだ、あと4回ミニ支部長会は続きます。

[書籍紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

今年の5月、メキシコへ旅をして、
支倉常長が、↓このあたりを歩いた、とガイドに聞かされて、

クリックすると元のサイズで表示します

興味をもって読んだ次第。
地方紙多数に連載されたあと、
昭和60年に出発された、古い本。

徳川幕府が出来て間もない頃の様子や
家康と伊達政宗との関係、
家康と2代将軍・秀忠との確執、
当時のキリシタンの動向、
家康がキリシタンと有力大名が結びつくことをおそれていたこと、
宣教師やスペイン国王が日本をどう見ていたか、
伊達政宗が遣欧使節団を派遣に至る経緯
などなど、
興味津々で、大変勉強になった。

特に白眉は
常長が太平洋を渡ってノビスパニア(新イスパニア=今のメキシコ)に行き、
さらに大西洋を渡ってイスパニア(スペイン)経由でローマに至る部分。
やや急ぎ足とはいえ、
当時の武士たちが異文化に触れる有様にわくわくさせられた。

そういえば、昨年5月、
組合の訪欧研修団の一行をローマで案内した
日本料理店の名前が「支倉」でした。

↓支倉常長の通った道。

クリックすると元のサイズで表示します

↓支倉常長とサン・ファン・バウティスタ号。
彼の人格はスペインの王たちにも感動を与えた。
日本人船大工たちの作ったこの船は太平洋を2往復した。

クリックすると元のサイズで表示します

↓支倉常長がローマ教皇に謁見した時の絵。
サン・ファン・バウティスタ号が左側に、
右側にサン・ピエトロ寺院が描かれている。

クリックすると元のサイズで表示します

小説の中で、世界地図を広げ、地球儀を横に置いた政宗が
「常長、そちは、うらやましい男だな」
と言う場面がある。

「そちはこの日本国から、大洋をこえて、ノビスパニアへ渡り、
そこからさらに、もうひとつの大洋をこえて、イスパニアへ行く。
はるか海のかなたの異国において、
この国の者にはめったにできぬ、
さまざまな珍しい見聞をするであろう。
もしわれが伊達の国王でなく、もっと年が若ければ、
みずから船に乗りこんで、
海のかなたの異国を、ぜひこの目で見たいものじゃが・・」


当時の政宗、47歳。
時が時であれば、家康を凌駕したかもしれないこの優れた武将は、
世界に目を向けていた。
その思いはさぞ、無念であっただろう。

そして、今、一介のサラリーマンの事務局長は、
政宗が夢見た都市を
ことごとく歴訪している。
良い時代に生まれ合わせたものだ。

この時代、ローマに使節として行った少年たちがいたし、
単独でエルサレムまで旅をした人もいた。
こうした人々にとって、
異文化はどんな風に映っただろうか。

メキシコやスペイン、ローマの「石の文化」を見た時、
彼らの感嘆はどのようなものだったろうか。

今はさっさと飛行機でどこにでも行けるが、
メキシコまで3ヶ月の旅は、どんな夢と希望を抱かせたのだろうか。

そういえば、
森田公一とトップギャラン (なつかしい) の「喜望峰」という歌に、
こんな歌詞があった。

「新大陸が残されてた時代
人はみな 希望を抱いて生きられた
嵐の隙間にも かすかな虹を見た
その虹より大きな世界 目指した」


今は「新大陸」はないし、
異なる文化は学習済み。
しかし、当時の人は
「未知の世界」に向かって
わくわくしながら旅立つことができた。

この時、支倉らの一行は150人。(多い ! )
その中で、現地で「失踪」した人の名前が記録にある。
当時の支倉一行の中で、
メキシコに永住してしまった人の記録が教会に残っていると、
ガイドが言っていた。
スペインで上陸したセビリアには、
日本人の子孫が残っているという。

こうして民族の血は広がっていく。
言葉の通じない異国で、
どのような経緯でその土地に住み着くことになったのか、
珍しい東洋の国から来たサムライたちを
当時の人々がどのように見たのか、
想像力の翼が広がっていく。
良い本を読んだ。





名簿の修正  

『東京食肉名鑑』の修正を終了。

2年に一度のこの作業、
今回は支部統合と「組合員の資格」という二つの特別要因があったので、
少々変動が激しかったですが、
一昨日から始めて3日間で仕上げたのは、
いつもながらの事務局長の集中力です。
助手のワトソン君が
営業許可書提出者との照合もしてくれたので、精度は高いはず。

そういえば、
昔々、他の人がしていた頃は、
2ページにわたる正誤表がついて、
さらに正誤表に正誤表が付き、
作った本人が名簿を全く信用していない、
という時代もありました。

これだけ積み重ねて精度を上げて、
何十年にわたって支部長さんのチェックをしてもらいながら、
いまだに間違いは出てきます。
(たとえば、「仁一」さんとずっと載っていたのが、
実は「仁市」さんだなどというもの。
早く指摘してくれよ〜)

週明けまで持ち越したくなかったので、
ワトソン君にも残業をしてもらいました。
お礼は牛丼一杯とは安上がりな。

プリントアウトして、
各支部長さんの校正用を
中央郵便局に寄って郵送して帰宅。

この2週間は
バンコクから帰ってすぐに鈴鹿に出かけ、
日曜の会合と会議3連発。
少し疲れましたが、
明日は家で体を休められそうです。


部会終了と海賊版  

部会3日連続が終了
これで、5つの部会が全て終わりました。

総代会で選ばれた理事が各部に割り振りされて、初の会合。
昨日書いたとおり、驚異の出席率。
52名の理事のうち、欠席者はわずか4人
企画指導部会が全員出席で、
残りの4部で1人ずつの欠席。出席率は92.3%
2年前の改選時の初部会では
62名中、欠席が16名。出席率74.2%。
一体この2年間、理事さんたちの意識の中にいかなる変化が起こったのか。

今年2月、「理事はやる気のある人を出して下さい」
「なり手がなくて、名前だけ出すなら、むしろ欠員にしてくれた方がいい」
という、や過激な方針を出しましたが、
その効果が現れたのでしょうか。

今日は保険関係の会議でしたが、
「その他」の自由討論で、
『東京食肉名鑑』に掲載する理事の写真の部分には、
名前にフリガナをつけたらどうか、
という意見が出ました。
確かに、人名は読み方が難しく、
島田美太郎理事長も「びたろう」と呼ばれることが多いようです。
佐藤恭脩副理事長など、「やすのぶ」と正しく読める人は皆無でしょう。
ちょっと、目からウロコでした。

その他、電子マネーの導入を研究する宿題も与えられました。

昨日から名簿に取りかかりました
一日2ブロックを目標に進行中。
やりだせば早いのですが。

[今日の写真]

↓は、バンコクの屋台で売っていた
「インディ・ジョーンズ」と「アイアンマン」の海賊版DVD

クリックすると元のサイズで表示します

1枚わずか100バーツ。(360円くらい)。
いつも映画館で黒い涙を流す女の子や
ビデオカメラをかぶったパントマイムやら見せられて
「海賊版を買ってはいけない」
と分かってはいますが、
どんなもんか、という好奇心に負けて買いました
映画を愛するみなさん、ごめんなさい。

屋台にはジャケットの見本みたいのしか置いてなく、
買うことを決めると、売り子の女の子は突然消えます。
しばし待つと、
近くのビルの中から商品をもって再登場。
どうやら、どこかの部屋が倉庫になっているらしい。

ホテルに帰って開けてみると、↓のとおり、DVDにも画像が焼いてあります。

クリックすると元のサイズで表示します

日本に帰って、インディを見てみると、
(事務局長の家にはリージョン1も見られるプレーヤーがあります)
画面はぼけぼけ
売り子の女の子は「カメラで撮ったものではない」と強調していましたが、
明らかにビデオカメラでスクリーンを撮影したもの。
これでは100バーツの価値もありません。

もう一つの「アイアンマン」の方は画質はまだまし。
音声は英語とタイ語の2つの切り換えになり、
字幕も英語、タイ語、中国語の3つに対応。
DVDの本物をコピーしたものかと思いましたが、
しかし、画面は端の方に人の頭らしきものが移って動く、
スクリーンを撮影したもの。
今の海賊版は音声や字幕も対応しているのでしょうか。

東南アジアで海賊版を買ってはならない
という教訓を得ました。

↓はメキシコシティでスペイン語版「美女と野獣」を観た後、
劇場の前で売っていたもの。1000円くらい。

クリックすると元のサイズで表示します

もしかして、テレビで劇場中継したものの録画かと期待して買いました。
↓中身は、DVD-RとCD-Rに録った、正真正銘の海賊版。

クリックすると元のサイズで表示します

CDの方は「美女と野獣」ブロードウェイ・オリジナル・キャスト版のコピーで、違法。
期待したDVDには・・・
何と
ジャン・コクトーの元祖「美女と野獣」が入っていました。
こちらは既に著作権が切れています。

「美女と野獣」は、今ではディズニー版が主流ですが、
オールドファンには、こちらのジャン・コクトー1946版の方が本家。
白黒の美しい画面に展開される夢のような物話。
ジャン・マレー、ジョゼット・デイ主演。

昔、テレビが夕方月曜〜金曜の帯で同じ映画を週替わりで放映していたことがあり、
当時中学3年生であった事務局長は、
学校から帰ると、毎日この映画を観た記憶があります。
何ともなつかしく、
DVDからのダビングらしく、画質も良く、
こちらは損した気がしませんでした。


評判記と2つの部会  

昨日はブログをさぼりました。
その前夜、2時間しか寝ていないのが響いて、
ちょっと横になったのが、気付いたら、朝になっていたのです。
今日、島田理事長から「もう年なんだから」と言われました。

その間に2つの部会を開催。
1日は企画指導部会、2日(今日)は広報部会です。
両部会とも驚いたのは、出席率の良さ
明日(3日)の厚生部会が終わったら、
5つの部会の総出席率をまとめてお知らせしますが、
組合に何が起こったのか、と思うくらい、
びっくりするような出席率になっています。

それと、新提案の少なさ。
一方、今の組合活動に対する満足度の高さ。
満足しているから、提案が出ないのか?
それは組織が完成の域に達したのを示すのか。
それとも爛熟期(らんじゅくき)を示すのか。
更に頽廃期の前兆なのか。

(爛熟=物事が発達の頂点に達すること
頽廃=くずれてだらしなくなること)

どんな会社も組織も人間も
誕生して成長発展し、
やがて下降して消滅する運命なので、
後で、
「ああ、あの時が組合の頂点であったか
などと思い返すことがないようにしたいものです。

ミニ支部長会でも気になるのは、
「もっと、もっと、くれ」
という発想で、
かつてローマ帝国が頂点の時に、
競技場を作って娯楽を与え、
かつパンを与えて国民の欲望を満足させたことを思い返すと、
そうはならないようにしたいものだと思います。
なにしろ、当時のローマ貴族たちは、
食べても食べても満足せず、
食べたものを吐き出して、もっと食べたといいますので。

事務局の仕事は、
今の良い状態をどれだけ持続して
「高原」を長く継続させるかなので、
様々な要望に対して、
「それは、組合にとって有益だ」
「それは、行政がすべきこと」
「それは、自分でやったらいいでしょう」
等と、心の中で分けながら聞いています。

さて、「評判記」とは何か。

先日、鈴鹿での全肉生連三重大会で他県の組合幹部のみなさんと交流して、
このブログが予想以上に他県のみなさんに読まれていることが分かりました。
読む理由は様々ですが、
その一つに「情報源」として本ブログを読む方が多いようです。
それは、補助金詐取事件裁判の翌日のアクセス数の多さ、
某全国団体の総会後のアクセス数の多さで分かります。
「あの人事は、随分早かったですね」とも言われました。
業界紙は様々な配慮から書けないことを
本ブログは歯に衣着せぬ態度でばっさり書くので、
それを面白がってくれる方も多いようです。
(もっとも「わがまま親父」のブログの実名入りのものすごさには負けますが)

そういうマスコミ的な要望があるとすれば、
先日の三重大会で出たある話題について
報道するのは、相当使命を果たせるのではないかと思います。

なんだか遠回しな言い方をしましたが、
要するに、某全国団体の人事についての「評判」です。

まず、あの驚くべき会長人事は大変評判が悪い。
ざっと聞いた意見を並べると、下記のとおり。

「驚いた」
「あきれた」
「理事たちは何を考えているのか」
「時代を逆行させている」
「誰の意向だ」
「誰が票をとりまとめたんだ」
「業界紙には『事前の根回し人事はなかったようだ』と書いてあるが、そんなことはないだろう」
「一度会長を退いた、いわば『過去の人』が13票も集めるというのは
とりまとめる動きがあったと思うのが自然だ」

最後の意見を言った方・Aさんは、大変冷静に論理的に発言する方で、
事務局長好み。

この陰謀説は、
「実際に動きはあった。〇〇方面の方が〇〇ブロックの会長に電話を書けてきて、投票を依頼した」
という証言で一件落着。

Fkさんには、「そろそろ相談役に退きたい」と思っていた節があり、
本人が積極的に加担したとは思えないが、
そういう「陰謀」にやすやす乗った気持ちが理解できない。

となれば、
「前会長のFjさんは気の毒だ」
(前会長、新会長ともに頭文字がFでややこしいので、
前会長をFj、新会長をFkと表記)
「というより、非礼だ。前回、建て直しのためにお願いして会長になっていただいて、何ら目立った失政のないFjさんを一期で降ろすとは。少なくとも二期していただくのが礼儀だろう」
「何で今Fkさんの再登板なのか、全く分からない」

この疑問については、
ある人の
「前のFjさんは、ちょっと頼りなかったので、
Fkさんに、農水省から沢山補助金を取って来てもらうのだ」

というのが本音を表している。
事務局長が「取材」した中で
唯一「Fkさん歓迎」を口にしたのがこの人で、
あまりに古い補助金体質のこの団体の特徴がよく現れた発言。

会長以外の人事 (会長が指名選任) についても不評。
「副会長、常務理事等『常務会』の顔ぶれを見て、脱力した」
「業界紙にFkさんは『基本的に全国各ブロックから出てもらった』と言っているが、古い」
「唯一副会長に意外な人物 (かつて脱退を表明した県の会長) がなったのは歓迎」

等々。
最後の意見で、かつて反旗をひるがえした者を登用したのは、Fkさんの懐の深さを示すものだ。ただ、そのために現職の副会長を降ろしたのは、禍根を残した。

これについて、先に書いたAさんがめざましいことを言っていた。
「こういう人事をしたのは、その団体の役員の意志だから、構わないが、人事はその団体の顔だから、顔について笑われる覚悟は必要。この顔ぶれで、この団体に何を期待できるかが明らかになってしまった」
「それにしてもFkさんは、組織改革の千載一遇のチャンスを逃した。一任された人選で、若者を登用する斬新な人事を行い、『私はこの若者たちを育て、2年後に身を引く。それが私の最後の仕事だ』と宣言すれば、拍手喝采で歓迎されただろうに。残念だ」
この意見には事務局長、目からウロコの思い。人事というのはこうありたい。
Fkさんは業界紙のインタビューで
「全国組合員のコンセンサスを取ることを、まず念頭に置きたい」
「組合員に自分たちの全国組織であるという自覚をもってもらえる組織づくりを再構築することから始める」

と言っているが、
念仏に魂を入れるには、Aさんのような思想が必要だろう。

もう一つ、これも全国各県で驚きの声が上がった、O相談役人事
これは全面的に悪評。
「あきれた」
「みっともない」
「そんなにしがみつきたいか」
「下の者のやる気を失う」
「年寄りがいつまでもいては邪魔になると思えないのか」
「思えないのが老害の特色だ」
「往生際が悪い」
「人間は引き際が肝心。まさに『晩節を汚す』という典型」
「非常勤じゃなくて、常勤 ? その上、給料までもらう ? とんでもない」
「彼の給料は、地方の県組合の女子職員の3〜4人分。高い退職金をもらって、その上まだこの団体から吸い取ろうというのか」
「ここが何年も赤字を続けていること、彼は自覚しているのか」
「よほど定年後に家でやることがないのだろう。出てくればお茶も出るし、話し相手もいる。しかし、第二の人生の設計ができなかったツケを回される団体は迷惑だ」
「きっと長年いた組織から離れるのは寂しいのだろう。しかし、寂しいのは彼だけじゃない。全ての定年退職者は、その寂しさに耐えていったのだ」
「こういう時Fkさんがすっぱり切れないことに、既にFkさんの限界を感じる」

中には、もっと凄い意見もあったが、武士の情けで割愛。

これについても賢人・Aさんが面白いことを言った。
「功労者だから何らかの立場を与えるというのは、その団体のポリシーだから、構わない。ただ、自然発生的に出たならまだしも、噂では、本人があらこちに根回しして頼んだそうだし、副会長の一人は青筋立てて反対したという。ならば、組織のために身を引く、というのが普通だ」
「残念なのは、Oさんも絶好の機会を失ったことだ。相談役に残るのもいいが、『私はこの組織に長年お世話になった。従って、最後のご恩返しに、2年間、無給で働かせていただく』と言えば、男が上がっただろう」
「あるいは、『私の給料は返上しますので、全国各県組合の事務局職員の福利厚生に役立てて下さい』とでも言えば、薄給で働いている各県事務局職員の涙を誘っただろう」


いずれにせよ、FkさんにしてもOさんにしても
「散りぎわの美学」を言う武士道とは遠いところにある
というのが事務局長の感想。
全国の皆さんと話すと、その点では一致。
Fkさん、「全国組合員のコンセンサス」は、
そういうところにありますぞ。





AutoPage最新お知らせ