映画6本  


[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

コンピューター・グラフィックスの進歩で
最も恩恵を受けたジャンルはSFとファンタジー
昔は困難な表現が可能になったことで
次々と有名ファンタジーが映画化されている。

これもその一つで、
ファンタジーに興味の無い方には無縁の作品だが、
見所は素晴らしい特殊効果
今年のアカデミー賞の視覚効果賞を受賞。
もし予想投票前に観ていたら、この作品を予想していただろうに。
全ての人間の脇に付き添っている守護動物とか、
雪原を行く白くまとか、
全編SFXの無いカットはないのではないかと思うほど。
二頭の白くまの対決シーンでは
カメラ(視点)がぐるりと一周してしまう。
今の映画がどこまで進化しているかを観たい方はどうぞ。
5段階評価の「3.5」

クリックすると元のサイズで表示します

眼中になかったので、チラシの収集はしておらず、
↑のような状態。

これは意外な拾い物。
ある大学のプロレス研究会が舞台。
そこに入って来た新入部員は、
在学中に司法試験の一次試験が通っているという秀才。
なのに、技の覚えが悪い。
「安全第一」のできレースの段取りがなかなか覚えられない。
そういう日常が描かれていて、
実にくだらない。

と思っていて、3分の1ほど経つと、
思いがけない事実が明らかになる。
ああ、そういう話だったのか、
と予備知識の無かった事務局長は驚愕。
それで、謎が解ける。
なぜ彼が覚えが悪かったのか、
なぜいちいちノートを取るのか、
ポラロイドカメラを常時携行し、記録に残すのか、
同じギャグに何度も笑うのか、
なぜリングネームでみんなを呼ぶのか。

こうしてその「秘密」を知っている者と
知らない者との
彼を取り巻く
何ともいえなく切なく優しい物語が展開していく。
その切なさに、事務局長、不覚にも泣いてしまった。

実は、主人公はある「障害」を抱えているのだが、
これについては、
もうあちこちに公表されているが、
あえて事務局長は書きません。
実際に観て、驚いて下さい。
実は先行作品が二つほどあり、
その題名を明かしただけでカンの良い方は分かってしまうので、
それも書きません。
「博」と「メ」です。

元は芝居だったという。
どんな舞台だったのだろうか。
「スマイル」同様、大甘の「4」

クリックすると元のサイズで表示します

衆人環視の中での大統領銃撃事件を巡り、
現場に居合わせた8人の人物の視点で描く、
という鳴り物入りの予告編に、期待は高まる。
8つの視点が重なり合う時、
驚愕の新事実が現れるのだろう。
きっと史上初の斬新な描き方に違いない。
・・・と、期待し過ぎてしまった。

一人の人物の視点が終わると、
ギュルギュルとビデオテープが巻き戻されるようにして、
次の人物の視点で描かれる。
はじめのうちはいいが、
これが5回も繰り返されると、
いささかもどかしい。
しかも、視点が重なり合うことによって判明する新事実、などではなく、
要するに並列。
しかも半分くらいでこの方法を放棄し、
後は、ある集合地点に行くまでは
普通のやり方。
編集のリズムがいいから、
ノンストップで一挙に見せるが、
ただそれだけだし、
登場人物の行動も間抜けだったり、
理解不能だったり。

さて、この映画、
大体半分あたりで
驚愕の事実が明らかになるのだが、
WOWOWの「ハリウッド・エクスプレス」で
その肝心の部分を見せてしまった。
WOWOWのセンスを疑う。

というわけで、「3」

クリックすると元のサイズで表示します

これはなかなか面白い。
映画ははじめアニメ(伝統的な手書きアニメ)で始まって、
主人公のお姫様が魔女の計略で井戸に落とされると、
行った先がニューヨークのタイムス・スクエア。
ここから実写となり、
お姫様は雑踏の中、お城を捜して歩く。
後を追って来た王子や魔女らもニューヨークの街でてんやわんやの大騒ぎ。
「おとぎ話のプリンセスやプリンスがニューヨークに現れたら
面白かんべえ」
というアイデアを
実際面白く仕上げるのだから感心する。

おとぎ話からやって来たお姫様は
現実の街ではただの変わり者だし、
お得意の歌も通用しなかったり、
というのがおかしい。
アニメの世界よりも生身の人間の方が
段々良くなってしまう、というのも
皮肉が効いている。

随所にディズニー・アニメの引用がちりばめてあり、
かつて「シュレック」でさんざん笑い物にされたが、
「それくらい自分でやるよ」
とディズニー自らパロディーにしてしまう。

しかし、なんといってもプリンセスをやった
エイミー・アダムスのキュートさが映画を引っ張っている。

才能ある集団はなにをやってもやりこなす、
という典型。
「4」

クリックすると元のサイズで表示します

空間移動(ジャンプ)の能力を身につけた男が
全世界をまたにかけて人生を楽しむが、
こうした「ジャンパー」たちは多数いて、
それを狩る集団も昔からいて・・・
という話。
スフィンクスの頭の上で食事をしたり、
などという映像が面白い。
日本にもやって来る。
地下鉄の銀座駅から出ると、そこは渋谷。
別にジャンプしたわけではなく、単なる編集上の無頓着。
外人には、よほど渋谷駅前のスクランブル交差点が興味深いらしい。

で、映画の出来ばえだが、
空間移動などというやりつくされた題材だから、
よほどひねりのあるストーリーと
SFXのうまさが問題。
どちらもあまり高級とはいえない。
事務局長好みのダイアン・レインが母親役で出てきても半端な扱いだし、
どんどん話が分からなくなる。
全てが中途半端。
「2」

クリックすると元のサイズで表示します

長い間疎遠になっていた3兄弟が
長男の呼びかけで再会、
インドを横断する汽車の旅に出かける。
そこで強烈な個性がぶつかりあって・・・
という話で、
3兄弟を
オーウェン・ウィルソン、
エイドリアン・ブロディ、
ジェイソン・シュワルツマン
が演ずる。
監督はウェス・アンダーソン
「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」の監督なので、
期待して観たが、
なんだか、ぱっとしない。
でも、きっとこの映画を好きな人は沢山いるだろう。
インドの列車事情が分かって、それは興味深かった。
映画のプロローグとして、
短編「ホテル・シュヴァリエ」付き。
「ナタリー・ポートマンに良く似た女優だな」
と思っていたら、本当にナタリーだった。
「3]




ボケ自慢  

今日はまた素晴らしく春めいた天気
雨あがりの後のさわやかな浦安市内を
自転車で整形外科病院に向かいました。
段々愛車「ファルコン号」が活躍する季節が近づいています。

以前、「ファルコン」とは何のことかと問われましたが、
原義としては、鳥のハヤブサのこと。
アメリカの空対空ミサイルや戦闘攻撃機やロケット
の名前にも使われていますが、
事務局長の場合は、
「ネバーエンディングストーリー」に出て来る
半分犬、半分竜の空想上の動物。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

主人公を乗せて空を飛びます。

原作はミヒャエル・エンデ。
監督はウォルフガング・アマデウス・モーツァルトではなく、
ウォルフガング・ペーターゼン。

大人の鑑賞に堪えられる、暗喩と寓意に満ちた映画で、
ラストの
物語を読む少年と、
物語の中の姫の呼びかけが
合体するシーンはうなりました。
主題歌も素敵です。

話は戻って、整形外科病院では、
もはや3度目で顔なじみのおばさんたちの
病気自慢、ボケ自慢の話に付き合いました。

で、事務局長のボケ自慢

@先日、自宅の電話番号が思い出せなった
末尾が1413だったか1419だったかしばらく悩んだ。

A先日、暗算ができなくなった
事務所で計りに乗せて「760」円と出た後、
270円+120円+270円で切手を貼って、
郵便局の窓口で100円足りないと注意された。
これは速達料を270円と思い込み、
270円+120円で390円分を作って、
その後270円切手を足した間違い。
250cを越えると速達料が370円になるのを知らなかった。

B映画を観た後、シャツの前が濡れていた
どうやら観ながら食べたジェラートがこぼれたらしいが、
当人の自覚なし。

C昨夜ブログにどう書いたかが思い出せなくなり
電源を入れてみると、
自分が書いたおぼえがない文章が並んでいる。
似たものは書いたが微妙に違う。
組合の消費者用ホームページの掲示板にも
書いた覚えのない回答がしてある。
不思議に思ってあれこれ見ているうちに元に戻った。
幻覚を見たか、
画面を見ながら瞬間的に眠って夢を見たらしい
それとも、本格的なボケか。

危険信号、点滅中。

[書籍紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

日活のシナリオライターでその後、テレビアニメに転じた
山崎忠昭氏の遺稿集
事務局長は昔、シナリオライターを志した時期があるので、
こういう本も読むのです。

興味深い裏話が満載だが、
一番面白かったのは、
当時の日活映画の首脳陣の前で生原稿を読んで審査を受ける「本読み」の話や、
盗作ならぬ「イタダキ」の話、
プロット(あらすじのこと)を印刷所に回す秘策のくだり。
当時、日活には江守常務という伝説的な人物がいて、
この人のOKが出ないと前に進めない。
で、この人は、くだらないプロットでも、
題名が良ければ企画会議を通したという。

確かに当時は映画の情報など少なかったから、
観客は映画館の前で
主役のポスターや写真を見て、
題名を見て、
面白そうかどうか判断して入ったのだから、
なるほどと思わせる。

それで、日活の映画には

風速40米
危(ヤバ)いことなら銭になる
俺は待ってるぜ
俺の血が騒ぐ
若くて悪くて凄いこいつら
邪魔者は消せ
無霧が俺を呼んでいる
街から街へつむじ風

などという
想像力を喚起させる
けったいな題名が多かったのか。

当時の日活映画は
一風変わったダンディズムにあふれており、
事務局長は主に裕次郎映画をずっと観ていた。
しかし、題名に凝っても、
内容がおろそかなら
やがて観客は離れていく。

昭和三十年代、
日本映画の各社は明白なカラーがあり、
東映は時代劇。
日活はアクション。
松竹は文芸路線で、
東宝は品行方正。(なにしろ社是が「清く正しく美しく」ですからね)
大映は、よくわからんかったな。
永田雅一風か。

事務局長は小学生の時は東映の時代劇ばかり。
中学生の時は日活の裕次郎もの
松竹だの東宝だの関心がなかった。
しかし、やがて、高校生の時、卒業
その後は洋画の世界に入っていく。


FOODEX  

「共助会」が3月末で解消となり、
「共助事業」となることについて、
その規程を全組合員に送りました。
こういうことは、手間でもちゃんとしなければいけません。

その他、延ばし延ばしになっていた
いくつかの提出書類を作成し、
午後から幕張へ。

クリックすると元のサイズで表示します

毎年行くFOODEXです。

↓カメラ持ち込み不可の表示が。

クリックすると元のサイズで表示します

今までもそうでしたか?
ホールからホールへの移動の通路にも
大きく表示されていましたが、
あれば、
昨年も気付いたはず。
では、今年から?

でも撮ってしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、プレッシャーになっていることは確かで、
あまりおおっぴらには撮れません。

クリックすると元のサイズで表示します

事務局長が密かに撮った、肉関係の写真をご覧ください。
(写真をクリックすると、大きくなります。)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

↓それにしても悪い時期に当たったものです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

↓こちらは台湾。

クリックすると元のサイズで表示します

↓こちらは韓国。

クリックすると元のサイズで表示します

↓キムチの作り方講座。

クリックすると元のサイズで表示します

↓宮崎県は今年も元気です。

クリックすると元のサイズで表示します

↓面白い形のホテルの沢山ある幕張。

クリックすると元のサイズで表示します

夏、また自転車で来ることにします。


円高の脅威とアカデミー賞予想  

ハワイ旅行の新聞記事
きれいな紙面に出来上がりました。
書いたのは一昨日の夜。
いつもながらの「集中力」に自分でも感心しますが、
1ヶ月も前のことなんだから、
とっくに書いておけばいいのに、
という声(自分自身の)もあります。
「仕事が遅いのではないか」
というひどい意見も。
今回の原稿執筆には、
このブログが役立ちました。
帰国してすぐに書いておきましたので。

一安心したので、
決算の見通しをやってみました。
今年になってからの急速な円高、
更にこの数日の急激な円高の影響を受けています。
3月の為替が仕組債の利息収入に影響するからです。

なにしろ昨年夏頃は1ドル120円くらいしており、
50周年記念事業の特別積立金を取り崩さずにすみそうだ、
などとニコニコしていたのですから。
ざっと3〜4千万円の減収
損をしたわけではありませんが、
気持ち的には、損をした気分。
特別積立金の取り崩しがあるので、
決算としては黒字、
税金もほとんど支払う必要がなく、
良好な決算であることは変わりませんが。

10日には4920万円、
13日(本日)には6216万円の振り込みがあり、
この1週間で1億1千万円以上の利息収入
以上の金額は税引き後で、
源泉された2千万円ほどは6月頃還付されてきます。

ついに本日1ドル100円を突破。
明日(14日)と週明け(17日)の為替で
残り二つの仕組債の利率が決まります。
悪くなったと言っても
1ドル100円で3.727パーセント、4.716パーセントと
他の定期預金より抜群に良いのですが、
8パーセントほどを皮算用していましたので。
欲をかけばきりがない。

しかし、このような円高が定着すると、
利息収入はどんどん減っていくので、
手提げ袋などの資材の提供価格を少しずつ値上げしなければならないかもしれません。
原油などの原料は高くなっているにもかかわらず、
今年は50周年記念ということで据え置きにしましたので。

今日、事務局長が所属する映画観賞サークルCCSでは、
アカデミー賞予想大会の発表がありました。
(事務局長は欠席)
今回はなかなか予想が難しかったようです。
なにしろ作品賞候補の5作品が
1本も日本では公開されていない中での予想ですから。

作品賞「ノーカントリー」の受賞を予想した人は15人中5人。(3分の1)
主演女優賞(「エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜」のマリオン・コティヤール)を当てた人はたったの1人
女優助演賞(「フィクサー」のティルダ・スウィントン)を当てた人はゼロでした。
(事務局長も両方外しました)

視覚効果賞はみんな「トランスフォーマー」に流れて、「ライラの冒険 黄金の羅針盤」を予想した人はゼロ
予想時点で「ライラ」は予告編しか観ていませんから、無理もない。
もし本編を観ていたら事務局長も「ライラ」を予想したでしょうに。
編集賞(ボーン・アルティメイタム)が当たった2人の中に事務局長が入っていたのは少々自慢。

結果は、事務局長は13部門を当てて、第2位
ちなみに昨年は17部門で第1位でした。
連覇ならず。
しかし、どんなに良い成績でも
本日の会合に出ないと賞品(音楽ギフト券など)はいただけません。
去年も今年ももらえませんでした。


花粉症?  

昨夜、睡眠時間を削って書いた原稿が
どんどん紙面に定着していきます。
残るはハワイの同行記のみ。

というわけで、
本日のブログはこれまで。

我が家では妻も娘も花粉症
事務局長一人健全でしたが、
ついに本日から
くしゃみ、鼻水が。
ついにかかったか?




AutoPage最新お知らせ