菓子祭と中央ブロック新年会  

高田馬場にある東京製菓学校の学園祭「菓子祭」へ。

クリックすると元のサイズで表示します

知り合いがいるわけではあませんが、
以前に一度来たことがあり、
事務局長にとっては驚異の世界だったので、
カミさんに見せてあげたかったのです。

↓このあたりは専門学校が多く、その一つです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

↓生徒たちの作品が展示されています。

クリックすると元のサイズで表示します

↓和菓子も奥が深そうです。
(写真をクリックすると、大きくなります。)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

↓まだこんなもので驚いてはいられません。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

↓中央には共同制作の大きなものが並びます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

↓芸が細かい。

クリックすると元のサイズで表示します

↓まさに、「ヘンゼルとグレーテル」の世界です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

↓チューリップはアメ細工。

クリックすると元のサイズで表示します

↓きっと、これは、「白鳥」という課題だったのでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

↓どうして首か折れないのか。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

全部を紹介できないのは残念です。

クリックすると元のサイズで表示します

↓松も楓も、みんなお菓子。この微妙な色合いをどうやって出すのか。

クリックすると元のサイズで表示します

↓製造過程も公開。最近、パテシェはあこがれの職業のようです。
韓国ドラマ「私の名前はキム・サンスン」の影響もあるのでしょうか。
事務局長の甥の子供も「パテシェになりたい」と言っているとか。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

パン科、和菓子科、洋菓子科などとクラス分けされているようです。

クリックすると元のサイズで表示します

↓このユリもお菓子。とても信じられません。

クリックすると元のサイズで表示します

↓花弁の上の水滴も再現されています。

クリックすると元のサイズで表示します

↓事務局長は不器用なので、こんなもの、10年かかっても作れません。

クリックすると元のサイズで表示します

↓体験コーナーは長蛇の列。2時間待ちです。

クリックすると元のサイズで表示します

菓子祭は26(土)・27(日)。行ってあげて下さい。
高田馬場駅から徒歩7分。
地図は↓をクリック。

http://www.tokyoseika.ac.jp/access.html


その後、池袋へ出て、カミさんが買い物している間に、
昨日行った武蔵野調理師専門学校、
全肉連の料理コンテスト会場へ。

クリックすると元のサイズで表示します

なぜ、また来たかというと、
前日、忘れ物(落とし物)をしたからです。
電話で問い合わせ、確保されていたので、いただきに。

さすが全国大会。↓にぎやかに行われていました。

クリックすると元のサイズで表示します

制作と選考を終えて、作品紹介とインタビューの場面。

クリックすると元のサイズで表示します

年ですねえ。最近、物忘れが多くて
先日は日曜出勤で職場に行ったら、鍵を忘れて入れません。
映画館に向かう途中、メガネを忘れたことに気付いたり。
どちらも早めに対応してカバーしただけいいですが、
いつの日かとんでもないことがあるかもしれません。
昔、成田空港でパスポートを忘れて来た人を見たことがあります。
家の鍵をかけたか気になって、
その場でキャンセルして帰宅した人も見ました。

それにしても、高田馬場も池袋も年に1,2回しかこない場所になりました。
どちらも昔住んでいたことがあるので、なつかしく歩きました。
事務局長は
巣鴨 ⇒ 大塚 ⇒ 池袋 ⇒ 目白 ⇒ 高田馬場
と一駅ずつ転々とした時期があります。
その後東西線沿いに門前仲町に住み、
一挙に江戸川を越えて浦安町民となり、
浦安市内の猫実 ⇒ 富岡 と移転して、
今が一番長くなります。

一旦家に戻ってひと眠りした後、八芳園へ。
中央ブロックの新年会です。

クリックすると元のサイズで表示します

↓近藤理事長からは後光がさしています。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ここでも安井潤一郎と遭遇。

クリックすると元のサイズで表示します

近藤理事長の話によると、
先日の全肉生連の理事会・新年会で
各県の理事長から言われたのが
50周年記念誌のこと。
「とてもこんなものは作れない」というだけでなく、
広告が一つもないことに驚かれたとか。
確かに、全国で大会などやると、
その冊子は半分は広告ですからね。
ちょっとそれは事務局長の体質に合わないのでやらないのですが、
妙なところに感心されたものです。

こんな風に今日一日動いたので、
「リア王」のことは明日に延長です。





AutoPage最新お知らせ