名簿作製と「告発のとき」  

各支部から戻って来た修正箇所に基づき、
『東京食肉名鑑』の作製は順調に進んでいます。

今日は業界の長老の方を訪ね、
新聞の広告について、ちょっとお願いごとを。
あまり人にお願いごとをするのは好きではないのですが、
仕方ない。仕事ですから。
そのあと雑談に入って、
1時間もお邪魔してしまいました。

名簿が順調に進んだので、
行ける時には、行っておこうと、せっせと映画を観ています。
今日の映画は↓「告発のとき」

クリックすると元のサイズで表示します

「ミリオンダラー・ベイビー」の脚本で脚本賞を取り、
翌年、「クラッシュ」を監督して作品賞を取った、
ポール・ハギスの作品。

イラクの戦場から帰還した一人の青年が、
帰国直後に軍隊から失踪。
父親の退役軍人が息子の捜索を始めるが、
友人たちの供述から
父親の抱いていた息子像と違った姿が見えて来る。
そして、判明した真相は・・・。

という、ミステリー・タッチの社会派ドラマ。
明らかになった真相は余りに重い。
この監督はどうしても
こういう人間の深い罪業を描かずにはいられないようだ。

さすが脚本家出身の監督らしく、
息子のパソコンの映像、
昔かかってきた電話などが
ある一点に集中して謎が解ける過程は実にうまくできている。
最後にある小道具によって
「告発」の様相が明らかになる伏線もうまい。

もっとも、「告発のとき」というのは、日本で付けた題名で、
原題は、「In the Valley of Elah」(エラの谷で)
エラの谷というのは、
旧約聖書でダビデが石投げ器で巨人ゴリアテと戦った場所。
敬虔なクリスチャンである父親が
警察の捜査官の息子に語って聞かせる物語。
これも後で生きてきて、
この話について捜査官の息子が
「どうして王様は戦えと言ったの?」
と言うセリフに作者の言いたいことがこめられている。

父親役はトミー・リー・ジョーンズ
アカデミー賞では、「ノーカントリー」ではなく、
こちらでノミネートされたとおり、
見事な演技を見せる。
他にシャーリーズ・セロンスーザン・サランドンというオスカー俳優を
ずらりと並べた演技合戦はすごい。

しかし、辛かった。
しんどく、どっと疲れた。
世界で起こる出来事の重さをドカンと向けられても
受け止めきれるものではない。
5段階評価の「4」


法律条文と「アラジン」  

『東京食肉名鑑』の資料部分は、
前回、生衛法だったので、
今年は中企法
実際やってみると、生衛法とは比べ物にならないほど膨大。
中央会とか企業組合とか、
直接関係ない部分もあるので、
それを省略して、
少しでも短くする作業を進行中です。
条文ごとに副題が付いているので、
それをゴシックにするなど、
細かい作業があります。

本日、新聞が届いたら、
大ミスが発覚。
あれだけ校正していても、
気付かない。
思い込みとは激しいものです。
何をミスったかは書きませんので、
お手元にある方は捜して下さい。

帰りに「ちょっと一本」で、
今日は古い映画の「アラジン」です。

クリックすると元のサイズで表示します

舞浜の映画館、シネマ・イクスピアリでは、
東京ディズニーリゾート25周年を記念して、
4月から8月まで5ヶ月にわたり、
「ディズニー フィルム セレクション」
というのをやっています。

ミッキーマウスの初期作品・パート1(1928〜35)
ミッキーマウスの初期作品・パート2(35〜41)
ドナルド・ダックの短編作品集(34〜40)
シリー・シンフォニー・シリーズ作品集(29〜39)
白雪姫(37)
ピノキオ(40)
ファンタジア(40)
ダンボ(41)
シンデレラ(50)
ふしぎの国のアリス(51)
眠れる森の美女(59)
リトル・マーメイド(89)
アラジン(92)
美女と野獣(91年版ではなく2002年版)


という14プログラムを、
日替わりで
毎日5回上映するという、
無謀なスケジュール。

なかなか観に行けず、
やっと、今日、「アラジン」を観た次第。
家にレーザーディスクはあるのだけれど。
チラシがないので、↓CDのジャケット。

クリックすると元のサイズで表示します

これは「リトル・マーメイド」〜「美女と野獣」〜「アラジン」〜「ライオン・キング」と続く、
ディズニーの第2黄金期 (と、事務局長が勝手に命名)の作品群の一つです。
ディズニーは「美女と野獣」のダンスシーンのクレーン移動のような場面で
CG (コンピューター・グラフィックス) を初めて使い、
次の「アラジン」で、主に絨毯の造形(模様が複雑)にCGを使いました。

初めて観たのはハワイ。
郊外のカハラ・モールにある映画館で。
あまりの面白さに、
翌日娘とバスででかけて2日連続。
その間、カミさんはワイキキで買い物をしていました。

今日、久しぶりに観ても、やっぱり面白い。
スピーディーな展開、
魅力的なキャラクター、
素晴らしいアニメの技術で、
一瞬の遅滞もなく駆け抜けます。
今さらですが、
5段階評価の「5」。

特に、ミュージカル・シーンが見事で、
魔法使いジニーが自己紹介する歌、
「フレンド・ライク・ミー」では、
自分の顔がニコニコしているのが分かりました。
これは、声をやっているロビン・ウィリアムスの功績も大きい。
アラジンの入城シーンの「プリンス・アリ」も楽しく、
空飛ぶ絨毯に乗った姫と王子が歌う
名曲「ホール・ニュー・ワールド」
は、まさに歌と映像が渾然一体となった夢幻の世界を展開します。
(歌っているのは、「ミス・サイゴン」の初演でキムを演じたリア・サロンガ。)
この年のアカデミー賞の主題歌賞はこれ。
ゴールデングローブ賞の主題歌賞では、
上記3曲が揃ってノミネートされました。

人には才能が開花する時期というものがあるもので、
作曲のアラン・メンケンは、
「リトル・マーメイド」「美女と野獣」「アラジン」
3本立て続けに主題歌賞を受賞しています。
(1本間をおいて、「ポカホンタス」でも受賞)

こういう歌入り手描きアニメは既に季節を過ぎており、
CGアニメ全盛の今、
もう再びこのレベルのものが作られることはないでしょう。
それだけにこの回顧上映は貴重で、
事務局長はあと、「美女と野獣」と「ファンタジア」を観に行く予定です。

(現在、ジョン・ラセターがディズニーで、
手描きアニメを制作中なので、
すごい作品が出て来るかもしれません。)

7月28日から8月31日までは
それまでの動員ランキングに基づく
人気作品の連続上映。
スケジュールは7月20日に発表されます。



新聞校了と「クライマーズ・ハイ」  

新聞が終わり、
名簿の修正も先が見えたので、
少し気持ちのゆとりができました。

で、今日は連絡事項に終始。
特に、除名問題で、もっと迅速に除名できるシステムを作れと
主張する人たちのために、
そう簡単ではありません
という資料作り。

今回の場合は、常務会の意志と本人の受諾が一致したから
実効性の「除名」が成立したわけですが、
前にも書いたとおり、
本来は総代会で決議すべきもの。
それが定款の定め、と説明したら、
今度は、では定款を変えようという話になりました。

しかし、組合の法的根拠である
生衛法 (生活衛生関係営業の運営の適正化及び振興に関する法律) にも
中企法 (中小企業等協同組合法) にも
除名は総会の特別決議に指定されており、
総会でしか決議できず、しかも3分の2の賛成が必要。
つまり、組合の解散や定款変更と同等の重要事項に認定されているわけです。
その上、どちらの法律にも
一定日数前に本人に通知し、
総会当日、弁明の機会を与えなければならない、
と定められています。

なぜこんなことになっているか。
それは、組織には権力闘争がつきものであるので、
執行部が自分の気に入らない人間を簡単に除名したり出来ないようにしているわけです。
除名は、組織においては死刑に等しい極罰ですから。

それが常務会という少数の人間で決定できるようになったら、
常務会を支配している人たちで
次々と敵対相手を除名してしまうでしょう。
だから、総会という、もと広い場所でしか出来なくしているわけです。

なお、一定以上の人数(法企法では200名、生衛法では500名)をかかえる組合は
総代会で総会に代えることが出来るという法律の規定があるので、
わが組合では総代会が最高決議機関となっています。

そういうわけで、
法律の定めにそむく定款変更をしても認可されない
あくまで法律に従うしかない、

などということを、法律条文を切り貼りして解説。

従って、今回のように、実効的には成立した除名でも、
来年5月の総代会において
追認決議をする必要がある、と
事務局長は思っています。

少しゆとりが出来たので、帰宅時、映画を一本。

クリックすると元のサイズで表示します

作家・横山秀夫が
群馬の上毛新聞の記者だった時代に遭遇した
日航ジャンボ墜落事故の取材体験に基づいて書いた
15年前の作品の映画化。
事故についての映画ではなく、
それを取材する地元紙・北関東新聞の記者たちが
全国紙に負けまいとして奮闘する姿を描いているので、
勘違いして観に行くと、
戸惑うことになり、要注意。

しかし、新聞社内での人間抗争は大変よく描かれている。
一生に一度の大事件に遭遇するという
幸運に出会った新聞記者たちの興奮、
これに水を差す地元の政治状況、
広告部との相剋、
販売店との問題
などを織り込みながら、
男たちの魂と魂のぶつかりあい。

その姿には、胸が熱くなるものがある。
その現場の雰囲気を原田眞人監督が活写。
ステディカムを上手に使い、
男たちの争いをダイナミックに描ききる。

何より感心したのは、
新聞社員を演じた役者たち
日本人の演技には普段辛口の事務局長だが、
今回の
ちょっとした役にも血を通わせた演技には舌を巻いた。
「アンサンブル助演男優賞」というのがあったら、差し上げたいくらい。
特に、でんでんなど、いい味を出している。

観た人で「あれは誰?」と思う方のために、以下に一覧表を。

キャスト

* 悠木和雅(遊軍・日航機事故全権):堤真一
* 佐山達哉(社会部・県警キャップ):堺雅人
* 玉置千鶴子(地域報道班)尾野真千子
* 安西耿一郎(販売部):高嶋政宏
* 白河頼三(社長):山崎努
* 等々力庸兵(社会部・部長):遠藤憲一
* 岸円治(政経部・デスク):田口トモロヲ
* 田沢善吉(社会部・デスク):堀部圭亮
* 吉井弁次郎(整理部):マギー
* 神沢周作(地域報道班):滝藤堅一
* 伊東康男(販売局・局長):皆川猿時
* 亀嶋正雄(整理部・部長):でんでん
* 守屋政志(政経部・部長):矢島健一
* 黒田美波(元・社長秘書)野波麻帆
* 安西小百合(安西耿一郎の妻):西田尚美
* 粕谷隆明(編集局・局長):中村育二
* 追村穣(編集局・次長):螢雪次朗
* 安西燐太郎(安西耿一郎の息子・成長後):小澤征悦

事故現場を再現した美術スタッフは、見事。
新聞社内のフロアは
地方紙としては広すぎ、立派すぎないか?
社長の山崎努はさすがだが、
あのペットボトルは当時もあったか?
まだ携帯電話がない時代で、
不便だったんだね、とつくづく思う。

「クライマーズ・ハイ」とは、登山者の興奮状態が極限に達して、高さへの恐怖感がマヒしてしまうこと。
で、ドラマの背景に
社内の登山サークルの主人公の親友の販売部社員との友情にからめて
登山シーンが登場し、
そこからの回想の形を取るのだが、
この部分が何ともウザイ。
間に挟まるたびにリズムが狂う。

実は、この販売部社員の造形は原作でもうまくいっていない部分で、
まして、その社員の遺児との山登りや
主人公の息子との相剋や
出自についての話や、
それが主人公の決断に関わって来る部分など、
思い切ってばっさり切って、
新聞社内部の同時進行ドラマだけにした方が作品として完成しただろうに。
まあ、そうなれば、原作者との闘いになってしまうのだが、
とにかく、日本人の映画作家がついついウェットに走るのは悪い癖だ。

そういう欠点を補っても、
躍動感というだけでも一見の価値あり。
5段階評価の「4」

原作を読んでいないと分からない部分が沢山あるので、
後にでも読むことをお進めする。
原作よりできがいいので、
先に読んでも邪魔にはならない。


ミニ支部長会・第3回  

今日は午後から事務所に出て、仕事を片づけ、
夕方から城南ブロックのミニ支部長会へ。
場所は五反田。
品川から2駅なので、ぎりぎりまで事務所にいました。

クリックすると元のサイズで表示します

39名の会合。
流れは「支部に更なる支援を」という方向に向かっており、
年度末の為替の状況が益々関心事となっていきます。

ミニ支部長会、半分過ぎましたが、
全部終わった時点で
どんな意見が出たかをまとめます。

ところで、(財)日本舞台芸術振興会から↓のような豪華パンフレットが送られて来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

来年秋から3年間に渡って、
ミラノ・スカラ座、英国ロイヤル・オペラ、
フィレンツェ歌劇場、バイエルン国立歌劇場

の4劇場が来日公演をするので、
会員になれば、一般より5パーセントほど安く
優先的に席が確保されます、
という誘惑。

5パーセントほど安いといっても、
値段が半端ではありません。
S席を対象にしたS会員が54万円
A席を対象にしたA会員が47万円
B席を対象にしたB会員が40万円
9演目ありますので、
1演目当たりでは、S会員で6万円に相当。

その上、今回は更なる誘惑が用意されていて、
ORS会員(オペラ・ロイヤル・シート会員)になれば、
S席の中で、事前に希望を聞き、可能な限りその席を取ってくれるというのです。
S会員になっても、席の割り当ては先方任せなので、
良い席、悪い席、結構バラツキがあることは経験していますが、
事前に席の希望を聞いてくれるとなれば、かなり魅力的な話です。

で、問題はそのORS会員の会費。
S席にプラス25万円で、計79万円也。
1公演当たり、約9万円。
ゲネプロ(本番並の通しリハーサル)1回の見学特典付き。
差額の25万円は公益法人への寄付扱いで、控除の対象。

3年に分ければ、1年で26万円

演目は
ヴェルディが4つで「アイーダ」「ドン・カルロ」「椿姫」「運命の力」。
以下、マスネ「マノン」、ブッチーニ「トスカ」、ワーグナー「ローエングリン」、モーツァルト「ドン・ジョヴァンニ」、R・シュトラウス「ナクソス島のアリアドネ」
うち5つが新演出版。
「アイーダ」はゼフィレッリの演出 ! 。

心の豊かさのために投資するか。
それとも節約して、悪い席でもいいから
観たいのだけにするか。
募集開始日の7月25日まで、迷いそうです。

パンフレットに、脳科学者の茂木健一郎氏のニクイ言葉が書いてあります。
「本当の感動を知っている人は、強い。
生きていく上で、迷わない。
揺るがない。
折れない。
音楽は、そんな座標軸になり得る。
音楽の最上のものを知っているということは、
他のなにものにも代えがたい
強い基盤を自分に与えてくれるのだ」。


また、こうとも。
「オペラによる感動の記憶は一生残ります。
残るだけではなく、
その記憶は育ち続けるのです」。



岩カキとイエスの骨  

昨夜新聞の原稿を仕上げてしまったので、
今日はゆっくりできました。

山形屋の除名が迅速に決まりましたが、
最近決定が早いのは、
「様子を見よう」という人が役員の中にいなくなったからです。
昔はそういう人がいまして、
決断力の無い隠れ蓑に、すぐ「様子を見よう」と言いだしました。
もうひとつが「行政にお伺いを立てよう」というやつ。
要するに、自分で決断できる胆がないだけのことです。
今回は、
「相手がごねた場合、臨時総代会を招集することになりますが、いいですね」
と確認し、
みんなが腹を固めたので、脱退するぞ、と迫ることができ、
相手が受け入れたので、
総代会を招集する手間ははぶけたのです。
ぐずぐずしていたら、
組合の姿勢が問われることになるところでした。

[今日の写真]

↓の石みたいなものは何か分かりますか?

クリックすると元のサイズで表示します

岩カキです。
一般的に流通するマガキとは違う種類で、
しかも、いただいたのは、
正真正銘の天然もの
サイズは10センチかける17センチ、厚さ7センチの巨大さ。

↓貝むき用のナイフも付いています。

クリックすると元のサイズで表示します

説明書には、貝のこの位置を金槌の釘抜きの側で砕け、と図示してあります。
というわけで、↓金槌の登場。

クリックすると元のサイズで表示します

一体どこが貝なのかよく分からないままにベランダで砕いてみると、
ようやく穴があいたので、
何層にもなった貝の年輪(?)をペンチでメキメキと取り除き、
ナイフを差し込んで、貝柱を切ると、
ようやく、貝が口を開きます。
砕く場所の指定があったのは、
そのあたりに貝柱があるからのようです。

貝を開くと、ご覧のとおり、「本体」がベッドに寝ています。
10センチ×7センチの豊満な体を
一糸まとわぬ姿でさらしています。
穴が開いているのは、貝柱のあった場所。

クリックすると元のサイズで表示します

カキにしてみれば迷惑な話で、
何年もかかって堅固なマンションを作って寝ていたのに、
突然外から壁を崩されたようなもの。↓

クリックすると元のサイズで表示します

有無を言わせず、下の貝柱も切られて引きずり出され、
その上、ぺろりと食べられてしまうとは。

それでもカキは何も言いません。
英語で、「カキのような人」というのは、
口の堅い人のことです。

[書籍紹介]

↓本日読み終えた本。

クリックすると元のサイズで表示します

題名だけで内容がほぼ見当が付くのは困りもの。
原題も同じ。

その上、「腰巻き」に、さらに追い討ちが。

クリックすると元のサイズで表示します

内容が分かっている本をなぜ買ったかというと、
実は、事務局長、このテの話が大好きだからです。
もしかすると、題名で種明かししてしまっているのは、
最初からそういう「愛好家」を対象にしているのかもしれません。

キリストにまつわる珍奇な話というのは
「ダ・ヴィンチ・コード」が最も成功した例ですが、
実は、山ほどあります。
5番目の福音書が発見されたとか、
イエスは実は死なず、日本に渡ったとか、
(実際、岩手県の「戸来」(へらい=ヘブライに通ず)には、
「キリストの墓」というのがあります。
旅行者が2千年前のエルサレムにタイムスリップしてしまい、
そこで撮影したビデオにイエスの映像が写っており、
その「聖なる鏡」を継承する秘密組織があって、
やがて、現代に至って、そのビデオカメラ (ソニー製) が発見される、
なんていうのもありました。
ドラキュラとはイエスを裏切ったユダだった、
なんていう映画もありました。
イエスの骨が発見されたという話は、
映画でも観たことがあります。

そういう意味で、全然新味なし
ただ、エルサレムの神殿の下から強奪された骨箱が
ヴァチカンに運ばれ、
二人の学者によって検証されていく過程は、
そこそこスリリング。

お約束の「テンプル騎士団」も登場しますし、
最後はおきまりの結末。

テンプル騎士団について知りたい方は、↓をクリック。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%AB%E9%A8%8E%E5%A3%AB%E5%9B%A3

なぜイエスの骨が問題になるかというと、
新約聖書の記述では、
イエスは死んだ後、蘇り、
最後には天に昇って行った、
と書いてあるからです。

イエスの骨が実際にあると、
教義上、問題になる。
つまり、キリスト教二千年の歴史が崩壊してしまう、
というわけです。

死体の行方が分からない、というのは
神秘的で想像力を喚起します。

たとえば、自殺したと言われるヒトラーの死体は行方不明。
だから、ヒトラーは逃げて、生き続けたという「伝説」が発生。
モーツァルトの墓、というのがウィーンにありますが、
実際は共同墓地に葬られたので、そこに遺体はありません。
聖徳太子の骨も所在不明。
モーセのお墓も不明。

そうしたわけで、こういう話があると、
事務局長は、
また本屋の書棚に手を伸ばしてしまいそうです。





AutoPage最新お知らせ