長い一週間  

会議を3連続でしたせいか、
今週はやけに長い一週間でした。
途中、モツについての問い合わせ殺到に対応しましたし。
残りの2つの部会は2月中旬までないので、
ここで一段落。
ただ、明後日の日曜日には
臨時三役会で重大課題の検討があるので、
その資料作りをしました。
なかなか気は抜けません。

全然違う話ですが、
先日 (1/29)紹介した伊坂幸太郎「魔王」の中に、
次のような挿話が書かれています。

イタリアの独裁者のムッソリーニは、
最後に恋人のクラレッタと一緒に銃殺されて、
死体は広場でさらしものにされた。
群衆は死体に唾を吐いたり、
叩いたりして辱めた。
そのうち、死体は逆さに吊るされた。
すると、クラレッタのスカートがめくれて、下着が丸見えになり、
群衆は大喜びをしてはやしたてた。
その時、一人、
はしごをかけて、
スカートを戻し、
自分のベルトで縛って、めくれないようにしてあげた人がいたという。
当然、群衆はブーイングする。
そんな奴のかたを持つのか、と罵倒されもした。
でも、その人は、恐怖にたえながら、それをした。
そこで、小説の主人公は
「実は、私はいつも、
せめてそういう人間になりたいな、と思っている」
と言う。

昔、日本がアメリカの空襲を受けた時、
中には打ち落とされる爆撃機もあって、
アメリカ兵が拘束されたことがあった。
なにしろ鬼畜米英の時代で、
空爆して来た相手だから、
みんなで小突き回して連行していった。
その時、群衆の中に一人の婦人がいて、
おもわず「おかわいそうに」とつぶやいた。
すると、そのことが新聞記事になって、
その婦人は世間からつまはじきされたという。
その子孫から聞いた話です。

群衆心理で行動し、
それが人間性の一線を越えようとする時に、
「それをしてはならない。
それをしたら、我々も同類になってしまう」

と言えるだけの勇気を持ちたいと思いますね。

と言っても、
もし北朝鮮で革命が起こって、
金正日がさらしものにされたら、
喜んで石を投げに行ってしまうかもしれませんが。





AutoPage最新お知らせ