橋下知事の遠吠え  

朝、キャンキャン吠える犬の鳴き声で目を醒ました。
と思ったら、
目覚まし代わりに自動的に着いたテレビの中で、
橋下大阪府知事
フジテレビ「報道2001」で
黒岩キャスターとやりあっているのだった。

知事になった途端に、
起債ゼロの公約を破ったことなどへの批判に対して
「現場を知らないからそんな机上の空論を言うのだ」
と言い返している。
随分感情的な言い方だ。

あなたも現場を知らないで当選したはず。
ならば、なって初めて知った現場の状況はこうだった
と説明すればいいのではないか。
というより、現場を知らない人間の側が府民なんだから
府民の感覚の方が正しく、
向こう側に立つのではなく
府民の側の目線で現場をただしていくべきだろう。
自分のかつて立っていた立場が正常ならば、
そこに近づけるべきだ。

いざなってみたら、
ただ批判していたより大変なことに気づき、
今度はその立場から
批判を批判するというのでは何も始まらない。

昔、ある同族会社の女社長が
資料提出を求める親戚の株主に
「何よっ、あたしたちがこんなに苦労しているのに、疑うのっ!」
と金切り声を上げていたが、
橋下知事の言い方はそれと変わらない。
「説明責任」というのは、府民に対する知事の大事な役割のはずだ。

「もう20年度予算は動いており、
車は急には止まれないんです。
地方交付税で補てんできるものもあり、
府民に迷惑かけないものは起債した方がいいし、
いずれにせよ4年間かけて
起債ゼロまでもっていきます

と言えばいいのであって、
ついでに伊坂幸太郎の「魔王」に出て来た政治家のように、
「できなければ、私の首をはねればいい」
とは言わないまでも、
「達成できなければ、私は退職金はいただきません」
とでも決意を述べればいい。
ついでに、
「太田前知事は8年間もやって借金を増やしただけだから、
退職金は返上したらどうか」
とでも言えば、
府民は拍手喝采しただろう。

起債ゼロを題材に
今の大阪府の現状を伝え、
それに対する目標と計画を述べて
改革の決意を伝える良い機会なのに。
それを
「起債ゼロはマスコミがそう言ったのであって、
私は原則ゼロと言っただけだ」
などと卑怯な言い訳をするから人間の程度を疑われる。
説明と言い訳をちゃんと区別するために、
先の目標を見せればいいのだ。

信念を貫くことと
我を張ることは違う。

海千山千の大阪府職員たちは
この知事がどの程度の胆力を持っているか
それによって改革を受け入れるか
それとも4年間じっと我慢するか
見つめていますぞ。

杉並区長が、
「人件費をただ減らすと言うと
お役人は自分のとこだけそのままで周囲を減らそうとするので、
それよりも人数を徐々に減らせばいい。
そうすると、
お役人は少ない人数で仕事をしなければならなくなることか分かるから
次第に仕事を民間に譲り渡すようになる」
と助言し、
黒岩キャスターが
「どうですか。人数を減らすという案は」
と向けると、
「そういうアドバイスがありがたい。
何でもかんでも批判するのではなく」
と切り返す。
黒岩氏は
「あなた、すぐそういう言い方をするのはよくない。
人数減らすのどうですか、と私は聞いている。
そうカッカしないで、それに答えればいい。
批判がいけないではなく、
ちゃんと説明すればいい」
とたしなめ、
「もういいです」
とさじを投げていた。
本当は黒岩さん、
最後まで無視すべきでしたね。

大体、知事などという立場は
批判を受けるのは当然で、
自分で好んでその職に着いたのだから、
批判は甘んじて受けるべき。
その中で出来ることは実行し、
出来ないことは出来ない理由をちゃんと説明
すればいい。
それを芋虫じゃあるまいし、
ちょっと突つかれただけで
ひっくり返って怒りだす。
人間の奥行きが分かってしまうではないか。
そんな態度では、
やがてアドバイスしてくれる人もいなくなってしまいますぞ。

ところで、杉並区長が「住民税ゼロ計画」というのを説明していた。
区予算の1割を積み立て、
その運用益で30年後位には住民税をゼロにするという。
随分先の話なので、
それだと今の住民には「関係ない」になるから
5〜6年後に10バーセント減らす。
そうすれば、杉並区に住みたくなり、移って来る。
周りの自治体もそれでは困るから、
努力するようになる。
と卓抜なアイデアを披露。
どこの家庭でも貯蓄して将来の備えにする
という家計の感覚を導入。

「政治家の使命は税をさげることだ」
という説があるくらいだから、正論。
ばらまき行政をやって
借金をして、
その穴埋めに税金を値上げするなら、
だれでも出来ることだ。
もっとも税金ゼロは行き過ぎで、
そこは鳥取県の片山さんが
「税は取るべき。
税を払うからこそ監視するのだ」
と言っていたのは正しい。
なにしろ、「納税」は国民の三大義務の一つですからね。

(ちなみに、国民の三大義務とは、
納税、勤労、教育。)

知事や区長たちには胆の座った人たちがいますね。

ところで、
米国大統領の民主党候補は
オバマの勝利で決まったようだ。
キーワードは「変革」。
日本語では変革だが、英語では単純に「チェンジ」。
みんな変わりたがっているんだね。
このままではいけない、変わらなければと。
ところが、
既得権益を受けている一部の人が変わりたくなくて足を引っ張るのだ。

ここで我田引水。

組合の転換は平成12年から13年にかけて。
理事長が代わり、事務局長が代わり、
資産の運用を本格的に始めて、
BSEのあった13年度は無理だったものの、
翌14年度から黒字転換して
既に6年度黒字を継続している。
組合員への様々な助成事業ができたのも、
50周年を盛大に祝えたのも、そのおかげ。

それというのも、
本気で変わろうとしたからだ。
変わらなければならない
変わろうという意思が
様々な改革を生んだ。

その到達点が、今度の「組合員の資格を問う」だ。
ある支部では全員一致で「反対」を決めたという。
はて。
定款通りに適用しよう、に「反対」とは、どういう理屈なのか。
聞いてみたいものだ。
定款に反対するなら、
定款を変えるか組合を脱退するしかない
と思うのだが。









AutoPage最新お知らせ