ガソリン値上げと拉致家族  政治関係

昨日の「サンデープロジェクト」でガソリン値上げ問題が討論され、
先日の漁民の皆さんの「1日スト」の話が出、
一つの業界だけに補助金を出すというのは問題があるから、
すぐできる方法は、暫定税率をとりあえずゼロにすることだ、
そうすれば、全ての人に恩恵が行く、
と「ミスター円」の榊原教授が提案していた。
当然「道路ができなくなる」という反論があったが、
何かを取れば、何かを失う、という世の習いから見れば、
要は「決断」ということだろう。
一番いけないのは、様子を見ていて、何もしないことだ。

あの「ストライキ」の波紋は大きいが、
ああいう形の行動で補助金が出るならば、
わが業界も7年前のBSE騒動の時、
デモをすればよかったことになる。

ただ、今度の漁業関係者の行動が「共感」を呼んだのは、
庶民レベルでマイカー自粛などの影響が身近に及んでいたからだ。
この点で高市早苗議員
「そんなことより、業界の体質を強めることの方が大切」
などと発言して総攻撃を受けていた。
高市サンの発言は正論だが、
溺れている人を前にして、
「水泳教室に行きなさい」
と言っているのと同じで、官僚的な発言。
聡明な高市サンにしては珍しい。

暫定税率ゼロという榊原さんの提言はグッド・アイデアだと思うが、
国会が休会中ではどうすることもできないだろう。

この点について知人の国会議員に「どうして通年国会にしないんだ」
と言ったら、
「前回が通年国会みたいなものだ」と的外れな答が返って来た。
この新人議員さん、現場感覚が売りで、
以前なら「その通り」と即座に言ったはずだが、
どんどん感覚がにぶって、
「向こう側」の人になりつつある。

今日の産経新聞で中山恭子首相補佐官が、
「拉致問題に対する福田首相の姿勢は安部首相の時と何ら変わっていない」と強調していた。
(クリックすると、大きくなります。)

クリックすると元のサイズで表示します

福田さんの最も身近にいる人がそう言うのだから、
きっとそうなのだろうが、
それが福田さんから感じられないのは、なぜなのか。
というより、福田さんのキャラクターなのか、
何かに対して腹をくくって対応しているという胆力が感じられないのは、
国民にとって不幸だ。
あの「きょとんとした顔」は何とかならないか。

拉致問題というのは、政治家に対するリトマス試験紙的なところがあり、
国民の生命、財産を守る、
という国の根本存在意義を議員が腹に持っているかどうかがすぐ分かる。
加藤紘一(呼び捨て)の
「あの時、帰国した拉致家族を一旦北朝鮮に戻すべきだった」
という発言は、この人が「売国奴」であることを如実に示している。
この人はいかにも官僚出身で、心が冷たい
批判にあわてて「北朝鮮などに批判されない方がいいという意味だ」
とごまかしていたが、
「ヤクザに難癖つけられたくないからヤクザの言いなりになる」
と言っているのと同じ。
要するにフヌケということだ。
加藤紘一とか山崎拓(これも呼び捨て)とか、
こういう人が国会議員として存在すること自体が国辱ものだ。

どうも相手がヤクザだという認識をちゃんと持っている人が少ないので不思議。
さすが拉致家族の皆さんはその認識を持っているが、
ヤクザというのは、難癖つけたり、嘘を並べたりするのが仕事。
弱腰を見せればつけ込んで来るということを忘れてはならない。

6ヶ国協議というのもお笑いで、
あの国が核を放棄すると本気で考えているのか。
あの小さな極貧国に対して、
あれだけの大国がご機嫌を取っている理由はただ一つ。
核を持っているからだ。
核を放棄した途端にどんな仕打ちを受けるか分かっているから、
相手は絶対核は手放さない。
こんなことは筋道立てて考えればば分かることだ。
先方がすることは、
核を放棄するふり、あるいは、放棄するかもしれないふりを小出しにするだけ。
それに翻弄されているのが6ヶ国協議。

外交官というのは「成果」をあげないといけないという
脅迫観念を抱いているから、
決裂することを本能的に恐れる。
そこにつけこまれているだけだ。

事務局長は昔、あるビルから
ヤクザに退去してもらうための交渉をしたことがあり、
たちの良いヤクザ相手の時はよかったが、
たちの悪いのとはてこずった。
とにかく嘘つき。
嘘ばかりつき、約束は守らない。
後は三百代言。
その部屋は覚醒剤の売買拠点で、
結局は警察が逮捕したので、
解決したが、残された家財道具の保管でえらい苦労をした。

イラクやシリアの核施設を電光石火攻撃したイスラエルのような胆力があればいいのだが。

拉致問題については
中国が乗り出さないと解決は無理。
しかし、あの国も、一党独裁、中華思想の国だということを忘れてはならない。
昔、1960年代の後半、
中国礼賛の記事ばかりの風潮に?を感じていたが、
最近は中国の持つ問題性を庶民レベルで認識しているのはいいことだ。
事務局長が産経新聞を読むのは、
あの時の中国報道で一貫した姿勢を見せたのは産経新聞だけだったからだ。
それに、拉致問題で北の犯罪とかなり早めに断定して報道していたのは
産経新聞。
読売、朝日、毎日より格下だと言われているが、
一貫したぶれない姿勢は3紙より上だ。

夜、娘はソウルから帰国
ジュンスのパパに会えたり、
現地で発売されたばかりの東方神起の写真集を入手するなど、
満足な旅だったようです。
この夏、行事で使うホテルの偵察もしてきてもらいました。




ミニ支部長会4回目  

今日は4回目のミニ支部長会があるため、
事務所に寄って、少し仕事。
プリンターの上に積み重なった書類の「地層」を整理してみたら、
昨年の台湾の理事・支部長会の時の資料の原稿やら、
一年前の総代会の時の資料やらが「発掘」されました。
一番下の層には、
2年前の秋の理事・支部長会の資料があり、
ちょっと苦笑でした。

↓今日のミニ支部長会は、中野サンプラザで、城西ブロック

クリックすると元のサイズで表示します

新宿区・中野区・杉並区の支部長と役員のみなさんに集まっていただき、
いろいろな要望を聞きました。
流れは「支部への更なる支援」というところでしょうか。

↓は、その後の懇親会。

クリックすると元のサイズで表示します

一番奥に立っているのは、安井潤一郎衆議院議員
うちの組合はすごい。
なにしろ、国会議員に司会進行役をやらせるのですから。

食事中の雑談で、
食肉組合の代表として国会に出ているのに、
どうして各県の組合は
勉強会の講師に安井さんを呼ばないんだろう、
という話が出ました。
食肉業界の要望を話す良いチャンスなのに。
講師料がバカ高いとでも思われているのでしょうか。

これをお読みの全国の県組合の事務局のみなさん。
講師料は規定の中で受けますし、
なにしろ、交通費(JR)は、無料ですよ。
(もっとも、交通費は補助金で出るので、別にありがたくないか)
今年の秋の勉強会の講師にぜひ、呼んで下さい。
と、安井議員に代わり、売り込みです。

5週連続のミニ支部長会は、
いよいよ、次の土曜日曜で終了します。

ところで、今、幕張メッセで
「スター・ウォーズ・セレブレーション」というイベントをしており、
その関係で、昨日、シネマ・イクスピアリで
「スター・ウォーズ」の第1作(エピソード4)を上映した。
気付いた時には、チケットは売り切れ。

こんな特別なことをするのなら、
一度シネマ・イクスピアリで
「スター・ウォーズ」6部作連続上映とか、
「ロード・オブ・ザ・リング」3部作連続上映とかしてほしいものだ。
なにしろスクリーンが16もあって、
同じ映画を複数のスクリーンでかけたりしているんだから。
常に特別なことをするシアターがあれば、
人気を呼ぶと思うのだが。

ところで、幕張のイベントは
やたらと混んで行列だというし、
何やらおタクの大集合みたいなので、
行くのはやめました。


誤変換とソウルの娘  

7月15日のブロックで、「アラジン」の回顧上映について書いたら、
解雇」上映になっている、という指摘を受け、
すぐに訂正しました。
気付かなかった。
同音異議語の処理は
日本語ワープロ開発時に大きな問題となったところです。

特に、文節変換する方は、↓のような誤変換があるようです。

(正) ご利用は計画的に。→ (誤) 誤利用吐け 威嚇的に。 
(正) 松井 三振だーー!→(誤) 松井さん死んだーー! 
(正) 徳川の埋蔵金 →(誤) 徳川のマイ雑巾 
(正) 委託内容 →(誤) 痛くないよう 
(正) お取引きしたいのですが?→(誤)お取引き死体のですが?

誤変換について、もっと見たい方は、↓をクリック。

http://www.asahi-net.or.jp/~bt1a-kkc/henkan.html

回顧上映もいろいろあるようで。

監督がクビになって、解雇上映
なつかしがって、懐古上映
絹の映画で、蚕上映

少し訛ります。

罪を犯して、悔悟上映
同じく、改悟上映
監督老いて、介護上映
病院入って、看護上映
よその言葉で、外語上映

まだまだ遊べます。

鎖国が解けて、開港上映
久しぶりだね、邂逅上映
みんなで集まり、会合上映
平成になって、改号上映
国際会議で、外交上映
北海道で、開墾上映

そろそろ無理がありますね。

昼頃、娘から電話。
「通知不可」とう出るので、すぐ分かります。
「着いた。大雨だ」とのこと。
娘は雨女で、雨を連れて行ったようです。

夕刻、「メール見た?」と電話。
見ると、「泣いてます私。」とあり、
東方神起ジュンスのサイン入り写真が添付されています。

↓東方神起の最新シングル「どうして君を好きになってしまったんだろう?」

クリックすると元のサイズで表示します

↑左端がジュンス。

ジュンスのお父さんがやっているピザ屋に行き、
ジュンスのお父さんからもらったんだと。
「昨日来ましたか?」〜「いいえ、今日です」
「オリコンデイリー1位になったよ」
「『T』のコンサートは行きましたか。大阪と埼玉に行きました」〜「私は横浜と埼玉です」
「A-nationは行くの?」
ときわめて友好的
竹島問題を持ち出したりはしません。

聞けば、ソウルから地下鉄で1時間も行った町だそうな。
そんなことのためにソウルまで飛んでいくとは。
父親のミーハーDNAを、見事に受け継いだものです。


名簿作製終了と家出  

『東京食肉名鑑』の原稿を印刷会社に入稿。
意外や、予定通りの日程で出来てしまいました。
この数日の半徹夜が効を奏したようです。
ただ、バタバタした分ミスも心配なので、
(既に一箇所発見)
連休中に一度総ざらいをするつもりです。

最悪の場合、本日は大残業の予定でしたが、
予想外に早く済んだので、
帰りに日比谷で映画。
予定の作品の時間が変わっていたので、急遽
「庭から昇ったロケット雲」を。

クリックすると元のサイズで表示します

かつて夢見た宇宙飛行士への道をあきらめ、
農場を継いだ男が、
一念発起でロケットを組み立て、
宇宙旅行をしようとするが、
NASAやFBIの妨害を受ける。
借金はかさみ、農場も手放さなければならなくなり、
家族との心も離れるが・・・

もちろん、実話ではありません。念のため。
ただ、自作のロケットを飛ばそうという民間プロジェクトは
沢山あるようです。

テーマは、夢を信じ続けることの大切さ家族愛
ちょっとありきたり。
しかも、その「夢」がでか過ぎて、
多少科学をかじったことのある者にとっては、
「そりゃ、無理だろう」という点が満杯。

ロケットをまっすぐ飛ばすこと、
衛星軌道に乗せること、
大気圏再突入の困難などは
素人でも分かる。
しかも、あの金額では、どう考えても無理。

無理を承知の上でやっているのなら、
何か一捻りが必要だが、
そこは最初から最後まで正攻法
その場合は、リアリティの綿密さは必須なのに、
「いいんです。細かいことは言わないでね」
とばかりに強引に話を進めるので、
ついていけなくなる。
特に終わりの数十分は
「うわ、本当はもう死んでるよ〜」と心配。
すみません、心が汚くて。

監督は『ツイン・フォールズ・アイダホ』のマイケル・ポーリッシュ。
出演はビリー・ボブ・ソーントン、ヴァージニア・マドセンという
オスカーノミネートクラスの良い役者が出ている。
ブルース・ウィリスも特別出演。

5段階評価の「3」

さて、その後、事務局長は「家出」をしました。
家に帰らなかったのです。
なにやら不穏な書き方ですが、
実は娘が明日早朝の便でソウルに発つことになっており、
同行の会社の同僚が泊まるので、
若い女の子にとっては、
むさいおっさんがいては気づまりだろうと遠慮して、
浦安にある二つの温泉施設をうちの一つ
舞浜ユーラシアに泊まったのです。

娘は
「友達は夜遅く来て、朝早く出るんだから、
別に外に泊まらなくても」
と言われましたが、
前から泊まるとどんななのか知りたかった羞恥心、
違った、好奇心で泊まってみた次第。
(昔昔、事務局長はあの字を「さはじしん」と読んだことがあります。
おバカ三人組並。ああ恥ずかしい)

舞浜駅から20分間隔でピストン輸送しており、
いつもは自転車で行くのですが、
今回はこれを利用。
9時25分のバスで、誰も乗る人はいないだろうと思っていたのに、
びっくり。
15名ほどのマイクロバスが満席。
この時間から一風呂浴びて泊まろうという
奇特な人たちです。(事務局長もその一人ですが)

受付を済ませ、マッサージの予約をし、
露天風呂を渡り歩いてゆっくりし、
1時間マッサージを受けて、
レストランで飲み物を飲み、
リクライニングシートでテレビを見ながら
知らない間に寝て、4時頃目をさましました。
寒いのと、イビキがうるさくて。
ざっと数えると、50人ほどの人が寝ています。
結構いるんですね。

着るものは作務衣とジャージのどちらかを選択できますが、
見たところジャージの方が多いようです。
素肌に作務衣だったのでシャツを追加して、
今度は畳の雑魚寝スペースの方に行くと、
親子三人で「川」の字が崩れたようになって寝ている人や
夫婦で並んで寝ている人などがいます。
さすがに若いカップルはいない。
そういう人はきっと付属のホテルに泊まっているのでしょう。

その中に入ってマットを敷いて寝るのですが、
これが眠れない。
周囲でゴソゴソガサゴソ動くのが、イビキより気になる。
再びリクライニングシートで一眠り。

10階には展望ラウンジがあり、
↓のような東京湾を見ることができます。

クリックすると元のサイズで表示します

高い建物は、ディズニー・シー
「タワー・オブ・テラー」。

首を少し右に振った景色。↓

クリックすると元のサイズで表示します

ディズニー・シーの火山や右の方には東京ディズニーランド

更に、首を右に振ると、↓

クリックすると元のサイズで表示します

右端には、(写真をクリックすると、大きくなります)
最近オープンしたての新しいホテルも見えます。
(このホテルについては今度レポートします)

その後、朝食バイキングを食べ、
朝の露天風呂は最高の気分。
再び満席のバスで舞浜駅へ。

大人2000円。
宿泊の場合は、1500円加算。
つまり、3500円で泊まれます
羞恥心、いや好奇心満々の方は、一度試してみて下さい。

クリックすると元のサイズで表示します

竹皮の厚さと監査会  

先日のミニ支部長会で
「今度の人造竹皮は去年のより薄くなった」
という声があったので、
事務所で二つを触って比較。
確かに今年の方が薄いような気もしますが、
色と印刷の濃さの心理的影響があるかも知れないと思い、
目隠ししてブライントテストをしたら、
事務局員の中から逆の結果も出ました。

メーカーに問い合わせると、
数値は昨年と全く同じ計測データが出たとの表が来ました。
それを鵜呑みにしては、お役人と同じになるので、
器械を持って来させて、目の前で計ることにしました。

↓がその器械。

クリックすると元のサイズで表示します

「THICKNESS GAUGE」という名前がついています。
「厚さ計測器」。実感としては「薄さ計測器」
前に「タモリ倶楽部」で見たことがあるのは、
超音波を使ったものでしたが、
これは純粋機械的なもの。
多分テコの原理と歯車の組み合わせで
厚さを拡大するのでしょう。
あまりに原始的で心配しましたが、
↓のとおり人造竹皮をはさんで計ってみると、

クリックすると元のサイズで表示します

確かに去年のものと今年のものとでは、
0.01ミリ〜0.02ミリ薄いことが判明。
紙は規格のもののはずなので、
ロウを塗る段階で違いが出たようです。
大きい6寸のものだけは、
逆に今年の方がほんの少し厚い。
ただし、0.01ミリ以下の違い。

実際に使う時に影響が出るほどの違いではありませんが、
この100分の1ミリの違いを手触りで感知するのですから、
お肉屋さんというのはすごいものだと感心しました。
メーカーに厳重注意の上、
来年はこういうことがないようにします。

それにしても、あの報告書のデータは何だったんだ。

さて、本日は3ヶ月に1度の監査会
定数の変更で今まで6人だった監事が4人になり、
1人は欠席で、3人。
随分こじんまりとしたものになりました。
それだけに監査の精度も上がると考えたいものです。
3人のうち2人は新しい方だったので、
監査の仕組みと、
準備した資料のポイントを説明しました。

資料は3ヶ月間の資金の増減の一覧、
それに収支の消化率と年度末予測
まだ四半期が過ぎたばかりで
年度末の予測は早いですが、
今の為替のまま年度末を迎えれば、
収入がかなり増え、
組合員や支部に何かしてあげられると説明しました。
仕組債の内容も説明しました。

名簿編集は最終段階。
支部がまとまったこともあり、
総ページ数は16ページほど減りそうです。
広告は少し断られたのもありましたが、新規もあり、
逆に1ページ増えました。
ありがたいことです。





AutoPage最新お知らせ