25万円の行方とスーパーマーケット・トレードショー  

「それで、25万円はどうなったんですか」
と聞かれ、
ハワイでなくした25万円入りサイフの顛末、
最後の部分を
予告したにもかかわらず報告していないことに気づきました。

朝の集合時間直前、
ホテルのロビー近くのトイレに置き忘れたサイフ。
届けもなく、
外国でモノを失くしたら
普通は出て来ないのが常識なので、
あきらめていましたが、
ハワイ島観光から帰ると、
ホテルから、届いています、の知らせが。
なぜこんなに遅れたかというと、
拾った方(おそらく日本人でしょう)が
ホテルの本来の遺失物のセクションではなく、
他の部署に届けたため、
フロントまで来るのに1日かかってしまったわけです。
なにしろ、ここは外国、日本のようなわけにはいきません。
落とし主であることは中に入っていた免許証で確認。
めでたく戻ってまいりました。
同行のお嬢さんは即座に写真を撮りました。
「お父さん、一番いい顔しているから」
それはそうでしょう。

というわけで、
その日の「最後の晩餐」では、
「ご心配かけましたので、
乾杯のお酒代は持たせて下さい」
という申し出があり、
ビール20本・160ドル分の寄付が組合にありました。

「今回の旅行で一番良い運勢の持ち主」ということで
締めの挨拶もこの方にお願いしました。

「良い運勢の方はサイフをなくしたりしないのではないか」
と野暮は言わないように。
なくしたものが見つかった時の喜びは倍ですから。

午後、東京ビッグサイトへ。
「スーパーマーケット・トレードショー」を見るためです。

クリックすると元のサイズで表示します

毎年行くのですが、
担当者が変わったため、
今年は案内状が来ず。
今日持って来てくれた方がいたので、
行ってきました。

例年、写真で紹介するのですが、
今回は↓撮影禁止ですと。

クリックすると元のサイズで表示します

沢山の人に来てもらって、
沢山の人に商品を公開して、
パンフレットも持たせ、
できるだけ沢山の情報を持ち帰ってもらうのが趣旨なのに、
撮影禁止 ?
撮られるのがいやなら、出展しなければいい。
情報のパイプを
主催者がわざわざ狭くしてどうするんだ。
写真を撮られたからといって、
何の不都合があるというのでしょうか。
イベント会社の何かの思い込みでしかないように思います。

従って、写真は、ほんのわずかです。

↓テラオカとイシダは会場の端と端で対決。
力の入ったブースです。

クリックすると元のサイズで表示します

地方のこだわり食品のエリアでは、
↓こんな各県の物産が紹介されています。

クリックすると元のサイズで表示します

一番元気なのは、↓宮崎県。

クリックすると元のサイズで表示します

↓知事のキャラの力が大きい。今まで宮崎県のブースなど注目外でしたから。

クリックすると元のサイズで表示します

先日も討論会で菅直人をたじたじとさせていましたし。

クリックすると元のサイズで表示します

お笑いタレントの時代なら、
誰も耳を傾けなかったのに、
知事の肩書は重い。
しかし、それは彼の努力のたまものです。





AutoPage最新お知らせ