新年度とカンボジアその3  

↓今日の芝浦の桜

クリックすると元のサイズで表示します

平成20年度が始まりました
どんな年になるか楽しみです。

19年度決算も、ほぼ形が見えてきました。
両組合とも良好な結果。
総代会の資料が、さっさっさと順調に出来つつあります。
随分簡単そうに聞こえるでしょうが、
考えてみれば、
事務局長、この仕事20年以上もやっていますのでね。
スピードだけは人に負けません。

[カンボジアの旅・その3]

(写真をクリックすると、大きくなります)

9時にホテルを出発して、遺跡へ。
アンコール遺跡群と言われるもので、
アンコール・ワットはその一つということになります。
出発時間が結構遅いのは、
現地には車で10分もあれば着いてしまうからです。

↓初めて来た人は、チェックポイントで写真を撮られ、

クリックすると元のサイズで表示します

↓のような3日間通用するチケットを作ってもらいます。

クリックすると元のサイズで表示します

いわば、アンコール・テーマパークのパスポート
各遺跡の入り口で提示を求められます。
40ドルは、現地の人から見たら、かなり高額。
プノンペンのサラリーマンの年収が12万円といいますから。
月収1万円は日収にすると300円ちょっと。
今は物価が上がっており、年収も増えているようです。

ミニバスに観光客は3人。運転手1とガイド1が付きます。

最初に行ったのは、↓プレ・ループ

クリックすると元のサイズで表示します

961年に建造されたヒンドゥー教のピラミッド式寺院。
↓塔門から入ると、

クリックすると元のサイズで表示します

↓王様を荼毘に付した石槽があります。

クリックすると元のサイズで表示します

↓中央祠堂。エジプトもメキシコもピラミッドには登れません (転げ落ちた人がいたため) が、ここは登らせてくれます。

クリックすると元のサイズで表示します

↓上からの景色。

クリックすると元のサイズで表示します

↓周りのジャングルか見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

↓中央祠堂には、

クリックすると元のサイズで表示します

↓こんな像が祀られています。

クリックすると元のサイズで表示します

遺跡はどこも東西南北を意識して作られています。
エシプトやメキシコとの共通性はどこで生まれたのか。
この段階で既に事務局長は汗だく。
3月だというのに、38度もあり、
湿度が高いので、日陰でも暑い。

次は↓タ・ソムという、12世紀初頭のヒンドゥー教寺院。

クリックすると元のサイズで表示します

西門から東門まで一直線の構造。

クリックすると元のサイズで表示します

破壊が激しく、

クリックすると元のサイズで表示します

崩れないように、補強がなされています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

崩れた石を修復。いわば立体ジグゾーパズルです。

クリックすると元のサイズで表示します

↓東門は木の根に覆いつくされています。
門の上に落ちた種が芽を出し、成長して、こんな有様に。

クリックすると元のサイズで表示します

ここでは、壁に刻まれた女神像が見もの。

クリックすると元のサイズで表示します

↓耳たぶに穴を開け、大きなイヤリングを付けるのがおしゃれだったようです。

クリックすると元のサイズで表示します

次はニック・ポアンへ。
↓地雷の被害者たちが、こうして一日中演奏してCDを売っています。
10ドルでした。

クリックすると元のサイズで表示します

↓乾期なので水がありませんが、
本来は池の中に浮かぶ寺院です。

クリックすると元のサイズで表示します

真ん中の池から四方に配置された小池に水が流れだす構造。

クリックすると元のサイズで表示します

↓小池の中の祠には、象、人、ライオン、馬の頭部があり、
その口から水が流れ出てきます。
雨期に来たら面白いかも。

クリックすると元のサイズで表示します

「ニャック・ポアン」は「からみあうヘビ」の意で、
中央祠堂の周囲を2匹のヘビが守ります。
↓向こうに見えるのは、ヘビのからみあった尻尾。

クリックすると元のサイズで表示します

↓中央祠堂周辺の彫刻。

クリックすると元のサイズで表示します

↓このオレンジの服の人はお坊さん。托鉢して歩いています。

クリックすると元のサイズで表示します

午前中最後は、プリア・カンという、1191年建立の仏教寺院。
石碑文には、10万人が寺の運営にあたっていたといいますから、相当大きな寺院です。

クリックすると元のサイズで表示します

正面に橋があり、欄干は↓ご覧のとおり。

クリックすると元のサイズで表示します

↓何かを抱えているのが何なのか、
後でアンコール・ワットの「乳海攪拌」を見て、ようやく意味が分かりました。

クリックすると元のサイズで表示します

頭がないのは、勝手に売られて海外に流出したそうです。

↓ここでも東西に貫かれています。

クリックすると元のサイズで表示します

↓こんなに破壊が激しく、

クリックすると元のサイズで表示します

でも、↓こんなにきれいな道も。

クリックすると元のサイズで表示します

珍しい2階建ての構造物。図書館だったようです。

クリックすると元のサイズで表示します

↓天井が修復されています。両方から石を積んで、最後のところで合わせて力を分散させる、ドームの構造と同じ。

クリックすると元のサイズで表示します

↓シンメトリーなので、反対側に出たのに、
一瞬戻ったのかと錯覚。

クリックすると元のサイズで表示します

ガイドが手を抜いて、「踊り子のテラス」を飛ばしましたが、
後のまつりでした。
ガイドは午前中体調不良で、すこし雑になったようです。

クリックすると元のサイズで表示します

↓宗教戦争があり、
ヒンドゥー教過激派によって、仏像が削られました。

クリックすると元のサイズで表示します

昼食は、ここ。

クリックすると元のサイズで表示します

↓カンボジア風中華料理。

クリックすると元のサイズで表示します

この日は愛知県岡崎市から来た母子さんとずっとご一緒しました。
あちらはお父さんが飛行機嫌いで、母子だけで参加。
事務局長の方は忙しい娘と「私は2時間以上乗るところには行きません」と
宣言したカミさんに袖にされて一人で参加。
ここに疑似家族が出来てしまいました。

この旅行の良いところは、
昼食後、一旦ホテルに戻って3時まで休憩。
シャワーを浴びたり、ひと眠りできます。

外国に来ると珍しいものに触れます。
↓は部屋にあったセーフティボックスの説明。

クリックすると元のサイズで表示します

「貴重品をセーフティボックスに入れたまま退出しないように」
とは驚きました。
在室中しか使えないなら、何のため?
セーフじゃないセーフティボックスというのは初めて見ました。





AutoPage最新お知らせ