君のためなら千回でも  

この数日、人の来訪が多くて、
仕事が進みません。
それでも予算編成の原案を作りあげて、
三役の皆さんに送りました。
来週火曜日に審議をします。

平成19年度は2億円という莫大な金利を稼ぎましたが、
20年度はその半分位。
50周年記念事業はないので、
十分まかなえますが、
金利が少ないということは、
翌年の還付金に影響してきますので、
今後、年々引き締めながら行くことになります。
仕組債の解約があって、
またコンペでもやれれば獲得利息が増えるのですが、
為替と各国金利の動向次第です。
先のことを心配しても仕方ないので、
とりあえず、20年度は例年並の事業が出来そうです。

本日は午後、市場協会主催の
表示とコンプライアンスの講習会を受講。
170名も集まりましたから、
市場メンバーの関心の高さが分かります。
しかし、お役人の説明は何ともはや。
お役所の小さな世界の中なら、あれでいいのかもしれませんが・・・。
漁船衝突事件での防衛省の事務次官や報道官の記者会見を見ると、
どうしてこうも説明能力の無い人が次々出て来るのか不思議です。
もっとも、「役人」というのは
に立たない」という意味だそうですから、
怒るだけ野暮ですが。

[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

全世界で800万部を売った大ベストセラーの映画化。
アフガニスタンを舞台に
少年時代の友情と裏切り、
大人になってからの償いと人生の再生を描く。

まだ平和な時代のカブールで凧上げ合戦に興ずる少年たち。
その中のアミールとハッサンは強い友情で結ばれていたが、
実はアミールは実業家の息子で、ハッサンは召使の息子。
二人の間には、身分の違いが横たわっている。

勇気の無いアミールは
町の不良に暴行を受けるハッサンを見過ごし、
その気まずさからハッサンを遠ざけるようになる。
召使を代えてくれと言うアミールに
父親は「恥を知れ」と叱る。
その感情を制御できなかったアミールは
窃盗の容疑がかかるように仕向け、
誇り高いハッサンの父は息子と共に屋敷を去っていく。
引き止める主人に
ハッサンの父が
「あなたの命令はきけません。
もうあなたの召使ではないのですから」
と毅然として言う姿がいい。

やがてソ連のアフガン侵攻があり、
共産党嫌いの父はアメリカに亡命
アミールは成人し、父も亡くなるが、
祖国に残った恩人から一本の電話がかかって来る・・・。

ここから先は自分で見てほしいが、
人生の中の遠い昔の悔いを償うために、
初めて勇気ある行動に出る主人公の姿に、
事務局長は落涙した。

ソ連軍の侵攻とタリバン政権という二つによって、
アフガニスタンの民衆は悲惨な状態になる。
アメリカに亡命した父親が
息子の大学卒業を祝い、
その結婚のために力を貸すが、
亡命者のコミュニティの
祖国を失った人間の悲哀が胸を打つ。

役者たちは無名だが、みんなうまい。
特に、誇り高い父親が
ソ連兵士の銃の前でも
勇気の尊さを息子に見せる姿は素晴らしい。

祖国喪失の歴史のうねりの中に
人生の回復を織り込んだ高邁な作品
リアリズムで貫いたマーク・フォースター監督の手腕は確か。

原題は「The Kite Runner」で、
凧合戦で切れた凧を取りに走る人のこと。
「君のためなら千回でも」は
作中に出て来るセリフで、
友情を示す言葉。
20年の歳月を隔てて2度出て来る意味深いセリフを
日本で小説を出版する際に邦題を付けた。

5段階評価の「4.5」
十分感動したので「5」でもいいのだが、
終盤の脱出劇のくだりでリアリティが失せたため。
惜しい。





AutoPage最新お知らせ